教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

千葉県立袖ヶ浦高校 平成29年度課題研究発表会 レポート No.1(2017年11月24日)

 2017年11月24日に、千葉県立袖ヶ浦高校 情報コミュニケーション科の平成29年度課題研究発表会に参加してきました。昨年度の課題研究発表会には参加できなかったので、2年ぶりの参加になりました。袖ヶ浦高校の生徒たちは一人1台のiPadを持っていますが、情報コミュニケーション科の科長である永野直 先生は、「一人1台のiPadを活用すること自体が目標ではない。ICTと社会をつなげて創造的に課題を解決するのが目標」と言います。この「社会で創造的に課題を解決する」という目標へのステップとして、課題研究発表会は存在しているのだと思います。
f:id:ict_in_education:20171130114441j:plain:w400

 永野先生は、「課題研究では、iPadを使え」というようなデバイスの指定はしておらず、生徒たちは、iPadだけではなく、学校のPCや自分のスマートフォンやPCなども使って課題研究を行ったそうです。袖ヶ浦高校の情報コミュニケーション科では、先生方は「(一人1台のiPadを)自分たちの中で目的をもって使え」と言ってきているそうです。この課題研究発表会は、目的を持ってiPadを始めとするICT環境を使ってきた生徒たちの「3年間の集大成とも言える」と永野先生は言っていました。
f:id:ict_in_education:20171130114653j:plain

 課題研究発表会の資料などは、サイトにアップされており、参加者には無線LAN環境が提供され、URLが伝えられました。
f:id:ict_in_education:20171130114719p:plain

 永野先生は、「(このサイトで情報を見るために)来校者が生徒の前でスマホを使うのも、この学校では全然かまいません」と言っていました。こうして資料を配布せずペーパーレス化しているのも、ICT活用のひとつであり、学校としてICT環境を日常使っている証拠だと思いました。
 実はこうした活用をしている学校も全国で見るとそう多くはありませんので、こうした試みは続けてほしいと思いました。

 課題研究発表会は、90分の間に高校2年生と高校3年生が同時に発表をします。1階の会議室で、3年生の6グループがポスターセッションを行います。それぞれのグループの代表が、最初に見どころを説明に来てくれました。
f:id:ict_in_education:20171130114754j:plain

 また、2階の第一コンピュータ室で、2年生の全員がScratchを使って作ったプログラミングの作品を40人が一人1作ずつ展示するそうです。

 今回の課題研究発表会には、卒業生も見に来ていました。また、1年生40人も、先輩たちの発表や展示を見ていました。そして、熱心にメモをとっていました。1年生は、先輩たちの発表を見ることで、先輩たちへのあこがれを抱くとともに、自分たちが研究と発表を行うときの規準をもつことができるのだと思います。こうした縦での繋がりが、袖ヶ浦高校の課題研究発表会の伝統を作っていくのだと思います。
f:id:ict_in_education:20171130114831j:plain

 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

iTeachers TV『ICTを活用したワークショップ型授業のつくりかた』(田園調布雙葉中学高等学校 小林潤一郎先生)

 iTeachers TVに、田園調布雙葉中学高等学校の小林潤一郎先生が登場しました。『ICTを活用したワークショップ型授業のつくりかた』と題したプレゼンテーションを見ることができます。前編と後編に分かれています。
www.youtube.com

www.youtube.com

 小林先生は最初に、情報科の授業として目指すところを説明されています。為田も、何度か小林先生の授業のゲストスピーカーをつとめさせていただいたことがあります。教室の高校生たちと外部の社会人をつなぐ、とてもいい場として授業が機能していると思います。

  • 情報科の目指す所
    • 知識伝達型の授業→能動的に考え、表現し、行動する授業
    • PCスキルだけでなく、表現スキルや思考スキルの獲得を目指している
    • その実現のために、インプットとアウトプットの機会
    • 外部講師を招いてのインプット
    • 外部コンテストへの参加などのアウトプット

f:id:ict_in_education:20171130112931p:plain

 今回のプレゼンテーションでは、小林先生の実践している授業のなかで使われている「デジタルペン」「共有掲示板」「SNS」について知ることができます。実際の授業でどう使われているのかについても、紹介されています。

  • デジタルペンOpenNOTE
    • デジタルペンで手書きした文字や図の筆跡を記録し、画面上で一覧表示可能。
    • 実際にペンで書くことで、筆跡やイラストなどの表現力が高く共有できる。
  • 共有掲示板:Apisnote
    • 遠隔で授業に企業の方が参加したりということもできる。
    • 付箋を貼って協働学習ができる。
    • 目的や所属などによって付箋の色を分けることもできる。
  • SNSCreatubbles
    • クリエイティビティに特化した、子どもたちが使えるSNS
    • ソフトウェアの種類ごとに分類。
    • HUE Animationで作られた作品など。

 これらのツールは、すべて「共有すること」を目的とするツールです。小林先生は、「ワークショップをどう運営するときに、共有することの面から補完するツールとして使える」というふうに紹介しています。
 為田が参加した授業でも、デジタルペンを使って生徒たちが考えていることをリアルタイムに見ることができ、その様子を見ながら次の展開を小林先生と確認する、というふうなことをしていきました。生徒同士、生徒と外部をつなぐという機能だけでなく、生徒の理解度や進捗を理解する機能も補完してくれると思います。

 小林先生が実践しているワークショップ型授業を支えているこうしたサービスについて、ぜひ見ていただければと思います。

(為田)

富谷市立明石台小学校 授業レポート(2017年11月15日)

 2017年11月15日に、宮城県富谷市立明石台小学校を訪問し、阿部太輔 先生が担任している4年1組の算数の授業を見学させていただきました。今回の授業は、反転授業の研究として位置づけられていました。計画書によると、多くの児童が苦手意識をもちやすいと考えられる「計算のきまり(『数と計算』領域)」において,反転授業が有効かを検証することを目的としていました。

 11月7日より、タブレットを家に持ち帰ってもらい、凸版印刷が開発したアダプティブ学習システム「やるKey」を宿題として解いてきてもらっています。
f:id:ict_in_education:20171129060201j:plain

 やるKeyでは、算数の問題を自動出題・自動採点ができるだけでなく、その結果を先生画面で確認することができます。先生の画面では、習熟度や学習時間、取り組んだ問題数などを見ることができます。授業の最初に、阿部先生は習熟度の画面を提示しました。
 横の行に児童の名前が並んでいます(クラス全体に提示するときには、阿部先生は見えないように表示していました)。縦の列が、小単元と学習のめあてごとに分かれています。この授業での学習範囲は、「計算の順序」に含まれる4つの学習のめあてと「計算のきまり」に含まれる3つの学習のめあてでした。それぞれの学習のめあてごとに習熟度が色で表されています。赤系の色から青系の色になるほど、習熟度が高いというふうになります。
f:id:ict_in_education:20171129060245j:plain

 この画面で、「計算の順序」の問題の習熟度があまり高くない(=赤系の色が多い)ということをクラス全体で共有してから、ロイロノート・スクールで問題を出題します。事前に、やるKeyの先生用の画面で習熟度を確認して、習熟度が低い学習のめあてが含まれるオリジナルの問題を、阿部先生が用意をして出題をしました。
 ロイロノートで出題された問題をグループで考えていきます。ロイロノートの中に書き込んで、「計算の順序を間違えたために、計算結果が変わってしまった」ということをみんなで確認することができました。事前に習熟度が高くなかった箇所を確認して、そこを補うために、オリジナルの問題を作成し、配布しました。こうしたことをノートを介さずに、ネット上で行うことは、ICTを活用した授業設計の強みになると思います。
f:id:ict_in_education:20171129060314j:plain

 計算の順序について、どのようなことに気をつければいいのかを確認するところまでで、授業開始からだいたい20分くらいでした。ここから、やるKeyを使って個別学習の時間をとりました。
 児童一人ひとりが、自分のiPadでやるKeyにログインしていきます。持ち帰りをしていることもあり、ログインなどでつまずく児童はほとんどいませんでした。児童たちは、やるKeyの学習ホームの画面を開いて、学習のめあてが達成できていない(=トロフィーがとれていない)ドリルをどんどんやっていきます。
f:id:ict_in_education:20171129060349j:plain

 やるKeyでは、問題を間違える要因を“つまずきポイント”と名付け、1問ずつに複数のつまずきポイントを設定しています。児童が自動出題される問題を解くたびに、どのつまずきポイントでつまずいているのか特定していきます。そのため、児童たちは同じドリルから学習をスタートしても、問題の正解/不正解、不正解でも間違え方によって、次に出題される問題は違うようになっています。これにより、児童はそれぞれの習熟度にあった学習をすることができます。
f:id:ict_in_education:20171129060426j:plain

 つまずいているポイントが特定された場合は、教科書の中の解説に近いドリルが表示され、先生に毎回解説をされなくても、自分で教科書の例題をもう一度解くことができるようになっています。
f:id:ict_in_education:20171129060456j:plain

 こうして児童が自分の習熟度にあった問題を解いていけるようになることで、先生はこれまでしていた問題の出題、プリントの配布、答え合わせ、机間指導などから、本当に教室に必要なものだけを残すことができるようになります。つまり、問題の出題や答え合わせはICTにより自動化され、そのぶんの時間を児童に対して寄り添い指導する時間とすることができるようになっていきます。

 今回のこの授業は、反転授業の研究の一環として行われました。計算の順序は通常8回の授業だそうですが、反転授業で行ったことで、1時間分の余裕が生まれ、そのぶんで今回の授業のように、クラス全体で習熟度が高くないところを学習する時間がとれている、と阿部先生は言っていました。

 iPadを持ち帰る授業については、学校によってさまざまな活用の方法があると思いますが、こうした実践が多く行われることで、これからチャレンジしようとする先生方の後押しになればいいと思いました。

(為田)

iPad Proの新しいCMで使い方をイメージする

 TwitterのTLで流れてきた、Apple新しいiPad ProのCMiPadでさまざまなことをしています。
f:id:ict_in_education:20171127063356p:plain

 iPad miniiPadiPad Proとそれぞれに使ってきましたが、僕の使い方としては、iPadタブレット端末)は情報を見るための端末としての使い方が多くなるため、軽くて電車の中でも片手で操作できるように、iPad miniで落ち着いています。あとは写真の撮影ですかね。文字を書き込んだりということも、ちょっとしたメールの返信くらいしかしないので、そうするとiPhoneでも十分だったりしてしまいます。
 このCMのなかでは、撮影した写真を取り込んでWordで文章を書いたり、Apple Pencilで写真に書き込んだりということをしています。

 こうした「どういう使い方ができるのか」というのがイメージとして見えるのはとてもいいな、と思います。学校にiPadなどタブレット端末を導入するときに、「どんなふうに学校生活の中で使ってほしいのか」ということをこうしてイメージをもって導入することが大事だな、と思わされます。
www.youtube.com

 こういうイメージをもたせる動画は好きです。もっと将来像を見せる、Microsoftの動画が何年かに一度出るのですが、これもすごく好きなので、リンクを貼っておきます*1

blog.ict-in-education.jp

(為田)

*1:お、もう2年前か…。そろそろ、次のバージョン、出るのかなあ…

教材として使えるかも?:『いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図』

 米田智彦『いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図』を読みました。「東京オリンピック後に自分が移住するとしたら、どこに住むだろう?」という視点から、国内外に移住した33人へのインタビューをしている本です。

いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図

いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図

 取材した33人の移住先は国内だと北海道、岩手、宮城、新潟、茨城、千葉、長野、京都、和歌山、愛媛、高知、鹿児島、福岡、沖縄。国外でも、ドイツ、オランダ、スウェーデンポーランド、アルゼンチン、フィジー、シンガポール、マレーシア、ベトナムカンボジアと多様。

 セミリタイアして移住というようなものではありません。どこに住んでいても仕事ができるようになってきた、という社会の変化がまず前提としてあり、そのうえで移住のリアルな現実が書かれています。「どこに住んでいても仕事ができるになってきた」という変化は、以下のようなポイントとともに説明されています。

いま、移住が注目される四つの理由(p.29-p.33)

  1. 通信技術
    • 常時スマホでネットに接続し、メールやチャット、SNSで世界中の誰とでもやりとりができ、共通の情報を得ることが呼吸するように当たり前の時代になった。
    • 仕事をするうえで、大都市も地方や国外も変わらなくなりつつある。
  2. リモートワーク
    • 地方に移住したときの収入の減収は不安要素だったが、それを払拭。
    • ITを活用した場所にとらわれない柔軟な働き方のこと。
    • 個人個人に応じた多様な働き方の選択肢を増やしている。
  3. ソーシャルメディア
  4. LCC(ローコストキャリア:格安航空会社)
    • 海外への渡航、国内での飛行機を使った移動の選択肢を増やした。
    • 新幹線通勤制度など、デュアルライフを可能に。

 こうした変化が起こってきていて、その核にリモートワークとソーシャルメディアというICTと結びついたスキル/環境があるということは、もっと子どもたちに教えてあげたいと思います。
 2020年から始まる小学校でのプログラミングの必修化の一つの出口は、実はこうした多様な働き方なのかもしれません。東京へでなくても、地域にいても世界を相手に仕事をすることもできるようになるわけですから。

 例えば、海外への移住をした方々のなかには、2012年にドイツ・ベルリンへ移住された高田ゲンキさんがインタビューをされていました。高田ゲンキさんのイラストエッセイ「ライフハックで行こう!」は読んだことがあったので、ああ、この人なのか!と思いました。
 それから、2011年にポーランドワルシャワへ移住された堺玲子さん。堺さんは、サイト Z POLSKI ズ・ポルスキの運営をされています。このサイトも本当におもしろいです。

 おふたりとも、しっかりスキルがあって経験もあって、そのうえで移住をされている。ICT+何ができるかということが言うまでもなく重要です。ICTと共に使うものは、教養であったりコミュニケーション能力であったり専門知識であるのはまちがいありません。小学校から高校の先生が子どもたちに伝えていく働き方のイメージを幅広くなるといいかな、と思いました。

(為田)

小金井市立前原小学校 英語活動 授業公開レポートまとめ(2017年9月15日)

 2017年9月15日に小金井市立前原小学校において、英語活動の授業公開が行われました。公開されたのは5年2組の授業で、情報端末としてChromebookを使い、EnglishCentralを活用する授業です。
 「子どもたち一人一人の個性的で、個別的、そして協同のある外国語(英語)活動の創造に挑戦する」「合言葉は“英語のシャワーを浴びよう!英語のマシンガンを放とう!」という、公開授業を告知する文章のなかの松田孝校長先生の言葉に惹かれ、見学に行ってきました。
f:id:ict_in_education:20170925044144j:plain

 全5回のレポートをまとめましたので、まだ読んでいない方はぜひどうぞ。

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

(為田)

平塚市 学習指導要領の改訂に向けて小学校にタブレット端末を導入

 神奈川県平塚市の落合克宏市長が、11月定例視聴記者会見にて、「学習指導要領の改訂に向けて小学校にタブレット端末を導入」と談話を出しているそうです。以下、平塚市のサイトから引用です。

11月定例市長記者会見 学習指導要領の改訂に向けて小学校にタブレット端末を導入します

 12月1日からセルラー方式のタブレット端末を小学校10校に520台、教育研究所に貸出用として110台、合計630台を導入いたします。従来、パソコン教室で行われておりましたICT学習が普通教室でできるほか、校庭や体育館で体育の運動の様子を撮影したり、校外で動植物を観察したり、すぐにインターネットで調べたりと場所にとらわれず利用できるようになります。
 また、平成32年度から実施されます新学習指導要領では、プログラミング教育が導入されます。そのため、プログラミングソフトウェア教材の使用など情報教育に活用することで、子どもたちの学習への関心・意欲が高まることが期待されます。今後、既存のパソコン教室の機器の更新に合わせまして、平成34年度までに市内全ての小中学校に導入してまいります。

11月定例市長記者会見 学習指導要領の改訂に向けて小学校にタブレット端末を導入します | 平塚市

f:id:ict_in_education:20171124003940p:plain

 まずは、12月1日から小学校10校に520台のタブレット端末が配備されるそうです。単純計算だと1校あたり52台。1クラス40人の児童に1台ずつで40台、予備機と先生機で12台、というような使い方でしょうか。セルラー方式だそうなので、学校内のどこでもネットに接続可能です。また、社会見学や修学旅行のときに持っていくことも可能になります。
 平塚市の小学校は28校、中学校は15校。今年度=平成29年度は小学校10校、来年度=平成30年度に全中学校15校(中学校に配備完了!)、平成32年度に小学校9校(19校)、平成34年度に小学校9校(全小学校に配備完了!)という計画で、小中学校43校で2300台の配備予定とのことです。
 小学校と中学校での接続をどのようにするのかなど、気になる所です。タブレット端末を使って実際にどんな実践をするかなどは、このページからは見えなかったので検索をしてみたら、ダイワボウ情報システムさんの教育ICT(初等・中等教育)ソリューションのページで授業例 平塚市編が紹介されていました。プロジェクター、タブレットPC(ジャストスマイル)、教師用PCを使っている様子が紹介されていました。

 配備される台数だけでなく、「学習指導要領の改訂に向けて」と方向性をしっかり市長さんが述べているのが素晴らしいな、と思っています。公開授業などあれば、見に行きたいと思います。

(為田)