教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするために、現場目線での情報発信をしていきたいと思います。

【イベント情報】学校関係者向けセミナー「Qubenaで授業がどう変わったか?」(2019年5月25日)

 2019年5月25日(土)に、学校関係者向けセミナー「Qubenaで授業がどう変わったか?」がCOMPASS五反田本社にて開催されます。
f:id:ict_in_education:20190507233335p:plain

 Qubenaは、一人ひとり学習中の操作ログや計算過程、回答データを分析することで、つまずく原因となっているポイントを特定し、その生徒が解くべき問題を出し分けていきます。このとき、解くべき問題が、前の単元であっても、前の学年であっても、さかのぼって出題するようになっています。こうしたことは、紙の教材では実現が非常に難しいところであり、デジタルで出題をするからこそ可能な学習方法だと言えると思います。
 そうした特徴を持つQubenaを学校に導入したときに、どのように授業が変わったかを、学校の先生が報告をしてくれるセミナーです。

 パネリストには、須田智之 先生(さとえ学園小学校)、増田憲昭 先生(近畿大学附属中学校)、菅原慎太 先生(三田国際学園中学校高等学校)が参加します。小学校、中学校、高校のそれぞれでの実践の様子を聴くことができると思います。
 僕も、昨年度から今年度にかけて、Qubenaを導入した授業もいくつか見させていただいています。そちらのレポートも準備中ですが、どこの学校でも、一人ひとりにあった学び方をQubenaが実現している様子を見ることができています。Qubenaが授業をどう変えたというふうに先生方が評価しているのか、このセミナーで聴けるのではないかと思います。

qubena.com

 学校関係者向けセミナーとなっています。1団体2名までの参加となっています。すでに多くの申込みがあったと訊いていますが、オンラインでの参加も可能とのことです。興味がある方はぜひ、お申込みをいただければと思います(申込締切は2019年5月10日になっています)。申し込みフォームはこちらです

◆ ◆ ◆

 Qubenaさんとのお付き合いは、CEOの神野さんと私塾界のセミナーでご一緒したのだった…と思って検索してみたら、2016年7月でした。たった3年しか経っていないのですね…何だかずいぶん昔からご一緒しているような気がしています…(笑)
blog.ict-in-education.jp

(為田)

福生市立福生第七小学校 校内研究会 レポート(2019年4月24日)

 2019年4月24日に、福生市福生第七小学校の校内研究会にお招きいただいて、「EdTechを活用した授業の可能性」というタイトルで講話をさせていただきました。
 福生第七小学校の2019年度の校内研究の主題は、「EdTech(教育×IT)を活用して、21世紀を生き抜く確かな学力を育む」となっています。これから、2020年2月まで、校内研究会、校内研修、公開授業や成果発表会のサポートなど、さまざまな形で関わらせていただく予定でいます。
f:id:ict_in_education:20190508000909j:plain

 佐藤正明 校長先生からご紹介をいただきまして、さっそく講話をさせていただきました。
f:id:ict_in_education:20190508000912j:plain

 プログラミングについては、先日弊社にもやってきたドローン Telloを、Tello Eduのアプリで動作をプログラミングして、デモンストレーションしました。下の写真だと少しわかりにくいですが、画面に向かって左上方にドローンが浮かんでいるのが見えると思います。
 ただドローンを飛ばして楽しむだけでは、プログラミング教育の大きな利点である、「デバッグ」をするということができないので、デバッグを子どもたちがしたくなるような課題をどのように作るか、というのが肝になるかと思っています。
f:id:ict_in_education:20190508000915j:plain:w400

 講話自体は30分ほどで、さまざまなEdTech(ICT)の活用事例をご紹介して、その後で、低学年・中学年・高学年・専科…とグループを作ってどのような活用ができそうかをディスカッションしてもらいました。このような研究会スタイルは、佐藤校長先生のアイデアで、「みんなでEdTechに関心をもって、授業にどう活用できるかを考えてもらいたい」という思いの現れです。
 これから、先生方からどのような形の授業案が出てくるのかを楽しみにしていきたいと思います。「こういう活用をしておけばOK!」という正解があるわけではなく、それぞれの学校や学年によって、適切な活用があるはずで、それは先生方がいちばんご存知のものだと思っています。先生方が良い授業を実践できるように、精一杯サポートをさせていただこうと思っています。

(為田)

【イベント情報】192Cafe 公開イベント#2 私立小が描く未来の教室 ~多様性の交差点~(2019年5月18日)

 2019年5月18日(土)に、192Cafe 公開イベント#2 「私立小が描く未来の教室 ~多様性の交差点~」を、日本女子大学附属豊明小学校にて開催します。
f:id:ict_in_education:20190406065949j:plain

 10連休明けのスケジュールにもかかわらず、多くの方にお申し込みをいただいております、本当にありがとうございます。しかし、10日もお休みがあると、いろいろと本を読んだりとか、年間の見通しを考えたりとか、新しいことを始めたい!というモチベーションが上がってきませんか?そんなみなさんと一緒に、「私立小学校が描く未来の教室」について考え合えるイベントにしたいと思っております。あらためまして、アジェンダを再掲載します。

12:00-
 受付 [小学校正面昇降口]


13:00-13:15
 Opening
  森村学園初等部 榎本 昇 教諭
  宝仙学園小学校 加藤 朋生 教諭


13:20-14:10
 Keynote Speech
  私学に期待する 未来の教室
  -Learning Innovation
  経済産業省 商務・サービスグループ
  教育産業室長 浅野 大介 氏


14:30-15:30
 Future Session
 ファシリテーター 成城学園初等学校 秋山 貴俊 教諭
 *Keynote Speechを受けて、関心のあるテーマについて深く、
  創造的に考えるアンカンファレンス型のセッションです。


15:40-16:40
 パネルディスカッション「私立小が描く未来の教室」


 パネリスト
  加藤学園暁秀初等学校 中原 悟 教諭
  関西大学初等部 堀 力斗 教諭
  敬愛小学校 龍 達也 副校長
  さとえ学園小学校 山中 昭岳 教諭


 モデレーター
  フューチャーインスティテュート(株) 為田 裕行


16:45-17:00
 Close
  日本女子大学附属豊明小学校 田中 栄太郎 教諭
 *Close後 情報交換会 [参加者交流 名刺交換]


18:00-
 懇親会 192 Bar. [事前申し込み制]
 *参加者に後日申し込み方法をご連絡します

 ふと気づけばあと2週間です。パネルディスカッションのモデレーターをするのが非常に楽しみです。先生方と準備のやりとりも連休明けから再開していきたいと思っています!

◆ ◆ ◆

 参加いただいた皆様に少しでも何かを還元できる、そんなイベントにしたいと思っています。よろしければぜひ、ご参加ください。チケットは、Peatixからどうぞ。
ptix.at

授業で使えるかも?:セサミストリート「Spanish Me, English Me Song」

 セサミストリートYouTubeで見られる、「Spanish Me, English Me Song」がとても好きです。「スペイン語を話す僕も、英語を話す僕も、両方あって完全な僕なんだ」という歌詞が本当に素敵だな、と。楽しくみんなで歌いながら、歌詞のメッセージについてみんなで考えて、「○○ Me, △△Me」というオリジナル歌詞を考えたりする授業があったらおもしろいかもしれないな、と思いました。
www.youtube.com

◆ ◆ ◆

 先日、戸田市立新曽小学校で、2019年度初のセサミストリート・カリキュラムの授業をしました。戸田市でのセサミストリート・カリキュラムの実践も3年目。多くの先生方が4月に異動されましたが、それもまた広がっていく契機になるかと思っています。
f:id:ict_in_education:20190505180511j:plain

 そういえば、新曽小学校で黒板に貼ってあった「セサミストリート」のマグネットが、「セサミス」「トリート」で切れていて、子どもたちがそれに気づいて、「セサミス」「トリート」と言うので、「セサ?」と言うと「ミストリート」と返してくれました。「セサミスト?」「リート」、「セ?」「サミストリート」と言い合って遊びました。
 こういうのって、本当に子どもたちはルールをぱっと分かってのっかってきておもしろいな、と。ちなみに、元ネタは、M-1で見たジャルジャルのネタ「国名分けっこ」でした。
www.youtube.com

(為田)

京都教育大学附属桃山小学校 授業レポート まとめ(2019年2月6日)

 2019年2月6日に、京都教育大学附属桃山小学校を訪問し、授業を見学させていただきました。
f:id:ict_in_education:20190404105404j:plain

 No.1とNo.2では、5年生の朝の時間とメディア・コミュニケーション科の授業をレポートしました。
blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

 No.3とNo.4では、3年生の社会の授業と算数の授業をレポートしました。
blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

 No.5とNo.6では、6年生の国語と社会の授業をレポートしました。
blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

 そしてNo.7では、為田がゲストティーチャーとして参加させていただいた授業をレポートしました。
blog.ict-in-education.jp

 よろしければ、ぜひお読みいいただければと思います。

(為田)

書籍ご紹介:『日本進化論』

 落合陽一『日本進化論』を読みました。ちょっと前に買って、ずっと積読だったのですが、Twitterのタイムラインで「平成最後の読書、令和最初の読書に最適」と書かれていたのを見かけて、そうだそうだと読み始めました。

日本進化論 (SB新書)

日本進化論 (SB新書)

 読みながらTwitterにて書き出していた部分をまとめておきたいと思います。まずは冒頭の小泉進次郎さんと落合陽一さんとの対談からです。

テクノロジーを社会に実装していく

 このテクノロジーが社会を実装していく、そのための法律を走りながら考える土壌を作る、というところは賛成です。テクノロジーが完全に普及してから法制化などを進めても、できたころには次のテクノロジーに移っていっている可能性もあるので、最悪なことが起こらないようにしながら、それによってどういうメリットがあるのかをきちんと伝えながら、どんどん進めていくようにするしかないと思っています。

 こうした議論を背景として、プログラミング教育について考えてみると、おそらくこれから学校で行われていくだろうプログラミング教育は全然満足いくレベルにまでいかないように思います。
 「テクノロジーは、われわれに何をもたらすか」というディスカッション、ちょっとやってみたいな。小学校1年生から6年生までなら、すぐにやってみられる学校があるので、高学年から少しずつ落としてやっていこうかと思いました。

テクノロジーによって「省人化」と「自動化」を進める

 「標準化」によって社会が回されているときには、大量生産大量消費がいいわけですが、もうそうではなく、多様性を前提にしていくために「パラメータ化」をしていく必要がある、という社会の変化についての説明はわかりやすかったです。

 その話の流れで、働き方も変わっていくことが説明されます。

テクノロジーは「身体能力を拡張する」

 「テクノロジーは、身体能力を拡張する、個人間の能力差を縮める、人の能力の差異を補う」という説明と、「メガネがそうだ」という説明、好きで学校の研修などでもよく使っています。もちろん、メガネとテクノロジー(学校でいうとICT環境・機器)は単価もまったく違うので、簡単に比較できるようなものではないかもしれませんが、それでも、「ICT/デジタルは、子どもたちの身体能力の拡張するものであり、それを教えないでいいのですか?」という観点から考えると、教えるべきことはだいぶ変わってくるのではないかと思っています。

これからの教育について

 これからの教育に求められることについても書かれています。そのなかで、自分で学ぶべきことを設定し、その解決を考えるというスタイルが提唱されています。

 「すべてをPh.D型の教育に変えよう」というのではなく、少しずつ変えていくべきだ、というところはすごく共感です。0か100かでなく、段階的に変えていくことが大切だと思いますし、それぞれの学校によって、どのくらいの段階がいいのかは変わってくると思っています。

テクノロジーを猟銃に、マタギになる

 最後に、マタギドライブ的な世界観というのが提唱されています。マタギは、猟をする人たちですね。

 テクノロジーは猟銃になるのだとすると、猟銃の扱い方、猟銃の撃ち方を教えずに、子どもたちを社会に送り出すのはやはりダメではないかと思うのでした。

 読みやすいですが、テクノロジーがどのように社会を変えていくのかということを考えるのに良い一冊だと思いました。授業の中に、もっともっと「テクノロジーが子どもたちに何をもたらすのか」ということを入れていかないといけない、と思いました。

(為田)

ゲーム学習・シリアスゲーム研究者 藤本徹先生(東京大学 大学総合教育研究センター)のオンラインコース「教育のゲーミフィケーション」受講者募集のお知らせ

 為田がフェローとして参加しています、Ludix Labのリーダー、ゲーム学習・シリアスゲームの研究者 藤本徹先生(東京大学 大学総合教育研究センター)のブログで、オンラインコース「教育のゲーミフィケーション」受講者募集のお知らせがされています。
f:id:ict_in_education:20190430083303p:plain

 コースの概要を、藤本先生のブログから転載いたします。

このコースでは、教育にゲーミフィケーションを取り入れるためのゲームデザインの概要や事例を学び、ゲームを教育に取り入れる方法や、実際にゲーム教材やゲーム要素を取り入れた学習活動の計画を立てるための基本的な知識を身に付けることができます。

毎回の講義ビデオの視聴と、教育現場のさまざまな問題状況でゲーミフィケーションデザインのクエスト課題に取り組む内容で、実践的な知識を学べるように構成しています。修了基準をクリアした方へコース修了証を発行します。

あまり勉強っぽくなく楽しんで学べるように、通常のMOOCとは異なる仕掛けを用意しました。このテーマに関心のある方は経験の有無に関わらず、どなたでも無料で受講できます。

 受講料は無料、標準的な学習時間として週2-3時間想定だそうです。そして、学べる内容は、以下のようなもの。これは受講してみなければ…と思います。また、配信はMOOCプラットフォームのedX edge(エデックス・エッジ)で行われるとのことで、MOOCを実際に体験してみることができるのも利点の一つだと思います。

 Ludix Labのメンバーがそれぞれ忙しくなってしまって、ソロ活動が多いのですが、いつも藤本先生の話はたくさんの学びをくれるので、受講してみようと思っています。
anotherway.jp

ゲームと教育・学習 (教育工学選書II)

ゲームと教育・学習 (教育工学選書II)

幸せな未来は「ゲーム」が創る

幸せな未来は「ゲーム」が創る

シリアスゲーム―教育・社会に役立つデジタルゲーム

シリアスゲーム―教育・社会に役立つデジタルゲーム

テレビゲーム教育論―ママ!ジャマしないでよ勉強してるんだから

テレビゲーム教育論―ママ!ジャマしないでよ勉強してるんだから


(為田)