教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするために、現場目線での情報発信をしていきたいと思います。

スマートに学べる問題集「リブリー(Libry)」を提供する株式会社Libry CEO後藤匠さん インタビュー No.3

 スマートに学べる問題集リブリー(Libry)を提供する株式会社Libryの代表取締役CEO 後藤匠さんのインタビューをお届けします。リブリーは、いままで学校で使っていた問題集をタブレットスマートフォンで見ることができるようになるシステムです。
f:id:ict_in_education:20191102221352j:plain

スマートフォンでもリブリーができるようになった

 リブリーは、2019年3月にスマートフォン向けアプリをリリースしました。スマホ版は、スマホの小さい画面でも無理なく勉強できるよう、画面設計をタブレット版と一部変えていますが、使い方は同じです。リブリーでは、当初は「見づらいだろう」ということで、スマートフォン版への対応は後ろ向きだったそうです。でも、高校生に実際に見せてみたところ「十分に見れる」という声が帰ってきて、スマートフォン対応を進めることにしたそうです。

 リブリーのスマホ版をリリースすると、公立高校からの問い合わせが増えたと後藤さんは言います。「タブレット端末の導入は予算的な問題で難しいが、ICT を使って何かをしたい」という学校が多い、ということではないでしょうか。
 スマートフォンの高校生での普及率は9割を超えています。2020年度からは、東京都でも都立高校において、スマートフォンを授業で活用していく方針が掲げられているなど、生徒個人所有のスマートフォンを活用したICT活用が注目されています。リブリーでは、学校で購入している紙の問題集にプラスアルファの価格で、デジタル化された問題集を自分のスマホで利用することができます(紙の問題集を購入せず、リブリー版のみ購入する場合は、紙の問題集と同じ価格で購入できます)。買い切りなので、紙の問題集を購入しているのと感覚的には変わりませんし、学年があがったり学校を卒業しても、購入した書籍は生徒が継続して使い続けることができます。そのため、予算的にも大きな負担にならず、教材費の枠の中でリブリーを利用することができます。すでに、東北地方や中国地方、九州地方などの全国各地の公立高校で、リブリーのスマホ版の活用が進んでいるそうです。
f:id:ict_in_education:20191102221636j:plain

スマホ版は学校にどう受け入れられているか?

 スマートフォン版のアプリがリリースされてから、学校で利用している問題集のペーパーレス化という文脈だけではなく、 学習管理・宿題管理という目的でリブリーが使われるケースが増えている、と後藤さんは言います。

 宿題管理ツールとしてリブリーを使うと、宿題を自己採点して、ノートを撮影して先生に送るので、先生はノート回収・採点などが楽になります。生徒は、自分で類似問題を解いていくようになると、ただ宿題をやって提出する使い方からアダプティブ・ラーニング的な使い方へ進んでいきます。例えば、教科書の章末問題を宿題でやって、そこから他の参考書から類似問題が出題されるので、そこから2~3題を自分で解いてみる、という使い方がされているそうです。
f:id:ict_in_education:20191102221708j:plain

 リブリーが実現しているのは、ノートを集める・結果を記録するところの電子化と、多くのコンテンツを横断した類似問題のレコメンデーションだけです。ですが、この2つが先生方の授業設計と結びつくことで、さまざまな活用方法を生んでいるそうです。

 No.4に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

宮城県丸森町立耕野小学校 プログラミング授業実践レポート まとめ(2019年9月27日)

 2019年9月27日に宮城県丸森町立耕野小学校でプログラミング授業をさせていただきました。丸森町立耕野小学校は宮城県南部に位置する、山間の極小規模校です。めざす児童像として「うつくしく かしこく しなやかに」を掲げ、保護者や地域の方々との連携を深めています。校内研究では算数科に取り組んでいて今年度が3年次だそうです。今年度はプログラミング教育やICTの効果的活用に関する研修・実践を積極的に推進していくことを学校グランドデザインに位置付けています。
f:id:ict_in_education:20191003131140p:plain

 耕野小学校で弊社フューチャーインスティテュートの佐藤が実践したプログラミング教育の様子をレポートしました。

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

(為田)

スマートに学べる問題集「リブリー(Libry)」を提供する株式会社Libry CEO後藤匠さん インタビュー No.2

 スマートに学べる問題集リブリー(Libry)を提供する株式会社Libryの代表取締役CEO 後藤匠さんのインタビューをお届けします。リブリーは、いままで学校で使っていた問題集をタブレットスマートフォンで見ることができるようになるシステムです。

ノートをリブリーに記録することで授業が変わる

 リブリーでは、問題を解いた後に、ノートを撮影して学習履歴と紐づけておくことができます。ノートの写真はクラウドに保存されるので、先生は、先生用の管理ツールで生徒の学習の成果(正誤結果やノートの写真)を確認できます。また、先生用管理ツールでは、宿題の配信や回収をすることができ、回収した宿題の集計も自動で行われます。
f:id:ict_in_education:20191101204547j:plain

 それぞれの宿題について、先生は、クラスのどの生徒がどの問題を「正解だった」「不正解だったか」「やっていない」という情報を、一覧で見ることができます。また、それぞれの問題の正答率も自動で集計されます。これは、これまで先生が生徒のノートを全て確認して、はじめてわかる情報でしたが、学習履歴をクラウドに保存することにより、リアルタイムに自動で集計した形で見ることができます。

 また、ノートの写真もまとめて見ることができるのですが、ノート全体を提出するのではなく、問題ごとにノートを撮影するので、先生は問題ごとにクラス全員分のノートをサムネイル表示して見ることができます。また、これまでノートを集めていたときにはできなかった、同じ問題を解いてあるA君のノート、B君のノート、C君のノート…をまとめて見ることができます。
 ノートをリブリーで見ることができるようになると、授業が始まってノートを回収して、その次の授業で…というのではなくて、回収しなくても授業前にノートを見て、クラスの習熟度合いを理解したうえで授業ができるようになります。授業のPDCAサイクルを、リブリーの力を借りて、速く回すことができます。

 ノートを物理的に回収し、職員室まで運び、採点しやすいように出席番号順に並び替えるなど、これまで先生はノートを見る時間だけでなく、多くの時間を宿題の確認に費やしていました。その中で「先生がやる必要のない業務」について、リブリーが代わりにやってくれるようになります。
f:id:ict_in_education:20191101204700p:plain

 リブリーを使って、正解した生徒のノートだけをフィルタリングして表示し、おもしろい解法を使っている生徒のノートを電子黒板で紹介・解説するという授業をしている先生もいるそうです。逆に、典型的な間違い方をしている生徒のノートを電子黒板で映して、「みんなだったら、こういう解き方をした人に対して、どうやって教える?」と発問し、アクティブラーニング型の授業をしている先生もいるそうです。
f:id:ict_in_education:20191101204731j:plain

ノートのやりとりは、ウェットでファジーなコミュニケーション

 それぞれのノートには、先生用管理ツールからスタンプでリアクションすることができるようになっています。このスタンプには、「OK」や「ばっちり!」などのようなリアクション以外に「途中式を書きましょう」などのコメントも用意されています。
f:id:ict_in_education:20191101204804j:plain

 生徒が自己採点したノートは、正解/不正解/部分正解というふうになっています。これによって、生徒が、どこまでを正解としたのか、何をもって部分正解にしたのか、というのを先生は見ることができます。「自己採点では正解になっているんだけど、本当は不正解だよ」「君の中ではつながっているかもしれないけど、答案としては不正解ですよ」というようにギャップを認識させてあげたい、と後藤さんは言います。
 採点者と回答者の認識のギャップを埋める、こうしたファジーな採点やコメントは、今まで先生方が生徒とのコミュニケーションのなかでやってきたものであり、AIなどでの採点ではなかなか難しい部分かもしれません。自動採点が基本で、学びの生産性を上げましょう、というデジタルドリルが多いなか、採点もコミュニケーションの一つの形として手放していないのもリブリーの特徴です。
 「完全に自動採点にして、ただ単純な正答率だけで、生徒と先生のコミュニケーションが終わってしまうのは、ちょっと冷たいと思ってしまう。もっとウェットでファジーなところはあると思っている」と後藤さんは言います。自己採点の仕組みをとり、自己採点に対して先生側からスタンプを押して返せるという形で、採点者と回答者のギャップをある程度許すファジーさが残っているのは、先生方がアナログで「採点もコミュニケーション」と大事にしてきた姿勢と共通するものがあるように思います。

生徒のやる気に火をつけるのは…?

 リブリーは、あまり勉強をしたくないという生徒のモチベーションを喚起するところは、いまはあまり機能として持っていません。リブリーは紙の問題集の代替物で、「紙の問題集より便利でしょ?」という見せ方をしています。生徒たちにとって、紙の問題集より持ち運びが楽で、見やすくて、わかりやすくて、ちょっと楽しくなった、というふうに、紙からシフトさせられればいい、と後藤さんは今の段階では思っているそうです。
 現状、リブリーで機能としては強くない、エンタテイメント性、モチベーション喚起の部分については、サービスとしてどうデザインしていくのかを考えているそうです。後藤さんは、「そこは、ICT独り相撲だとダメだと思っているんです」と言います。
 モチベーションが下がってしまっている生徒たちを巻き込むために、リブリーのスタンプ機能を使うことはできます。実際に、生徒たちはスタンプが先生から返ってくるとうれしい、というようなコメントもしているそうです。でも、「最初に火をつけるところは、人間だと思っています。ちょっと種火がついたところで、そこに一所懸命に薪をくべてあげるようなサポートの仕方はできる。0→1で生徒のモチベーションに火をつけようというよりも、薪をくべ続けるところがICTができることなのではないか」と後藤さんは言います。
 リブリーが大事にしている「ウェットでファジーなコミュニケーション」を、ICTを使って多くの生徒とやりとりできるようにすることが、生徒に薪をくべ続けることを可能にしてくれると思います。

 No.3に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

【イベント情報】近未来教育フォーラム2019 In Real Time(2019年11月28日)

 毎年参加させていただいている、デジタルハリウッドの近未来教育フォーラム。今年は11月28日に『近未来教育フォーラム2019 In Real Time』と題して開催されます。
f:id:ict_in_education:20191101161344p:plain

近未来教育フォーラムは、教育機関自治体関係、企業の皆様に、デジタルコミュニケーション時代の今後の展望を見据えた私どもの実践的な教育研究の取り組みを紹介する場として、2010年より毎年開催しております。第10回目となる今回は、「In Real Time」と題し、マシンの計算が、人間の認知に充分に追いついてしまう世界の到来、に注目します。
2020年に実装される5G(第5世代移動通信システム)は通信効率の向上に留まらず、大量接続を可能にします。そして、コンピュータによる処理の高速化もとどまることなく進んでいます。これらのテクノロジーの発達と普及により、マシンが計算し伝送する結果が、人間にとってその時に起きていることのように認識される状態になりつつあります。
当日はこの「In Real Time」を体感的に理解するための試みとして、白井暁彦客員教授によるステージ「The Real Time Live」を開催します。また、背景への理解を深めるため有識者による講演を行い、技術の高度化がもたらす社会変化を解説し、近未来を展望するとともに、デジタルハリウッド4年制大学専門職大学院、専門スクール、オンラインスクール等)が取り組む事業について報告し、近未来の教育について考えます。
未来の社会全体の教育の在り方を提起する今回のフォーラムが、皆様にとって新たな発見と未来への行動に繋がるきっかけとなれば幸いです。

 「近未来」と銘打っているこのフォーラムは僕にとって、数年後に大きく広がるかもしれない社会の変化を知ることができる場です。
 数年後に表れる変化の兆しを知っていることは、学校での児童生徒への進路決定やキャリア教育などの情報提供にも大きく役立つのではないかと思います。学校の先生方とも、会場で何人かお会いすることもあり、関心をもって見られているのだな、と感じます。

www.dhw.co.jp

(為田)

スマートに学べる問題集「リブリー(Libry)」を提供する株式会社Libry CEO後藤匠さん インタビュー No.1

 スマートに学べる問題集リブリーを提供する株式会社Libryの代表取締役CEO 後藤匠さんのインタビューをお届けします。リブリーは、いままで学校で使っていた問題集をタブレットスマートフォンで見ることができるようになるシステムです。
f:id:ict_in_education:20191031230109j:plain

リブリーは今までと同じ感覚で勉強できる

 スマートに学べる問題集リブリーは、出版社が出している問題集をデジタル版にし、スマートな学習サポート機能を付けたサービスです。「なめらか」という言葉を大切に設計されており、生徒がこれまでと同じような感覚で勉強できるように設計されています。生徒はリブリーで出題される問題を見て、これまで通りノートに問題を解きます。そして、リブリーで解説を読んで自己採点して、その成果をリブリーに記録します。

 リブリーを起動してログインすると、自分の持っている問題集を一覧できます。
f:id:ict_in_education:20191031230304j:plain

 その中から問題集をタップすると、目次が表示されます。どこまでやったか学習履歴を見て、勉強するコンテンツを選びます。
f:id:ict_in_education:20191031230412j:plain

 リブリーで表示された問題集のページをパラパラめくって、解く問題を選びます。このページのめくりがとてもスムーズなのはリブリーの特長です。
f:id:ict_in_education:20191031230537g:plain

 解きたい問題が決まったら、左上のボタンを押して学習を始めます。すると、問題が切り取られた状態で表示され、左上に表示されているストップウォッチが自動的にスタートします。
f:id:ict_in_education:20191031230722j:plain

 この問題を見て、生徒はノートに問題を解きます。解き終わったらストップウォッチを止めて、下の「解説を見る」を押して解説を表示します。そして、解説を読んで自己採点で正解/不正解の記録をつけます。自己採点の結果をリブリーに記録していきます。
f:id:ict_in_education:20191031230901j:plain

 リブリーの大きな特徴のひとつは、ノートに問題を解いて、自己採点するところです。すべての問題をタブレット上でデジタルで回答して採点して…というところにこだわると、証明問題や作図の問題などが、どうしても出題しにくかったり回答しにくかったり、ということがありえます。だからといって、自動採点できるように、問題を無理やり四択問題などの自動採点が可能な形に置き換えたりしてしまうと、出題意図が変わってしまい、元々のコンテンツの良さが失われてしまいます。それではコンテンツの良さを活かしていることにはならないとリブリーは考えているそうです。
 今までの学習と同じようにノートに解くので、証明問題でも作図問題でも、何でも出題することができます。「いまやっている授業になじみやすい」「デジタルとアナログのバランスが素晴らしい」と、リブリーを使っている先生方にも評価されているそうです。

リブリーは類似問題を探して出題してくれる

 リブリーでは紙の問題集を使うときと同じように、問題を選び、解き、自己採点をします。ですが、デジタルであるからこその強みとして、問題に取り組んだ結果を記録した学習履歴がたまっていきます。この学習履歴を利用して、次の問題へ進むときに、さっき解いた問題に似た類似問題を出題するようになっています。このとき、問題集の枠を飛び越えて、他の問題集からも類似問題が出題されます。出版社も問題集も横断して、類似問題を出題するレコメンデーションシステムは、リブリーの特長の一つです。
f:id:ict_in_education:20191031231413j:plain

 類似問題を出題するレコメンデーションシステムは、「同じ単元の別問題を出題する」というのではありません。リブリーでは、高校数学の領域だけで1000を超える属性を定義しています。例えば、「場合の数と確率」「メネラウスの定理」といった学習指導要領で使われる言葉から、「ポリアの壺」「接することの証明」などといったマニアックな属性まであります。それぞれの問題にその中からその問題を解くために必要な複数の属性をつけ、その属性を使って類似問題を出題しています。
 リブリーでは問題を間違えると、より簡単な類似問題が推薦され、逆に正解した場合はより難しい類似問題が推薦されるようになっています。同じトピックの問題をいろいろと解くことができるので、応用力がついてきます。
 この類似問題の検索機能は、後藤さんが大学受験生の頃、「自分が間違えた問題に似た問題を探す」ために、自分の持っている問題集を探したり、本屋さんに行っていろいろな問題集を立ち読みしていたそうで、「世の中のいろいろな問題から、似たような問題を探せるようになったらいいな」という本人の経験から搭載された機能のようです。
 学校現場では、授業の中で教科書の章末問題を解いてから、傍用問題集や参考書を含めた類似問題から何問か、自分で問題を選んで解くことを宿題としている学校もあるということです。授業で学んだ知識の振り返りを促しながらも、生徒の自主性を養うために自分で問題を選んでもらっているそうです。

 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

【メディア掲載】「学習情報研究」2019年11月号

 「学習情報研究」2019年11月号がオフィスに届きました。
f:id:ict_in_education:20191030055300j:plain

 特集が「EdTechと学力」で、コーディネータは、東北学院大学の稲垣忠 先生です。目次を見ると、お世話になっている方々の名前がずらり。大変勉強になります。
f:id:ict_in_education:20191030055304j:plain

 弊社からは、佐藤が凸版印刷さんと「被災地における適応学習型教材の活用」のページを、為田がシリーズICT CONNECT 21のページを執筆していますので、ぜひお読みいただければと思います。

学習情報研究 2019年 11月号 [雑誌]

学習情報研究 2019年 11月号 [雑誌]

(為田)

Chromebookで「このデバイスはもうサポートされていません」と表示された

 オフィスではChromebook C720を使っているのですが、先週、見たことがない「このデバイスはもうサポートされていません」という表示が出てきました。古いデバイスだと、アップデートができなくなるのですね…。
f:id:ict_in_education:20191028230926j:plain

 「詳細」のところを押すと、「サポートはもう終了ですよ」というメッセージが表示されます。
www.google.com

 そして、「Chromebook のラインアップがさらに豊富に。仕事や勉強、遊びなど、それぞれの目的にぴったりの 1 台がきっと見つかります。」ということで、製品をメーカー問わず並べて表示しているページへのリンクも用意されています。
www.google.com

 Chromebook、学校で使われてきていますし、最新のものも持っておきたいな、とは思うので、購入を検討したいな、と思います。

▼追記
 Google Chromeの自動更新ポリシーを以下のサイトで見ることができるそうです。こちらもぜひご参照ください。

support.google.com


(為田)