教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

The New York Times 「Apple’s Devices Lose Luster in American Classrooms」(2017年3月2日)

 The New York Timesで、「Apple’s Devices Lose Luster in American Classrooms」という記事が、3月2日付で出ていました。2013年には学校向けに出荷されているモバイル端末のうち、50%以上をApple製品が占めていたのが、そのシェアが下がってきていて、トップはGoogleChromebookに奪われ、また、Windows製品の下に順位が下がってしまった、という記事です。
f:id:ict_in_education:20170314185627p:plain

 価格面ももちろんですが、Chromebookを選ぶのは、やはり物理キーボードがあって、思考を出力するスピードを上げたい、ということではないかな、と思います。この点で、iPadは弱いように思います。記事中にもそうした記述があります。

Then there is the keyboard issue. While school administrators generally like the iPad’s touch screens for younger elementary school students, some said older students often needed laptops with built-in physical keyboards for writing and taking state assessment tests.

 iPadはビューアー=学習者へのインプット機器として活用し、ChromebookWindowsプロセッサー=学習者からのアウトプット機器として活用してほしいと、個人的には思います。
 このデータ、小学校と中学校とで混ざってしまっているのですが、小学校と中学校でiPad(iOS)とChromebookを比べたら、小学校ではこんなに劇的に数字が離れていないのではないかな、と思います。

 G Suite for Educationの組み合わせは、和光の小池先生の授業で少しだけ見ましたが、とても便利だと思うのです。
blog.ict-in-education.jp
 これを、Chromebookを使って安く端末を整備できるのであれば、学校にとって大きな選択肢になると思います。タッチパネルになるChromebookも出てき始めましたので、1台もって、使ってみようかなと思います。(こないだ、ビジネスミーティングの場で、Chromebookで議事録をとっている方を見ました。社外の打ち合わせでも、WiFiさえ持っていれば、問題ないのでしょうね)

(為田)

【メディア掲載】 月刊私塾界3月号 発刊

 月刊私塾界 3月号がオフィスに届きました。今回は、TOP LEADER COMPANYとして、株式会社スプリックスの常石 取締役副社長のインタビューが掲載されています。「自立学習RED」について語られているところが興味深いです。REDでは、AIを使っていて、生徒のレベルに応じてタブレット上で再生される解説が変化するそうです。こうして蓄積されていくビッグデータがどんなふうに活用されていくのかが楽しみです。ここ2~3年で1000教室くらいの展開ができるのでは…と語られています。楽しみです。この規模感でどんどん進んでいくのは学習塾ならではかな、と思います。
f:id:ict_in_education:20170313110648p:plain:w400

 連載「教育ICT行」は24回目。1月の活動記録が並んでいます。「学習塾白書 2016」をやっていた時期でした。クリエイタブルズで新潟へ行き、セサミで秋田県湯沢市茨城県古河市へ行き…と飛び回っていた時期でした。
f:id:ict_in_education:20170313110522j:plain

 このときに行った湯沢市の様子が、YouTubeセサミストリートチャンネルで公開されました。
blog.ict-in-education.jp

(為田)

戸田市 図工美術の先生方向け 「クリエイタブルズ」有志研修会 レポート(2017年3月1日)

為田がスクール・アクティベーションの役割を担っている、子どもSNS「Creatubbles(クリエイタブルズ)」についてのエントリーです。

 2017年3月1日に、戸田市教育委員会の戸ヶ崎勤教育長のご協力で、戸田市の図工の先生、美術の先生向けの「クリエイタブルズ」有志研修会を開催していただきました。年度末、平日の夜にもかかわらず、12人の先生方にご参加いただきました。
f:id:ict_in_education:20170314003508j:plain


 90分の研修会の前半は、クリエイタブルズがどのようなものなのかの説明を行いました。クリエイタブルズに図工美術の作品をアップロードし、世界中のクリエイターと作品を介したつながりができることを説明しました。

 クリエイタブルズでは、できることは大きく分けると3つになることを説明しました。

  • 作品アップロード
    • 個人情報につながるものがアップロードされないようになっています。
  • バブルをもらえる
    • 世界中にいるクリエイタブルズのユーザーからバブル(Facebookの「いいね!」に相当)がもらえます。
  • コメント
    • 心ないコメントが児童・生徒の目に触れないように、管理者がコメントを表示するかどうかについて承認する機能があります。

f:id:ict_in_education:20170314003544j:plain

 機能を紹介した後は、先生方にその場でタブレットPCを操作してもらってクリエイタブルズにログインしてもらい、アカウントを作成してもらいました。また、その場で実際に作品をアップロードすることができるように、作品をお持ちいただきましたので、写真を撮影してアップロードする先生方もいらっしゃいました。また、さすがに図工・美術の先生方で、その場でさらさらとイラストを描いてアップロードする先生もいらっしゃいました。さっそくアップロードされた作品にはバブルがたくさんついていました。
f:id:ict_in_education:20170314003608j:plain

 戸田市教育委員会の戸ヶ崎勤教育長は以下のようなコメントをFacebookに投稿してくださいました。

 Creatubblesは世界50か国以上の人々が利用しており、図工美術の作品など画像を投稿することで、世界中の人々と作品を介したつながりができるアプリです。投稿画像を見た人が「いいね!」と感じたら、バブルをつけたり、コメントを書いたりすることができます。自分の作品を海外の方に評価されたら子供たちは喜ぶことでしょう。さらに、バブルをくれた方の国に興味を持ち、その国を調べるきっかけになるかもしれません。また、ギャラリーを作成することができ、ネット上で展覧会をつくることもできます。さらには、デジタルポートフォリオとして学習の蓄積で活用することもできれば、学習したことを発信することにより「社会に開かれた教育課程」の一端を担うこともできます。今回の研修などを通して、「図工美術のまち」の復活となるよう願っております。

 戸ヶ崎教育長がおっしゃられているように、ネット上で展覧会を行うことができれば、自分の学校の児童・生徒だけでなく、戸田市内の全小学校・中学校の児童・生徒の作品を見ることが可能になります。実際に、先生方が研修会の中でディスカッションしていたなかでは、「たくさんの作品を鑑賞させることがいいかもしれない。教室内でクラスメイトとコメントし合うのであれば、面と向かってするのがいいけれど、他の学校の作品を鑑賞することを活動にとりこむことができるかもしれない」という言葉も出ていました。
 また、デジタルポートフォリオとしての使い方についてのコメントも、まさにそのとおりだと思います。小学校1年生から中学校3年生まで、戸田市立の小学校にいる限り、ずっとデータを残すことができるので、「去年の3年生の作品を見てみよう」というような授業も可能になりますし、児童・生徒が自分の作品について振り返ることもできます。

 来年度以降、授業の中でクリエイタブルズを活用して、多くのコミュニケーションがクリエイタブルズ上で行われるようになるといいなと思いました。

 お声掛けをくださった教育長、教育委員会の皆さま、年度末のお忙しいなか、平日夜にご参加いただきました先生方、本当にありがとうございました。


(為田)

【イベント情報】 「先生のためのプログラミング春期講習会」開催断念のお知らせ

 これまでに2回、小金井市立前原小学校の松田孝校長先生と、「先生のためのプログラミング夏期講習会」「先生のためのプログラミング冬期講習会」を先生方向けに実施してきました。今度は春期講座…と思っていたのですが、残念ながら開催を断念することをアナウンスするメールを配信いたしました。こちらでも掲示したいと思います。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 いつもお世話になっております、フューチャーインスティテュート株式会社の為田です。

 2016年に、「先生のためのプログラミング夏期講習会」「先生のためのプログラミング冬期講習会」をご受講いただきましてありがとうございました。
 過去2回にわたり、小金井市立前原小学校の松田孝校長先生と、前原小学校の子どもたちが受けているプログラミング授業を実際に体験していただくイベントとして実施をしてきました。

 2016年12月23日に開催した冬期講習会の最後に、「次はもちろん春期講習会!3月25日に!」と松田先生と一緒に言っていたのですが、年度末で非常に忙しい時期であり、松田先生も為田もどうしても3月25日に開催をするのが難しい状況となってしまいました。

 楽しみにしてくださっていた先生方もいらっしゃるかもしれません。大変申し訳ありません。
 松田先生は、「春は残念だけど見送りにして、次は夏に全国を回ろう!」と言っています。これが実現できるように、精一杯努力していくつもりです。

◆ ◆ ◆

松田先生からのご挨拶
 先生のためのプログラミング講習会に参加してくださいました皆様にお詫び申し上げます。
 冬期講習会のおりに、「春も開催します!」と宣言しましたが、この年度末様々な状況が重なり開催できなくなりました。もっと早くにお詫びの連絡をしなければならないところ、ぎりぎりまで可能性を探っていて、今回の連絡となってしまったことお許しください。
 今回開催していたら、3学期に行った「ロボットプログラミングの魅力」と「低学年プログラミングの可能性」をテーマにお話とワークショップをしようと思っていました。
 春に開催できなかった分を為田さんと相談して、夏に全国数か所を回って開催しようと話しています。その実現に向けて私自身の実践をさらに積み重ねて参りますので、どうぞご期待いただきますようご案内申し上げます。
 また5月にビックサイトで開催されるEDIXのセミナー(5月17日(水)13:00-14:00)に登壇しますので、そちらの話もお聞きいただければ幸いに存じます。
 いよいよプログラミング教育必修化が目前に迫ってきました。皆様といっしょに新しい「学び」を創造していきたいと切に願っています。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

◆ ◆ ◆

 夏休みに開催する予定のイベント(もしかしたら、その前にするかもしれませんが…)は、Peatixのグループ、松田先生のブログ「mmPM-未来の学びプロジェクト」、為田のブログ「教育ICTリサーチブログ」などで告知をいたしますので、ぜひチェックしておいていただければと思います。

 これにこりず、この「先生のためのプログラミング講習会」をどうぞご贔屓にお願いいたします。必ず、次回を実施いたします。きっと、松田先生が前原小学校の来年度の授業の中で実施したことなどをみなさんに見せてくれると思います。

フューチャーインスティテュート株式会社
為田裕行


▼参考エントリー
f:id:ict_in_education:20170111223755j:plain
blog.ict-in-education.jp
blog.ict-in-education.jp



 

「未来の学びコンソーシアム」設立総会(2017年3月9日)

 2017年3月9日に、「未来の学びコンソーシアム」の設立総会に参加してきました。すごい人です…。文部科学省総務省経済産業省の3省で、官民でプログラミング教育を普及推進することを目的として設立されたものです。
f:id:ict_in_education:20170310153703j:plain

 各省庁からのご挨拶の後に、トークセッション。戸田市教育委員会相模原市総合学習センターの取り組み、渋谷区教育委員会古河市教育委員会NPO法人CANVASと、これらの方々のプレゼンテーションだけでも、規定の2時間十分に埋まるんじゃないかと…それくらい豪華なトークセッションでした。
f:id:ict_in_education:20170310153711j:plain

◆ ◆ ◆

 以下、会場でTwitterにメモしていたことをまとめます。

 各省庁の資料に関しては、さまざまな教育系のイベントで見たことがあるものが多く、復習になります。何度も見ている資料なので、情報を追いかけるために頑張らなければいけないという状態でなかったので、気になった所について考えながら聴くことができました。

 実際に事例もたくさん紹介されました。

 段取り力が要らないとはまったく思わないけれども、やっぱりこういうプログラミング的思考→実際にコンピュータを使っての創造的活動、というところの階段の大きさが気になります。学習指導要領でどういうふうに書いてあるのか。資質・能力という観点から、プログラミング教育やプログラミング的思考はどんなふうに学校に入るのがいいのか、自分の中でまだまだまとまっていません…。

◆ ◆ ◆

 個人的に、もっとも衝撃を受けたのは、CANVASの石戸さんのプレゼンでした。ずっと民間で、デジタルを使ったワークショップをやってきて、本当にたくさんの子どもたち・保護者にも会ってきて、そうして積み上げてきたものの凄みを感じます。

 Computer Science for ALLなど、やってきている活動も重層的です。本当にその通りです。官民でいっきにやることで、日本という国を前に進ませられる、という大局を見て、そのうえで先生方と何ができるか、現場レベルで考えていこうと思いました。
f:id:ict_in_education:20170310155819p:plain

csforall.jp


◆ ◆ ◆

 最後にコメントをしてくれる賛同者の先生方のコメントもおもしろかったです(刺激的!)

◆ ◆ ◆

 未来の学びコンソーシアムのサイトもできました。ぜひ、チェックしてみてください。
f:id:ict_in_education:20170310154749p:plain

miraino-manabi.jp

(為田)

京都教育大学附属桃山地区学校園 教育研究発表会 レポート No.8(2017年2月3日)

 2017年2月3日に、京都教育大学附属桃山地区学校園の教育研究発表会に参加しました。テーマは、「幼小中連携 幼小中で育む『確かな学力』と『豊かな社会力』 ―12年間の学びをつなぐ連携プログラムの実践と開発(第2次)―」でした。

 幼稚園、小学校、中学校から研究主任の先生方が参加されてのミニシンポジウム「幼小中それぞれの立場から」を聴きました。それぞれの立場からの交流授業のいいところについてのまとめを挙げてくださいました。

  • 幼稚園
    • 自分たちの生活の幅を広げるきっかけになる。
    • 幼稚園でヤモリの卵がかえったときに、以前に行った小学校の教室でイモリを買っていたのを思い出し、教えてもらいに行ったことがある。
    • 小学生が身近な存在になっている。
    • 小学校の先生にも親しみがもてる。
    • 交流学習が、小学校への接続としてよかった。
  • 小学校
  • 新聞学習を10年やっている。
    • 小学生として交流学習→中学生として交流学習、というふうに育っている生徒がいる。
    • 教師も同じメンバーで研究ができている。
  • 中学校
    • 中学校に進学して、また交流授業に参加する生徒が出てきた
    • 先生方の連携
    • 次期指導要領と交流学習の関連。

 小学校時代から交流授業をやってきた子どもたちが中学校に進学してきて、今度は違った立場で交流授業に参加しています、ということをおっしゃっていました。本当に、こうした形式が授業連携のいいところだと思います。
f:id:ict_in_education:20170305202351j:plain

 先生方の連携も10年間という長い時間をかけて培ってきたものなので、細かい打ち合わせなしでも、教材研究・児童生徒についての話ができるような環境になっているということも、成果として発表されていました。
f:id:ict_in_education:20170305202529j:plain

 中学校では、中1ギャップの予防についてのスライドなども準備されているそうで、こうしたことが公立の中学校区でも実施できればいいと思いました。


 また、課題についてもそれぞれの校種の視点から挙げられていました。

  • 幼稚園
    • 幼稚園と学校とで、同じ指標で振り返りができなかった?
    • 事前だけでなく、事後の振り返りもきちんとすべき。
    • 年齢ごとに違う指標
      • 3歳児が虫に心を奪われる=好奇心
      • 4歳児「どうしたら砂団子が丸くなる?」→めあてをもつ
      • 5歳児、ビー玉転がす道を作る“クーゲルバーン”→友達と一緒に考えを出し合って作る
  • 小学校
    • 自分の教科を、他学年/他教科にどう広げていくか。
    • 他教科との連携をどのように行うか。
  • 中学校
    • もう少し広い視野で。
      • 学校数は小学校20000校、中学校が10000校。一般の小中学校の連携はまだまだ。

 交流学習を成功に導くために、京都教育大学附属桃山地区学校園で、16年間かけて作ってきたノウハウも紹介されました。
 ポイントは、「いきなり交流学習をするのではない」ということです。ステップとしては、以下の3段階で行っているそうです。

  1. 授業を見合う
  2. 乗り入れ授業
  3. 授業日時の調整、などなど。

 連携は、負担感は大きいが、成果は感じているそうです。


 徳永先生は、「幼稚園、小学区、中学校のもともとのカリキュラムがあって、そこから“これくらいならできるだろう?”という連携の仕方をしてきた」とおっしゃっていました。交流学習は、日常の授業、カリキュラムの延長となるものであり、交流学習をするために何かが失われることもある、「コストペイ(Cost Pay)」についても考えるべきだとおっしゃっていました。
 そのうえで、交流学習について考えるべき3点として、以下のことを挙げてくださいました。

  1. 異学年教育
    • 自己肯定感なら、小1+小6でもいい。なぜ中学校とやるのか?
  2. 教科学習でやるか?/教科外でやるか?
    • 教科の中での連携とは、どういう意味か?
  3. 学年が下の子には学びがある。学年が上の子には、何のメリットがあるか?
    • →学習の仕方
    • →学び直し

 こういった部分を、しっかりと見据えて、交流学習を設計していく必要があるのだと思いました。そのために、先生方は、連携教育・交流学習によってどんな力を得ることができるのか、どんな力を身につけることができるのか、どんなことが学べるのか、明確にイメージしておかなくてはならないのだと思います。これこそが、カリキュラム・マネジメントだと、まとめの中で説明されましたが、そのとおりだと思います。その中で、子どもが想定を超えていくこともある。最初は偶発的なこともあるが、カリキュラムの中に組み直す、というふうに連携が進んできているそうです。
 こうしたプロセスは、京都教育大学附属桃山小学校で子どもたちがしているところをよく見ます。桃山小学校では、子どもたちの制作は、だいたい1回では終わらないように思います。制作し、みんなに見せて、修正する。1回自分で考えて、クラスメイトに発表して、交流して、新たな考えを取り入れて、また考える。
 子どもたちがしている学びのプロセスと同じように、先生方がカリキュラム・マネジメントを1回で終わるのでなく、何度も繰り返して高みにもっていっている、そうした学校文化が、京都教育大学附属 桃山地区学校園の連携教育にはあるのだな、と感じました。
f:id:ict_in_education:20170305202825j:plain

(為田)

佐賀新聞「武雄の反転授業 現場とのコンセンサスを」(2017年3月2日)

 佐賀新聞「武雄の反転授業 現場とのコンセンサスを」という記事を読みました。
f:id:ict_in_education:20170307023546p:plain

 武雄市で行われている反転授業「スマイル学習」は、小学校でスタートして3年、中学校でもスタートから2年になります。

  • 15年度の科目別実施率は小学校算数51・7%、理科42・1%。中学校数学34・8%、理科15・1%。

 こうして数字が出ても、多いのか少ないのかがなんともわからないですね。実施率はどうやって測っているのだろう?「使っていますか? はい/いいえ」という設問なのかな。文中には、「学校ごとにみてみると、中学校の数学で100%の学校がある一方、最低は10・5%。理科は最高でも47・2%、最低は3・5%。小学校2科目も最高は85%程度、最低は10%台だ。」と書かれているので、そうなのだろうと思います。学校によってずいぶん違うことに驚きます。

 かつ、現場の気持ち=先生方の気持ちと距離感があるような記述もあります。

市教委の小学校教師への調査では58%が「スマイル学習を減らしたい」と考えている。理由には「負担がかかる」(38%)、「他の方法を用いたい」(25%)などが挙がっている。現場には「予習動画の内容に改善が必要」「自分なりの授業展開があり動画を使う必然性を感じない」「動画を端末にインストールさせる作業など煩わしい」などの声がある。現場の気持ちは大切だ。何らかの対応が必要ではないか。そうしなければ実施率がさらに下がる恐れもある。

 「負担がかかる」とは具体的に何が負担なのか、「他の方法を用いたい」の“他の方法”とはどんなものか、なども知りたいです。

 東洋大学のグループがスマイル学習の効果検証をしているので(以前、エントリーにも書きました)、どんな報告が出るのか、読んでみたいと思いました。(そういえば、2015年度版、2016年度版も読めるのかしら…)

blog.ict-in-education.jp
blog.ict-in-education.jp
blog.ict-in-education.jp
blog.ict-in-education.jp


 スマイル学習を導入する目的をしっかり規定し、それが実現されているかを評価するというかたちにしないと、今後の継続はちょっと大変かな、と思います。第三次報告書が出るとのことなので、ぜひチェックしたいと思っています。
www.saga-s.co.jp

(為田)