教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするために、現場目線での情報発信をしていきたいと思います。

仙台市立六郷小学校 公開研究会レポート No.4(2018年12月7日)

 2018年12月7日に仙台市立六郷小学校の公開研究会「「対話」を通して学びを深める授業づくり〜学びの基盤としての情報活用能力を手がかりに〜」を取材させていただきました。
 午後から行われた授業検討会は6つの部会(1年生、3年生、4年生、5年生、6年生、特別支援)で行われました。

 最初に6年社会科部会の冒頭を参観しました。学年主任による本単元の構成の説明、授業者自評(4名の授業者全員から)、3人グループでの協議という流れでした。
 続いて特別支援部会の一部を参観しました。参観者による感想発表と質疑応答など、少人数ではありましたが和気あいあいとした雰囲気で話し合いが進められていました。

 その後は4年総合部会に参加しました。会場に入った時には授業者による本時の振り返りなどは終わっていましたが、ちょうど、この単元の動機付けとして先生方が自作した動画が披露されるところでした。
f:id:ict_in_education:20190128140407j:plain

 「キッズ携帯を持っている小学校4年生の花子さんが、友達のようにスマホが欲しいことを両親に訴えました。キッズ携帯で十分だと言われる一方、スマホにはキッズ携帯とは違うところがたくさんあり、子どもにとっていいこともあれば危ない面もあることを伝えられました。言われてみればスマホの良くないことや危ない面などはよく知らなかったと自分を振り返る花子さん。翌日、学校で「未来のキッズスマホアイディアコンテスト」のポスターを見つけました。子どもが使って満足でき、大人も安心して使わせることができる未来のキッズスマホとはどういうものか、応募する前にきちんとスマホについて調べて知った上で、アイデアを考えることにしました。」という内容でした。
 これを見た子どもたちは、本単元の学習を「自分事」としてとらえて学習を進めていけるだろうなと感じました。プロジェクト型の学習として情報モラルを扱おうと考えたとき、はじめの課題把握と動機付けをどうするかは悩みどころだと思います。今回のような単元の最初に用いる教材が学校間で共有されると、実践が広がっていくのではないかと感じました。

 ワークショップでは、検討の素材として、児童の話合いの様子を360度カメラで撮影した動画、授業で子どもたちが作成したワークシート、単元当初と現在の考え(「あなたはスマートフォンのことをどう思いますか?」に対する意見文)が提供されました。子どもたちの学習中に机の中央に360度カメラを置いて記録し、検討会で活用するというのは初めての経験でした。これからの授業研究のツールとして一般化するかもしれないと思いました。
f:id:ict_in_education:20190128140452j:plain

 No.5に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(佐藤)

仙台市立六郷小学校 公開研究会レポート No.3(2018年12月7日)

 2018年12月7日に仙台市立六郷小学校の公開研究会「「対話」を通して学びを深める授業づくり〜学びの基盤としての情報活用能力を手がかりに〜」を取材させていただきました。

 今回の公開授業研究会では、5年生がメニューの一部を考案した、「六郷おにぎり弁当「ろくげしき」」という名前のお弁当をいただきました。
 5年生の子どもたちは、総合的な学習の時間などで六郷の農業について学び、その一環として「みやこがね」という品種の米作り体験を行なっていました。田植えや稲刈りを体験する中で「六郷のおいしいお米や野菜をみんなに広めたい!」という願いを抱き、今回の公開研究会に参加される先生方に味わってもらおうとメニューの一部を考案したそうです。三角おにぎりの形をしたかわいいパンフレットが添えられ、中にはイラストとホテル顔負けのネーミングのメニュー一覧がありました。「ろくげしき」という名前の由来の下には直筆のメッセージも添えられています。
f:id:ict_in_education:20190128140125j:plain

 お弁当そのものの作成は地域のお弁当屋さんが担当されていました。高校などでは地域の食品会社とのコラボレーションで商品開発をしたり、製作・販売したりという体験を行うことがありますが、小学校でもこういう形で、学校と子どもたち、家庭、地域の方々を結びつけた実践が可能になると感じました。

 No.4に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(佐藤)

授業ではきっと教えない:Office365で暴れまわる恐竜を挿入できるようになった

 マイクロソフトのOffice365の機能で、3Dモデルを挿入できるようになっていて、そこでティラノサウルスを挿入できることを知りました。
nlab.itmedia.co.jp

 PowerPointの[挿入]リボンの[図]→[3Dモデル]をクリックすると、オンライン3Dモデルがずらりと表示されます。ここから、恐竜のカテゴリーを選んでみました。
f:id:ict_in_education:20190130183729p:plain

 簡単に3Dモデルをファイルに挿入することができます。拡大縮小、移動などは、これまでの図形や写真などとまったく同じ操作です。向きを変えたり、ポーズを変えたりすることも簡単にできます。
f:id:ict_in_education:20190130184956p:plain

 …が、これは学校で子どもたちには見せたくないなあ…。きっとスライドのテーマとまったく関係なく、あちこちに恐竜や動物の3Dモデルが歩き回ることでしょう…。教えないでおこう…(笑)

(為田)

仙台市立六郷小学校 公開研究会レポート No.2(2018年12月7日)

 2018年12月7日に仙台市立六郷小学校の公開研究会「「対話」を通して学びを深める授業づくり〜学びの基盤としての情報活用能力を手がかりに〜」を取材させていただきました。
 公開されていた2つの授業をレポートします。

公開授業 6年社会「私たちの生活と政治-国の政治のしくみ」

 参観した授業の1コマ目は6年社会科「私たちの生活と政治-国の政治のしくみ」(菅野美香先生)でした。投票率が下がることで日本の政治にどのような影響を与えるかを考えるために、映像資料から必要な情報を読み取ることができるようになることをねらった授業でした。この授業では、指導の手立ての一つとして知識構成型ジグソー法が取り入れられていて、本時の中心はエキスパートグループ(専門家グループ)での活動でした。
 エキスパートグループでは、全員で映像資料を視聴→相手に情報を伝えるときに大切なことを話し合う(付箋に短い言葉で表す)→一人一人が映像資料のキーとなるシーンをキャプチャしアルバムとして保存する→キャプチャした画像の順序を自分の考えに合わせて入れ替える→付箋とキャプチャ画像を使って自分の主張を構成しグループ内で共有する、という流れでした。
 一人一人の子どもたちが自分の考えを整理して構成していく過程に友達との対話が組み込まれることで、考え直したりブラッシュアップしたり、自信を深めたりしていく姿が見られた授業でした。
f:id:ict_in_education:20190128135710j:plain

 今回の公開研究会では、6年生社会科は4つのクラス(全クラス)が授業を公開しました。18時間扱いの単元のうち、7時間目、10時間目、11時間目、12時間目の授業でした。1単位時間では本時の内容を学ぶのにふさわしい教材とICTが活用されていて、単元としてみるとワークシートあり、教育番組視聴あり、一人一台のタブレットあり、思考ツールありと、単元設計がきちんとなされていることがよく分かりました。六郷小学校では「情報活用能力育成カリキュラム」の作成と運用を通して、教科のカリキュラム・マネジメントが機能していることがよく伝わってきました。

公開授業 4年総合的な学習の時間「考えよう!未来の「キッズスマホ」」

 公開授業の2コマ目は4年総合的な学習の時間「考えよう!未来の「キッズスマホ」」(手塚琴美先生)でした。スマートフォンを扱う上でどんなことに気をつければよいか考えながらグループで話し合い、未来の「キッズスマホ」の機能と特徴を考えることを通して、探究スキル「複数の情報を組み合わせて、新たな考えを作る」や情報モラルを身につけることをねらった授業でした。
 4年生でも知識構成型ジグソー法を取り入れていましたが、特徴的なのはクラスの枠を外した学年全体でエキスパートグループを編成していた点でした。前時までの3時間がエキスパートグループでの調べ学習に使われていて、本時は学級ごとのジグソーグループとしての活動でした。学級内でも4人グループを作っていて、ジグソー法のグルーピングが入れ子のように構成されているのはとても興味深いものでした。学年全体で動いているので、板書や話し合いのポイントが統一されているのも特徴的だと感じました。
f:id:ict_in_education:20190128135836j:plain

 子どもたちが「こんなキッズスマホがあったらいいな」を考える条件として「自分たちが使っていて楽しいと思える機能があること」「家の人に、安心して使わせられる、と思わせる機能があること」が示されていました。「使って楽しい」という条件は、ともすると建前が先行してしまいがちな子どもたちに実際感を持たせることに役立っているなと感じました。ユーザーである自分たちが満足できることと、保護者の立場とは背反するものではないことを、子どもたちが意識して情報モラルを学ぶというのはとても価値が高いと思いました。

 No.3に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(佐藤)

文部科学省 mextchannel「横浜市立北山田小学校の先進的な取組を柴山大臣が視察」

 文部科学省YouTubeに開設しているmextchannelの中にある「今日の出来事」のコーナーで、「横浜市立北山田小学校の先進的な取組を柴山大臣が視察」という動画が公開されました。すごく地元の小学校なので、びっくりしました。
www.youtube.com

 ICTの活用としては、実物投影機を活用して手元を大きく映し出すなどの授業活用が紹介されたようです。そのほかには、働き方改革に関する取り組みなどについて話を聴いたそうです。
f:id:ict_in_education:20190129161423p:plain

◆ ◆ ◆

 mextchannelには、ほかにも「外国語教育はこう変わる!」や「次期学習指導要領改定へ向けた解説」などが公開されています。
f:id:ict_in_education:20190129164400p:plain

www.youtube.com

 時間があるときに、ぜひ見ていただければと思います。

(為田)

仙台市立六郷小学校 公開研究会レポート No.1(2018年12月7日)

 2018年12月7日に仙台市立六郷小学校の公開研究会を取材させていただきました。
 仙台市立六郷小学校の研究主題は「「対話」を通して学びを深める授業づくり〜学びの基盤としての情報活用能力を手がかりに〜」でした。平成28年度に仙台市教育委員会から「アクティブ・ラーニング」普及支援事業の拠点校に指定されたことを受け、平成29年度・30年度は仙台市教育委員会認定自主公開校として研究を広げてきました。

 公開研究会当日は、研究概要説明・参観の視点の説明、授業公開、授業検討会、シンポジウムが行われました。

研究概要説明

 はじめに六郷小学校の研究の概要の説明がありました。
 主題設定の理由は,新学習指導要領と児童の実態、学校教育の重点目標、昨年度までの実践の4点から述べられていました。
 児童の実態は、学校生活アンケートと仙台市版情報活用能力調査の5月と9月の比較をエビデンスに分析されていました。例えば「知識・技能」について、9割以上の児童が「授業が分かる」としているのに対し、学力調査の結果が仙台市平均と比して十分とは言えず、特に授業での学びと自分の考えとの結びつきが弱い点が、学習内容の定着度として課題が見られるとのことでした。そこで、本年度の学校教育の重点目標を「自分の思いや考えを伝え合うことができる子どもの育成」とし「対話」をキーワードに実践を進めることにしたのだそうです。このことは平成28年度・29年度の2カ年にわたって受けた「アクティブ・ラーニング普及支援事業」(仙台市教育委員会指定)とも密に関わっており、教師側の授業改善の方略の一つとして「知識構成型ジグソー法」の導入、「NHK for School」の積極的活用、思考ツールの活用、ICTの導入を試行することで、「対話」を支える「情報活用能力」の重要性を改めて実感し、これらを実践の糸口として研究に取り組んでいるとのことでした。

 公開研究会当日に示された、校内研究の具体的な成果物で目を引いたのは「平成30年度仙台市立六郷小学校情報活用能力育成カリキュラム(試案)」及び「作成に当たっての考え方Ver.2」でした。仙台市教育センターが提供している「仙台版情報活用能力の育成おすすめカリキュラム!(小学校版)<ver1>」を参考に、六郷小学校が自校化したものでした。A3版見開きで、縦軸には「活用スキル(調べ方・伝え方)」「探究スキル(考え方)」「プログラミング(デジタルな考え方)」「情報モラル(情報社会における社会性・人間性)」の4つが配置され、それぞれに概要と内容が付されていました。横軸には低中高学年と学齢が並べられ、マトリックスになっていました。「作成に当たっての考え方Ver.2」では各スキルの内容がどの学齢で身につけるべきなのかが示され、「仙台市立六郷小学校情報活用能力育成カリキュラム(試案)」では教科単元が示されていました。
 新学習指導要領において、情報活用能力は「学習の基盤となる資質・能力」に位置付けられました。各小中学校や市町村教育委員会は、各教科の特性を生かし、教科横断的な視点からのカリキュラム・マネジメントが求められており、六郷小学校の「情報活用能力育成カリキュラム(試案)」と「作成に当たっての考え方Ver.2」はとても参考になるものだと感じました。
f:id:ict_in_education:20190128135422j:plain


 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp

(佐藤)

Studyplus for School Award 2018 レポート まとめ(2018年11月14日)

 2018年11月14日に開催された、Studyplus for School Award 2018に参加しました。このイベントは、Studyplus for Schoolを活用している教育関係者を招いてのパネルディスカッションや、事例報告、表彰などを行うもので、2018年のテーマは、「Education After Internet〜教育の未来〜」でした。

f:id:ict_in_education:20181222161929j:plain

f:id:ict_in_education:20181222163304j:plain

 全5回のレポートで、Studyplus for Schoolの特徴や、導入したあとにどのように活用しているかなどについて読んでいただけます。

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

(為田)