教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

京都教育大学附属桃山小学校 授業レポート No.2(2018年3月8日)

 2018年3月8日に、京都教育大学附属桃山小学校を訪問しました。若松俊介先生が担任する5年2組の授業を見学させていただきました。
 今回は、国語「わらぐつの中の神様」の授業の様子をレポートします。この日のめあては、“お互いの考えを聴き合って、「わらぐつの中の神様」を読み深めよう”でした。若松先生は、この日のめあてについて、子どもたちにとって大きな話題ではありますが、「読み深める」に関する共通イメージがあるから選んだとおっしゃっていました。

 最初の10分間はペアワーク+グループワークです。ロイロノート・スクールを使って、自分の考えを伝え合います。ロイロノート・スクールをプレゼンテーションのツールとして使っています。子どもたちのiPadの画面を見てみると、書き方もそれぞれです。文章だけで書いている人も、図にしている人もいます。こうした多様な表現を許すことができるのは素晴らしいと思いました。
f:id:ict_in_education:20180408153937j:plain

 このペアワークを見ていて、iPadと教科書を行き来しているのがいいな、と思いました。ペアの一人が発表すると、相手はそれを聴いて自分の教科書でページを開き、自分でも読んでみていました。
 ICT(デジタル機器)を活用した授業になるときに、ICT(デジタル機器)ばかり使うようになるのか?というふうに心配をされる先生方もいらっしゃいますが、子どもたちは上手にデジタルとアナログ(この場合ならば、iPadと教科書)を使い分けていきます。
 大人だって、デジタル機器でやった方が楽なことと、紙などアナログでやった方が楽なことがあります。そして、それは人それぞれ違います。こうした、学び方の多様性をもてる環境を作ることが重要だなと感じました。
f:id:ict_in_education:20180408154034j:plain


 ペアで話し合っているなかでも、いろいろな意見が出ていました。例えば、題名について、「わらぐつの中の神様」「雪下駄の中の神様」「はきものの中の神様」、どれでもいいのではないか?という問題提起がありました。
 また、表現について、「204ページのところで、おばあちゃんは雪の音に耳をすませてから…で始まっているのはなんでだろう?」「220ページで、方言の効果について書いてある」などのように、さまざまな観点が出てきていました。
 そうしたさまざまな観点をすべて一度出したうえで、若松先生は議論に方向をつけていきます。いろいろな観点が出たなかには、多くの人の賛同を受けるものもあれば、非常にユニークなものもあります。これらをその都度、方向を微調整したり、別の方向に持っていったりするということを、若松先生はほとんどしません。これが若松先生の授業の特長のひとつだと僕は思っています。
f:id:ict_in_education:20180408154125j:plain

 「自分たちだけでは気づかないことを、みんなで話すことで気づけるようになる。今回は、この題名にもなっている“わらぐつの中の神様”について考えを聴き合いましょう」という若松先生の言葉で、次にする議論の方向性が明確になります。
 このタイミングで、グループをシャッフルして新しくします。グループは、先生が決めたものをモニターに表示して、それに従ってもらっていました。このグループは、ランダムに決められているものではありません。ロイロノート・スクールでは子どもたちの書いた考えを先生が集約してみることができるので、子どもたちが挙げたを若松先生は予め見ていて、意見が近かったり、お互いに助け合って新しい観点を見つけられたりするように、グループを決めているそうです。
f:id:ict_in_education:20180408154211j:plain

 若松先生は、「いろいろな意見が出るけれども、的外れな意見や、ちょっと読めていないな、という意見は、グループ内で自然と淘汰されていきます。だからこそ、グループ分けがとても大事です。」と言っていました。
 グループのなかで、一人が疑問提起して、みんなでどう思うかを話し合っていきます。そのなかで、「神様って何だ?」「わかんね」で終わらないのが大切、と若松先生は言っていました。「根拠・論拠を聴き合うことで、本質が見えてくる」と言う若松先生の言葉は、何を大切に授業をされているのかをとてもよく表していると思いました。
話し合っても、「まだよくわかんない」というふうなこともある。でも、それがいい、と若松先生。
f:id:ict_in_education:20180408154252j:plain

 グループ分けが、先生の期待通りにうまく働くことも、そうでないこともあるだろうとは思いますが、こうしたところも授業設計の中に含まれているのだと思います。若松先生はグループを巡って、いろいろなところで質問を投げかけ、子どもたちの考えをゆさぶっていきます。子どもから出た意見を聴いて、「ちょっと待ってね…」と言って、教卓に自分の教科書を取りに行くシーンもありました。グループと共に読んでいく、わからなくても一緒に考えていく、という若松先生の姿勢がとても現れていたシーンだったと思います。
f:id:ict_in_education:20180408154333j:plain

 最後のふりかえりも、ロイロノート・スクールで入力をしていました。こうしてふりかえりがロイロノートに残っていることで、次の時間に議論を継続することが簡単になると思います。
 若松先生の授業は、「個」→「協働」→「個」のサイクルを常にしています。最後に「個」に戻すことで、読みの深まりや言葉に対する見方・考え方の変化をメタ認知していくことができるようになるように、若松先生が授業設計をされています。このサイクルのなかで、1年間を過ごした子どもたちが、主体的・対話的で、深い学びをまさに実践しているように思います。
f:id:ict_in_education:20180408154456j:plain

 No.3に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

授業で使えるかも?:東北大学理学部・理学研究科 SCIENCE CHALLENGERS

 Facebook東北大学大学院の堀田龍也先生がシェアしていたリンクがものすごくおもしろかったでご紹介します。見ていただきたいリンクは、こちら。
rocketnews24.com

 記事を読み、実際にYouTubeの動画を見ていると、とてもおもしろいです。
www.youtube.com

 東北大学理学部にある7つの学科、大学院理学研究科にある6つの専攻で、素粒子原子核をはじめとしたミクロなスケールから、宇宙といったマクロなスケールにいたるまで、自然科学分野全般にわたる活発な教育研究活動が行われています。この動画では、東北大学理学部・理学研究科において、自然に潜む様々な謎の解明に「挑戦する」8人の世界的研究者を紹介しています。
f:id:ict_in_education:20180409132147p:plain:w400

 それぞれの先生方に二つ名(「ニュートリノ鑑定士」「カーボンナノチューブのレジェンド」など)がつけられていると共に、研究内容を紹介し、さらに先生からのメッセージが紹介されます。
f:id:ict_in_education:20180409132300p:plain:w400

 こうしてさまざまな専門分野を知るということもいいと思います。
 また、このムービーを素材として、同じフォーマットで、“学校にいるときの自分”や“自分たちのグループ”に二つ名をつけたり、座右の銘を紹介したりする動画を作るのもおもしろそうだと思いました。

(為田)

京都教育大学附属桃山小学校 授業レポート No.1(2018年3月8日)

 2018年3月8日に、京都教育大学附属桃山小学校を訪問しました。若松俊介先生が担任する5年2組の授業を見学させていただきました。
 今回は、1時間目と2時間目の、情報ハンドブックデジタル版・NHK for School・シンキングツールを使ったメディア・コミュニケーション科の授業(若松先生と木村明憲先生の共同授業)をレポートします。

 「新1年生に、桃山小学校のことを知ってもらおう」というテーマで、どんなことを教えてあげればいいかをみんなで考えました。最初に、桃山小学校のことを伝えてあげるためには、まず伝えるべき情報を集めないといけない、ということを先生が説明をしました。そして、「集める→まとめる→伝える」という順で、新1年生に桃山小学校のことを知ってもらうようにしよう、という方向性を伝えます。

デジタルとアナログ関係なく、情報を集め、まとめる

 どんなことを伝えたらいいと思うかを、個人で考えています。ワークシートの中央に「新1年生が知りたい魅力」とテーマを書いて、そこから「ICT」「国際交流」「人工芝の校庭」「給食」というふうに、どんどんテーマを広げてアイデアを発想していくウェビングの手法を使っていました。
f:id:ict_in_education:20180408153408j:plain

 個人でウェビングをして、伝えるべき情報をどんどんウェビングで広げていくことが、「情報を集める」という段階にあたっています。

 この後、「情報をどうまとめるか」ということについて考えていきました。情報のまとめ方として、子どもたちの方から、「ピラミッド」、「5W1H」、「ダイヤグラム」、「フィッシュボーン」など、ツールの名前がどんどん子どもたちから出てきます。シンキングツールと呼ばれるこうした情報のまとめ方が、何度も授業のなかで使われていて、子どもたちの中に落とし込まれているのだということを感じました。
f:id:ict_in_education:20180408153442j:plain

 子どもたちは、ピラミッドチャートやフィッシュボーン図などに自分の考えた情報をまとめていきます。書くことを全然いやがらずに、どんどん書こうと思わせてくれる力(アフォーダンスのようなもの)が、シンキングツールにはあるのだろうと思いました。
f:id:ict_in_education:20180408153535j:plain

伝え方について、NHK「しまった」で学ぶ

 情報をまとめる作業を続けている途中で、NHK「しまった」の「具体的に伝える」の回を見ました。デーモン閣下が、情報を伝える究極の技を教えてくれる動画です。具体的に語るのがなぜ大事なのか。それは、具体的でないとイメージが定まらないからだ、ということがわかりやすく描かれ、下のようなポイントが提示されます。

  • 色、数、形などの情報を入れることで具体的になる
  • 5W1Hで情報を揃えることで具体的になる

 こうしたポイントについて、ディスカッションのなかでクラスで練り上げていくということももちろんできるでしょうが、NHK for Schoolなど動画コンテンツで擬似的に共通体験をして、そのうえでまとめて、次のステップに進むという使い方も有効だと思います。かけられる時間によって、授業の中にどう組み込むかを決めていくといいと思いました。
www.nhk.or.jp

伝える準備をする

 「しまった」を見終わった後は、それぞれのグループで、伝えるための準備を始めます。iPadを持って写真や動画の撮影のために校内の各地へ向かうグループもいましたし、教室に残ってiPadの中に保存されているこれまでの教室の様子などの写真を見直しながら、新1年生に伝えるべきことを考えているグループもありました。iPadにいろんな写真が入っているのと、こういうときにはとても有効だと感じました。
 それと、iPadの中に情報ハンドブック デジタル版が入っています。これを見ながら情報を集める、まとめる、伝えるという活動について考えている子も多くいました。情報ハンドブックにまとめられている項目について、日々の授業のなかでも使う機会が多いのだろうな、と思いました。シンキングツールと同様、この情報ハンドブックに書かれている項目も、「見たことがある/知っている」という段階から、「自分で使える」という段階へと発展させるのが難しいと思います。使う場面をどう増やしていくか、というところに先生方の授業設計力・カリキュラム・マネジメント力が問われるのだろうな、と感じました。
f:id:ict_in_education:20180408153709j:plain

▼参考エントリー「情報ハンドブック デジタル版」
blog.ict-in-education.jp

 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

【イベント情報】「みんなでつくる!情報時代の学校 ~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること」 ~富谷市立明石台小学校での実践授業から考える~(2018年5月13日)

 2018年5月13日(日)に、「みんなでつくる!情報時代の学校 ~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること」 ~富谷市立明石台小学校での実践授業から考える~を仙台で開催します。
f:id:ict_in_education:20180407155326p:plain

 2017年度に富谷市立明石台小学校において、タブレットを用いて「学びの個別化、反転学習、学校で閉じない学び」などをテーマとした教育実践が行われました。その授業実践の報告会です。教員、教育委員会(指導主事&ICT担当者)、民間教育機関従事者、保護者などにご参加いただければと思います。
 基調講演には、東北学院大学 稲垣忠 教授をお迎えし、先日発売された訳書『情報時代の学校をデザインする 学習者中心の教育に変える6つのアイデア』(北大路書房)の中から、情報時代の学校についての話をしていただきます。実践紹介は、明石台小学校の実践以外にも、プロジェクト学習の事例、また教育の情報化を支えるインフラ面からの事例など、さまざまな視点からの情報を共有できるセミナーとしたいと思います。

■タイムテーブル(予定)

  • 主催者挨拶
  • 基調講演
  • 実践紹介(1):学びの個別化、反転学習、学校で閉じない学び(40分)
    • 報告者:明石台小学校 阿部太輔 先生・齋藤裕直 先生
    • 算数教育の視点からのフィードバック
  • 実践紹介(2):プロジェクト学習(20分)
    • プロジェクト学習、協働学習の事例発表
    • 助言者:徳島文理大学 林向達 准教授
  • 実践紹介(3):それらを支えるインフラ事例
  • ディスカッション「これからICTを整備したり、研修したりするのに必要なこと」
  • まとめ

 稲垣先生、林先生は、先日紹介しました、『情報時代の学校をデザインする 学習者中心の教育に変える6つのアイデア』(北大路書房)の翻訳を担当されていました。お二人に参加していただけるのは本当に光栄です。主催者としてうれしいです。
 ご興味ある方は、Peatixよりお申し込みください。どうぞよろしくお願いいたします。
future-school.peatix.com

(為田)

授業で使えるかも?:「ダヴ:リアルビューティーID|本当の美しさを閉じこめないで」

 YouTubeで、「ダヴ:リアルビューティーID|本当の美しさを閉じこめないで」という動画を見ました。きっかけは、広尾学園の生徒さんたちが出ていたからですが、とてもよいなあ、と思ったので紹介します。
f:id:ict_in_education:20180407075000p:plain

 学生証の写真って、たしかにあんまり「いいなー!」という写真が撮れた記憶がないな…と思い出します。クラスメイトの目に映る自分自身の姿を通して、自分のありのままの美しさに気づいていく様子を見られる動画です。
f:id:ict_in_education:20180407074842p:plain

 こうしてクラスメイトから承認を受けることで、自分の気持ちが変わっていく、というのは、写真や外見というだけでなくて、学校という場での自己肯定感のあり方について考えさせられます。
 見た目だけでなく、話し合いのなかで出す意見や、勉強する姿勢だとか、委員会活動や部活への取り組みとか、そうしたものまで拡大して考える機会を、この動画はくれたと思います。
 撮り直した写真、とっても素敵です。こういう授業があってもいいかもしれないな、と思いました。
www.youtube.com

◆ ◆ ◆

 この動画はダヴが行っている、自己肯定感を高めるための「リアルビューティーID」というプログラムの一環だそうです。
www.dove.com

(為田)

書籍ご紹介:C.M.ライゲルース・J.R.カノップ『情報時代の学校をデザインする 学習者中心の教育に変える6つのアイデア』

 C.M.ライゲルース・J.R.カノップ『情報時代の学校をデザインする 学習者中心の教育に変える6つのアイデア』を読みました。読んでみて興味深かった点、仕事と関連が強そうな点など、メモをしましたので公開したいと思います。

情報時代の学校をデザインする: 学習者中心の教育に変える6つのアイデア

情報時代の学校をデザインする: 学習者中心の教育に変える6つのアイデア

  • 作者: C.M.ライゲルース,J.R.カノップ,Charles M. Reigeluth,Jennifer R. Karnopp,稲垣忠,中嶌康二,野田啓子,細井洋実,林向達
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • 発売日: 2018/02/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

第2章「情報時代の教育ビジョン」

 特に興味深かったのは第2章「情報時代の教育ビジョン」です。工業時代と情報時代の社会の決定的な相違点を分析し、今日の世界における教育システムのビジョンを提示しています(しかも、現行の教育システムよりも、より低いコストで実現可能)。
 6つのコアとなるアイデアが紹介されています。

  1. 到達ベースのシステム
    • 学びに焦点をあてるために、生徒の学習進度を時間ではなく、学習を基準に測るべき。
    • 生徒の評価や記録は、生徒同士を比較するのではなく、彼らが実際に何を学んだかを示すべき。
    • 学習者が標準レベルのどの項目を達成したのかが分かるリストやマップなども含む(カーン・アカデミーのように)
  2. 学習者中心の指導
    • 個人の学習ニーズにそった指導が求められる。カスタマイズされた教育。
    • 進度の個別化→学習内容の個別化+学習方法の個別化へと拡大
  3. 広がりのあるカリキュラム
  4. 新たな役割
    • 教師の仕事は、「壇上の賢者(sage on the stage)」から「傍らで導く人(guide on the side)」へと変わる。
    • デジタル・テクノロジーの活用により、情報時代は教育の新しいパラダイムを必要とするだけでなく、可能にもしている。(経理における表計算の活用、医療における画像技術など、テクノロジーが変革をもたらした)
    • 記録管理、学習計画、教育、評価をシームレスにテクノロジーが統合するイメージ
      • 生徒が身につけた能力の記録をガイドがモニタリングするのに割く膨大な時間をテクノロジーは節約できる。(スタンダード記録、個人達成記録、個人特性記録)
      • 生徒の学習計画を立てる
      • シミュレーション、チュートリアル、ドリル、調査ツール、コミュニケーション・ツールなどの教育ツールを、テクノロジーは提供できる。
      • 教材開発をテクノロジーは支援できる。
  5. 調和ある人格を育む学校文化
    • 思いやりと支援のある教育環境=小規模な学校サイズ、強い絆、複数年にわたるメンタリング、発達レベルによる異年齢混合グループ、楽しめる学習、教師(ガイド)自身の学び、家族支援。
  6. 組織構造とインセンティブ
    • 学校は4人~10人の教師(ガイド)+ティーチングアシスタント、生徒からなる小さな学校(「クラスタ」と呼ぶ)へ
    • クラスタの外部にラーニング・センターを。ショッピングセンター、博物館や動物園などのコミュニティ、移動型のラーニングセンターも。

 「これら6つのコア・アイデアは、教育のために何が可能かを考える刺激材料として取り上げています。地域によってさまざまに異なる方法で実践されるという理解を前提にしています。」と書かれています(p.71)。こうして見ると6つのコア・アイデアの部分部分をすでに実現しつつある教育サービスが生まれつつあるようにも思います。
 日本の公教育システムのなかでどれくらいのことが実現できるのか考える際に、コアになるアイデアとしてこうした観点を持っておくことが重要だと思います。特に、「壇上の賢者(sage on the stage)」から「傍らで導く人(guide on the side)」の役割の転換は、EdTechをどう使うか、先生方の振る舞いの変化なので、重要な考え方ではないかと思います。

第3章「新しいパラダイムの具体例」

 第3章「新しいパラダイムの具体例」では、上記のコア・アイデアを実践している具体例が紹介されています。

  • ミネソタ・ニュー・カントリー・スクール(MNCS)
  • チュガッチ学区(Chugach School District:CSD)
    • アラスカ中南部に点在して住む300人の生徒が学ぶ。生徒の半数以上が地域の支援を受け自宅で学習している。
    • CSDには幼稚園から高校3年生まで、1000以上の学習スタンダードがある。
      • 数学、読解、作文、科学、社会科学から成る5つの従来型の教科+保健体育、サービス・ラーニング、キャリア開発、技術、コミュニケーションと文化
      • 学習スタンダードは、個々人のスキルのレベルにまで細分化されている。(例:読解力では、「単語の最初の音を読む」から「記憶したストーリーを思い出して口頭で再現する」までの基準に分かれている)
      • 学習スタンダードは、段階的・連続的に作られていて、一つひとつの段階で求められる基準を満たし、次の段階へ上がっていく。
    • 10の学習領域のすべてでレベル4を達成した生徒には、CSDからノートPCが貸与される。各学校には、教室にデスクトップPCが設置され、校内にはiPadラボがある。

 チュガッチ学区の、すべての学習領域でレベル4を達成してから、ノートPCが貸与されるというのもおもしろいと思いました。「何ができるようになれば、ICTを使っていい」と評価されるのかが明確になっているというのは、これまで例として知らなかったので、こうした学習スタンダードを日本で活用できるように作ってみるのもおもしろいと思いました。

第4章「どうやって変えていくのか?」

 第4章「どうやって変えていくのか?」では、パラダイム転換を促す方略として、「既存の学校を変容させること」と「新たな学校をデザインすること」が紹介されています。
 そのなかで、パラダイム転換を引き起こす原則が紹介されています。

  • マインドセットの変化」の原則
  • 「合意形成」の原則
    • 多数決ではない。複雑なシステムのパラダイム転換に多数決はうまくいかない。
  • 「広範な関係者の当事者意識」の原則
    • 変容プロセスは何よりもまず、学習プロセス
  • 「創意」の原則
    • 新しいパラダイムは、それぞれのコミュニティにおいて、そこにいる関係者によってデザインされなければならない。
    • 創意は、教育者たちが各地でつくり上げてきた知見に基づいて検討され、構築されるべき。
  • 「理想をデザインする」原則
    • 学校はいったん存在しないものと仮定して、理想的な学習経験をつくり上げなければならない状況を想像してもらう。
  • 「リーダーシップと政策指示」の原則
    • すべての関係者の間でビジョンを共有し、それを遂行するために参加者を力づけ、持続するよう支援し、職能開発などのリソースを必要な時に提供するリーダーシップが、情報時代には求められる=奉仕的リーダーシップ
  • 「心構え・理解力・文化」の原則
    • パラダイム転換には困難がつきもの。学校システムの心構えと理解力が一定レベルに達するまで、取り掛かるべきではない。
    • システムを転換させるために、先行して文化をつくる必要もある。
  • 「システムの梃子」の原則
    • 一部だけを変えると、より大きな相互接続したシステムとの互換性を失くしてしまう。これを避けるためには、すべての部分を一度に変えること。だが、それは難しい。
    • 根本的な機能のいくつかを選んで変化させ、旧来のシステムの残りの箇所に変化するようプレッシャーをかけることならできる?最初に起こす変化は、システムを動かす梃子とならなければならない。教育においては、評価システム、生徒の進度システム、指導計画システム、教師の役割などがこれにあたる。
  • 「転換プロセスの専門家」の原則
  • 「時間と資金」の原則
    • 多大な時間と資金がなければ、変容プロセスは失敗してしまう。
  • 「テクノロジー」の原則
    • 情報時代パラダイムでは、広範囲にわたってテクノロジーを使う。テクノロジーが、カスタマイズされた学習者中心の指導を高い費用対効果で実現可能にする。

 ずらりと並んだ原則の中から、「システムの梃子」の原則がおもしろいと思いました。

根本的な機能のいくつかを選んで変化させ、旧来のシステムの残りの箇所に変化するようプレッシャーをかけることならできる?最初に起こす変化は、システムを動かす梃子とならなければならない。教育においては、評価システム、生徒の進度システム、指導計画システム、教師の役割などがこれにあたる。(p.114)

 学校それぞれにおいて、どこに最初に変化を起こすか。何をもってシステムを動かす梃子にするのか。これをしっかり計画しなければならないだろうと思います。

まとめ

 国ごとに学校のシステムも異なるのでそのまま適用できないものもあります。それでも、考え方であるとか、パラダイム転換のときに必要な方略などについては、とても参考になりました。
 詳しい情報については、以下の2つのサイトが紹介されていました。これらのサイトも見ながら、さらに理解を深めていきたいと思います。

(為田)

授業で使えるかも?:国立天文台4次元デジタル宇宙(4D2U)プロジェクト

 国立天文台4次元デジタル宇宙(4D2U)プロジェクト(以下、4D2Uプロジェクト)のサイトがおもしろいと思っています。
f:id:ict_in_education:20180405054349p:plain

 理科や地学の授業で、宇宙について学んできましたが、惑星や恒星、太陽系や銀河系などのサイズ感や距離感があまりよくわかりませんでした。教科書や図表などの教材でも比較の図は書かれていますが、それにプラスして、この4D2Uプロジェクトのサイトで見られるコンテンツなどを見せるのもいいかと思います。

 左側のメニューから「CONTENTS」を選ぶと、4次元デジタル宇宙ビューワー "Mitaka"(ミタカ)などのプログラムや、「宇宙の大規模構造」や「銀河の形成,衝突」などのムービーをダウンロードして利用することができます。

 また、同じく左側のメニューから「4D2U NAVIGATOR」を選ぶと、4D2Uプロジェクトで制作されたムービーやスチルを見ることができます。

 最初は日本→地球とアニメーションが広がっていきます。
f:id:ict_in_education:20180405055220p:plain

 画面下部の「GO TO」をクリックすると、見られる星をクリックして選ぶことができます。たとえば、ベテルギウスを選んでみましょう。
f:id:ict_in_education:20180405055223p:plain

 地球からアニメーションでグーッと太陽系を出て、光年や天文単位などの文字が出ては消え、ずーっと遠くが表示されて、ベテルギウスが表示されました。この場合は、同スケールの木星の公転軌道が表示されていますが、星によって比較しやすい単位が表示されるようです。
f:id:ict_in_education:20180405055225p:plain

 こうしてアニメーションで見せることで、理解への入り口になるのではないかと思いました。

(為田)