教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

書籍

書籍ご紹介:『増補版「読む力」はこうしてつける』

読解力をつける教材のヒントを探したいと思って、吉田新一郎『増補版「読む力」はこうしてつける』を読みました。帯には、「「優れた読み手が使っている方法」を紹介・解説」と書かれています。ハッシュタグ「 #読む力はこうしてつける 」でメモをしていきま…

授業で使えるかも?:NHK高校講座「総合的な探究の時間」&『クリエイティブ・ラーニング 創造社会の学びと教育』

2018年11月19日に、「これからの学びと教育:クリエイティブ・ラーニングをめぐる対話 〜 ジェネレーターとパターン・ランゲージの可能性」というイベントに参加しました。 このイベントで、SFCの井庭崇 先生と一緒に登壇されていたのが、東京コミュニティ・…

【イベント情報】大人向けワークショップ「子どもに聞かれて困る問題、あなたはどう解く?どう答える?」(2019年3月4日)

大人向けワークショップ「子どもに聞かれて困る問題、あなたはどう解く?どう答える?」が、小中学生の保護者様と教育関係者を対象として、Yahoo! LODGEにて、2019年3月4日に開催されます。 今回のテーマは、「正義」と「勉強」だそうです。「どうして正義の…

書籍ご紹介:『暴走する能力主義 教育と現代社会の病理』

中村高康『暴走する能力主義 教育と現代社会の病理』を読みました。ハッシュタグ「#暴走する能力主義」をつけて読書メモをつけていたので、ここでとりまとめます。暴走する能力主義 (ちくま新書)作者: 中村高康出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2018/06/06…

書籍ご紹介:『大人のための世界史入門 教養のグローバル・ヒストリー』

北村厚『大人のための世界史入門 教養のグローバル・ヒストリー』を読んだ。著者の北村さんは、もともと高校の先生だったそうです。「おわりに」から、この本が生まれた経緯の部分を抜粋します。 本書を書こうと思ったきっかけは、高校教師をしていた二年前…

書籍ご紹介:『ICTで変える国語授業 ―基礎スキル&活用ガイドブック―』

野中潤 編著『ICTで変える国語授業 ―基礎スキル&活用ガイドブック―』を読みました。学びの質を高める! ICTで変える国語授業 ―基礎スキル&活用ガイドブック―作者: 野中潤出版社/メーカー: 明治図書出版発売日: 2019/02/07メディア: 単行本この商品を含むブロ…

ドラマ「みかづき」を見て、アダプティブラーニングについて考える

いま、土曜日にNHKで土曜ドラマ「みかづき」が放送されています(全5回で、こないだの土曜日が3回目でした)。 www.nhk.or.jp 原作は森絵都さんで、お世話になっています私塾界の山田未知之さんの名前もクレジットに登場します。みかづき (集英社文庫)作者: …

書籍ご紹介:『情報生産者になる』

上野千鶴子『情報生産者になる』を読みました。子どもたちには、情報の消費者ではなく、生産者になってほしい。だから、情報活用能力を身につけられる授業にすごく興味があります。情報活用能力を考えるときに、ICTは不可欠なツールになっていると思っていま…

授業で使えるかも?:『プログラミングえほん3 プログラミングって、なんだろう?』

小金井市立前原小学校の松田孝校長先生が監修されている、『プログラミングえほん3 プログラミングにちょうせん!』を献本いただきました。プログラミングえほん〈3〉プログラミングにちょうせん!―考える力・問題を解決する力・ダイナミックに自分を表現する…

教材に使えるかも?:Coca-Cola Small World Machines-Bringing India & Pakistan Together

朝、評論家の宇野常寛さん責任編集の雑誌「PLANETS vol.10」の中の、「[インタビュー] 藤井宏一郎 市場が国家を制御する?――「平和マーケティング」の可能性」を読んでいました。PLANETS vol.10作者: 宇野常寛,家入一真,イケダハヤト,伊勢崎賢治,井上明人,猪…

やってみた:ストレングス・ファインダーで出る、自分の強い資質

トム・ラス『さあ、才能に目覚めよう』を読みました。この本には、Webサイトで行うテストへのアクセスコードが付いていて、ストレングス・ファインダーというテストを受けることができます。ストレングス・ファインダーは、人が持つ34の資質のなかから、自分…

授業で使えるかも?:『プログラミングえほん2 プログラミングって、なんだろう?』

小金井市立前原小学校の松田孝校長先生が監修されている、『プログラミングえほん2 プログラミングでできること、できないこと』を献本いただきました。プログラミングえほん〈2〉プログラミングでできること、できないこと―考える力・問題を解決する力・ダ…

書籍ご紹介:『すいません、ほぼ日の経営。』

川島蓉子・糸井重里『すいません、ほぼ日の経営。』を読みました。教育ICTをテーマとしている、このブログでどうして経営の本?というふうな思いもあるかも知れません。その理由は、糸井重里さんたちが作り上げた、ほぼ日という会社の働き方を、「ICTを手に…

戸田市立戸田東中学校 公開研究発表会 レポート まとめ(2018年11月2日)

2018年11月2日に、戸田市立戸田東中学校にて行われた公開研究発表会に参加しました。この公開研究発表会は、平成28・29・30年度 戸田市教育委員会研究委嘱事業で、研究主題は「豊かな人間性と社会性をもった生徒の育成」でした。 そのなかで、1年1組の道徳の…

やってみた:2018年は、読解力に注目してきた1年でした

2018年いちばん自分の興味関心と合わせて読んだ本といえば、新井紀子『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』だと思います。AI vs. 教科書が読めない子どもたち作者: 新井紀子出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2018/02/02メディア: 単行本この商品を含…

戸田市立戸田東中学校 公開研究発表会 授業レポート(2018年11月2日)

2018年11月2日に、戸田市立戸田東中学校にて行われた公開研究発表会に参加しました。この公開研究発表会は、平成28・29・30年度 戸田市教育委員会研究委嘱事業で、研究主題は「豊かな人間性と社会性をもった生徒の育成」で、道徳・各教科の授業が公開されま…

『評伝 大村はま』を読んで、国語の授業実践と共に、ICTを使ったらどうなるかも考える。

苅谷夏子『評伝 大村はま ことばを育て 人を育て』を読みました。大村はま先生の名前は知っていたけれど、きちんとどんな授業をしたのかを読むのは初めてです。評伝 大村はま ことばを育て 人を育て (単行本)作者: 苅谷夏子出版社/メーカー: 小学館発売日: 2…

mextchannel「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業(短縮版5分)」

YouTubeのmextchannel(文部科学省チャンネル)で、「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業(短縮版5分)」を見ました。 ICTを利用しての遠く離れた学校同士を繋いだ、遠隔合同授業の事例を見ることができます。もちろん、…

中山町立長崎小学校 「答えのない道徳 どう解く?」授業レポート まとめ(2018年9月19日)

2018年9月19日に、山形県中山町立長崎小学校で道徳の授業を見学させていただきました。この道徳の授業は、ポプラ社の出版した『答えのない道徳 どう解く?』という書籍を教材として使った授業でした。答えのない道徳の問題 どう解く?作者: 山?博司,木村洋,二…

授業で使えるかも?:NHK「世界へ発信!SNS英語術」と『ドラゴン桜2』

先日たまたまテレビで見かけた英語番組が、「世界へ発信!SNS英語術」でした。SNSを使って英語で発信することを目指していて、解説者として、佐々木俊尚さん(作家・ジャーナリスト)、古田大輔さん(BuzzFeed Japan創刊編集長)、塚越健司さん(拓殖大学非…

情報サービス産業協会「小学校を対象にプログラミング教育に関する推薦図書10冊を寄贈するプロジェクト」

一般社団法人 情報サービス産業協会が、全国100校の小学校を対象に「プログラミング教育に関する推薦図書10冊」を寄贈するプロジェクトをリリースしました。応募締切は2018年11月20日までです(100校に達した時点で締め切るそうです)。 寄贈される10冊は、…

授業で使えるかも?:『プログラミングえほん1 プログラミングって、なんだろう?』

小金井市立前原小学校の松田孝校長先生が監修されている、『プログラミングえほん1 プログラミングって、なんだろう?』を献本いただきました。プログラミングえほん〈1〉プログラミングって、なんだろう?―考える力・問題を解決する力・ダイナミックに自分を…

『イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室』×教育ICT ひとり読書会 まとめ

ナンシー・アトウェル『イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室』を1ヶ月半かけて、じっくりと読みました。ナンシー・アトウェルは、リーディング・ワークショップとライティング・ワークショップを核とした国語の授業を展開している先生です。イン・…

『イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室』×教育ICT ひとり読書会 No.8「第8章 価値を認める・評価する」

ナンシー・アトウェル『イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室』を読んでいます。じっくりひとり読書会ということで、ハッシュタグ「#イン・ザ・ミドル中」を使ってTwitterでメモを書いています。こちらをブログには章ごとにまとめていこうと思います…

『イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室』×教育ICT ひとり読書会 No.7「第7章 一人ひとりの読み手を教える」

ナンシー・アトウェル『イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室』を読んでいます。じっくりひとり読書会ということで、ハッシュタグ「#イン・ザ・ミドル中」を使ってTwitterでメモを書いています。こちらをブログには章ごとにまとめていこうと思います…

『イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室』×教育ICT ひとり読書会 No.6「第6章 一人ひとりの書き手を教える」

ナンシー・アトウェル『イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室』を読んでいます。じっくりひとり読書会ということで、ハッシュタグ「#イン・ザ・ミドル中」を使ってTwitterでメモを書いています。こちらをブログには章ごとにまとめていこうと思います…

戸田市立戸田第一小学校 「答えのない道徳 どう解く?」授業レポート まとめ(2018年7月17日)

2018年7月17日に、戸田市立戸田第一小学校にて、4年5組の道徳の授業(担当:榮 亜耶 先生)を見学させていただきました。この道徳の授業は、ポプラ社の出版した『答えのない道徳 どう解く?』という書籍を使った、「うそ どう解く?」という授業でした。 No.…

『イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室』×教育ICT ひとり読書会 No.5「第5章 読み手を育てるミニ・レッスン」

ナンシー・アトウェル『イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室』を読んでいます。じっくりひとり読書会ということで、ハッシュタグ「#イン・ザ・ミドル中」を使ってTwitterでメモを書いています。こちらをブログには章ごとにまとめていこうと思います…

中山町立長崎小学校 「答えのない道徳 どう解く?」授業レポート No.2(2018年9月19日)

2018年9月19日に、山形県中山町立長崎小学校の、4年3組の道徳の授業(担当:岩城豊 先生)を見学させていただきました。この道徳の授業は、ポプラ社の出版した『答えのない道徳 どう解く?』という書籍を教材として使った授業でした。答えのない道徳の問題 …

中山町立長崎小学校 「答えのない道徳 どう解く?」授業レポート No.1(2018年9月19日)

2018年9月19日に、山形県中山町立長崎小学校の、5年1組の道徳の授業(担当:高橋恵人 先生)を見学させていただきました。この道徳の授業は、ポプラ社の出版した『答えのない道徳 どう解く?』という書籍を教材として使った授業でした。答えのない道徳の問題…