教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

東北学院中学校・高等学校 授業レポート No.1(2017年10月4日)

 2017年10月4日に、東北学院中学校・高等学校を訪問し、名越幸生 先生の高校2年生の物理の授業を見学させていただきました。見学したのは、名越先生が担任をされている2年H組の授業です。一人1台Chromebookの環境を活用した授業がどのように行われているのかを見せていただきました。

最初はオーソドックスな授業

 名越先生の物理の授業は、前半部分はオーソドックスなスタイルで始まりました。Chromebookを配備しているからと言って、授業の最初からずっとChromebookを使うわけではありません。
f:id:ict_in_education:20171107180656j:plain

 今回の授業では、回転箒を使っての実験が行われました。これもChromebook上で、動画で見せることもできますが、あえてそうしていないのは、「動画よりも、実験って生で見たほうがいいんじゃないか」という名越先生の目論見だということです。
f:id:ict_in_education:20171107180759j:plain

授業動画を授業の時間に見る

 実験が終わった後は、生徒たちそれぞれがChromebookで授業動画を見て自学する時間になります。名越先生の「トランスフォーム!」という言葉と共に、机をグループ形式にして、一人ずつがChromebookを取り出し、授業動画を見始めます。一人ずつが自分のイヤフォンを取り出して、黙々と授業を見ています。
 授業動画をこうして“授業の中で”見るというのは、非常におもしろい方法だと感じました。授業動画を使う授業と言えば、授業動画を家で見てきてもらって、授業ではディスカッションや定着・発展を目指す授業を中心にする、反転授業が最初に頭に浮かびます。
名越先生は授業時間内に、ご自身がされている授業動画を見せているのです。授業動画の中で名越先生がしている板書を、生徒たちはノートに書いていきます。これについて、「“出力”のトレーニングとして、板書がある」と名越先生はおっしゃっていました。ただ書き写すのではなく、板書の途中で教科書をじっくり見たり、前のノートと照らし合わせて理解を深めたりということも生徒たちはしていました。その間、授業動画を止めておけば、授業から遅れてしまうこともありません。こうした使い方は、授業動画を見せているからこそできることだと思いました。
f:id:ict_in_education:20171107180846j:plain

 生徒たちが授業動画を見ている間、名越先生は「動画のどのあたりまで進んでいるのか、またノートは書いてくれているだろうか」という観点で、机間巡視と机間指導をしています。途中でわからないところがあれば、先生を呼んで質問することができるのです。
 しばらく時間が経つと、授業動画を見終わってイヤフォンを外し始める生徒たちが少しずつ出てきます。いちばん速く授業動画を見終わった生徒は、「1.6倍くらいの再生スピードでも全然見られます。あと、授業の中で生徒を当てて、生徒が答えて…というようなやりとりは関係ないので、飛ばしたりもします」と言っていました。
 名越先生によると、動画を見終わってから、教科書を黙々と読む生徒もいるそうです。一度授業動画を見たら、教科書の内容がわかりやすくなるから、多少情報量が多くても苦にならないのではないか、とのことでした。

授業動画を見終わった後は?

 生徒たちが授業動画を見ている間、名越先生は次の課題を黒板に書いていました。授業動画を見終わるタイミングは生徒たちによって違うので、こうした対応をしているということでした。
f:id:ict_in_education:20171107181019j:plain

 授業動画を見終わった生徒たちは、黒板に書かれた課題に取り組みます。集まって教えあったり、相談して課題に取り組んだり、ということもしていました。この間にも、まだ授業動画に取り組んでいる生徒もたくさんいます。それぞれのスピードで学習をすることが許されている授業だと感じました。
f:id:ict_in_education:20171107181054j:plain

 授業動画を見終わってしまったら、遊んでしまうのではないか?という心配をされる方もいるかもしれません。生徒たちに訊いてみると、「(名越先生からは)やるべきことが終わってさえいれば、怒られないです」と言っていました。名越先生によると、「正直に言うと、YouTubeを見たり、ディベート部の生徒が立論を書いていたり、目を休めていたり、別な教科の宿題をこなしたり、などにも時間を使っていることもあります」とのことでした。「動画を観てノートを作成し終えているのなら、授業をきちんと聞き終えているのと一緒だとみなしています。どのクラスにも、ノートの作成が遅い子は必ずいるので、早く学んだ生徒が待ち時間を獲得したなら、その時間を有効に活用してもらってもいいのではないかという考え方です。仮に、早く学び終えた生徒にだけ発展的な課題が与えられて、遅い子には授業時間が残っていないから宿題、という形で負担を担わせるのも、差を広げるばかりでいかがなものかと、現時点では思っている」のだそうです。

 一方で、作業や理解が早い生徒には、どんどん先に進んでもらったほうがいいのでは?と考える方もいるかもしれませんが、名越先生は「高校生は意外と『分かったつもり』で先に進んでも、ふと気がつくと『どこから分からないかが、分からない』という状態に陥りやすい。そこで一旦、理解に時間のかかる生徒と一緒に知識の定着を確認するタイミングを揃え、更にアクティブ・ラーニング型授業を挟み、互いの理解不足を補い合うことで次の領域の着実な理解に繋げたい」と、その意図を話していました。

 No.2では、上記の他に、こうした授業を行う名越先生の意図と、実際にやってみての知見についてレポートします。

(為田)

【メディア掲載】 月刊私塾界 11月号発刊

 月刊私塾界 11月号が、先日の教育ICTカンファレンス2017の会場で配布されていました。
f:id:ict_in_education:20171103204758p:plain:w400


 特集が「教育ICT考2017 autumn/winter」です。学習管理、映像授業、オンライン英会話、プログラミング教育という多彩なラインアップで、インタビュー記事を読めます。

  • 学習管理
    • Studyplus for School
      • Studyplusは、生徒が使用している参考書やツールも含めた学習記録を可視化。
      • 学習記録を用いて、生徒一人一人の学習管理するのが、Studyplus for School。
      • 「アナリティクス」「プランニング」「カルテ」などの機能を通じて、生徒一人ひとりに密なコミュニケーションを可能とし、学習習慣を身につける支援を効率的にできるようになる。
  • 映像授業
    • ウイングネット
      • 小学校から高校までワンフレームで学びを積み上げて、PDCAサイクルを回せる自立型指導の講座システム。
      • 大学入試改革の一環として、国語講座に表現編を新たに加えたり、英語4技能教科の施策としての英語講座の刷新も行う。
  • オンライン英会話
    • OLECO&TRY-ANGLE
      • テキストが学習指導要領に沿った内容で作成されている。
      • 動画とテキストで予習→外国人講師との1対1のオンライン英カワイレッスン→テキストで英単語や英作文を練習というレッスンの流れ。
      • 講師、生徒、どちらからも画面に線などを書き込むことができる。
      • TRYANGLEでは、講師1人対生徒2人の形で、オンライン英会話を行う。
      • 他の生徒と一緒に受けることで、新たな学びや気づきを得ることができる。
    • MyET
      • 基本的な学習パターンは、モデル音声の再生→一文ずつのモデル音声の再生→発音→分析・判定・確認。
      • 1回の学習が15分程度で完結する。
      • 世界9カ国で特許を撮った発音分析プログラムは、「発音」「ピッチ」「リズム」「強勢」の4分野を軸にそれぞれ点数化して評価する。
  • プログラミング教育
    • アーテックエジソンアカデミー
      • ロボットを使ったプログラミング講座。
      • アーテックが開発したアーテックブロックを使っている。
      • テキストの開発者が自ら教壇に立ち、新しいテキストを使って授業を実際にしてから改訂する。
    • ロボスク
      • 地方公共団体の支援を受けながらプログラミング教育を広げるために教室やイベントを開催してきた。
      • 車型のロボットを使ったプログラミングキットを使う。12個から20個のセンサーを用いて、自動走行する。実社会でも使えるものを使って教える。
    • チアリーダーズ
      • 夢見る株式会社が、ロボ団に加えて出店する“女の子のため”のプログラミング教室。
      • 男の子ばかりの環境のため参加をためらう女の子が多いので、女の子たちと一緒にできる環境を作ってあげる。
      • プログラミングだけでなく、プレゼンテーション、発信することにも重きを置く。
      • プログラミングを学ぶことで、女性の活躍の場が広がる手助けを。
    • もののしくみ研究室
      • 信号機など、社会の身近なものを取り上げて、その仕組みを理解するためのプログラムを提供している。
      • 学習の最後に、代表的な会社、プロの仕事について学び、身近なものの将来まで見渡せるようにテキストを作っている。
      • 授業は月2回、小学校3年生から中学生までを想定した3年間のプログラム。

 ICTのそれぞれの使い方について触れることができる特集だと思います。プログラミング教育の各社は、教育ICTカンファレンス2017でパネルディスカッションでご一緒しました。
blog.ict-in-education.jp


 いつものとおり、連載記事も掲載されています。8月後半から9月の記録。校内研修や研究授業などが多かった時期でした。
f:id:ict_in_education:20171103204736j:plain

(為田)

イノベーティブな校長ネットワーク キックオフイベント No.1(2017年11月5日)

 2017年11月5日に、千代田区麹町中学校で行われたEdvation x Summit 2017内で、イノベーティブな校長ネットワークのキックオフイベントが開催されました。

 イノベーティブな校長ネットワークは、小金井市立前原小学校の松田孝校長先生が、21世紀を切り拓く子どもたちの育成に向け、新しい教育課題に意欲的・積極的に取り組む人たちとネットワークを構築したいと考え、発起人となったグループです。
 キックオフイベントは麹町中学校の合同教室で行われました。松田先生による、オープニングのスピーチの様子をレポートします。会場は学校4:企業6くらいの人数比率でした。
f:id:ict_in_education:20171106145243j:plain

 松田先生は、「校長が覚悟を持って変われば、学校が変わると信じている」「民間とのコラボで、一大ムーブメントを起こせるのではないか」と語ります。また、校長には、首長とトップ外交をする機会もあるので、こうした機会を通じて、働きかけていくことも可能だと言います。
f:id:ict_in_education:20171106145314j:plain


 ここで、松田先生がよく訊かれるという、「松田先生だからできるのではないですか?」「同じような思いをもった校長先生はどれくらいいますか?」の2つの定型質問が紹介されました。これらに対して、松田先生は、「やれる人はたくさんいる。覚悟を持ってやるべきこと」だと言い、また「0を1にできる校長先生もいる」と言い切ります。
f:id:ict_in_education:20171106145327j:plain

 そして、そんな時代認識と覚悟を持ち、かつ戦略的に行動している校長先生を4人、パネリストとして招いてのパネルディスカッションをすることを会場に伝え、4人の校長先生を紹介しました。
f:id:ict_in_education:20171106145352j:plain

◆ ◆ ◆

 学校と民間のコラボを促進していくためのネットワークを作っていくことを目指す、イノベーティブな校長ネットワークは、Edmodo上でコミュニティを作り、情報交換を行っていきます。

 興味をお持ちの先生方、企業の皆様、教育関係者の皆様、ぜひEdmodoのコミュニティ「171105キックオフイベント」に参加してください。Edmodoは全世界190カ国、8400万人以上に使われている教育に特化した無料コミュニケーションツールです。Edmodo上でのコミュニケーション、コラボレーションを体験するという意味でも、有意義なものになるのではないかと思います。

171105キックオフイベント


 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

【イベント情報】 “こどもの本”総選挙はPC、スマホからも投票可能!

 ポプラ社が、「小学生がえらぶ! 〝こどもの本〟総選挙」を開催するそうです。投票により発行出版社を問わず「こどもたちが選んだ本ベスト10」を選び、来年のゴールデンウィーク開催予定のイベントで発表されるとのこと。
f:id:ict_in_education:20171105105941p:plain

 発行出版社を問わないということで、どんな本が選ばれるのか、楽しみです。自分が読んだことがある本が選ばれるのか?小学校の図書室で見かける本が選ばれるのか?来年のゴールデンウィークを楽しみにしたいと思います。
 小学校の先生方や、図書室の司書の先生方にも、選んでもらいたいなあ、そんなアンケートページを作ったら、皆さん参加してくださいますかね…。

 小学生がえらぶということで、どうやって応募するのかな?と思って、「応募のきまり」のページをクリックしてみました。
f:id:ict_in_education:20171105110239p:plain

 タイトル、ISBN、選んだ理由…というのを書くことになっているのですね。ISBNか…。なかなかハードルが高い…。表紙を写真で撮影して、感想をマイクに向かってしゃべってね、みたいな感じにしたら、保護者のスマホでさっと写真を撮影して、感想をマイクに向かって話したものが音声入力されて…と簡単な気がするんだけど…。まあ、運用が大変ですかね…。
 小学校単位での参加もできそうなので、それも楽しそうだな、と思います。「小学校の方へ」のページはまだ準備中です。小学校の国語の授業や総合学習の時間などでも、活用できそうかな、と思います。

(為田)

やってみた: Podcastを聴くアプリ「Overcast」で情報収集

 ここ2ヶ月くらい、(英語を含めて)情報のインプットを増やそうというのと、英語力をUPしよう、という目的で、Podcastを聴く時間を増やしています。
 Podcastは移動中にiPhoneで聴くことがほとんどです。アプリは、Overcastというアプリを使っています。

  • 30秒巻き戻し機能があると、聴いていて「お!」と思ったところに戻りやすい。
  • Podcastのテキストが読みやすい。
  • SMART SPEED機能があって、ちょっとした空白とかを短くしたりという速度の自動調整機能がある。
  • 再生速度を簡単に変えることができる。(日本語を速くして時短は、あまりしない。英語をゆっくり再生にして聴き直す)
  • VOICE BOOSTで、ボリュームを自動的に調整。

Overcast

Overcast

  • Overcast Radio, LLC
  • ニュース
  • 無料

 いろいろなPodcastを購読しています。常に0になることはほとんどない状態…。

f:id:ict_in_education:20171105051523p:plain:w400


 いまちょうど聴いている未来授業は、NPO Think the Earthプロデューサーの上田壮一さんが、SDGsエスディージーズ)について語っています。おもしろい。
f:id:ict_in_education:20171105051535p:plain:w400


 遡って聴いているThe TeachThought Podcastは、ずらりとエピソードが並んでいますが…。おもしろそうなテーマじゃないですか?「Assessment and Personalized Learning in Project-Based Learning」とか「Engaging Students With Robotics And STEM」とか。いちばん最新のエピソードは、「Translating Courses from Face-to-Face to Online」です。
 こういうテーマで、日本語版のが出たらいいのになー。英語のトレーニングとしては非常にいいのですが、情報を入れる効率としては、日本語に劣ってしまうので。(僕の英語力の問題ですけどね)
f:id:ict_in_education:20171105051530p:plain:w400


 書籍よりもずっと情報のアップデートは速いのと、歩いているときにも聴くことができます。

(為田)

教育ICTカンファレンス2017 「どこに向かう? プログラミング教育の未来 〜実践者による討論会〜」(2017年10月30日)

 2017年10月30日に、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 2F・ソラシティホールにて開催された、教育ICTカンファレンス2017のパネルディスカッションに、モデレーターとして登壇しました。
 テーマは「どこに向かう?プログラミング教育の未来 ~実践者による討論会~」ということで、以下のパネリストによるパネルディスカッションでした。

【パネルディスカッション】どこに向かう? プログラミング教育の未来 〜実践者による討論会〜
◆パネリスト
 総務省 情報流通行政局 情報活用支援室 本橋 充成 氏
 株式会社情報通信総合研究所 ICT創造研究部 特別研究員 平井 聡一郎 氏
 株式会社学研エデュケーショナル ロボット講座企画開発リーダー 野口 祐希 氏
 株式会社アーテック 法人営業部 次長 梶原 邦夫 氏
 国際科学教育協会 代表理事 北原 達正 氏
 ロボ団(夢見る株式会社) 代表 重見 彰則 氏

f:id:ict_in_education:20171103205004j:plain

 総務省の本橋さんと、情報通信総合研究所の平井先生からは、公教育における教育の情報化の現状と今後についてのお話を伺いました。学研エデュケーショナルの野口さん、アーテックの梶原さん、国際科学教育協会の北原先生(6月に続いて2度めのパネル共演)、ロボ団の重見さんからは、それぞれの事業での実践、コンセプトなどについてお話を伺いました。

 小学校でのプログラミング教育の必修化で、どこまでできるのか、その周辺としての民間教育はどのような役割を果たすべきなのか、ということについてディスカッションができたのではないかと思います。
 個人的にすごくおもしろいと思ったことをいくつかメモで。

  • 総務省の本橋さんがおっしゃっていた、プログラミング少年団(名付けたのは日経新聞とのことですが)の話。高校野球や高校サッカーなどのように全国16万~17万人の競技人口が生まれれば、トップの天才は世界規模で活躍できる、という話。
  • 控室で話題になった、「そもそも、まだ学習塾にとっては、お客さんの取り合いにもなっていない。まだみんなでマーケットを耕す、お客さんを増やしている時期だ」という話。
  • 上の方向に伸ばすことは大事。ただ、上が伸びるためには、裾野が広くなければいけない。縦にも横にも、伸びていくようにするべき。
  • 教室には保護者様も入れて、授業に出てもらうのがいいのではないか?どんなふうな社会がやってくるのか、どんな力を伸ばしているのか、授業を見せるのがいい。「見ても見なくてもいいですよ」と言っても、見てくれる保護者様が多い。
  • 最終的なゴールを明確にする必要はないのではないか。3年間というカリキュラムのなかで、できることを増やして、そこからは「こういう道がありますよ」とキャリアガイダンスのように見せてあげるのが大事ではないか。

 などなどの話が興味深かったです。自分自身としても考える機会になりました。ありがとうございます。
 しかし、いつもながら時間が足りず、もっともっとお話を伺いたかったのに叶わず、力不足を感じます…。

 詳細は、月刊私塾界にて記事として掲載されると思いますので、ぜひそれを楽しみにしていただければと思います。

(為田)

ITproで堀田龍也先生×山内祐平先生の対談記事

 日経BPのサイトITproで、堀田龍也先生(東北大学大学院情報科学研究科教授)と山内祐平先生(東京大学大学院情報学環教授)の対談記事が、3回に分けて連載されています。
 日本の教育現場における、ICTの整備の状況や、政策の方向性などをまとめてよむことができます。

itpro.nikkeibp.co.jp

itpro.nikkeibp.co.jp

itpro.nikkeibp.co.jp

 2017年3月に公示された新学習指導要領は、「情報活用能力」「ICTを学習で活用する力」を身につけるべきだとの方針を明確に打ち出しています。まだまだ、ICTを先生が教えるときのツールとして使う、という形の学校が多いなか、方針はすでに示されているので、この方向にどう進めていくのか、ということを考えていきたいと思います。
f:id:ict_in_education:20170913051840j:plain

(為田)