教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするために、現場目線での情報発信をしていきたいと思います。

【イベント情報】近未来の学校教育体験セミナー「アダプティブ・ラーニングは算数/数学の教え方をどう変えるのか?」(2019年8月24日)

 2019年8月24日に、仙台のNTTドコモ東北支社にて、近未来の学校教育体験セミナー「アダプティブ・ラーニングは算数/数学の教え方をどう変えるのか?」を開催します。
 この「近未来の学校教育体験セミナー」は、会社の枠を超えて有志で、「これからの社会を支える子どもたちが学ぶ場である学校は、どんなふうに変わっていけるのかを体験していただけるようなセミナーを目指して、年に数回のペースで実施しています。今回は、算数/数学教育に絞って、EdTechが教え方をどんなふうに変えるのかを考えてみたいと思っています。
 文部科学省「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」のなかでも書かれている、「個別最適化」を実現するサービスを体験してもらいたいと思います。
 一人ひとりに問題を出し分け、自動出題・自動採点するアダプティブ・ラーニングは、テクノロジーの発達によって大きく進化し、学校での導入が進んでいます。アダプティブ・ラーニングを謳ったサービスはいくつかありますが、それぞれに特長があります。
 そこで、複数のアダプティブ・ラーニング教材を実際に利用していただくとともに、「どのような仕組みで問題を出し分けているのか」また「その仕組みで授業をどのように変えていくことができるのか」について、開発企業と参加者の皆さんで考えてみたいと思います。

 今回、参加者の皆さんに体験していただくのは、「やるKey」、「Qubena」、「Libry」の3つのアダプティブ・ラーニングのサービスです。この3つのサービスは、それぞれに強みがあるサービスだと思います。
f:id:ict_in_education:20190801185506j:plain

 「やるKey」、「Qubena」、「Libry」は、このブログでも何度か取り上げていますので、興味がある方は、参考にレポートを読んでいただいてもいいかと思います。

 凸版印刷の「やるKey」は、昨年度の経済産業省の「未来の教室」実証事業で、静岡県袋井市立三川小学校での授業実践を手伝っていましたので、そのときの公開授業レポートのまとめなど、お読みいただければと思います。子どもたちがどんなふうに算数を学んでいるのか、先生方がどんな工夫をされていたのか、などをお読みいただけると思います。
blog.ict-in-education.jp

 COMPASSの「Qubena」は、5月に「Qubenaで授業がどう変わったか?」というセミナーに参加したレポートを書きましたので、こちらもどうぞ。Qubenaも昨年度の経済産業省の「未来の教室」実証事業のなかで、千代田区麹町中学校での実践が、メディアなどでも広く取り上げられています。
blog.ict-in-education.jp

 「Libry」は、2019年3月にそれまでの「ATLS(アトラス)」というサービス名から、Libryに変わりました。CEOの後藤さんとは、アダプティブに問題を出すときの出題ロジックについて、何度も何度もディスカッションをする機会があり、とても可能性のあるサービスだと思っています。後藤さんへのインタビューをまとめた記事を、旧サービス名の「ATLS」の部分を、「Libry」と変換しながらお読みいいただければと思います。
blog.ict-in-education.jp


 当日のタイムテーブルは以下のようになっております。NTTドコモさんのタブレットで、それぞれのサービスを体験していただけます。特に「算数/数学」に絞って、それぞれのサービスを体験していただき、それに先生方の知見を合わせることによって、授業をより良いものとする機会になればと思っています。

■タイムテーブル(予定)
13:00-13:20
 はじめに
13:20-14:00
 模擬授業&仕組み説明(凸版印刷「やるKey」)
 https://www.yarukey.jp/

14:00-14:40
 模擬授業&仕組み説明(COMPASS「Qubena」)
 https://qubena.com/

14:40-14:50
 休憩
14:50-15:30
 模擬授業&仕組み説明(Libry「Libry」)
 https://libry.jp/

15:30-16:30
 リフレクション:
 「アダプティブ・ラーニングは算数/数学の教え方をどう変えるのか?」

 EdTechに興味のある方、算数/数学教育に興味のある方、ぜひ参加をご検討いただければと思います。チケットはPeatixからご購入いただければと思います。

ptix.at

(為田)

【イベント情報】『地域のICT教育力をいかに高めていくか ~小中高世代のプログラミング・デザイン教育への対応~ 』(2019年8月28日)

 2019年8月28日に大阪・梅田で開催される、eラーニングを活用した教育活性化サービス「デジタルハリウッドアカデミー」のセミナー『地域のICT教育力をいかに高めていくか~小中高世代のプログラミング・デザイン教育への対応~』に、講師として登壇させていただきます。

 小中高世代向けに、地域でICT教育サービスを提供している、または提供していきたい企業・私塾を対象に、小中高世代向けのICT教育において、公教育の現況から地域の教育力向上が必須である理由とその対応例をお伝えしたいと思っています。

 eラーニングを活用したプログラミング教育には、実は非常に期待をしています。プログラミング教育は、公教育でうまくいき、子どもたちがのめり込むほどに、「より高度な」ことをやりたくなっていくはずです。そのときに、すべてを学校の中で対応することはなかなか難しいと思っています。
 デジタルハリウッドアカデミーをはじめ、外部事業者が公教育の現場を助ける仕組みができればいいな、と考えています。

 ご興味のある方は、ぜひご参加いただければと思います。よろしくお願いします。

prtimes.jp

(為田)

『クリエイティブ・ラーニング 創造社会の学びと教育』 ひとり読書会 No.4「第1章 これからの時代に求められる教育 鈴木寛×井庭崇」

 井庭崇『クリエイティブ・ラーニング 創造社会の学びと教育』をじっくり読んで、Twitterハッシュタグ#クリエイティブ・ラーニング 」を使って、ひとり読書会を実施したのをまとめておこうと思います。

クリエイティブ・ラーニング:創造社会の学びと教育 (リアリティ・プラス)

クリエイティブ・ラーニング:創造社会の学びと教育 (リアリティ・プラス)

 今回は、「第1章 これからの時代に求められる教育 鈴木寛 × 井庭崇」のところからメモをまとめます。
 鈴木寛先生は、通産省から参議院議員となり、文部科学副大臣も務め、教育、医療、スポーツ・文化、科学技術イノベーション、IT政策を中心に活動しています。2015年2月から2018年まで文部科学大臣補佐官を5期務め、さまざまな教育政策に関わって来られました。

 対談は、まずは井庭先生から、これからの社会像がどのようなものになるのかという考察からスタートします。

 続いて、鈴木先生からのこれからの社会についての考察です。

 「卒近代」という言葉は非常におもしろいと思いました。近代をリスペクトしつつ卒業する。僕は、公教育をどう変えるのかということを考えると、一気にドラスティックに変えていくというのは難しいのではないかと思っていて、リスペクトをもってうまくいっているところは残し、さらに選択肢を多様にする、ということが重要だと思っています。

 では、子どもたちにはどんな学びが必要なのでしょうか。近代の教育システムの中ではあまり取り入れられてこなかったこととして、シーモア・パパートの「デバッグ」のプロセスについて言及されています。

 これからの社会は複雑生、不確実性が増していくので、どのような子どもを育てる必要があるのか、ということについて2人で語られています。

 最後の井庭先生の、「複雑性の海に溺れることなく、安全性を確保した状態で、複雑性に向き合うことができる場であるべき」という言葉は、本当にそのとおりだと思います。複雑であることを画一的にしてしまうことは意味がないし、学校という場だからこそ、先生が見てくれているからこその安全性を確保することが学校の役割だと思っています。
 子ども自身が複雑性に対処できる力をつける教育、本当に必要だと思っています。

 No.5に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

小金井市立前原小学校 授業レポート まとめ(2019年5月24日)

 2019年5月24日に、小金井市立前原小学校を訪問し、蓑手章吾先生が担任されている5年1組の授業を見学させていただきました。朝の時間、プログラミング、算数、社会の授業をレポートしました。5年1組では、Chromebookを一人1台ずつ持って、授業で活用しています。蓑手先生がどのように授業の中に取り入れているのか、子どもたちがどのように使っているのか、いろいろな事例を紹介できたのではないかと思っています。
f:id:ict_in_education:20190630085606j:plain

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

 ぜひ、まとめてどうぞ。

(為田)

『クリエイティブ・ラーニング 創造社会の学びと教育』 ひとり読書会 No.3「付録 構成主義の学びと創造―クリエイティブ・ラーニング入門」

 井庭崇『クリエイティブ・ラーニング 創造社会の学びと教育』をじっくり読んで、Twitterハッシュタグ#クリエイティブ・ラーニング 」を使って、ひとり読書会を実施したのをまとめておこうと思います。

クリエイティブ・ラーニング:創造社会の学びと教育 (リアリティ・プラス)

クリエイティブ・ラーニング:創造社会の学びと教育 (リアリティ・プラス)

 今回は、序章「構成主義の学びと創造」のなかから「創造実践を支援するパターン・ランゲージ」の部分のメモをまとめました。
 教師がジェネレーターとしての役割を求められるようになっていくこれからの時代に、強力な支援ツールとして「パターン・ランゲージ」を紹介しています。

 こうして経験則を指し示す言葉が与えられることは、とてもいいことだと思います。上手な教え方をする先生は、この能力が高いことが多いような気がします。

 付録で、パターン・ランゲージがたくさん掲載されていますので、こういうことか…とわかりやすいと思います。

 No.4に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

「Vision16 Go To The Future!! 〜未来への扉をひらこう!!〜」イベントレポート No.5(2019年7月14日)

 2019年7月14日にびわ文化学習センター リュートプラザで開催された、長浜青年会議所主催のイベント「Vision16 Go To The Future!! 〜未来への扉をひらこう!!〜」に参加しました。
 このイベントでは、EdTechを体験できるようにワークショップが開催されていました。午後のパネルディスカッションの後で行われた、COMPASSのQubenaのワークショップをレポートします。

 COMPASSのCEO神野元基さん自らがファシリテーターとなって、中学生たちが数学の問題にチャレンジしました。神野さんは自分で学習塾をやっていて、「これではいけない」と思ってQubenaを開発されたのですから、こうして自分で教えられるのは当然です。
f:id:ict_in_education:20190720074725j:plain

 「未来の教室」実証事業での、千代田区麹町中学校での授業もカフェテリアで、自分たちで好きな席に座って、どんどん学んでいっていました。
 授業を見ていると、一人でどんどんやる子も、相談をする子もいます。相談をする相手も、「できる子」よりも「相談しやすい子」の方を選びたいということもあるでしょうし、そうした自然な教え合いが起きるのはいいと思いました。

 デジタルドリルをやらせると、先生が丸つけや採点をしないので、進捗がわからないのではないかという質問がされることもありますが、先生側では、学習の進捗が見られるようになっています。授業中の生徒の様子の見取りとQubenaのメッセージを合わせて見ながら授業を行うことができます。

 途中、神野さんは、「この教材のいいところは、どんどん失敗していいところ。失敗するほどに、ではこの問題はどう?とQubenaが問題を出してくれます。どんどん失敗して、どんどん恐れずに(次の問題に)立ち向かってください」と言いました。間違えれば間違えるだけ、QubenaのAIがその子のできるところとできないところを学習して、その子に最適化された問題を出題してくれます。この特性を理解して、授業にどんなふうに取り入れていくか、たくさんの学校の先生がQubenaを授業で活用をしているので、これからたくさんの活用事例が出てくるので、楽しみです。

(為田)

授業で使えるかも?:Google Earthで百舌鳥・古市古墳群を見てみるとすごい

 2019年7月6日に百舌鳥・古市古墳群世界遺産登録されました。ちょうど少し前に「ブラタモリ」でも特集されていて、ヤマト王権があった奈良から、堺の町へ繋がる道だったこのあたりには、多くの古墳が作られたというふうに紹介されていました。
www.mozu-furuichi.jp

 実際に、どんな感じなのだろうと思って、Google Earthで「古市古墳群」で検索してみると、「百舌鳥古墳群」と合わせてヒットしました。遠目で見ても、前方後円墳がいくつも確認できます。すごい…。
f:id:ict_in_education:20190720214604p:plain

 授業の導入のところで、この古墳群を見せてみるのもいいのではないかと思いました。「古墳群」という名称に、ものすごく納得させられました。

 百舌鳥古墳群の方をアップで見てみると、古墳が並んでいる様子にびっくりします。これを見せて、「どうしてこんなにここに固まっているのか?」というのを考えたり、それぞれの古墳の名前、作られた時期などを考えてみたりする授業は、おもしろいのではないかな、と思いました。
f:id:ict_in_education:20190720215508p:plain

 Google Earthは、iPadでアプリをインストールして見ることももちろんできますが、PCでもChromeをブラウザとして使っていれば、Chrome上で起動することができます。
f:id:ict_in_education:20190720215408p:plain

(為田)