教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするために、現場目線での情報発信をしていきたいと思います。

福生市立福生第七小学校 校内研究授業 レポート No.2(2019年6月12日)

 2019年6月12日に福生市福生第七小学校にて行われた、校内研究授業を見学させていただきました。4年生の算数の基礎クラス(岩下夏美 先生が担当)と発展クラス(吉成亮 先生が担当)の2つのクラスを見学したあと、研究協議会に出席させていただきました。

 公開していた授業を参観しているときに、先生方にはワークシートを配布してあったので、そのワークシートをiPadで撮影して、スクールタクトを使って参加者全員で共有しながら、佐藤正明 校長先生のファシリテートで研究協議会は進んでいきました。
f:id:ict_in_education:20190701125739j:plain

 研究協議会のなかで、先生方から出たフィードバックとしては、以下のようなものがありました。

  • 写真から平行を探すところはできていた。
  • 図を自分で書けている子はいなかった。が、ヒント動画があったことで、自分で進んで書くということができていたので、効果はあったと思う。一人で授業をしていたら、一人ひとりに対応して時間が終わっていたと思われる。
  • ヒントを4段階に区切って出したのはよかったと思った。ただ、形だけ真似をして作図をしている児童も多かった。
  • タブレットを使う必要があったのか?

 これらは、先生方から出た本当に本質的なコメントだったと思います。「ICTを使っていたからよかった」という話ではなく、実際に子どもたちがめあてを身につけることができていたのか、教える側のねらいは達成できていたのか、ということについて考えているからです。

 僕は、こうした研究協議会に参加させていただくときには、「ICTを使うことによって可能になる授業のやり方・枠組み」と、「指導のめあての達成・教え方・教材など授業の内容」を分けて考えるようにしています。
 今回の授業で言えば、「ヒントの動画をいつでも好きなときに見られるようになった」のがICTによって実現できたこと=ICTによって変わる授業のやり方・枠組みの問題です。一方で、「動画を一人ずつが自分で見てもらうという方法が、めあてを達成することの助けになったか」、「動画の内容は適切だったか」、というのは授業の内容の問題です。

 今回の研究授業は、個別最適化がテーマでしたが、「個別最適化した授業だから動画を一人で見なければいけない」として、算数の授業の質が下がるというのは本末転倒です。平行な直線のひき方の説明は、みんなで聴いたほうがわかりやすいところもあり、そこから先を個別最適化する、ということもありだと思います。どこまでを一斉授業でやるのか、どこから先を個別最適化するのか、ということを、子どもたちの状況に合わせて先生方が考えることが、いちばん子どもたちのためになると思います。

 今回、まだ年度が始まってすぐで、スクールタクトの操作に慣れていなかったという面もあると思っています。でも、操作に慣れていないからやめよう、ということではなく、ICTを使うことによって可能になる授業のやり方・枠組みが、何を先生方にもたらすのかということこそが問題であり、そのために最初ある程度の時間がかかってしまうのは仕方がないと僕は思っています。
 だからこそ、決まった教科でだけICTを使うのではなく、いろいろな教科で使ってほしいと思います。そうすることで、共通に使える汎用的なスキルとして子どもたちはICTに慣れていき、いろいろなところで使えるようになります。最初にある程度の時間をICTへの慣れに割くことで、その先に教科内容、先生の教える内容がわかりやすくなるように助けてくれるものだと思います。
 学校の教室だと、だいたい次に来るのは、キー入力が時間がかかるから書かせられない、という問題ですが、これもどうしてもタイピングができないなら(1)ノートで書いて、(2)撮影してスクールタクトで提出して、(3)「誰のノートがいちばんまとまってるかな?いいと思うノートに「いいね」をつけてみよう。」と誘い、(4)「○○さんがいちばんいいね。ちょっと発表してくれる?」というような授業の進め方もできます。スクールタクトがもたらす、ノートを一瞬でみんなに共有し、いままでよりもたくさんの成果物を子どもも含めてクラス内で見せ合うことができるという利点を、より授業がわかりやすくなるために授業の中にどう組み込むのか、ということだと思います。

 今回の研究テーマのなかにもある、「個別最適化」にあまり縛られすぎるとよくないと僕は思っています。個別最適化の行き着く先で、一人ひとりが自分で学んでいるけど、本当に困っている児童が援助要請ができなくて困ってしまっている教室もあります。
 テクノロジーの進歩によって、一人ひとりにあった形で学べるようにようやくなってきましたが、それは一斉授業をやめようということではありません。肝心なのは「学習者がどう変容していくか」ということなので、今後も福生第七小学校の授業が変わっていくのをお手伝いしたいと思います。

(為田)

教材で使えるかも?:YouTubeチャンネル「jstsciencechannel」の再生リスト「THE MAKING」

 YouTubeチャンネル「jstsciencechannel」のなかの、「THE MAKING」という再生リストが非常におもしろいです。さまざまなものを作っているところを動画で見ることができます(再生リストは、「THE MAKING ~150」と「THE MAKING (151)~(317)に分かれています)。
f:id:ict_in_education:20190704003715p:plain

www.youtube.com

 映像は少し古かったりもしますが、とにかくいろいろなものが見られておもしろいです。「THE MAKING (171)えのぐができるまで」とか、「THE MAKING (175)黒板とチョークができるまで」とか、「THE MAKING (187)砂糖ができるまで」とか、「THE MAKING (190)木琴ができるまで」とか、子どもたちの日常生活でよく見られるものを見てみるのはいいかもしれません。

 それぞれの動画、14分と少し長いですが、それだけのクオリティがあるように思います。工業についての説明のところで使ったりすることもできるかと思います。

(為田)

福生市立福生第七小学校 校内研究授業 レポート No.1(2019年6月12日)

 2019年6月12日に福生市福生第七小学校にて行われた、校内研究授業を見学させていただきました。4年生の算数の基礎クラス(岩下夏美 先生が担当)と発展クラス(吉成亮 先生が担当)の2つのクラスで、「垂直・平行と四角形」の授業を見学させていただきました。
 福生第七小学校の2019年度の校内研究の主題は、「EdTech(教育×IT)を活用して、21世紀を生き抜く確かな学力を育む」となっています(参考:福生市立福生第七小学校 校内研究会 レポート(2019年4月24日) - 教育ICTリサーチ ブログ)。
 今回の研究授業では、一人1台のiPadでスクールタクトを使って、身のまわりの平行を探して興味を喚起し、2枚の三角定規を使って平行な直線をひく方法を考えてもらうというものでした。この過程で、動画を使って平行な直線をひく方法についてのヒントを、一人ひとりの理解度に合わせて参照してもらいました。

 授業の最初に、前時にiPadを持って学校内で探して撮影してきた平行をみんなでスクールタクトで見てみました。最終的に、モニターに表示した写真を示しながら、どこに平行があるかを子どもたちに発表してもらいました。「教室の配膳台の下のパイプが平行!」とか「階段のところは段も平行だし、手すりも斜めに平行だし…」と、子どもたちは日常の中からさまざまな平行を見つけることができていました。
 スクールタクトでは、写真の上に、線をひくこともできるので、直線をひくことでよりわかりやすくなります。
f:id:ict_in_education:20190701125128j:plain

 続いて、スクールタクトで課題を子どもたちに提示しました。今回の課題は、「2まいの三角じょうぎを使って、点Aを通り(ア)の直線に平行な直線をひきましょう」。スクールタクトに表示されているのと同じ問題が印刷されているプリントが配られます。岩下先生は、黒板に要点をまとめて説明をしてから、「2つの方法があるので、みんな三角定規を使ってやってみましょう」と言います。
f:id:ict_in_education:20190701125159j:plain

 岩下先生は、「黒板もヒントになるけど、スクールタクトの中にもヒントがあるよ」と言います。スクールタクトで先生が用意した教材のコメント欄に、ヒントの動画が埋め込まれています。これで、一人ひとりが、自分の理解度に合わせて、手元でいつでもヒントの動画を見ることができるようになります。
 これらの道具は、指導案のなかで、研究主題に迫るための指導の工夫として「学びの個別最適化を図る(個に応じた学び)」として書かれていたものです。
f:id:ict_in_education:20190701125224j:plain

 今回の単元で、平行な直線のひき方は2つ紹介されますが、それぞれに、4つのヒントがあります。4つのヒントは短い動画で、少しずつ段階的に平行な直線のひき方が説明されていますので、順に見ていくことができます。
 一人で平行な直線をひくことができる子は、答え合わせのためにヒントを見ることもできます。できた子が「先生、これでいいの?」と挙手をして先生に確認してもらうのを待つことなく学習を進めることができます。
f:id:ict_in_education:20190701125245j:plain

 途中、「もし、わからない人がいたら、先生と一緒に考えてみよう」と、岩下先生は声をかけていました。これで、動画のヒントなしで平行な直線をひく子、動画のヒントを見ながら平行な直線をひく子、先生から説明をしてもらいながら平行な直線をひく子、それぞれの理解度に合わせて学習の方法が教室に用意されることになりました。


 ここで、発展クラスの吉成先生の教室へ移動してみました。発展クラスで吉成先生はヒント動画を再生させながら、全員に向けて解説をしていました。ポイントとなるところや、間違えそうな点などを、先生が全体に解説することで、「あ、そういうことを言いたい動画なのか」というのを子どもにわかってもらうことができていたと思います。
 前段階にこうした解説があることで、「あれ、ここどうだっけ?」ともう一度自分で動画を見るときに、振り返るべき知識をつけることができます。
f:id:ict_in_education:20190701125310j:plain

 あるいは、このポイントを、子どもたち自身に書いてもらってもいいかもしれません。動画編集が大変であれば、三角定規を使って平行な直線をひく方法を段階ごとに写真で撮影して、その段階ごとに、スクールタクトで1ページずつ写真を挿入し、説明を入力してもらったり、鉛筆でメモしてもらって、それを他者と共有するという活動にすることも可能だと思います。
 そうしてクラスみんなが作成した説明を見合って、わかりやすい説明には「いいね」をつけるという課題を設定することで、「他の人にわかりやすく説明する」ということを通常の授業で2~3人の人しか発表できなかったものを、クラス全員ができるようになります。こうした授業は、スクールタクトのような授業支援システムによって可能になることだと思いました。

 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

授業で使えるかも?:「KIMONO」の商標登録に関して京都市長名での文書(日本語と英語で)

 アメリカのリアリティ番組でのスターであるキム・カーダシアンさんが矯正下着ブランドに『KIMONO(キモノ)』と名付けた問題で、京都市は6月28日、カーダシアンさんが関わるアパレル会社にブランド名の再考を求める文書を送付したそうです*1
f:id:ict_in_education:20190702060134p:plain

 京都市のサイトに掲載されているのは、日本語と英語の文書です。日本語と英語と両方、趣旨は同じなのですが、論理の構造が違っているのがわかりやすくて非常におもしろいと思いました。日本語の文書を読んでから、英語をの文書を読むと、冒頭に「商標の利用を再考してください」という文章が来ていることがわかります。
f:id:ict_in_education:20190702060727p:plain

f:id:ict_in_education:20190702060759p:plain

 Google翻訳を使って翻訳をしてみました。しかし、文章ごとには翻訳されますが、論理に沿って段落の順番が変わる、というところまではいきませんでした。
 ただ文章を訳すのではなく、論理構造の違いを理解するということも英語の学習には重要なのではないかな、と思いました。
f:id:ict_in_education:20190702061458p:plain

translate.google.com

Google 翻訳

Google 翻訳

  • Google LLC
  • 辞書/辞典/その他
  • 無料

 タイムリーなトピックの日本語と英語を並べて読むことは、社会と接続した形で英語を読むことができ、さらにここからディスカッションなどにも広げていけそうだと感じました。

(為田)

*1:その後、カーダシアンさんはブランド名を変更することを発表(2019年7月2日現在)

授業で使えるかも?:クラシック音楽のデータベース化「ピティナ ピアノ曲事典」「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」

 2019年6月29日付の日経新聞に、「クラシック演奏 事典に 研究・教育へデータベース化」という記事が掲載されていました。そのなかで、2つのサイトが紹介されていましたので、音楽の授業で活用することができるのではないかと思い、実際にアクセスしてみました。

ピティナ ピアノ曲事典

 ピティナとは、全日本ピアノ指導者協会で、ピティナピアノ曲事典は、約70,000項目を収録し、そのうち約10,000曲が動画・音源つきだということです。ネット最大級のピアノ・鍵盤音楽データベースです。
enc.piano.or.jp

 楽曲検索が簡単にできるようになっているだけでなく、作曲家・演奏家・執筆者から人名検索することもできます。人物データベースとしても活用することができます。
f:id:ict_in_education:20190629055423p:plain

 また、作品についても、見やすく収録されています。クラシック音楽というと、「ピアノ協奏曲 第○番」というのが細かく分かれている印象ですが(すみません…)、見やすく一覧表示されて、それぞれについて解説や動画などへリンクが貼られているのは非常にいいと思いました。
f:id:ict_in_education:20190629055458p:plain

 10,000曲を超える動画や音源は、公開録音で収録しているそうです。聴衆が1円以上払えば公演を聴ける投げ銭制にしていて、これが最後の運営資金を集めることにもなっているし、演奏機会を求める奏者にもメリットがあるということで、素晴らしい試みだと思いました。

ナクソス・ミュージック・ライブラリー

 香港で1987年に設立されたクラシック専門レーベル、NAXOSナクソス)が運営している、ナクソス・ミュージック・ライブラリーは、12万タイトルを超える音源を試聴すると共に、解説データの閲覧ができるそうです。
ml.naxos.jp

 月額1850円で全曲聴き放題の定額音楽配信サービスですが、冒頭30秒は試聴することができます。さまざまな切り口で特設ページを設けてあるのもいいと思いました。「CMで使われている」「映画で使われている」など、興味を持ちやすいようになっています。「のだめカンタービレ」コミック登場曲コンプリート、などは、僕にとっては非常に有益です…(笑)
f:id:ict_in_education:20190629060320p:plain

 教育・研究目的の法人利用も増えてきているそうで、さいたま市の全図書館で利用可能になっているそうです。どんなふうに使われているのか、音楽に限らず、定額配信サービスが、公共図書館でどのように利用されているのかを見てみたいな、と思いました。

まとめ

 YouTubeなどの動画配信サービスの充実、スマホの普及、ストリーミング配信の普及で、こうしたサービスがどんどん出てきているのはいいことだと思います。また、デジタルになると検索が簡単になると共に、リンクをたどってどんどん聴く音楽を広げていくことができるようになるので、音楽の授業をきっかけに図書館で無料配信サービスを聴き、世界を広げていくことが可能になるかもしれません。

(為田)

小金井市立前原小学校 授業レポート No.5(2019年5月24日)

 2019年5月24日に、小金井市立前原小学校を訪問し、蓑手章吾先生が担任されている5年1組の授業を見学させていただきました。今回は、教室で使われていたChromebookについて紹介したいと思います。前原小学校の5年1組の教室で使っていたのは、acer Chromebook C738T-A14Nでした。一人1台使うので、子どもの名前のシールが貼ってあって、自分の端末となっています。

 完全に自分持ちの端末で、ラックもありますが、使っていないときにはラックに入れなくてはいけない、というのではなくて、電源の残量も含めて、自分で管理をすることになっているそうです。教室全体としてロックがかけられるようになっていて、外には勝手に持ち出さないようになっているそうです。ラックの上に3つも4つもChromebookが重ねて置かれていたりするのは、Chromebookが特別なものとしてではなく、文具として子どもたちに扱われている証拠と言えるのではないかな、と思いました。
f:id:ict_in_education:20190630090520j:plain:w400

 朝、子どもたちが投稿してくる前の教室の机の上に、Chromebookが置きっぱなしの子もいました。
f:id:ict_in_education:20190630090548j:plain

 手元にいつもChromebookがあることで、授業中に動画サイトを見ていたりする子どももいます。そうしたときには、蓑手先生は、「PC(Chromebook)閉じておいて」とだけ言っていました。普通の授業中に、他のことをやっているときにする注意と同じです。例えば、別の本を読んでいたら、「今はその本を読む時間ではないよ」と注意をする先生は多いと思います。それが動画サイトになっているだけのことなのだと思いました。
 動画サイトを見る子が出るから、といってそもそも動画サイトが見られないようにしたり、ICTを自由に使わせない、という学校も多いですが、蓑手先生のこの対応は個人的にはとても好きだな、と思いました。

 これくらい自由に使わせないと、利用する頻度が上がっていかないし、頻度が上がらなければスキル(タイピングや検索など)も上がっていかないので、ぐっと我慢をして使わせて、むしろ動画を見ているよりもずっとスクールタクトでクラスメイトの意見を読むのが楽しい、とか、そういうふうになるように授業をしているのだろうな、と蓑手先生のポリシーを感じました。

(為田)

「導入事例:熊本市教育ICT 第三弾」

 熊本市の教育ICTの導入が進められています。その様子を紹介している動画が、YouTubeで公開されました。
 以前に紹介した 熊本市、熊本大学、熊本県立大学、NTTドコモが「教育情報化の推進に関する連携協定」を締結(2018年10月22日) - 教育ICTリサーチ ブログ で、「LTEiPad熊本市内の134校の小中学校に、2020年度までに全部で23,460台を導入する」ということでしたが、さっそく市内の小中学校での活用の様子を見ることができます。
f:id:ict_in_education:20190630170732p:plain

 3分40秒の動画なので、ぜひ見てみてください。何よりいいな、と思ったのは、以下のような言葉が出てきたことです。こうした言葉を実感してもらえるようなサポートを学校にしていきたいな、と思いました。

  • 先生達にとって「授業が豊かになる」というのが一番かな、と思います。今までやってきた自分の技術がありますけど、それにプラスしていろいろなことができるようになる。(先生)
  • 先生方が「自由な授業をするようになった」と思います。(生徒)

www.youtube.com

 熊本市のこれからに本当に期待しています。

(為田)