教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

ワークショップ「ICT?EdTech?テクノロジーは子どもの学びをどこまで支援できるのか?」 レポート No.2(2019年12月21日)

 2019年12月21日に、株式会社内田洋行 新川本社 ユビキタス共創広場 CANVASにおいて開催された、 日本教育工学会 SIG-04「教育の情報化」主催のワークショップに参加しました。タイトルは、「ICT?EdTech?テクノロジーは子どもの学びをどこまで支援できるのか?」で、適応学習(アダプティブラーニング)型の教材を体験しながら「学びの個別最適化」がどの程度、実現可能なのかを考えるワークショップでした。

 続いて、参加者は4つのグループに分かれて、株式会社 COMPASS「Qubena(キュビナ)」、シャープマーケティングジャパン株式会社「インタラクティブスタディ」、凸版印刷株式会社「やるKey」、株式会社Libry「Libry(リブリー)」のそれぞれのテーブルを順に回って体験していきました。
 それぞれのテーブルで、担当者からのプレゼンテーションが行われ、端末とデモIDを利用して体験ができました。それぞれのサービスの特徴や説明の様子などをメモとして公開します。

サービス体験:Qubena(キュビナ)

 Qubenaは、AI(人工知能)が子どもたち一人ひとりの得意・不得意を分析し、解くべき問題へと誘導するAI型タブレット教材です。
f:id:ict_in_education:20200208151151p:plain
qubena.com

学習者側からのポイント

  • 回答を手書き入力する。ペンで書く。図形問題にも対応。バーチャルなコンパスや定規なども使える。
  • 間違え方をAIで解析して、つまずいているポイントを出していく。
    • 最も学習効率が高い問題を出題する。
    • 間違えると学年も遡る。
  • アニメーションでの解説もある。
  • どんどん自分で学習を進めていくことができる。
  • 経済産業省「未来の教室」実証事業で、千代田区麹町中学校で実証
    • 従来の2倍のスピードで単元の学習を終えられるという実証結果。
    • 上位層は物足りない、下位層はついていけない、を解消できる。
    • 遅れがちな子ほど積極的に質問するようになったという結果も。
    • 友達間で教え合いも起きる。

先生側からのポイント

  • 個別の学習履歴はリアルタイムで把握できる。
  • 学習進度や時間を先生がコントロールすることにも活用できる。
  • 内蔵されている約2万問を組み合わせてワークブックとして配信できる。

f:id:ict_in_education:20200208151317j:plain

f:id:ict_in_education:20200208151345j:plain

サービス体験:インタラクティブスタディ

 インタラクティブスタディは、子ども一人ひとりが自分に合った学習ができるように、評価と指導が一体化された個別学習サービスで、完全習得学習を目指してバージョンアップを重ねてきたそうです。

f:id:ict_in_education:20200208151450p:plain

https://www.sharp-sbs.co.jp/education/interactive_study/

学習者側からのポイント

  • ノートで計算して回答する。
  • 誤答に対して学び直しの問題を出題。そこでクリアできなければ「先生を呼びなさい」とアラートする。
  • 誤答に合わせてメッセージが表示される。どうしてもわからないときは、「先生を呼ぼう」と表示される。
  • 学習履歴を使って、スモールステップで学ぶ。
    • 各教科書会社の単元順等に対応が可能。
    • 例えば、3年生の分数には、13の目標が設定されている。ヒストグラムで目標ごとに習得状況が表示される。

先生側からのポイント

  • 取り組み中に5分間リアクションがないと、教師画面にアラートが表示される。
  • 単元の学習理解度をヒストグラムで表示する。
  • 詳細を見るとどんな間違え方のパターンか掴むことができるので、次時の導入でピンポイントに復習することができる。

f:id:ict_in_education:20200208151623j:plain

f:id:ict_in_education:20200208151650j:plain

サービス体験:やるKey

 やるKeyは、東京書籍、学校図書という教科書会社がグループにある凸版印刷が開発した、デジタルドリルです。現在は、小学校算数を提供しています。
f:id:ict_in_education:20200208151734p:plain
www.yarukey.jp

学習者側からのポイント

  • 一人ひとりに合わせた問題が出題される、個に応じた学び。
  • 手書き入力ではなく、キーボードで入力。回答欄をタップすると専用キーボードが立ち上がり、入力をアシスト。
  • つまずきポイントを設定し、次の出題をレコメンドする。
    • 複数のつまずきポイントを問題につけている。
    • 問題を解いて、正答か誤答かによって、「なぜ間違えたのか」の原因になるつまずきを特定する。単元のさかのぼりもあり。
  • 受験対策というよりも基礎学力を伸ばすことを目指している。
    • 自分で立てた目標に対してどれだけ取り組んだか、を大事にしたサービス。今日は何問がんばろう、何分がんばろうと自己調整。
    • 問題を解くとコインがもらえるなどの楽しみな仕組みも。

先生側からのポイント

  • 子どもの学習履歴を、教師がリアルタイムに把握できる。
  • 児童ごと、めあてごとに、習熟度を色で表し、クラス全体の習熟度をひと目で見られるようになっている。
  • 実証から、次々と出題されることが負担になる子どもがいることも受け止めている。教師による児童の学習の見とりの精度を上げる使い方を大事にしたい。

f:id:ict_in_education:20200208151850j:plain

f:id:ict_in_education:20200208151909j:plain

サービス体験:リブリー

 リブリーは、提携出版社の中学校・高校向けの教科書・参考書が収録されているデジタル問題集で、学習履歴を使ってアダプティブラーニングを実現するサービスです。
f:id:ict_in_education:20200208152004p:plain
libry.jp

学習者側からのポイント

  • 子どもたちはノートとペンで問題を解いていく(=試験と同じ条件で学べる)。
    • ノートとペンを使って勉強するので教育現場にフレンドリー。使っている先生方からは、「アナログとデジタルのバランスがいい」と言われる。
  • 問題集→問題を選んで表示したら、ストップウォッチがスタートする。解き終わったらストップウォッチを止めて、自動採点ではなく、自己採点する。
  • 自己採点後、ノートをカメラで撮影して保存→先生と共有。
    • 学習の履歴を保存できる。
    • 教材の良さを活かすために、数学の証明問題、記述問題などを無理に選択問題などにしない。
  • 問題を解いたら、似た問題、関係する問題が自動的に出題される。
    • どの問題を解くかは、子どもが主体的に選ぶ。自分の学習を自分で選択しながら進めることが大事だと考えているから。
    • 各問題に「この問題を解くために必要な知識」のタグデータが20から30ぐらいついている。

先生側からのポイント

  • 先生からの宿題の出題機能を搭載している。どのページを何分見ていたののデータも取れる。その子がどういう学びのタイプなのか知ることができる。
  • 写真を撮影するだけで、先生への課題提出が終わる。しかも、ノートを人ごとにでなく、問題ごとに見られる。
  • 宿題のノート提出がクラウドでできてしまうことが先生方に好評。宿題管理など校務負担の軽減にも寄与。

f:id:ict_in_education:20200208152148j:plain

f:id:ict_in_education:20200208152214j:plain

まとめ

 参加者の皆さんが、それぞれのサービスについて説明を聴くだけでなく、実際に問題を解いたり、解説を読んだりすることで、授業の中でどのように活用できそうかということについてイメージが持てる機会になったかと思いました。


 No.3に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

ワークショップ「ICT?EdTech?テクノロジーは子どもの学びをどこまで支援できるのか?」 レポート No.1(2019年12月21日)

 2019年12月21日に、株式会社内田洋行 新川本社 ユビキタス共創広場 CANVASにおいて開催された、 日本教育工学会 SIG-04「教育の情報化」主催のワークショップに参加しました。タイトルは、「ICT?EdTech?テクノロジーは子どもの学びをどこまで支援できるのか?」で、適応学習(アダプティブラーニング)型の教材を体験しながら「学びの個別最適化」がどの程度、実現可能なのかを考えるワークショップでした。
f:id:ict_in_education:20200208145345j:plain

オープニング

 ワークショップは、和歌山大学の豊田充崇 先生によるプレゼンテーションでスタートしました。豊田先生は、教育の情報化における昨今のホットトピックとして「公正に個別最適化された学び」という言葉を挙げました。
 今回のワークショップには、「個別最適化された学び」を提供しているサービスとして、株式会社 COMPASS「Qubena(キュビナ)」、シャープマーケティングジャパン株式会社「インタラクティブスタディ」、凸版印刷株式会社「やるKey」、株式会社Libry「Libry(リブリー)」が協力してくれました。参加者は、すべてのサービスの説明を聴き、実際に学習を体験することができます。
 「それぞれのサービスが、どういうシステムで動いていて、どのくらいまで学びを個別最適化できるのか、ということを把握しましょう」と豊田先生は挨拶を終えました。
f:id:ict_in_education:20200208145449j:plain

基調講演「ICTとEdTech 学びを助けるテクノロジの動向」

 続いて、東北学院大学の稲垣忠 先生の基調講演「ICTとEdTech 学びを助けるテクノロジの動向」が行われました。
f:id:ict_in_education:20200208145510j:plain

 稲垣先生は、ICTとEdTechを以下のように比較して説明してくれました。
-ICT

    • 2000年代以降、主に学校・授業の場で活用
    • 「授業の効果・効率の強化」を目的とする
    • 主体は「教師による選択、指示」
    • テクノロジを「(指導の)道具」として使う
  • EdTech
    • 2010年代以降、学校を含む生涯学習・授業・授業外・塾などで活用
    • 「新たな学び・学習環境の提案・創造」を目的とする
    • 主体は「学習者による主体的な選択、活用」
    • テクノロジの役割は「学習環境」を提供すること

f:id:ict_in_education:20200208145550j:plain

 2019年12月19日に出されたGIGAスクール構想では、小中学校での「1人1台コンピュータの整備」がうたわれていますが、これは「まったく新しい話でもない」と稲垣先生は言います。
 1人1台コンピュータ環境での学びについては、学びのイノベーション事業(文部科学省)、フューチャースクール(総務省)のなかですでにモデルとして提示をされています。学びのイノベーション事業の報告書のなかにある、「B-1 個に応じた学習」も「B-5 家庭学習」も、1人1台だからこそ実現できる学習であり、この時点での試行錯誤がこれから全国に展開していくようになるということがわかります。
f:id:ict_in_education:20200208145748p:plain

www.mext.go.jp

www.soumu.go.jp

 学びのイノベーション事業の取り組みについては、YouTubeで映像を見ることもできます。
www.youtube.com

 また、キーワードとして挙げられる「個別最適化」についても、新しい話ではありません。稲垣先生は、個別最適化の歴史を挙げ、説明してくれました。
-スキナーのティーチングマシン(1954年)

    • アナログながら個別最適化に向けた最初の一歩
  • つくば市立竹園東小学校 CAI教室 (1985年)
    • 1人1台のコンピュータで、それぞれの課題をする。
  • カーン・アカデミー(2011年)
    • 授業動画による個別最適化
    • 好きなものを選んで見られる。スタディサプリへと連なる流れ。


 こうして見ると、「学びの個別最適化」も新しい話ではなく、これまでの歴史の延長上にあることがわかります。そこで、稲垣先生は、今回のワークショップでは、現場の先生と大学の研究者とで、改めて4つの教育サービスを使ってみて、「学びの個別最適化」の現在について考えていきましょう、という問題提起をして基調講演を終えました。*1

基調講演の補足説明

 続いて、函館工業高等専門学校の下郡啓夫 先生により、基調講演の補足説明が行われました。
f:id:ict_in_education:20200208145952j:plain

 下郡先生は課題として「すべての子どもが享受できる教育機会・学びの場の提供」を挙げ、EdTechが見据える問題解決として以下のようなポイントを示しました。
-環境による教育機会の格差

    • 居住地や経済状況などによって、受けられる教育の機会に格差
  • リカレント教育の機会が不足

f:id:ict_in_education:20200208150135j:plain

 急速に変化する教育ニーズへ対応して、質の高い教育プログラムが提供されていくことで、問題を解決できることがEdTechの価値であると下郡先生は説明しました。そして、「各社のテクノロジーに触れて、“これができる”と知り、どう活用できるのか考える機会にしましょう」と言い、補足説明を終えました。


 No.2へ続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

*1:実はこの日、稲垣先生は不在で、ビデオで録画された基調講演でした。しかし、ほぼ違和感はありません。これもまた、テクノロジーによって可能になった講演の形だと思いました。

【メディア掲載】月刊私塾界 2月号

 月刊私塾界2月号が発刊されました。特集は「『学習塾白書 2019』を読む」です。先日発刊された『学習塾白書 2019』のトピックを読むことができます。
f:id:ict_in_education:20200206123031p:plain:w400

 いつもどおり、連載記事もありますので、よろしければお読みいただければと思います。11月は、セサミストリートの放送50周年もありましたが、それに合わせて関西へ行ったり、さいたま市立大宮北高校の公開授業へ行ったり、いろいろとしたのでした。
f:id:ict_in_education:20200206122920j:plain

 よろしければ、お読みいただければと思います。

(為田)

【イベント情報】埼玉の教育・学びの未来を創造する教育長・校長 プラットフォーム In 戸田(2020年2月22日)

 2020年2月22日に、戸田市立戸田第二小学校にて開催されます、「埼玉の教育・学びの未来を創造する教育長・校長 プラットフォーム In戸田」にて、分科会「ICTのマストアイテム化(GIGAスクール構想)」のゲストスピーカーをさせていただくことになりました。
 このイベントは、昨年に続いての開催で、激変する社会を見据え、どのような学びが子供たちの未来を明るく照らすものにつながるのか、文部科学省、学校、教育委員会、産業界と産官学の力を結集し、教育に対する熱い思いを熟議したいという発起人が集まり昨年から始まった会です。
f:id:ict_in_education:20200207055744j:plain:w400

 分科会は全部で5つで、どのテーマも日本の現在の教育課題です。

  1. ICTのマストアイテム化(GIGAスクール構想)
    • 為田裕行(フューチャーインスティテュート株式会社代表取締役 / 教育ICTリサーチ主宰)
  2. 実社会と教室をつなぐ学び(PBL型の学び)
    • 遠藤慶太郎 氏(株式会社WiL シニアディレクター)    
  3. これからの学習評価の在り方(EBPMの推進) 
    • 中里忍 氏 (Institution for a Global Society 株式会社取締役CEO 教育事業責任者)
  4. 学校の働き方改革
    • 妹尾昌俊 氏 (文部科学省学校業務改善アドバイザー 合同会社ライフ&ワーク代表 NPOまちと学校のみらい理事)
  5. 多様なニーズに応じた教育 
    • 野口晃菜 様 (株式会社LITALICO LITALICO研究所執行役員/所長)

 第一線で活躍されている方々が登壇されるなかで、僕自身が果たせる役割を精一杯させていただこうと思っています。
 僕の参加する分科会では、GIGAスクールのインフラ的な面だけでなく、「学習者である子どもたちの学びはどのように変わるのか」「実際に教室ではどんなふうに使われるのか」という面も取り上げてお話ができればな、と思っています。

 お申し込みは、以下のURLにて受け付けています。多くの方にご参加いただければと思います。
docs.google.com

(為田)

書籍ご紹介:荻上チキ ヨシタケシンスケ『みらいめがね それでは息がつまるので』

 荻上チキ ヨシタケシンスケ『みらいめがね それでは息がつまるので』を読みました。著者の一人である評論家の荻上チキさんの発信を追いかけていて、この本は知っていました。先日、ある小学校で「自分の好きなもの」を発表し合う授業をしたときに、「ヨシタケシンスケさんの本」と答えている子がいて、それがこの本を手に取るきっかけになりました。

みらいめがね それでは息がつまるので

みらいめがね それでは息がつまるので

 この本は、荻上チキさんが書いたエッセイを読んで、ヨシタケシンスケさんが書くイラストエッセイを読んで…というページ構成になっています。いま、このタイミングで読んでよかったな、と感じています。特に関心があったページをご紹介したいと思います。

 まずは、ヨシタケさんが描いている「生きづらさを取り除け」というタイトルのページがあります(p.187-188)。ここで書かれていたことは、僕が自分が関わる子どもたちに身につけてほしいな、と思っていることにかなり近いと思いました。まさに、こうしたことができるように、ICTを使って広い世界を知ってほしいと思っています。

はたして自分の判断は正しかったのだろうか。


いつか、私たちの選択が「これはこれで必要だった。価値があった」と思える日がきますように。


そのために、しなやかさとユーモアを、お互いが少しずつ身につけていけますように。


そして、ほんとうの正しさ、かっこよさ、おもしろさを探しつづける好奇心をずっともっていてほしい。


しあわせを見つけるために、みんなと同じ道を通る必要はない。


きみの見つけたものがみんなが目指すしあわせと違っていてもかまわない。


いつかきみには一人前のしあわせハンターになってもらいたいのだ。

 ちなみに、タイトルになっている「みらいめがね」については、ヨシタケさんがあとがき(p.189-191)で、「めがね」について書かれています(実際はイラストエッセイで、絵が素敵なので、ぜひ本でページを開いてみてください)。

  1. 人は誰しも何かしらの「色めがね」をかけて日々をすごしている訳ですが、
  2. 自分の「見え方」をいい方向に矯正してもらえれば、世界がより「美しく」見えるハズですよね。
  3. そんな、「自分にピッタリのめがね」を作ってくれる理想のめがね屋さんを、みんなどこかで探しているのかもしれません。
  4. でも、この広い世界には、「めがねはとりかえられる」ことを知らない人がいます。「自分がめがねをしている」ことすら、知らない人もたくさんいます。
  5. また、めがねはめがねである以上、「相性」があります。

…というふうに続いていきます。気になる方はぜひ、本を手にとってほしいと思います。このあとがきの最後にヨシタケさんは、「いろんなめがねがあるのだ」「自分のめがねはあるていど、自分で選ぶことができるのだ」というメッセージを届けられれば、ということを書いています。
 本当にそうで、自分のめがね越しに見える景色だけで物を言わないようにしよう、と最近思っています。みんないろいろなめがねをかけていて、そのなかでの共通理解というものが大事だな、と。

 別のページで、荻上チキさんがメディアについて書かれていますが、これもまた、めがねの一つです。

ソクラテスは文字の発明を、怠惰の技術だとなじった。明治の教育者は、小説は若者を犯罪に走らせると批判した。いつしか活字は共用となり、今度は漫画やアニメがバカにされた。評論家・大宅壮一は、テレビ(メディア)を「一億総白痴化」と批判した。
新しいメディアは、その都度社会から叩かれてきた。ゲームをやると脳がだめになるというゲーム叩きの時期を経て、ネット叩き、そしてスマホ叩きの時期に移行している。100年後も人類は、間違いなく新しいメディアを叩いている。
確かに新しいメデイアは、社会に新しいトラブルを持ち込む。でも、それによって救われる人もたくさんいる。片面ばかりを見てはいけない。それが一体、人に、社会に、どんな役割を果たし得るものなのかを見なくちゃなと思う。(p.168-169)

 仕事で関わっている「教育の情報化」が進められようとしているこの時期に、自分がどんなめがねをかけているのか、他のめがねをかけたらどんなふうに見えるのか、ということを考えなければいけないな、と思います。違うめがねをかけている人にも、伝える努力をしていかなくてはならないと思っています。

(為田)

schoolTakt★ガッカイ イベントレポート No.4(2019年12月15日)

 2019年12月15日に、武蔵野大学附属千代田高等学院のアカデミック・リソースセンター(ARC)にて、schoolTakt★ガッカイが行われました。schoolTakt(スクールタクト)を使っている学校や教育機関が集まって活用事例を共有するイベントで、たくさんの先生方が参加されていました。

 プログラムの最後に、NPO法人eboard 代表の中村孝一 さんから、eboardの紹介がありました。eboardは、映像授業とデジタル問題集で基礎から学べる ICT教材です。以下、プレゼンテーションで興味深かったところをメモとしてまとめ、公開します。
f:id:ict_in_education:20200130114013j:plain

 中村さんは、まず子どもたちを取り巻く課題について話をされました。そのうえで、「外的な理由で学びをあきらめないようにしたい」と言います。

  • 子どもたちを取り巻く課題
    • 中学校3年生で、小学校の計算問題が解けない子が4割。つまずきを積み残したまま、3年生になっている状態。
    • クラスの60%以上が塾に通っている。
    • 7人に1人が、貧困家庭で就学援助を受けている。
    • 30人に1人くらいが不登校
  • 学習の機会を得られない子が多い。

 NPO法人eboardが提供するサイトを紹介していきます。多くの先生方が、関心を持っていたように思います。中村さんは、「教材の中身は見てみてください」と言っていました。これも、schoolTakt同様、実際に教材を見てみて、授業のなかでどう使うことができるのかを、先生方に考えてもらいたいと思います。

  • 個人は無料で使ってもらえます。公立学校やNPOでの学習支援も無料で使ってもらえる。
  • 不登校の子でも学習できるように、映像授業をコンパクトにまとめて提供している。
  • 個別学習ができる教材になっている。
  • 一人のお子さんならば、保護者の方がついていれば、その子に使ってもらうことができる。
  • 放課後学習などでは、アカウントを発行します。
  • Classiの学習動画に、eboardの動画を提供している。
  • 私立学校や学習塾は、有償にはなるが、安く使ってもらうことができる。

f:id:ict_in_education:20200130114236p:plain

info.eboard.jp

 中村さんは、プレゼンテーションの最後を「“学びをあきらめない”というミッションを、みなさんで実現したいと思います」という言葉で締めくくりました。これはまさにそうで、公教育の目的に大きく関わるミッションだと思います。この場にいらっしゃった先生方との協業が進んでいけばいいな、と感じました。

(為田)

2020/02/01、2001回目のエントリー

 いつも教育ICTリサーチブログをお読みいただいている皆様、どうもありががとうございます。2014年6月から書き始めたこのブログ、前の記事がちょうど2000回目のエントリーだったようです。タイトルを「2020/02/01、2001回目のエントリー」にしたのは、何だか数字の種類が少なくて見た目がおもしろいから、というだけです…(笑)
f:id:ict_in_education:20200201174040p:plain

 初期の頃を読み返してみると、書き方のルールも語り口も、だいぶ変わってきていることを感じます。
 ただ、書きたいと思っている内容はあまり変わっていないと思っています。ICTやEdTech、テクノロジーを使って学校/教育がFuture Readyになることに少しでも役立ちそうなことであれば、発信したいと思ってやっております(一見、「ICTに何の関係が?」みたいなエントリーがときどき出てくるのは、そういう思いからだったりします)。

 少しでも、先生方や学校に関わっている人たちの役に立っているならば、こんなにうれしいことはありません。

 2000回だからといって特に何かを用意しているわけでもなく、ちょっと区切りとしてエントリーを書いておこうと思いました。まだ多くの人に届けたい授業やワークショップや研修のレポートもたくさんあります。今でも現在進行中で準備をしています。また、それ以外にもイベントなどを含め、おもしろい仕掛けをしていきたいと思っています。

 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

(為田)