教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

富谷市立富谷小学校 授業レポート No.1(2018年2月9日)

 2018年2月9日に、富谷市立富谷小学校を訪問し、1時間目の6年1組の理科の授業を見学させていただきました。担当されていた金洋太 先生は、タブレットPCとmicro:bitを使って「電気とわたしたちの暮らし」の単元のなかで5時間のプログラミング教育をしています。この時間までに、micro:bitでLED表示とボタンのプログラミングと音のプログラミングをしていました。
f:id:ict_in_education:20180306004746j:plain

 授業の中でmicro:bit(モータードライバー)にケーブルやワニ口クリップとの接続をする過程がありました。こうした過程はなかなかわかりにくいことが多いですが、金先生はプロジェクタで小さいmicro:bitやモータードライバーを拡大して見せて説明していました。こうして手元を大きく見せることで説明がわかりやすくなると思いました。
 micro:bitは、電気のはたらき実験キットと接続して使われていました。実験キットの中に同梱されているLED電球、手回し発電機(モーター、ロボット)とmicro:bitをケーブルで接続して、プログラムを組んでいました。こうすることで、手回し発電機として使っていたものを、プログラムで他の機能をさせることができるということを理解してもらうことができます。「プログラミングのために用意された物」をプログラミングの教材として使うのでなく、これまでに別の機会に使った物を「自分たちが役立つようにする物」として理解してもらうきっかけになると思いました。
f:id:ict_in_education:20180306004824j:plain

 今回はwindows 10で動作するアプリMakeCode for micro:bit のベータ版を使用していました。ブラウザ版と全く同じなのですが、「ダウンロード」を押したら勝手にmicro:bitに入るのはアプリ版の特徴です。ブラウザ版はダンロードした後、hex.ファイルをmicro:bitに移動させる必要があります。この移動の手間がなかった分、動作エラーもなく児童はスムーズに実験や開発ができていたと思います。

 最初は、金先生が見本の動きを見せて、それとまったく同じように動くプログラムを作ることが課題として出ます。何もないところから動かすよりも、「先生が見せたものと同じように動かそう」というふうに課題として設定されることで、問題解決の雰囲気が出て、協力して考えていく雰囲気が出しやすいように思いました。
f:id:ict_in_education:20180306004931j:plain

 サンプルを作って、どう動かせばいいのかということがわかってきたら、micro:bitを使って、どんな動きをさせようか考えて、オリジナルのプログラムを作っていきます。さっき作った先生の見本を再現したプログラムを改良していくペアもあれば、完全にオリジナルで作っているペアもありました。
f:id:ict_in_education:20180306004958j:plain

 Aのボタンに順回転、Bのボタンに逆回転を設定して、それをロボットに接続して、床を走らせている子たちもいました。逆回転のときのモーターを速く回転させることで、虫が後ずさりしているように見立てて、「どれだけ臆病だよ」と笑っていました。こういう見立てをしながら動きをプログラムしたりするのは、子どもたちの得意なところだと思いますし、そうして自由に動きをプログラミングしていくのは楽しいのだろうなと思いました。
f:id:ict_in_education:20180306005044j:plain

 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

デジタル世代の新基準DQアンケート調査の結果が「2018 DQ Impact Report」として公表(2018年2月19日)

 2ヶ月ほど前にデジタル世代のDQ(デジタル知能指数*1を測定するためのアンケートについての告知をエントリーとして書きました。
blog.ict-in-education.jp

 たくさんの人にご協力いただくことで、2つのメリットがあるというルールだったのですが、見事、日本全体で1000サンプルを超えたそうです。

  1. 1校で100サンプル以上集められた場合、児童のDQスクリーンタイムスコアやデジタル使用の傾向、サイバーリスクの可能性などを自国や世界と比較した、DQ School Report(約50ページ)を受け取れます。
  2. 日本全体で1000サンプル集めると、2018年のダボス会議で日本のDQレベルが取り上げられます。また、日本の政府向けにもDQ National Reportが発行されます。

 2018年2月19日に、World Economic Forum(通称ダボス会議)と共同で、「2018 DQ Impact Report」が公表されたそうです。
f:id:ict_in_education:20180305121146p:plain

 また、この調査について教えてくれた、慶應義塾大学石山さんがMediumで発信をしてくれていますので、そちらを参照していただければと思います。
f:id:ict_in_education:20180305120814p:plain
medium.com


 保護者や先生方にとって興味深いのではないかと思うのは、「スクリーンタイムの増加」という面です。「ネット上で危険な目に遭わないか」「睡眠時間の減少」「読書量の減少」「不健康な食生活」「社会性の低下」などがグラフィカルに書かれています。
 スクリーンタイムとは、テレビの画面、スマホなどの情報端末などの画面などすべてを使っている時間のことです。スマホでもテレビでも、オンデマンドの動画サービスのように同じコンテンツが見られるようになってきているので、「何の画面を何分見ているか」については、あまり問題ではなくなってきて言うように思います。ビデオゲームにもSNS的な機能がついています。また、スマホ電子書籍を読むこともできるようになってきています。「テレビだから」「スマホだから」というふうに分けずに、総体としてどういう質の時間を過ごしているのか、どういう質の活動をしているのか、ということに着目をしていかなければならないということだと思います。
 だからこそ、今回のDQ Impact Reportのなかで、「ネット上での振る舞い」や「デジタルシティズンシップ」などについての調査がされているのだと思います。今後、協力した学校に対してのレポート、また国の機関へのレポートも出てきます。ぜひ、広く紹介されて学校でのICTの活用や、情報活用能力の育成と関連していくといいなと思っています。

◆ ◆ ◆

 スクリーンタイムについては、インテルのサイトでわかりやすくまとまっていましたので、ご参考にどうぞ。
www.intel.co.jp

(為田)

*1:DQ(Digital Intelligence Quotient)は、DQ Instituteが開発した指標で、「デジタル知能指数」と考えればいいでしょうか。これからの社会では、IQ(intelligence quotient、知能指数)やEQ(Emotional Intelligence Quotient、心の知能指数)以上に、DQが欠かせない時代になると言えるでしょう。DQとは、デジタル世界で自己実現をするために必要な知識、スキル、姿勢、価値観などを含んでいます。

一般社団法人 ICT CONNECT 21 活動報告会 レポート まとめ(2018年1月15日)

 2018年1月15日に、筑波大学東京キャンパスにて、一般社団法人 ICT CONNECT 21 活動報告会が開催されました。今回の報告会は、会員だけに向けた報告会だったのですが、文部科学省総務省経済産業省からの挨拶があり、東北大学大学院の堀田龍也先生、つくば市教育局の毛利靖先生、特定非営利活動法人みんなのコード代表理事利根川裕太さんのスピーチがあり…と、非常に豪華なラインナップで、赤堀先生も「本当なら、会員以外にも聴いてもらいたい」とおっしゃっていました。
f:id:ict_in_education:20180122005615j:plain

 全8回でレポートをまとめてみました。

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

(為田)

授業で使えるかも?:JAXA 未来の月面生活 動画グランプリ

 JAXA「未来の月面生活 動画グランプリ」というのを開催しています。さまざまな、未来の月面生活を想像して表現した動画を見ることができ、さらにそれに投票することができます(期限まであと1週間です)。
f:id:ict_in_education:20180302004949p:plain

将来、人類の活動が月へと拡大した時の月面生活の風景を思い描き(想像できないことは実現できない!)、これからの月面活動実現の推進力とするための国民的議論のきっかけを提供する動画グランプリを開催いたします。

www.youtube.com

 いろいろな動画を見ることができておもしろいです。月面生活を思い描くきっかけになるといいと思います。また、映像の作り方、映像表現の仕方などを想像するおもしろさもあるかもしれません。
f:id:ict_in_education:20180302005453p:plain

 気に入った動画に「いいね!」を押すことで、投票に参加することができます。

aerospacebiz.jaxa.jp

(為田)

山形市立出羽小学校「やるKey」活用レポートNo.2(2018年2月8日)

為田が開発に参画している、凸版印刷アダプティブラーニングシステム「やるKey」についてのエントリーです。

 2018年2月8日に、山形市立出羽小学校を訪問しました。中間休みと昼休みに、コンピュータ教室を開放しての算数のアダプティブラーニングシステム「やるKey」の活用を見せてもらいましたが、5時間目に、3年生の学年主任である高橋功先生が教える算数の授業で、やるKeyを使う様子を見させていただきました。
f:id:ict_in_education:20180227233047j:plain

 出羽小学校では、ICTを算数の教科学習に入れるプロジェクトをNTTドコモ 東北支社に参加してもらって行っており、LTE搭載のiPadを導入しています。高橋先生は、最初は黒板を使ってわり算の授業を行っていました。
 「1袋に4つドーナツが入って36円です。では、このドーナツ12こ分の代金はいくらでしょう?」という教科書の問題を、みんなで考えて、グループで話し合ってもらっていました。そして、解き方について説明して練習問題をするところで、iPadでやるKeyを使って学習をスタートしました。

 子どもたちは、最初は同じ問題に取り組みます。自動採点後に、立式を間違えた子には立式の問題が次に自動出題されます。立式はあっていたけど、計算を間違えた子は、計算問題が自動出題されるようになります。
f:id:ict_in_education:20180227233134j:plain

 手書きの計算が必要な部分は、ノートを取り出して計算をします。ノートに解いた答えを、iPadに入力しています。先生は、机間指導をするときには、「どうして間違えたのか?」とノートに書かれた計算過程を見ています。
f:id:ict_in_education:20180227233203j:plain

 クラス全体の傾向についても、先生はiPadを使って小単元ごとに、児童の解いた問題数や正答率などを手元で見ることができますので、紙のプリントだけでなく、やるKeyでの学習の記録を見ながら、次の授業計画を練ることができます。

 こうした授業のなかでの活用と、No.1で取り上げたコンピュータ室の開放による活用とで、子どもたちの習熟度が上がり、わからないところが減り、学びの楽しさを知ってもらえればいいと思います。また、その際には、先生方の声掛けも非常に大きな要素となります。デジタルドリルをさせていれば、それでおしまいではなく、ドリルも含めた学習の成果を見とり、適切に声掛けをしていただく先生の存在は、本当に大きな意味を持つと思います。

(為田)

教材で使えるかも?:宇宙飛行士 油井亀美也さんが見せてくれる宇宙からの景色

 JAXA宇宙飛行士の油井亀美也さんのTwitterの写真が、いつも自分が見ている世界とまったく違う視点をくれます。こうした写真をちょっと授業の最初に見るだけで、「いつもと違う視点で物事を考えてみよう」という先生からのメッセージになりそうです。もちろん、オーソドックスに地学の授業や地理の授業の導入で使うのもいいと思います。

 宇宙飛行士からのメッセージなど、これまでの教室でリアルタイムで紹介することなど、本当に大変だったと思いますが、こうしてTwitterのタイムラインを見せるだけでも、教室で子どもたちにリアルタイムに見せられるようになります。
 こうした環境を、「うちのクラスに見せてみよう」とか「○○くん、喜びそうだな」とか思いながら、ワクワクしてくれる先生方がたくさんいると思います。ぜひ、一度教室で見せてみたりするとおもしろいかな、と思います。

山形市立出羽小学校「やるKey」活用レポート No.1(2018年2月8日)

為田が開発に参画している、凸版印刷アダプティブラーニングシステム「やるKey」についてのエントリーです。

 2018年2月8日に、山形市立出羽小学校を訪問しました。出羽小学校には、昨年9月に算数のアダプティブラーニングシステム「やるKey」の校内説明会の講師として来ましたが、その後、子どもたちがどんなふうに使っているのかを見せてもらうことができました。

 出羽小学校では、コンピュータ室を中間休みや昼休みに開放して、やるKeyを使えるという仕組みをとっています。通常の算数の授業を行い、練習問題をする時間として、中間休みや昼休みにやるKeyを使えるようになっています。ルールとしては、担任の先生にことわって、コンピュータ室に来て、約束を守って使うということになっているそうです。
f:id:ict_in_education:20180227232616j:plain

 コンピュータ室に来て、電源をつけるところから始めると、中間休みや昼休みはあっという間に終わってしまいます。そのため、出羽小学校では、朝からコンピュータの電源を全台入れておいて、児童はブラウザを起動してお気に入りからログイン画面をクリックすることだけをするようにしているそうです。ホワイトボードに「やるKeyをやる手順」が書かれていました。子どもたちも、自分自身のID・パスコードを間違えずに入力して、スムーズにやるKeyで勉強を始めていました。こうした一工夫を学校側がアイデアを出して実現できるというのが素晴らしいと思いました。
f:id:ict_in_education:20180227232657j:plain

 やるKeyは自動出題・自動採点を行い、次の問題を自動出題するレコメンド機能をもっています。そのため例えば「あまりのあるわり算」を間違え続けると、「あまりのないわり算」に戻り、さらに間違え続けると、かけ算にまで戻るようになっています。このレコメンド機能があるために、単元や学年をまたいで児童一人ひとりにあった問題を出題することもできます。
f:id:ict_in_education:20180227232722j:plain

 また、やるKeyは算数の教科書に準拠しているので、ある学習のめあてを間違え続けると、そのめあての詳細な説明をしてくれる問題が一問一答に近い形で出題され、授業での説明を再度受けられるような形になっています。そのため、児童はもし何かわからないことにつきあたっても、授業で先生が教科書を使って行った説明を、じっくりと復習する感じで自習ができるようになっています。 こうして一人ひとりが自分にあった問題に取り組むことができ、これで習熟してまた算数の授業に戻っていくようになればいいと思っています。
f:id:ict_in_education:20180227232753j:plain

3年生の学年主任である高橋功 先生は、やるKeyを導入することが決まったときに、以下のように語ってくださいました。

やるKeyを導入するにあたって考えたことは、まず第1段階としてパソコン室のパソコンを使って、子どもたちが意欲的に取り組む姿をめざすことです。
本校のパソコン室にあるのは、デスクトップ型のパソコンが20台です。授業の中で使うときは、2人で1台という場面が多くなるため、やるKeyを取り入れる場合は、クラスを2つに分けたり複数の活動をローテーションで回ったり等の工夫が必要になります。授業以外の休み時間や放課後もパソコン室を開放することで、意欲的に取り組む子どもがどんどん増えることが予想されます。

 実際にコンピュータ室での子どもたちの様子を見せていただいて、導入時にねらっていた成果が出てき始めているように感じました。また、こうして自由にコンピュータを使える時間は、現状ではやるKeyでデジタルドリルを使う、ということにしか使っていないかもしれませんが、学校側の運用が慣れてくれば、調べ学習をしたり、タイピングの練習をしたり、プレゼンテーションの準備をしたり、というふうにも使えるようになると思いました。算数のデジタルドリルからスタートした、出羽小学校のコンピュータ室の休み時間での活用が、この後どうなっていくのか、注目していきたいと思っています。

 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)