教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするために、現場目線での情報発信をしていきたいと思います。

「新しい「学び」のPerspectiveセミナー ~ICTを活用した学級経営~」 イベントレポート No.3(2019年6月20日)

 2019年6月20日に、NTTコミュニケーションズ本社で開催された、「新しい「学び」のPerspectiveセミナー ~ICTを活用した学級経営~」に参加してきました。講師として、前・小金井市立前原小学校 校長で、2019年4月から合同会社MAZDA Incredible Labを立ち上げた、松田孝 代表が、自身がされてきた学校経営のなかから、まなびポケットとChromebookを活用した活動についてプレゼンテーションをされました。

 “勉強”とは、「無理にでも(=強)努力して励む」という意味であり、「“勉強”という言葉がいけない。学習指導要領にも、“勉強”という言葉は出てこない」と松田先生は言います。前原小学校では、勉強という言葉は使わず、「学ぶ」という言葉を使っていたそうです。
 個性的な「学び」は磨かれるべきもので、磨きあうためには、一人では学べません。個別で学ぶこと=Adaptiveであることと、協働すること=Active、気付きの機会があること=AssistiveであることをICT環境を整備することで、実現できるようになります。
f:id:ict_in_education:20190803173924j:plain

 松田先生は、「教室を見て“懐かしい”という時代はそろそろ終わる」と言います。ICT環境整備は、新たなステージへと進んでいきます。平成30年6月に閣議決定された「未来投資戦略2018」では、クラウド・バイ・デフォルトが謳われています。
f:id:ict_in_education:20190803174009j:plain

 ICTは先生が教えやすくなるように使うだけのものではなく、「授業改善支援」「基礎定着支援」「生活支援」の3つの支援をICTを通じて行うことができるようになる、そしてこの3つの支援を実現できるのは、現状では、まなびポケットが唯一の存在なのではないか、と松田先生は言います。
f:id:ict_in_education:20190803174051j:plain

 授業改善支援と基礎定着支援については、できるシステムやアプリも多く開発されていますが、生活支援のところをまなびポケットにあるWEBQUを活用することで実現できるからです。
 Q-Uは、早稲田大学の河村茂雄教授が開発された、「楽しい学校生活を送るためのアンケート(Questionnaire-Utilities)」のことで、子どもたちの学校生活における満足度と意欲、さらに学級集団の状態を調べられる調査です。これが、Webで実施できるようになり、結果がすぐに出てくるようになりました。学級集団での問題を見るのに、紙で2週間たって出てくるのを待たなければならなかったのが、即時、見ることができるようになりました。これはWEBQUの良さだ、と松田先生は言います。(参考:前原小学校でのQ-U調査の実施
f:id:ict_in_education:20190803174209j:plain

 前原小学校では、スクールタクトを使って「朝ノート」の活動をしています。毎朝、スクールタクトを起動して、健康状態などを書き込みます。多くの学校では、健康観察として一人ひとりがコメントをしていきますが、こうしてみんなで書き込みをすると時間としても短くすみ、かつクラスメイトが書いた朝ノートにコメントを書くこともできます。子どもたちからは、「普段話さない人と話せた」という感想もあったそうです。デジタルならではの活動だと思います。教室はとても静かです。デジタルでされているコミュニケーションなので、「人との関わりがない」と否定する人もいるそうです。でも、アナログよりも関係性は広がっていますし、教室に入れない子もコミュニケーションに参加することもできます。
f:id:ict_in_education:20190803174252j:plain

 心無いコメントが出たり、SNS的なトラブルになることはないのか?という心配もあるのですが、むしろ「そういうときこそ、学びの場になるじゃないですか」と松田先生は言います。教室という安心できる場で、そうした体験をしてもらえるようにするのも、これからの時代を生きる子どもたちには重要だと思いました。

 No.4に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

「新しい「学び」のPerspectiveセミナー ~ICTを活用した学級経営~」 イベントレポート No.2(2019年6月20日)

 2019年6月20日に、NTTコミュニケーションズ本社で開催された、「新しい「学び」のPerspectiveセミナー ~ICTを活用した学級経営~」に参加してきました。講師として、前・小金井市立前原小学校 校長で、2019年4月から合同会社MAZDA Incredible Labを立ち上げた、松田孝 代表が、自身がされてきた学校経営のなかから、まなびポケットとChromebookを活用した活動についてプレゼンテーションをされました。
f:id:ict_in_education:20190803173154j:plain

小金井市はなぜChromebookを導入するか

 SNSで先生の悲痛な叫びを見かけた。「導入したのに活用がされていない」「起動からログインまで20分かかる。使いたくない」などを松田先生は例として挙げましたが、本当にこうした例はまだまだ日本中にたくさんあるように思います。松田先生の前任校であった、小金井市立前原小学校がモデル校となって、小金井市では、ICT環境を整備していくそうです。
 導入する機器は、Chromebookです。Chromebookの良さとしては、安定性、快適性、低価格などが挙げられていました。
 Chromebookは電源を入れればすぐに起動し、バッテリーも長時間もちます(これは学校では重要です)。Googleの提供するG Suite for Educationを使うことで、さまざまなアプリも無料で利用でき、かつ無制限のストレージも活用できます。Chromebookを動かすChromeOSは、自動アップデートされるので、学校で先生や支援員の方がアップデートをする必要がありません。また、データが端末に保存されるのではなく、すべてクラウド上に保存されるので、データのセキュリティ的にも安全になります。USBで持ち帰って紛失などということもなくなりますし、クラウドを使うことでどこからでもデータにアクセスできるようになるので、働き方改革にも繋がります。
f:id:ict_in_education:20190803173255j:plain

edu.google.com

 小金井市では、今後5年間毎年5000万円の予算で約600台ずつChromebookを導入していくそうです。低価格なChromebookを選ぶことで、導入できる端末数を大きく増やすことができます。一人1台、いつでも使える環境にすることは、学びの形を大きく変えることが前原小学校で実証しているので、台数を増やして子どもたちに使ってもらう、というモデルです。
f:id:ict_in_education:20190803173356j:plain

 松田先生は、校長先生として朝会でICTを使って自作の動画を子どもたちに見せていたそうです。そうすることが、子どもたちへの「ICTを使っていく」というメッセージになりますし、同様に教員へのメッセージにもなるからだそうです。
 松田先生は、「デジタルテクノロジーをど真ん中に置いて学校を変えていく」ということをいいます。教室の机の配置も、Chromebookなどを使いやすいような配置にしていましたし、Google Homeを教室にも置いていたそうです。教えている内容と連動して、例えば動物の鳴き声を出してもらったり、外国籍の子のために同時通訳をしてもらったり、そうした教室での活動に使う場面がたくさんあるようになっていました。

 もうひとつ、Chromebookは普通のノートPCのようにキーボードがついています。小学校であれば、タブレットの方が操作が簡単でいいのではないか、という声もあります。しかし、松田先生は、キーボードの必要性を主張します。ICT活用の大前提として、タイピング能力があるからです。
 文部科学省による情報活用能力調査(2015)においては、小学校5年生のタイピング入力の平均速度が1分間に5.9文字(10秒に1文字)であったことが報告されている。この調査では、半分は1分間に5文字も入力できていませんでした。使っていないからしかたないと言っていられる状態ではありません。
f:id:ict_in_education:20190803173436j:plain

 2024年からCBTが導入されれば、タイピング能力を高めなければなりません。そう考えれば、タイピング能力は、子どもたちのキャリア形成&選択に大きく役立つ武器になります。この点からも、キーボードがついている機器を配備する必要がある、と松田先生は言います。
f:id:ict_in_education:20190803173518j:plain

 No.3に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

やってみた:『Dr.Stone』サバイバル科学テスト

 こないだ、電車のなかで『Dr.Stone』というマンガの広告を見ました。そこには、以下のような問題が書かれていました。

農業がない時代に野生の植物でラーメンを作る場合、麺の材料として最も適切なものは次の内どれか?なお、小麦は野生していないものとする。

 この『Dr.Stone』というマンガ、「一瞬にして世界中すべての人間が石と化す、謎の現象に巻き込まれた高校生の大樹。数千年後――。目覚めた大樹とその友・千空はゼロから文明を作ることを決意する!! 空前絶後のSFサバイバル冒険譚、開幕!!」というストーリーだそうです。

Dr.STONE 1 (ジャンプコミックス)

Dr.STONE 1 (ジャンプコミックス)

 上のクイズは、このストーリーから出題されている「サバイバル科学テスト」だそうで、スマホから解くことができます。全15問、正解は4問でした…。超難問…。
www.shonenjump.com

 文明がないところで文明を再構築しようとするストーリーとしては、以前に『この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた』という本を紹介しました。
blog.ict-in-education.jp
 また、『火星の人』(映画「オデッセイ」の原作)も教材として使えるかも、と紹介しました。
blog.ict-in-education.jp

 15問の「サバイバル科学テスト」を解いてみましたが、この2つよりもずっと難しかったような印象です。でも、マンガになっているというのは親しみやすくていいかもしれません。
 そして何より、こういうマンガで科学に興味を持ってくれる人が増えるのはいいことだと思います。エンターテイメントで届ける、というのもとても大切なことです。

(為田)

『クリエイティブ・ラーニング 創造社会の学びと教育』 ひとり読書会 No.6「第3章 認知科学から見た学びと創造性 今井むつみ×井庭崇」

 井庭崇『クリエイティブ・ラーニング 創造社会の学びと教育』をじっくり読んで、Twitterハッシュタグ#クリエイティブ・ラーニング 」を使って、ひとり読書会を実施したのをまとめておこうと思います。

クリエイティブ・ラーニング:創造社会の学びと教育 (リアリティ・プラス)

クリエイティブ・ラーニング:創造社会の学びと教育 (リアリティ・プラス)

 今回は、「第3章 認知科学から見た学びと創造性 今井むつみ × 井庭崇」のところからメモをまとめます。今井先生の授業は、SFCで履修して、考えたこともなかったことを知ることができて、衝撃的だったのを覚えています。授業後に質問に行ったら、研究室に呼んでもらって、「こういうのも読んだらいいよ」とたくさん教えていただきました(先生は絶対覚えていないけど、こちらは覚えています。本当にありがたかった)。今でも、著書の何冊かは手にとって何度も読み直したりしています。

 このあたりの今井先生の言葉は、本当に重要だと思っています。断片的に意味もわからず覚えている知識は意味がない。ただ、持っている知識は、次の知識を得るのに使われるのです。
 学校教育によって与えられる体系的な知識は、こうして知識を増やし続けていく人の土台になるのだと思っています。

 知識を一つ一つ増やして、たくさんもって(=覚えて)いることが大事なのではなく、知識が増えるごとに全体がつくり変えられるというのは、とてもおもしろいと思います。
 言葉を覚える過程は、学習をデザインするのに、とても良いお手本になるのではないかなと思った。この感じは、教科学習にも、プログラミングにも、同じことが言えそうな感じがします。こういう、知識を増やす→全体を再構成する、というふうな流れを組み込んだ授業って、どんな単元とかがやりやすいのだろうか、と考えてみたい。言語や数学など、道具として使う教科には向いているような感じがします。一方で、歴史などの教科学習で、ここまで組み入れるとどういう授業になるのだろう、と考えるのもおもしろそうです。

 この今井先生の言葉は、本当にそのとおりだと思う。これを学ぶためにプログラミングって、本当にいい教材だと思う。もちろん、普通の教科でもできると思うけど、「やってみる」→「できなかった」→「直してみた」→「できた!」というサイクルを、材料とかの心配もなく、あまり時間もかからず、すぐに結果が見える形で返ってくるのは、プログラミングの強みだと思います。プログラミング的思考をアンプラグドでやっても、この「つくり直し」「デバック」によって得られるような効果は見えてこないように思いました。

 井庭先生と今井先生の対話、知識の役割やデバッグの思想など、とても学び多いものでした。

 No.7に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

「新しい「学び」のPerspectiveセミナー ~ICTを活用した学級経営~」 イベントレポート No.1(2019年6月20日)

 2019年6月20日に、NTTコミュニケーションズ本社で開催された、「新しい「学び」のPerspectiveセミナー ~ICTを活用した学級経営~」に参加してきました。講師として、前・小金井市立前原小学校 校長で、2019年4月から合同会社MAZDA Incredible Labを立ち上げた、松田孝 代表が、自身がされてきた学校経営のなかから、まなびポケットとChromebookを活用した活動についてプレゼンテーションをされました。
f:id:ict_in_education:20190803172210j:plain

すぐつながるICT Chromebook×まなびポケット体験

 参加者には、受付でChromebookが配布されており、セミナーの最初に「まずはやってみましょう」ということで、まなびポケットを体験する機会がありました。Chromebookの電源を入れ、配布されたIDとパスワードで、まなびポケットにログインしてもらいます。難しい操作を細かく教えるのではなく、「子どもに教えるときにも大雑把で大丈夫です。わからないときは周りに訊いてもらえばいい。子どもにとっては援助要請ができることも大事です」と松田先生は言います。
 まなびポケットにログインすると、スクールタクト、eboard、ラインズeライブラリ、EnglishCentral、ポプラディアネットなど、利用できるコンテンツが表示されます。これらにそれぞれログインする必要はなく、まなびポケットにログインするだけでどれでも使えるようになっています。一つのIDとパスワードですべてのサービスを使えるようになる「シングルサインオン」の機能は、教室で授業のたびにそれぞれログインするのが大変な学校にとっては、非常に有効な機能だと思います。
f:id:ict_in_education:20190803172251j:plain

 このなかから、スクールタクトを参加者の皆さんにやってもらいました。スクールタクトは学習支援ソフトで、「これがあって、ICTを活用したアクティブラーニングができる。学習者が記入しているものがリアルタイムに見られるのは、現状ではスクールタクトが唯一ではないか」と松田先生は言います。
 体験してもらうために、今回のセミナーに参加しての意気込みをコメントに書いてもらいました。先生側の機能で、レンズのボタンを押すと学習者間でお互いの書いたものを見ることもできます。
f:id:ict_in_education:20190803172325j:plain

 他の人が書いたものに、「いいね」をつけることも、コメントを入れることもできます。子どもたちは、他の人が何を書いているか一覧機能でほぼわかります。でも、誰がコメントしたかを見るために、子どもたちは一人ひとりの書いたものをクリックして拡大表示して見ていくそうです。ここから、「学級内での子どもたちの人間関係を見ることができる」と松田先生は言います。
f:id:ict_in_education:20190803172411j:plain

 スクールタクトを使うと、誰が誰の書いたものを見に行っているか、誰が誰に「いいね」をつけたか、コメントを書いたか、ということも可視化されます。小学校では高学年になると恥ずかしがったりして人間関係が見えにくい部分もあるけれど、この形ならば大丈夫なので、「これだけでも、スクールタクトを使う意味がある」そうです。
f:id:ict_in_education:20190803172501j:plain

 また、子どもたちがいちばん使っているキーワードをワードクラウドで表示させることもできます。ここから、例えば「チャレンジ」という言葉をクリックすると、「チャレンジ」という言葉を書いた学習者だけを表示させたりすることもできます。
f:id:ict_in_education:20190803172537j:plain

 また、学習者の書いたことをポートフォリオとしてまとめて捉えることもできます。評価のときにポートフォリオを見ることができるので、一人ひとりのノートを見返すことに加えて、評価の仕方を拡張することができると思いました。

 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

『クリエイティブ・ラーニング 創造社会の学びと教育』 ひとり読書会 No.5「第2章 自ら学ぶ学級をつくる 岩瀬直樹×井庭崇」

 井庭崇『クリエイティブ・ラーニング 創造社会の学びと教育』をじっくり読んで、Twitterハッシュタグ#クリエイティブ・ラーニング 」を使って、ひとり読書会を実施したのをまとめておこうと思います。

クリエイティブ・ラーニング:創造社会の学びと教育 (リアリティ・プラス)

クリエイティブ・ラーニング:創造社会の学びと教育 (リアリティ・プラス)

 今回は、「第2章 自ら学ぶ学級をつくる 岩瀬直樹 × 井庭崇」のところからメモをまとめます。テーマは、子どもたちが学校で自ら学んでいくために、どのように環境づくりをすればよいのか、です。

 書いたものをみんなで読めるようにするのは、本当におもしろい試みだと思います。どこかの現場でじっくりとやってみたいな、と思います。

 岩瀬先生の現場での積み重ねから出てくる言葉が、本当に勉強になる章でした。

 No.6に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

福生市立福生第七小学校 校内研究授業 レポート まとめ(2019年6月12日)

 2019年6月12日に福生市福生第七小学校にて行われた、校内研究授業を見学させていただきました。4年生の算数の基礎クラス(岩下夏美 先生が担当)と発展クラス(吉成亮 先生が担当)の2つのクラスで、「垂直・平行と四角形」の授業を見学させていただきました。
f:id:ict_in_education:20190701125128j:plain

 No.1では、算数の授業の様子をレポートしました。
blog.ict-in-education.jp

 No.2では、授業後の研究協議会の様子をレポートしました。
blog.ict-in-education.jp

 まとめてお読みいただければと思います。

(為田)