教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

情報教育フォーラム in SENDAI 「学校教育の情報化」を考える レポート No.1(2018年1月22日)

 2018年仙台市教育センター 市民公開講座 情報教育フォーラム in SENDAI 「学校教育の情報化」を考える 、に参加してきました。会場からTwitterで発信していた内容を中心に、再構成してレポートします。
f:id:ict_in_education:20180202180024j:plain


仙台市のICT整備

 パネルディスカッションの進行は、堀田先生です。教育振興基本計画の話で、「5年くらい先を見通して」というのは、非常に大切なキーワードだと思いました。5年より先はたぶんテクノロジーが大きく変わりすぎているだろうな、と思います(iPadで登場から8年ですから)。

www.kahoku.co.jp

六郷小学校の現場の様子

 ここで、堀田先生から、仙台市立六郷小学校の菅原校長先生へマイクが渡りました。

仙台市の情報活用能力を育む試み

 続いて、東北学院大学の稲垣先生から、情報活用能力をどう育むか、仙台市での取り組みについて説明がありました。

 稲垣先生の話は、ICT機器を導入した後、どうやって情報活用能力を育てるのか、またそのために先生方が授業をどう変えていくのか、ということに取り組めるようになっているという話でした。


情報化の影の部分への対応

 最後に、静岡大学の塩田先生から、情報化の影の部分について、どのような対応が考えられるのかという話がありました。

 ここで、静岡大学とLINEで共同開発しているワークショップを実際に会場でやってみました。5枚のカードを使います。そこには、「やられたらいやなこと」が書かれていて、それを嫌な順に並べていきます。
f:id:ict_in_education:20180202185635j:plain

 ワークショップをやってみて、参加者全員で「これはイヤ」というのは問題にならない。実は、参加者が半々くらいで意見が分かれているものが、トラブルになる可能性が高い。例えば、「話をしている時にケータイ・スマホをさわっている、のはいいじゃん」「それはイヤ」が半々くらいであれば、それを許せる人と許せない人がいるということになる。

「みやぎ情報活用能力育成共同プロジェクト事業」協定締結式について - 宮城県公式ウェブサイト

 塩田先生のワークショップは実際に教室でやってみたら、どのような結果になるのか、どのようなディスカッションになるのか、非常に興味深かったです。

まとめ

 最後に、パネリストの皆さんから最後のまとめがありました。

 ICTをどう教育に活用するのか、仙台市が非常に深く考え、デザインをしているのだと思えて、勉強になりました。特に、いろいろな教科と情報活用能力がリンクできるようにと、稲垣先生がされている教員研修には興味があります。

 No.2に続きます。

(為田)

【イベント情報】彩特ICT/AT.labo第6回冬季研究大会『プレミアムワークショップ』(2018年2月11日)

 2018年2月11日に、彩特ICT/AT.labo第6回冬季研究大会『プレミアムワークショップ』日本工業大学 宮代キャンパスにて開催されます。
 彩特ICT/AT.laboは、埼玉県の特別支援教育におけるICTやAT(アシスティブテクノロジー)を活用した実践の普及推進を目的に活動している有志の教員による研究会で、夏と冬の年2回研究大会を実施して実践の発表を行ったり、ワークショップを行っているそうです。
f:id:ict_in_education:20180202163507p:plain:w400

 今回の研究大会では、iPad活用基礎講座やプログラミング教育、創造性を育むiPad活用についてワークショップを実施するそうです。
 ワークショップのなかで、「iPadですぐにできる視覚支援と映像メディア表現の授業作り」と「さわって体験!特別支援教育で取り組めるプログラミング」で講師を担当される、石神井特別支援学校の海老沢穣先生から、「特別支援とICTにご興味のある方がいらっしゃったら…」と紹介されました。
 また、特別講演として日本福祉大学の金森克浩教授をお招きして10年後の特別支援教育とICTについてご講演いただきます。

 興味のある先生方、ぜひ参加をご検討ください。詳細は、以下のサイトをご確認ください。
www.kokuchpro.com

(為田)

一般社団法人 ICT CONNECT 21 活動報告会 レポート No.8(2018年1月15日)

 2018年1月15日に、筑波大学東京キャンパスにて、一般社団法人 ICT CONNECT 21 活動報告会が開催されました。
 ICT CONNECT 21には、多様なステークホルダーが関わっています。これが、ICT CONNECT 21の強みであると思うのですが、その多様なステークホルダーの皆様からの挨拶(というかプレゼンテーション)がありましたので、順に紹介していきたいと思います。
 今回は、一般社団法人 ICT CONNECT 21常務理事 片岡靖さんのプレゼンテーションから、僕がメモした点をまとめたいと思います。
f:id:ict_in_education:20180201053359j:plain

 ICT CONNECT 21は、2017年3月に一般社団法人になりました。新法人の目的は、「情報通信技術を活用して教育をより良くして行こうという意思を持つさまざまなステークホルダーが集まるオープンな場として、誰でもいつでもどこでも生涯を通じて格差なく学べる、ひとりひとりに適した学習環境を構築することを通じて、教育の情報化の一層の進展に寄与するとともに、社会の発展に貢献すること」となっています。
 個別にステークホルダーが活動をしてもなかなか進まない。それをCONNECTして、共創・コネクトの場を提供する。それによって、「参加者にとってオープンな関係」「利用者と提供者の協働」「外部リソースの積極的活用」を実現する。この目的をICT CONNECT 21は果たしてきていると思います。
ictconnect21.jp


 ICT CONNECT 21会員の数についても報告がありました。「まだ期待値。これから成果を出していこうと思っている」と片岡さんはおっしゃっていました。ちなみに、為田も準会員(個人)で加入しています。いろいろな情報を得る機会をいただいています。この日の会員向けの活動報告会も、もちろんその一つです。

  • アライアンス団体会員
    • 本会の目的に賛同し、目的達成に協力していただける非営利団体、学術団体等
    • 26法人・団体
  • 特別会員
    • 本会の目的を積極的に支持し、目的達成を共同で推進していただける団体及び企業等
    • 15法人・団体
  • 一般会員
    • 本会の目的に賛同し、目的達成に協力していただける団体及び企業等
    • 55法人・団体
  • 準会員(団体)
    • 本会の目的に賛同し、目的達成に協力していただける地方公共団体教育委員会、学校(学校教育法第一条における学校)等
    • 25法人・団体(うち19団体が学校法人、自治体、教育委員会
  • 準会員(個人)
    • 本会の目的に賛同し、目的達成に協力していただける個人 ※教員・自治体職員・有識者
    • 有識者、学校教員等を中心に構成
    • 94人

ictconnect21.jp

 最後に、取り組んでいる事業の紹介がありました。イベントなどすべてに参加することはできませんが、Vimeoなどを通じて動画配信をしてくれているのはありがたいです。

  1. 調査研究事業
    • ワーキンググループ(WG)活動
      • 2つのワーキンググループ「技術標準WG」と「普及推進WG」
      • この中に、7つのサブワーキンググループ、2つのSIG。
    • 国や地方公共団体等との連携事業
      • 生涯学習プラットフォーム案件
      • 学習要素リストの検討
    • アライアンス団体との連携事業
  2. 技術標準の策定
    • ワーキンググループ(WG)活動
    • イベントを動画で配信(Vimeoで動画配信もあり)
  3. 意義の一般への訴求と利活用の推進
    • 情報提供活動
      • 情報提供サイトの充実(地域未来塾サイト)
      • メールマガジン 登録者:3000名
      • 各媒体との連携
    • イベント
      • プログラミング教育の世界での取組(マイクロソフト)など(Vimeoで動画配信もあり)
  4. 政策提言
  5. 国や地方公共団体が行う事業との連携
    • 未来の学びコンソーシアム事業
    • 地域未来塾支援事業

 最後に今後の方向性も示されました。

今後の方向性

  • 教育の情報化における技術標準の推進
  • アライアンス団体連携
  • 教育委員会連携支援
  • EdTech推進
  • 情報発信力強化


 ここまで、8回にわたってレポートをしてきましたが、実は活動報告会のなかでは1時間での情報量です。密度の濃い報告会だったと思います。また、これだけ多くのステークホールダーが関わりつつ、さらにこうした報告会やメーリングリストなどを通じての情報発信をしていることは、ICT CONNECT 21があってこそのことだと改めて認識しました。

 多くの方々が言及されていたとおり、学校だけではなく、さまざまな立場・バックグラウンドを持つ企業/団体が関わることで、目的を達成することに近づいていけるのではないかと思いました。

(為田)

一般社団法人 ICT CONNECT 21 活動報告会 レポート No.7(2018年1月15日)

 2018年1月15日に、筑波大学東京キャンパスにて、一般社団法人 ICT CONNECT 21 活動報告会が開催されました。
 ICT CONNECT 21には、多様なステークホルダーが関わっています。これが、ICT CONNECT 21の強みであると思うのですが、その多様なステークホルダーの皆様からの挨拶(というかプレゼンテーション)がありましたので、順に紹介していきたいと思います。
 今回は、特定非営利活動法人みんなのコード代表理事 利根川裕太さんのプレゼンテーションから、僕がメモした点をまとめたいと思います。

 みんなのコードのミッションは、「すべての子どもがプログラミングを楽しむ国にする」ということです。そのために、先生方がプログラミングを教えるということができるように、先生方の研修や教材の開発をしています。積極的に全国を周り、プログラミング教育明日会議などを実施し、先生方に対して「こういうふうに教えることができますよ」と伝える活動をしています。
f:id:ict_in_education:20180131054806j:plain

 ICT CONNECT 21のアライアンス団体として活動もされています。「アライアンス」ということについて、利根川さんは以下のようなポイントをおっしゃっていました。

  • Give & Takeだと思っている。Take & Giveじゃないことは重要。
  • 長い付き合いがある関係性のなかで、無理なお願いをしたり/されたり。
  • ゼロサムゲームでなく、プラスサムになるといい。

 短期的な関係ではなく、長期的な関係であるということは、特に教育の世界で何かを変えていくときには非常に重要な要素だと思います。

 利根川さんはそのうえで、「何がライバルか?」ということを考えたと言います。例えば、プログラミング教育界隈で、「うちこそがいちばんがんばっている企業/団体だ」「どこそこの○○はけしからん」というような議論もありますが、そうしたことはすべて小さな争いだし、問題はそういったところにはなくて、本当の問題は「教育も変わらなければならない」だと、利根川さんは言います。
f:id:ict_in_education:20180131054836j:plain

 例えば、教育には、“子どものため”というよりも、“歴史的経緯として当たり前だから”として残っているものが実はけっこうある。それこそが、ここにいるメンバーが戦うべきものなのではないか。そうして残っているものが、本当に“子どものため”かどうかを検討せずに、「プログラミング教育を入れるのは時間的に難しい」というのはどうなのか。22世紀まで生きる子どもたちのことを考えて、きちんと検討をしていますか?というメッセージでした。
 何が本当に学ぶべきことなのか。個別にではなく、行政にCONNECTしながら働きかけていくと、成果が出せるのではないかと思います。そうした形をICT CONNECT 21とアライアンス企業/団体とで組んでいくことは、非常に重要だと思いました。

 No.8に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

一般社団法人 ICT CONNECT 21 活動報告会 レポート No.6(2018年1月15日)

 2018年1月15日に、筑波大学東京キャンパスにて、一般社団法人 ICT CONNECT 21 活動報告会が開催されました。
 ICT CONNECT 21には、多様なステークホルダーが関わっています。これが、ICT CONNECT 21の強みであると思うのですが、その多様なステークホルダーの皆様からの挨拶(というかプレゼンテーション)がありましたので、順に紹介していきたいと思います。
 今回は、つくば市教育局教育総合研究所所長 毛利靖 先生のプレゼンテーションから、僕がメモした点をまとめたいと思います。
f:id:ict_in_education:20180129054510j:plain

 毛利先生は、最初に、なぜ自分がここでいまプレゼンテーションをしているかというと、「いちばんICT CONNECTや企業の恩恵を受けて、つくば市が活動しているからだと思う」とおっしゃいました。
 そうして、毛利先生は「平成29年度 つくば市ICT教育推進プログラム」と「つくば市プログラミング学習の手引き」の2冊の資料を紹介しました。
f:id:ict_in_education:20180129054754j:plain

つくば市ICT教育推進プログラム

 1冊めの資料「平成29年度 つくば市ICT教育推進プログラム」では、「21世紀型スキルの育成と社会力を高める7C学習」として、協働力【Cooperation】、言語活用力【Communication】、思考・判断力【Critical thinking】、プログラミング的思考【Computational thinking】、知識・理解力【Comprehension】、創造力【Creativity】、市民性(社会力)【Citizenship】の7つを、ICTの「C」の意味に持たせています。この7つの力を高めるために、ICTを有効に活用していくというふうに方向性を打ち出しています。
 また、「育成を目指す情報活用能力の一覧表」や、「情報活用能力の年間指導計画」が各学年分収録されていて、つくば市が積み重ねてきた実践の背景を知ることができる資料になっています。

つくば市プログラミング学習の手引き

 2冊めの資料「つくば市プログラミング学習の手引き」の中には、発達段階に応じた系統表が書かれています。また、学年ごとに実践されてきたプログラミング教育が紹介されています。毛利先生は、この中から、小学校1年生のスイミーを、プログラミングで学んだ実践のページを紹介してくれました。ページにはQRコードが印刷されていて、スマホで読み込むとスイミーがスタートします。そして、そのまま先生が授業をしてくれるようになっています。これは1年生~6年生まで、教材化してあるそうで、「まずはやったことない先生は、これを子どもたちと一緒にやってください」と言っているそうです。
www.youtube.com

 こうしたコンテンツを通じて、「プログラミングってこうやればいいんですよ」とわかってもらいたい、と毛利先生はおっしゃっていました。

まとめ

 「つくば市がこれをできたのは、企業の皆さんに教材をお借りしたからであり、これをつくば市だけが享受しても意味がないので、全国津々浦々まで、すべての子どもたちが享受できなければならないと思っています。そのために、民間との連携が必要になってくる。」と毛利先生はおっしゃいました。
 民間の人が教育委員会を訪問しても、「あ、そこに資料置いといて」みたいに邪険にされることもあるかもしれません。そんなときに、ICT CONNECT 21の名前があると、「子どもたちの将来のためにできた団体だ」「学校の役に立ちたいんだ」ということを前面に出して活動することができます。毛利先生は最後に、「ICT CONNECT 21の看板を背負っていってください。つくばのこの資料も持っていって、使ってもらってもけっこうです。全国の子どもたちに、素晴らしい教育環境が届けられるように、がんばっていきましょう。」と言ってプレゼンテーションを終えられました。

 このように実践事例を積み重ね、さらに横に広げていくという活動につながっているのは素晴らしいことだと思います。個人的には、「育成を目指す情報活用能力の一覧表」や、「情報活用能力の年間指導計画」は非常に興味深く、しっかり勉強したいと思います。

 No.7に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

書籍ご紹介:的川泰宣『宇宙飛行の父 ツィオルコフスキー: 人類が宇宙へ行くまで』

 献本していただいた、的川泰宣『宇宙飛行の父 ツィオルコフスキー: 人類が宇宙へ行くまで』を読み終わりました。ツィオルコフスキーは、19世紀後半〜20世紀前半に生きた科学者で、世界ではじめて宇宙ロケットを研究し、「宇宙飛行の父」と呼ばれている人だそうです。ロケットの噴射と速度の公式「ツィオルコフスキーの公式」を1897年に発表しています。この本は、ツィオルコフスキーについての日本で初めての伝記だそうです。
 著者である的川さんは、日本における宇宙開発の第一人者であり、ツィオルコフスキーの功績を「ノーベル賞級の価値がある」としています。

ツィオルコフスキーの功績

 ソ連のルナ3号が人類史上初めて月の裏側に回り込んで月の裏側を撮影したときに、最も目立つクレーターが(ツィオルコフスキー・クレーター)と名付けられています。

伝記作品はデジタル化すればいい

 そのような功績は世界中に認められているもののロシア以外の国ではその生涯を紹介する著作はないそうです。僕も、ツィオルコフスキーの伝記は読んだことがなかったと思います。
 最近、小学校の図書室や書店の児童書コーナーに行くと、すごくいろいろな人物の伝記があることに驚きます。例えば、小学館のラインナップはこちら。たくさんの児童生徒が、いろいろな人物をロールモデルにできることは非常にいいことで、そのために伝記にはなるべく触れられればいいと思っています。ツィオルコフスキーをはじめ、いままで日本にあまり紹介されていなかった人物もどんどん伝記化されてほしいですね。
 近い将来、タブレットなどで伝記を読めるようになると、友達と一緒に読み合ったり、オンライン上で輪読会っぽいことができたり、そんな読書習慣も素敵だと思います(人物が増えれば増えるほど、図書室の棚を専有する面積も増えてしまいますので、デジタル書籍での普及というのは、実現してほしいと思っていることです)。

まとめ

 宇宙飛行の父と呼ばれたツィオルコフスキーから、宇宙開発は次々と継がれていく聖火リレーに例えられています。当時はまったく誰も想像もしなかったアイデアが、技術として発展していく様子を、本で読めるのは、これからのロボット時代、AI時代に生きる子どもたちにとっても、意味があることだと思います。


(為田)

一般社団法人 ICT CONNECT 21 活動報告会 レポート No.5(2018年1月15日)

 2018年1月15日に、筑波大学東京キャンパスにて、一般社団法人 ICT CONNECT 21 活動報告会が開催されました。
 ICT CONNECT 21には、多様なステークホルダーが関わっています。これが、ICT CONNECT 21の強みであると思うのですが、その多様なステークホルダーの皆様からの挨拶(というかプレゼンテーション)がありましたので、順に紹介していきたいと思います。
 今回は、東北大学大学院情報科学研究科教授 堀田龍也 先生のプレゼンテーションから、僕がメモした点をまとめたいと思います。
f:id:ict_in_education:20180127010017j:plain

 堀田先生のプレゼンテーションは、全体が以下の3つのパートに分かれていました。それぞれのパートについてレポートしていきたいと思います。

  • 最近の施策から
  • 小学校プログラミング教育
  • 学校現場を支援するために

f:id:ict_in_education:20180127010105j:plain

最近の施策から

 最初に、堀田先生から、教育の情報化の主な周辺動向についての話がありました。堀田先生は、「今日、教育の情報化はさまざまな施策が取り組まれているが、学校は、家庭よりも情報環境はプアー(Poor)で、民間の協力が不可欠」という話をされました。そうした観点から、「民間企業の方々が連携をして、学校現場を応援してくれる組織は大事」とICT CONNECT 21の存在意義について、話をされました。
f:id:ict_in_education:20180127010150j:plain

  • 今度の学習指導要領は、いろいろ変わった部分があるが、ずっと関わった者からして、いちばん変わったのは、今までもあった「情報活用能力」という言葉が、学習指導要領の中核に、基盤となる資質・能力だとして位置づけられたこと。
    • 基盤となる資質・能力として位置づけられているものには、「言語能力」「問題発見・解決能力」。その他、いくつか中教審で議論になっている。
    • この2つに並んで、「情報を集めて、見抜いて、さばいて、整理して、それを相手に応じて、状況に応じて伝えるという力」が、国語や数学や社会の基盤になる能力として、位置づけられたということ。
    • そういう能力があるかないかによって、教科の学びの深みが変わるのだ、ということ。
    • ICTが入って時間ばかりかかるのは、子どもに情報活用能力が備わっていないからとも言える。だから、指導要領に謳われた。

f:id:ict_in_education:20180127010303j:plain

 情報活用能力が、「高大接続改革が進むことで、大学入試で問われるようになる」と堀田先生はおっしゃいました。そのうえで、「センター試験の国語1問目、ぜひ見てください。こういう時代だということです。」と、どのような能力が問われているのか、センター試験の国語1問目について言及されました。ぜひ、チェックしてみようと思いました。

小学校プログラミング教育

 続いて、新学習指導要領における大きなトピックになった、小学校でのプログラミング教育についてです。
f:id:ict_in_education:20180127010615j:plain

 プログラミング教育をいきなり小学校で教えることの大変さについては、わかっているので、その周辺についての動きも含めて紹介されていました。

  • AIやIoTが常識化してくる。プログラミングも含めて、普通の高校であっても学ばなければならないということ。小学校でさえも、体験させなければ、ということ。
  • 学校の先生だけでは立ち行かないことはわかっている。
    • だから、開かれた学校教育過程というコンセプトが出ている。チーム学校も同じ。
    • 教科書のデジタル化も、「便利なものを使いましょう。学習の効率を挙げていきましょう」という流れ。
    • 教員養成についても、再課程認定を受けなければならなくなった。そうした大きな動きがたくさんある。

 そのうえで、実際にどのように教えるのか。コンピュータを使わないで、プログラミング的思考を…という動きについてのコメントがありました。

  • プログラミング的思考は、マジックワードっぽい?
    • 「プログラミングをしなくても、プログラミング的思考を学ばせればいいんでしょ?」という人もいる。
    • そういう段階があってもいい、と個人的には思うが、プログラミング的思考は、Computational Thinking(コンピューテーショナル・シンキング)の考え方を日本風に、現実的にしたものであって、Computational Thinking(コンピューテーショナル・シンキング)は、コンピュータで仕事をしている人のものの見方・考え方を表しているものなので、コンピュータを使うのは「前提」でどう考えるか、ということ。だから、コンピュータを使わないまま、Computational Thinking(コンピューテーショナル・シンキング)は身につけるのは難しい。
  • まだ「子どもたちがタイピングができない」という状況はたくさんある。タイピングのような学習の基盤となることができていないままコンピュータを使うと時間がかかる→だから、使わないで授業をしよう、ということがたくさんある。
  • どこかで集中的に時間をかけて身につけさせないといけない。チョーク&トークで続けていっていいのか?そんな教育環境でいいのか?ということを考える。

f:id:ict_in_education:20180127011009j:plain

 これから、高校の学習指導要領も新しくなります。こちらについての説明もありました。

  • 高校の学習指導要領が年度内に告示するくらいだろうか?
  • 中教審答申で「プログラミング」がむき出しで大きな内容に入っています。これを受けて、中学校の次期学習指導要領に入っている。「ネットワークで双方向に…」と書かれている。
    • 学校のICT環境では、実はこの指導要領を満たせないのではないか?

 小学校だけが変わってもダメで、そこから上に上がっていくにつれて、連続性をもって資質・能力を伸ばしていけるようにするには、高校の指導要領がどんなふうになるのか、楽しみに待ちたいと思います。
f:id:ict_in_education:20180127011336j:plain

学校現場を支援するために

 いま、文部科学省は、プログラミングに関する学習活動の分類をまとめているそうです。堀田先生は、これをグラデーションと呼んでいましたが、6種類の学習活動の分類が紹介されました。

  • A:学習指導要領に例示されているもの。
    • 多角形、電気のところなど。例示されているものは、教科書に掲載されるもの。キットのようなものが教材屋から出てくるだろう。
  • B:学習指導要領に例示がないが各教科等において実施するもの。
    • 例示まではいかなかったが、総則などに書かれていたもの。
  • C:教育課程内として学校裁量で実施するもの。
    • 教科ではないけれど、学校の裁量でプログラミング教育をやっています、というもの。
    • ここで学校の特色を出している。
  • D:教育課程内ではあるが興味のある特定の児童を対象とするもの。
    • クラブ活動。一部の子どもかも知れないが、積極的に身につけてもらう。
  • E:学校を会場とするが教育課程外で実施するもの。
    • 学校を会場にするが、学校行事としてではなく、民間がやっている。市民が学校開放で施設を使うようなイメージ。
  • F:学校外でのプログラミングの学習機会。
    • 民間が学校ではない場所でやるもの。塾やワークショップ。
    • スイミングスクールが発展したおかげで、うまく泳げるスイミングスクールに通っている児童が増えた。学校は限られた数時間で、そういった児童に手伝ってもらって、教えることができている。
    • 間接的に、学校現場を助けることになっている。

f:id:ict_in_education:20180127011542j:plain

 上の分類で言うと、AからDは教育課程内なので、いきなり外部から入るのはハードルが高いと堀田先生は言います。努力はしてほしいが、時間がかかります。堀田先生が民間に期待していて、「検討してほしい」と言うのは、すぐにできるEとF。これを全国津々浦々でやってほしい、というメッセージをいただきました。

 堀田先生は最後に、「教育委員会は、10年前とは変わってきている。民間と一緒にやることが推奨されてきている。ぜひ、手伝ってほしい。」とおっしゃっていました。プログラミング教育にかぎらず、さまざまな分野で堀田先生が紹介されたグラデーションは考えられるのではないかと思いました。

 No.6に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)