教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

東京都 都立学校スマートスクール構想でのBYOD研究指定校10校の発表

 Livedoor NEWSで、東京都の都立学校スマートスクール構想でのBYOD研究指定校の名前が出ていました。
 1月に予算計上のときに一度この件については書きました。そのときは、「スマホの校内持ち込みを禁止してきた高校も多いため、新たな学校のルールづくりやスマホを持っていない生徒への対応などについて19年度までに検討する。ICTを活用した授業で蓄積される学習記録のビッグデータ化などにより、指導方法を改善し生徒の苦手分野の克服につなげることも視野に入れる。」と日経新聞に書かれていました。
blog.ict-in-education.jp

 まだ東京都教育委員会のページには何もアップされていないようです。
f:id:ict_in_education:20180529063632p:plain

 Livedoor NEWSに書かれていた情報から転載です。

東京都は2018年9月より、都立学校スマートスクール構想を推進するため「都立学校スマートスクール構想におけるBYOD研究指定校」にWi-Fiアクセスポイントを設置し、個人のスマートフォンを活用した授業研究を行う。指定校は、三田・西など10校。

国のスマートスクール構想を受け、東京都は都立高校におけるBYOD(Bring your own device、個人の端末を持ち込んで授業や仕事で利用すること)実現に向けた予算案として、2018年度予算案に2億円を計上している。都立学校にWi-Fi環境を整備し、授業などでのICT利用環境を整えるとともに、ICTによる学習支援などのデータを収集・分析し、「学びの質」の向上につなげる取組みなどを研究開発するねらい。


都立校での授業スマホ活用、西・三田などBYOD研究指定校10校 - ライブドアニュース

 2018年9月から2020年3月まで、1年半の実証を行うようですね。

  • 都立学校スマートスクール構想におけるBYOD研究指定校 10校

 モバイルルーター配備型もやっているのはおもしろいな、と思いました。1校につき16台。1台あたりいくつくらいの端末をぶら下げるのだろう…。例えば、東久留米総合高校ですが、サイトを見てみると、入試情報を見たら、推薦で72名、学力検査で164名が募集人員になっています。合計で1学年236名。クラス数はいくつだろう?7クラスくらい?3学年で21クラス。モバイルルーターは16台。うーん、どういう配備なのだろう。モバイルなので、先生に紐づいて教室を移動するのでしょうか。

 この9月からですから、どう使っていくのか、またBYODを効果的にサポートするインフラとなるのか、注目したいと思います。公開授業をおそらくするだろうと思うので、見に行きたいと思います。

(為田)

動くデジタル理科教材アプリ「ニュートン理科」登場!

 Windows Blogsにて、動くデジタル理科教材アプリ「ニュートン理科」登場!という記事がありました。
f:id:ict_in_education:20180527145926p:plain

 タブレットPCで画面をタッチしながら理科をインタラクティブに学べるとのこと、楽しそうです。「ニュートン理科」は、コンテンツとして科学雑誌Newtonで長年蓄積してきた緻密なイラストを収録しているようです。

ニュートン理科」は,タブレットインタラクティブに学習ができる教材アプリです。指で画面をタッチ・操作することで,実験・観察をしたり,動画を見たり,3Dイラストを動かしたりしながら,楽しく理科を学ぶことができます。

目に見えないミクロの世界から地球・太陽系の宇宙レベルの現象まで,指で選び,指を使って繰り返し動かすことによって,自分で原理やからくりを観察し,自分自身で法則性を発見するという本来あるべき科学教育を実現します。

科学雑誌Newtonの創刊以来,長年にわたって蓄積してきた細密イラストやわかりやすい説明・展開をベースに,タブレットの機能を最大限に生かした,まったく新しいデジタル理科教材です。リアルで美しい画像によってより強い印象が残り,発展的な内容にもスムーズにつながる展開で理解が深まります。

児童生徒がみな目を輝かせ,先生と一体となって謎と疑問に挑戦していく,活気ある理科授業づくりにお役立てください。

「ニュートン理科」

 6月11日までに申し込めば、自治体・学校向けには1年間無償で利用できるキャンペーンを行っているようです。興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。…ていうか、僕が使ってみたいです!(笑)
f:id:ict_in_education:20180527150347p:plain

(為田)

 

【イベント情報】ICT に学びを救われる子はあなたのそばにいる 〜ICT × インクルーシブ教育セミナー〜(2018年7月14日)

 東京学芸大学附属小金井小学校鈴木秀樹先生から、7月14日(土)にMicrosoft品川本社にて開催されるセミナー「ICT に学びを救われる子はあなたのそばにいる 〜ICT × インクルーシブ教育セミナー〜」をご紹介いただきました。
f:id:ict_in_education:20180527142603p:plain

 鈴木先生は、Facebookのエントリーで、下記のようなことを書かれています。

ICTは常に僕の傍にありました。それはWindowsだったりMacだったりiPhoneだったり色々でしたが、それらを僕は便利な道具として使ってきました。

授業でもそう。僕自身が何かを提示する時に使うことももちろんありますが、子どもたちが意見を交換したり、コンテンツを作成するのに使わせることも増えました。ICTは常に僕や子どもたちの能力や容量、時間や活動範囲を拡張してくれる存在でした。

でも、昨年、様々な経験を通して、僕はインクルーシブ教育でICTを活用することを真剣に考えたいと思うようになりました。

学びについて何らかの困難を抱えている子は、通常学級でも実はかなりの数います。その子どもたちの困難を、ICTを使って支援してあげた時に浮かぶ笑顔。それは、僕が今までICTを使ってきたのはこのためだったのかもしれない、と思わせるのに十分なものでした。

 この鈴木先生の文章を読んで、ICTと学びの関係について、自分でもとても共感できる内容だと感じました。

 イベントの内容についても、現状発表されているものを以下に転載いたします。

  • 公開授業
    • 5年生国語「天気を予想する」
    • 学習用デジタル教科書等を活用し、学習に困難を抱えている子にも、そうでない子にもフィットしたデザインの授業を提案します。
    • 授業者:鈴木秀樹 先生(東京学芸大学附属小金井小学校
  • 授業協議
  • ハンズオン&ワークショップ
    • ハンズオンでは、児童がどんな学習に困難を抱えているか、ICT を活用して簡単に発見する「読み書きアセスメント」を実際に試すことができます。
    • また、「学びを救う ICT」「学びを催促する ICT」をどう使うか。協賛企業がワークショップを開催します。
  • パネルディスカッション

 興味ある方は、ぜひサイトをご覧になっていただければと思います。

「ICT に学びを救われる子はあなたのそばにいる 〜ICT × インクルーシブ教育セミナー〜」

(為田)
 

『どう解く?』公開ワークショップ「みんなで、どう解く?」 レポート まとめ(2018年3月29日)

 2018年3月29日に、ポプラ社のフリーミーティングスペースに置いて、『どう解く?』公開ワークショップ「みんなで、どう解く?」が開催されました。このワークショップは、ポプラ社が出版した、対話から子どもの本音が引き出せる本『答えのない道徳の問題 どう解く?』の出版を記念したものでした。
 会場には、小学生を中心とした親子が5つのテーブルに分かれて座っていました。リラックスした雰囲気の中、著者である山﨑博司さん(文)、木村洋さん(絵)、二澤平治仁さん(絵)の3人と教育学者の汐見稔幸先生が登壇されました。

答えのない道徳の問題 どう解く?

答えのない道徳の問題 どう解く?

 著者によるトークと共に、会場に来てくれた親子参加したワークショップを行いました。それらの様子をレポートしました。

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

(為田)

「SNS展 もしもSNSがなかったら」に行ってきました

 アーツ千代田3331で開催している、「SNS展 もしもSNSがなかったら」に行ってきました。最果タヒさん、塩谷舞さん、藤原麻里菜さん、濱田英明さんの展示が僕はとても好きでした。
moshimo-sns.jp

f:id:ict_in_education:20180525063737j:plain:w400

 もしもSNSがなかったら…、と自分で考えてみました。

 SNSはメディアというかプラットフォームなので、それを使う人によっていろいろな位置づけができるし、いろいろな表現もできます。それがものすごく日常になったのが面白いところだと思っています。仕事の仕方が変わって、自分にあってるな、と思うのもそういうところ。

 いちばんぐっときたのは、塩谷舞さんの結婚式でのお父さんの言葉ですね。塩谷舞さんのSNSでの活動については、本当に勉強になることも多くて、ウォッチしている人なのです。展示では、塩谷さんのヒストリーとSNSのヒストリーが並んでいたりもしました。↓以下のエントリーでも見ることができます。
sheishere.jp

 …それで、最後のお父さんの言葉です。

あのFMVが初めて家に来た日、あなたは言いました。

「これは魔法の箱やね。何でもできるね。」

今振り返って思います。本当に魔法の箱やった。
お父さんはパソコンを買って良かった。

素敵な魔法使いになってくれてありがとう。
これからも素晴らしい魔法を見せてくださいね。

 すべての子どもにとって、パソコンがそうである必要はもちろんないですが、こうした気持ちでICTを使ってもらうような、そんな学校を作りたいな、と思いました。

 今の子どもたちにSNSがどんなふうに使われているのか、これからどんなふうに使われていくのか、というのはいろいろな可能性があると思うのですが、こうした新しいメディアであるSNSについて、ちょっといろいろな可能性を感じられる展示だったと思います。もし、お時間ある先生がいらっしゃれば、行ってみてはどうかと思います。

(為田)

やってみた:変換できない漢字はGoogleにそのまんま訊いてみる

 どうにもPCで漢字変換できない文字がありまして、なんという読み方をするのかがわからないので、ついに見たままそのまんまをGoogle先生に質問してみました。
 読み方がわからなかったのは、しめすへんに右を書く字なのですが、簡単なのですが、変換候補として出なかったのです(略字ならば出た)。人名だったのでしっかり変換したいな、と思ったので、見たままそのまんまをキーワードに入れてみました。
 iPhoneGoogleを起動して入れたキーワードは、「しめすへんにみぎ…」と書いたら、ずらりと検索候補が並びます。みんな苦労しているのだなあ、と。
f:id:ict_in_education:20180524001117p:plain:w400

 無事に検索できました。これだけ検索候補に出るくらいです。僕が初めて検索したわけでもないでしょう。最終的に、Googleでこの方法で検索して、コピペでWordに貼り付けたのでした。はあ、けっこうな時間がかかりました…。

 さて、こういう漢字の調べ方、小学校の教室でスマホタブレットでしている子がいたら、先生、どうしますか?
 もし、自分が教室で教えているときにこういう子を見かけたら、「考えたね~、いいアイデアだね~」と褒めてあげる先生でいたいな、と思っています。

(為田)

学校説明会に使えるかも?:というか…先生、クリッカーを使いましょう!

 新年度になり、学校説明会が開催されています。学校としての重点指導項目や、学力調査などの結果を、保護者に報告する場であり、保護者にとっては、校長先生や主任の先生方のプレゼンテーションを聴くことができる数少ない場ではないかな、と思います。
 最近は、スクリーンとプロジェクタでスライドを映しながら説明をされる先生が多いのですが、クリックをするためにコンピュータから離れずにプレゼンをする先生が多いと思います。または、クリックする役割の先生がPCのところに配置されている。これ、もったいないと思うのです。
 自分でクリックしなければならないとなると、そもそも聴いてくれている保護者の方を向けません。クリック役の先生との呼吸が合わない、ということもしばしば。本当に、もったいないです!

 自分でクリッカーを持てばいいのに、と思います。ほんの数千円。手元でボタンを押すだけで、スライドを送れる。ただ、それだけですけど、話をするときの自由度は格段に上がります。表現力も上がると思います。

 僕は、ロジクールのワイヤレスクリッカーを使っています。USBをPC本体に挿すだけで、何のインストールもいらないので、簡単です。会場のPCで使うときにも簡単に使えます。クリックとレーザーポインターだけならこれで充分かな、と。

ロジクール ワイヤレス プレゼンター R400t

ロジクール ワイヤレス プレゼンター R400t

 他によく使われているのを見るのは、コクヨの黒曜石ですね(Amazonで検索すると、ガチな黒曜石が出てきますねw)。これも使っている先生をよく見かけます。

 あと、使っているのを見て、おお、かっこいい、と思うのは、ロジクールのSPOTLIGHTですかね。見せたいところに注目させるのに、名前のとおりスポットライトを当てたりもできます。大きい会場だといいと思います。

 こういうちょっとしたものがあるだけでも、学校説明会はだいぶ変わるように思います。ぜひ、先生方に一度試していただきたい。一度試したら、正直、もう戻れないと思うのです。

(為田)