読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

トゥギャりました: JAET「教育の情報化」実践セミナー 2017 in 仙台 (2017年3月19日)

2017年3月19日に開催された、JAET「教育の情報化」実践セミナー 2017 in 仙台に参加しました。全体テーマは「次期学習指導要領を先取り!ICT活用&情報教育のこれからを探る」でした。 今回、会場となっていたNTTドコモ東北支社様に、電源とWiFiを貸していた…

「未来の学びコンソーシアム」設立総会(2017年3月9日)

2017年3月9日に、「未来の学びコンソーシアム」の設立総会に参加してきました。すごい人です…。文部科学省・総務省・経済産業省の3省で、官民でプログラミング教育を普及推進することを目的として設立されたものです。 各省庁からのご挨拶の後に、トークセッ…

授業に使えるかも?: Yahoo!JAPANの安宅和人さんの講演「“シン・ニホン”AI×データ時代における日本の再生と人材育成」の資料

経済産業省 産業構造審議会 新産業構造部会での、Yahoo!JAPANのChief Strategy Officerである安宅和人さんの講演「“シン・ニホン”AI×データ時代における日本の再生と人材育成」の資料がPDFで読めます。 プレゼン資料だけを読んでワクワクする、というそんな…

「学習塾白書 2016」が発行されました

オフィスに「学習塾白書 2016」が届きました。学習塾業界に限らず、教育についての情報がぎっしり詰まっています。今年は取り掛かるのが遅くなり、編集チームに迷惑をおかけしました…。その分、中教審の答申まで情報が入ったりしましたが(笑) 為田が執筆し…

近未来教育フォーラム2016 基調講演レポート(2016年11月24日)

54年ぶりに11月に都内に雪が降った11月24日に、御茶ノ水ソラシティで行われた近未来教育フォーラム2016に参加してきました。近未来教育フォーラムは今年で7年目。毎年楽しみに参加しています。毎年、“半歩先のテクノロジー、半歩先の教育”をテーマにして開催…

教育ICTカンファレンス レポートまとめ(2016年11月7日)

11月7日(月)に、私塾界リーダーズフォーラム 教育ICTカンファレンスが開催されました。第3部「【トークセッション】STEAM教育を導入でキッズ部門を拡充する」と第5部「【パネルディスカッション】2026年、教育現場のICT利活用はどうなる?」に登壇させてい…

D-project北海道 創設10周年記念セミナーまとめ(2016年8月8日)

8月8日にプレミアホテル中島公園札幌を会場に行われた、D-project北海道 創設10周年記念セミナーに参加してきました。放送大学の中川一史先生の基調講演、ワークショップ、パネルディスカッション「メディア創造と実践・研修」などを5回にわたってレポートし…

財務省の「教職員定数の見通しに関する試算」

先日書いた、教職員の定数と予算削減の話ですが、財務省のサイトで教職員定数の見通しに関する試算 : 財務省を読むことができます。 財務省としての試算がしっかり書かれています。 今後、少子化の進展により、平成36年度までに子供の数は94万人、クラス数は…

ニュース「財務省 公立小中学校の教職員 4万9000人削減案」~教育経済学に期待すること

「財務省 公立小中学校の教職員 4万9000人削減案」というニュースを読みました。 来年度予算案の編成に向けて、財務省は公立の小中学校の教職員の定員について子どもの数が減るのに伴い、今後10年間でおよそ4万9000人を削減する案をまとめ文部科…

「トビタテ!留学JAPAN」の留学成果報告会ダイジェストムービー&Webムービー「Dear Father」&その仕掛け

文部科学省が2013年10月より開始した留学促進キャンペーン、「トビタテ!留学JAPAN」は、官民協働で高校生、大学生の海外留学を支援し、2020年までに累計で約1万人の留学生を送り出すことを目指しているプロジェクトです。 そのトビタテ!留学JAPANの第1回留…

iTeachers TV『ぼくが、プログラミング教育に命をかける本当の理由』(小金井市立前原小学校 松田校長先生)

iTeachers TVにて、小金井市立前原小学校の松田校長先生が登場しました。『ぼくが、プログラミング教育に命をかける本当の理由』と題した教育ICT実践プレゼンテーションを見ることができます。 前編と後編に分かれています。www.youtube.comwww.youtube.com …

【イベント情報】 先生のための“プログラミング研修講座”~2学期から始めるプログラミング学習

プログラミング必修への動きが加速しています。夏休みにもたくさんのワークショップは行われると思いますが、どれも子ども向け。子ども向けではなく、プログラミングを教えることになる先生方の研修を開催したいと思い、開催することにしました。 “先生向け…

【メディア掲載】 月刊私塾界 6月号発刊

オフィスに月刊私塾界 6月号が届きました。東京大学大学院教育学研究科教授の本田由紀先生の「私の教育」が非常に興味深いです。私塾界、記事の幅がすごく広がってきていて、学習塾というか民間教育機関にどんなことができるだろう、と考えるきっかけをくれ…

DiTTシンポジウム「デジタル教科書の位置づけはどうなる?~文科省検討会議について」詳細レポート(2015年11月9日)

デジタル教科書教材協議会(DiTT)のサイトで、11月9日に行なわれたシンポジウム「デジタル教科書の位置づけはどうなる?~文科省検討会議について」の詳細レポートが掲載されました。 11月9日、行きたいと思いながら予定が重なってしまって行くことができな…

西川純『アクティブ・ラーニング入門』 ポイントメモ

学校を訪問するときに、先生方から授業の説明を受けます。そのなかで、非常によく聞くようになってきた言葉は、「アクティブ・ラーニング」です。生徒が一人1台のタブレットを持っていて、先生とのやりとりをすることで「アクティブ・ラーニング」と呼んでい…

【超抄録レポート】私塾界リーダーズフォーラム パネルディスカッション「ICTがつなぐ学校と塾と家庭」(2015年5月18日)

本日は、私塾界リーダーズフォーラム 2015のパネルディスカッション「ICTがつなぐ学校と塾と家庭」において、モデレーターをつとめてきました。 第3部のパネルディスカッションが始まりました。テーマはICTがつなぐ学校と塾と家庭。 pic.twitter.com/cR33ph…

平成26年度「先導的教育システム実証事業」及び「先導的な教育体制構築事業」成果発表会の発表資料公開

平成27年3月26日に開催された、平成26年度「先導的教育システム実証事業」及び「先導的な教育体制構築事業」成果発表会で発表された資料のうち、公開許可が出たものが事務局のページにて公開されています。平成26年度「先導的教育システム実証事業」及び「先…

教育ICT、どの使い方が効果あると思う?文部科学省の実証研究「学びのイノベーション事業の取り組み」

文部科学省の実証研究「学びのイノベーション事業の取り組み」のまとめをYouTubeで見ることができます。一斉学習、個別学習、協働学習の3つに分けて、それぞれでどんなふうにICTを使うのかを実際の教室の映像を使ってまとめています。 1本ずつの紹介動画は3…

ICTの教育的利用による「効果」として使える変数には何があるのだろう?

ICT CONNECT 21「先導的教育システム実証事業」及び「先導的な教育体制構築事業」成果発表会 昨日のICT CONNECT 21の「先導的教育システム実証事業」および「先導的な教育体制構築事業」の成果発表会は、非常に興味があったのですが出張と重なったため、Ustr…

「平成25年度 学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果 [速報値] (平成26年3月現在)」を読んで。

文部科学省が、「平成25年度 学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果 速報値 (平成26年3月現在)」を発表しました。数字の概要はニュースなどでも流れていますが、少し詳細に中身を見ていこうかと思います。 調査概要 まず、この「平成25年度 学…

「教育の情報化に関する手引」を読み返してみた

「教育ICTリサーチ」というからには、「教育ICT」ってそもそも何だろう?ということから考えてみなければならないだろうと思い、平成22年10月に文部科学省が発行した「教育の情報化に関する手引」を読み返してみる。 第1章 第2節では、教育の情報化について…