教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

ICT教育研究会 with Classi in Meisei レポート No.3 (2018年3月28日)

 2018年3月28日に、明星中学校・高等学校において、ICT教育研究会 with Classi in Meiseiが開催されました(明星中学校・高等学校とClassi株式会社の共催)。
 今回は、プログラムの中のICT教育分科会のひとつで、明星中学校・高等学校の生徒さんたちが講師となった「生徒から見たICT教育」のプレゼンテーションをレポートします。
f:id:ict_in_education:20180528094053j:plain

 プレゼンテーションをしてくれたのは、iPadを2016年4月、中学校3年生のときから使っているという2人でした。明星中学校・高等学校では、各クラスでWiFi接続が可能となっているそうです。ただし、WiFiにはフィルタリングがかかっており、外部のブログなどは閲覧できないようになっているそうです。また、AppStoreもアクセスできない環境をつくっているため、勝手にアプリをインストールはできない状態だそうです。

利用しているアプリ

 2人は、学校生活のなかで使っているアプリなどについて、紹介をしてくれました。さまざまなアプリを、さまざまな場面で活用していることがわかります。

  • カメラ
    • 明星祭などの行事を記録するために活用している。
    • 授業を撮影して、Classiにアップして情報共有している。
  • iBooks
  • 授業中に使用する資料が入っている。Classiで配信されるので保存している。
    • 自分で書き込むことができるのがよい。
  • iMovie
    • 音楽の授業で、創作で利用している。
  • Keynote
  • Safari
    • 調べ学習で利用している。
  • MyET
    • コミュニケーション英語で利用している。
  • Classi
    • ウェブドリル=問題集
      • 学年、分野別の問題があり、苦手分野を克服できる。
      • スキマ時間を利用している。
      • 分野ごとに分かれて正答率が表示される。
      • 記述式のドリルはない。
      • iPadの持ち帰りはOK。宿題も出るし。登下校時にやってはいけないなどのルールはあり。
    • 校内グループ
      • 学年、クラス、委員会、部活動など、それぞれにトークルームを設置。一斉連絡ができる。
      • 校内グループの利用方法などは決まっている。
    • 学習入力機能
      • 毎日、自宅学習時間、科目、感想を入力する。
      • 先生全員がチェックできる。
      • プライベートなことが監視されているとは感じない。学習記録はプライベートとは違う。
    • 成績カルテ
      • 今まで受けたテスト記録を全部見ることができる。
      • 先生が全員分を見られる。過去の成績も見ることができる。

f:id:ict_in_education:20180528095221j:plain

 生徒たちだけでなく、先生たちのICTの使い方も多様になっていくのだろうと思います。例えば、先生からの教材の配信についても、授業中に「昼休みにアップするね」という人もいるが、「夜にアップするね」という先生もいるそうです。「必ず授業終了直後にアップ」というふうに決めるのではなく、それぞれの先生にとって都合のいい時間に、教材をアップしたりすることができるのは、ICTの良さだと思います。このように「どう活用するか」の自由について学校が担保しているのも大切なポイントだと思います。

メリットとデメリット

 ICTを活用しているメリットとデメリットについても紹介してくれました。

  • メリット
    • つながりがない人、たとえば上級生ともつながることができること。
    • 先生が管理してくれているからこその安全がある。
  • デメリット
    • 話す機会が減少した。2年前よりも話す機会は減った。
    • iPadを忘れると授業に参加できない。
    • 自分で管理しないといけない。パスコードは義務付けられている。

 メリットの中で、「先生=学校が管理してくれているからこその安全がある」ということを挙げているのは非常によいと思いました。ICTがインフラとして機能し始めているということかと思います。生徒たちが、「ICTは非常に便利だけれども、正しい使い方を、“先生も生徒も”知らないといけない」と言っていました。
 ICTの機器やアプリなどをつかえば、多くのことができるようになります。そのなかで、何が正しい使い方か、を定義づけるのは困難です。そのため、明星では、高校1年生~3年生の各クラスにICT委員がいるそうです。生徒たちが自分たちで、学校の管理による安全が確保されたなかで、自由に使える環境になるといいなと感じました。

(為田)

ICT教育研究会 with Classi in Meisei レポート No.2 (2018年3月28日)

 2018年3月28日に、明星中学校・高等学校において、ICT教育研究会 with Classi in Meiseiが開催されました(明星中学校・高等学校とClassi株式会社の共催)。
 今回は、東京学芸大学の森本康彦先生の基調講演「なぜ、今高等学校でeポートフォリオが求められるのか ~求められる本当のポートフォリオとは?~」の後半部分から、気になったポイントを中心にレポートしていきます。

ポートフォリオによって、学びが変わる

 続いて森本先生は、ポートフォリオを使って、どのように学びが変わっていくのかを説明してくれました。

  • 問題集を何度も解いて、ノートも完璧だが、テストで間違えてしまう生徒は、
    • 解法をそのまま、パターンで覚えている。
    • ただ暗記するだけでは、意味のない学びになってしまう。
  • アセスメントは、“できなかったことができるようになっていくプロセスそのもの”。まぐれで当たるくらいならば、間違って見直すの方がいい。
    • 学びはプロセスが大事。プロセスの記録を取っておくことで、思考のプロセスが見える化されて、入ってくる。
  • Schoolizeされた学習ではなく、「為すことによって学ぶ(Learning by doing)」が重要。経験をしながら学んでいく工夫が必要。
    • 日本全国の子どもたちが、ポケモンで膨大な情報量を処理し、自分で図鑑を調べながら、学び取り、実践をしている。

 ここで森本先生がおっしゃられていた、「パターンで覚える」という学習方法、僕の中学校時代がそのままこれだったことを思い出させられました。受け身で暗記していました。そして、自分はそういう勉強の仕方をしていたのだ、ということに気づいたのは、だいぶ経ってからだったように思います。そんなふうにメタ視点で自分の勉強方法を考えたことはありませんでした。

 そのうえで、森本先生の話は、学びと主体性についての説明へ続いていきました。

  • 学びには、「主体性」が大きく関係する
    • 主体性とは以下の3つが揃ったときに生じる。
      • 動機づけ(モチベーション):以前はこれだけだった。
      • 従事(エンゲージメント):言うだけじゃなく、やる
      • 責任(リスポンシビリティ):自分のためにやる
  • そもそも「学ぶ」とは、ただ暗記するのではなく、自ら考え、「気づく」ことである。
    • 先生はただ知識を与えるだけではダメ。
    • 学びあうコミュニティを作る。「あのクラス教えやすい」とかは、学びあう集団ができているということ。
  • 「定着」するとは、自分の言葉できちんと説明できるようになること。
    • 間違っていても、「どうして間違ったのか」が言えるようになっていればいい。

f:id:ict_in_education:20180703043348j:plain

学校でのポートフォリオはどうあるべきか?

 ポートフォリオの良さについて紹介があったところで、森本先生は、実は学校ではポートフォリオをすでに使っている、と言います。

  • ポートフォリオの目的
    • ポートフォリオは既にアナログで行われている。ノートやワークシートもポートフォリオとなる。
    • 前時のノートをみんなに見せて、前の時間と今回の時間を結ぶ。
    • いちばん大切なのはプロセス。行動の記録=ログ。
    • 書いているとき、見るときに、「あ、わかった!わかった!」と気づきを与えるためのツール。気づきは学び。
  • こんなポートフォリオはダメ
    • 日報をわざわざ書くなんて面倒。感想をいやいや書くのも違う。
    • あることないこと、書いていても仕方ないこと=その時点での評価のためにしている。
    • ポートフォリオは、ためることを目的にしてしまったら破綻するし、子どもたちがかわいそう。
  • 学びの振り返りレベルの深化
    • なんで?どうして?という気付きが出てくる瞬間=自問自答→メタ認知(ここまで来なければ、「感想」になってしまう)
    • ああ、なるほど=こういうことか、と気づく(教訓)
    • 次はこうしよう、というのが見えてくるふりかえり(未来へ)
  • ポートフォリオは、友達との対話であり、先生との対話であり、自分との対話でもある。これらの対話によって、たくさんの気づきが出てくる。

f:id:ict_in_education:20180703043630j:plain

 ポートフォリオの目的を再度ふりかえったところで、森本先生は、「では、なぜ紙ではなく。デジタル=eポートフォリオがいいのか」と説明します。

  • ポートフォリオは紙でもいいが、紙には致命的なデメリットがある。
    • 相互評価がやりにくい。クラスの中にいるときは、やれるかもしれないが、紙を持って帰ったらできない。
      • デジタルにすることで、時空を超える。前の時間はもちろん、3年前とかだって大丈夫。
  • ポートフォリオは、電子的に残さないと、カリキュラム・マネジメントは難しい。テストで測れないものを測ろうとするときに、デジタルは非常に効果的。
    • 小学校ではタブレットが普及しているので、こうしたことができるようになってきている。
    • ICT、デジタルデータが、「無機質で冷たいな」という感じもするが、その無機質なデータの中に、たくさんの学びの営みが、全部詰まっている。
    • いや、そもそも、デジカメの写真を見て、「無機質だな」とは思わない。
  • いかに学びのプロセスを、時空を超えて残していくか。先生方の今の活動を、いかに記録に残すのか、ということ。
  • 子どもたちの学びをホワイトボックスにして、子どもたちがたくさんのことをしているのを見てあげたい。

 ポートフォリオの良さを説明しつつ、森本先生は、「本当のeポートフォリオは、本日ここに集まられている先生方の学校で生まれてくるもの」と言います。この日、会場にたくさんの学校の先生方が集まっていましたが、他の学校のeポートフォリオをそのまま真似してできるものではないと言います。
 「自分の学校で導入しているシステムに似たような機能があるなら使ってみるのでいい、もしICT環境がないなら紙でやってみてもいい」と森本先生は言います。「本当の主役は子どもたちであり、子どもたちを支えるのは先生方の仕事です」と言う森本先生の言葉は、先生方への力強いメッセージに聞こえました。

 No.3に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

教材で使えるかも?:「The Future of Work: Will Our Children Be Prepared?」

 YouTubeで「The Future of Work: Will Our Children Be Prepared?」という動画を見ました。テクノロジーがいかに進歩し、どんなことがAIやロボットでできるようになっているのかということが伝えられる動画です。
f:id:ict_in_education:20180702152004p:plain

 倉庫で荷物を運ぶロボットや、自動操縦される大きな重機、手術をするロボットなどが紹介されます。こうしたロボットなどのテクノロジーと共存するのが「未来の仕事のかたち:The Future of Work」なのだということを伝えられる動画だと感じました。

www.youtube.com

(為田)

ICT教育研究会 with Classi in Meisei レポート No.1 (2018年3月28日)

 2018年3月28日に、明星中学校・高等学校において、ICT教育研究会 with Classi in Meiseiが開催されました(明星中学校・高等学校とClassi株式会社の共催)。ICT教育研究会の開催は今年で3年目となります。
 今回のICT教育研究会のテーマは、「ポートフォリオ」でした。開会の挨拶の中では、「eポートフォリオの導入によって、生徒の日常の行動をしっかり記録していき、彼らにとってより良い教育をしていくことができるようになる」という言葉がありました。参加者は300人にのぼり、多くの先生がClassiと明星中学校・高等学校が進めている、Classiとeポートフォリオの活用に関心を持っていることを感じました。

 今回は、東京学芸大学の森本康彦先生の基調講演「なぜ、今高等学校でeポートフォリオが求められるのか ~求められる本当のポートフォリオとは?~」の前半部分から、気になったポイントを中心にレポートしていきます。
f:id:ict_in_education:20180703040730j:plain

ポートフォリオは、旅の写真であり、野球ノートだ。

 森本先生は、最初に旅行を例にして、eポートフォリオの説明をしてくださいました。その後で、「学びの過程においてポートフォリオはどんなものがあるのでしょうか?」と森本先生の話は進んでいきました。

  • 旅行を例にeポートフォリオを考える
    • 写真を撮るために旅行には行かない。旅行のついでに写真を撮って、帰りに写真を見返して、いろいろ思い出す。そして、「また行きたい」と思う。
    • 写真は旅行の過程において、どういうところにいて、どういうことを思ったのか、そのエビデンス。旅行で何をしたかという証拠。でも、証拠を残すために旅行に行くのではない。
    • 証拠である写真があることで、詳細に旅行を振り返ることができる。この写真が、ポートフォリオ
  • 学びにおいてのポートフォリオを考える
    • 学びにおいてのポートフォリオには、どんなものがあるだろうか?
    • 受験の記録をとるのは面倒だが、「できなかったことができるようになった」などの記録を受験に使うことができるなら、それは教材だ。
    • ポートフォリオは受験のためのものではなく、学びそのもの。

 この旅行と学びのメタファーは、僕にはとてもわかりやすかったです。その後で、森本先生は、ご自身が働き始めた頃の話をされました。森本先生は、最初はエンジニアでキャリアをスタートし、その後、脱サラして中学校の先生になられたそうです。そのキャリアを歩むなかで、かなり成長できたと自分では感じているそうですが、「どれくらい成長したか」を証明することは難しいと言います。自ら、たくさんのことを経験し、気づきを得ながら、継続的に成長(変容)してきたわけですが、その成長(変容)を証明する手立てがないからです。どうやって成長したのか?森本先生は、“真正な学習(Authentic Learning)”、“真正な評価”という言葉を紹介してくれました。

 例として、野球ノートの話を森本先生はしてくれました(野球ノートで検索してみると、たくさんのノートが出てきます)。
f:id:ict_in_education:20180703041321p:plain

  • 野球ノートは、野球部の部員たちが練習後にとるノート。
    • 「ノートを書く暇があったら、素振りをしなさい」は昭和の時代。
    • いまは練習が終わった後にミーティングをして、「何がよかったか、何がダメだったか、次はどうするか」と、勝った試合でさえもふりかえりをする。試合が、最もリアルな練習の場。
    • ノートに“どう変わったか”を落とし込むことで、自己効力感を得られる。
  • 野球ノートをつける感覚で、勉強ができればいいのではないか。野球ノートをつけることが、練習(学び)そのものだ。
  • 野球ノートの中にはたくさんの学びの記録がある。「真正な学習」の学習プロセスにおいては、たくさんの学びの記録が生成され、(教材として)活用される。その状況を電子的に記録したものが、eポートフォリオ=学習記録データ。

 森本先生の「ポートフォリオによって、過去の頑張りだけでなく、未来の伸びしろも見えるようになります」という言葉は、本当にそのとおりだと思いました。
f:id:ict_in_education:20180703041605j:plain

 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

やってみた:「チコちゃんに叱られる!」信号の緑色をなぜ青信号というのか?→日本国語大辞典で調べる

 先日、NHKの「チコちゃんに叱られる!」で、「信号の緑色をなぜ青信号というのか?」という質問が出ていました。(しかし、この「チコちゃんに叱られる!」、大好きなんですけど、いかに自分がボーッと生きているかが分かる…笑)
www4.nhk.or.jp

 番組中では、街頭にいるアルゼンチン、タイ、オーストラリア、イタリアなど20か国の人に信号機の緑色は何色か聞いてみると、20か国の人がGreen(みどり)と回答しています。たしかに、英語で「進め」は「GREEN LIHT」と言いますが、なぜ日本だけ青…。
 チコちゃんの答えは…「新聞が青と報じてしまったから!」だそうでした。日本で、最初の信号機が設置されたのは、1930年、東京・日比谷の交差点だったそうで、当時の新聞記事1930年3月18日東京朝日新聞には「青、黄、赤」とはっきり書かれています。
 「もともと日本にあった色の言葉は、白・黒・赤・青の4つだけだったと言われています」と番組内で先生がおっしゃっていました。いにしえの日本では、全ての色はこの4つに分類されていて、そのため緑は青の中に含まれていたそうです。
 iPadのアプリ「精選版 日本国語大辞典」で「あお」と検索してみると、「主に青、緑、藍をさし…」と書かれていました。
f:id:ict_in_education:20180702145352p:plain

 パッとすぐにこうして調べることができるのは助かります。このアプリ、本当にしっかり調べられるので大好きですが、価格は7800円。でも、紙であればまず間違いなく持ち歩いたり気軽に引っ張り出して調べたり、ということはしないだろうと思いますので、こうしてアプリになっているのは本当に助かります(そもそも、検索がとても楽ですし)。

精選版 日本国語大辞典

精選版 日本国語大辞典

  • 物書堂
  • 辞書/辞典/その他
  • ¥7,800

 ちなみに、セールで4800円で買いました。大満足。またセールするといいですよね。学校の端末にいくつか入ればいいのに、と思っています。
blog.ict-in-education.jp

(為田)

書籍ご紹介:『第四の革命 情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる』

 ルチアーノ・フロリディ『第四の革命 情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる』を読みました。

第四の革命―情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる

第四の革命―情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる

 ICTが人間の生活にどんなインパクトをもたらすのか、について語っている本。タイトルの「第四の革命」は、アラン・チューリングによる革命であり、コンピュータに関わるもののことです。

  • 第一の革命
  • 第二の革命
    • ダーウィン革命:進化が新しい意味を得て、生物王国の中心から人間は追い出された。
  • 第三の革命
    • フロイト革命:我々がなすことの多くが無意識である。我々は、我々自身をよく知らない。

 第四の革命も、「我々がどのように自分たち自身を認識するのか」ということを考える機会を与えてくれています。コンピュータがただの計算機械ではなく、AIなどの発達を考えると、新しい革命だと考えることもできると思いました。

 また、この本では、「オンライフ経験(onlife experience)」という概念が提唱されています。

我々は、ICTが、新しい現実を作り上げ、我々の世界とそこに住まう我々の生活の、あらゆる側面の情報的解釈を加速させているのと同じくらい、我々の世界を変更しているのである。インターフェースが次第に見えなくなるにつれて、こちら側(アナログ、炭素ベース*1、オフライン)とあちら側(デジタル、シリコンベース*2、オンライン)の境界は、どんどん不鮮明になっていく。しかし、これには両者それぞれに利点がある。(略)デジタルオンラインの世界は、アナログオフラインの世界にあふれ出て、それと同化していく。こうした現象の最近の姿は、「ユビキタス・コンピューティング(Ubiquitous Computing)」「アンビエント・インテリジェンス(Ambient Intelligence:環境知能)」「IoT:(The Internet of Things:モノのインターネット)」「拡張ウェブ(Web-augmented things)」などとして、広く知られている。私はそれを、オンライフ経験(onlife experience)」と呼びたい。それは情報化時代の発展の次の段階でもあり、すぐにそうなっていくだろう。我々は、次第にオンライフを生きるようになっているのである。(p.56)

 デジタルオンラインの世界は、アナログオフラインの世界にあふれ出て、それと同化していく。そうした経験は、コミュニケーションの仕方などでも、すでに児童生徒でも体験できることのように思います。デジタルコミュニケーションとアナログコミュニケーションの関係、機能的な差異、相手に与える影響の差異。コミュニケーションスタイルも大きく変わります。既読スルーなどの問題や、対面しながらデジタルコミュニケーションを他者とすることに対する感覚など、変わりつつあるように思います(これは世代というよりも、一人ひとりの価値観や職場の文化なども大きいように思います)。

 オンライフ経験を、初等教育中等教育でどれくらいまでさせておくべきなのか。どういった文化のなかで、どういったデジタル環境(とアナログ環境)のなかで、どういうオンライフ経験をさせるべきなのか。そうしたことを考える機会になるように思いました。

ウェブ社会のゆくえ 〈多孔化〉した現実のなかで (NHKブックス)

ウェブ社会のゆくえ 〈多孔化〉した現実のなかで (NHKブックス)

The Onlife Manifesto: Being Human in a Hyperconnected Era

The Onlife Manifesto: Being Human in a Hyperconnected Era

(為田)

*1:ここで書かれている「炭素ベース」の計算機とは、つまり人間のことです。(為田)

*2:そして、ここで書かれている「シリコンベース」とは、いわゆるコンピュータです。(為田)

【イベント情報】近未来の学校教育体験セミナー 模擬授業 夏祭り@仙台(2018年8月2日)

 2018年8月2日に、「近未来の学校教育体験セミナー 模擬授業 夏祭り@仙台」というイベントをNTTドコモ東北支社の会議室にて開催します。
 この「近未来の学校教育体験セミナー」は、会社の枠を超えて有志で、「これからの社会を支える子どもたちが学ぶ場である学校は、どんなふうに変わっていけるのかを体験していただけるようなセミナーを目指して、年に数回のペースで実施しています。今回は、「模擬授業 夏祭り」と題しまして、ご協力いただいた各社のコンテンツやアプリを、授業の中でどう使うことができるのか、模擬授業形式で体験しながら学んでいただけるよう、お待ちしております。
f:id:ict_in_education:20180630105836p:plain

 いまのところ、考えているタイムテーブルは以下の通りです。

◾️タイムテーブル(予定)※授業者 調整中です

  • 13:30-13:45
    • はじめに(「未来の教室」とEdTech、と今日の模擬授業)
  • 13:45-14:15
    • 模擬授業(1) 小学校・算数<学びの個別化の体験(やるKey)>
  • 14:15-14:45
    • 模擬授業(2) 小学校・理科<プログラミングの体験(microbit)>
  • 15:00-15:30
    • 模擬授業(3) 小学校・国語<教育系SNSの体験>
  • 15:30-16:00
    • 模擬授業(4) 中学校・社会<協働学習、思考ツールの体験(ロイロノート)>
  • 16:00-16:30
    • 模擬授業(5) 高校・英語<学びの個別化の体験(Englsh 4Skills)>
  • 16:30-16:45
    • セッション:どんな「未来の教室」を望みますか?
  • 16:45-17:00
    • おわりに〜情報交換タイム
  • 18:00-
    • 懇親会(希望者のみ)

 定員30名、参加費は無料です!ICTの導入にワクワクしている先生も、ドキドキしている先生も、大歓迎です。お待ちしております。

 先生方は、夏休みの真っ只中ではありますが、ぜひ夏休みの自由研究的な感じで、お越しいただければと思います。また、職員室で興味のありそうな先生もお誘いいただければと思います。
future-school-exp.peatix.com

 調整中の部分もたくさんありますが、随時情報をアップデートしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

(為田)