教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

書籍

『イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室』×教育ICT ひとり読書会 No.2「ワークショップの準備」

ナンシー・アトウェル『イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室』を読んでいます。じっくりひとり読書会ということで、ハッシュタグ「#イン・ザ・ミドル中」を使ってTwitterでメモを書いています。こちらをブログには章ごとにまとめていこうと思います…

School 5.0 Camp: OST(オープンスペーステクノロジー)で<教育から社会を変える>ワークショップ レポート(2018年9月9日)

2018年9月9日に、School 5.0 Camp: OST(オープンスペーステクノロジー)でワークショップに参加しました。昨年夏にedcamp飯舘でご一緒した都留文科大学の野中潤先生にご紹介いただいての参加でした。野中先生からは、次のようにこのワークショップを紹介され…

『イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室』×教育ICT ひとり読書会 No.1「教えることを学ぶ」

ナンシー・アトウェル『イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室』を読んでいます。ナンシー・アトウェルは、リーディング・ワークショップとライティング・ワークショップを核とした国語の授業を展開している先生です。 イン・ザ・ミドル ナンシー・ア…

Adobe Education Forum 2018 イベントレポート No.4 (2018年7月23日)

2018年7月23日に東京大学 伊藤国際学術研究センターで開催された、Adobe Education Forum 2018に参加してきました。今回のフォーラムのテーマは、「AI時代を生きる力 ~企業が求める創造的な学校教育とは」でした。 今回は、パネルディスカッション「企業×創…

授業で使えるかも?:『どう解く?』 授業用教材&ワークシート

2018年7月17日に戸田市立戸田第一小学校で、ポプラ社の出版した『答えのない道徳 どう解く?』という書籍を使った「うそ どう解く?」という4年5組の道徳の授業(担当:榮 亜耶 先生)が行われました。このときに作成した教材をもとにした「授業用教材&ワー…

【メディア掲載】教育家庭新聞 「テーマは「うそ どう解く?」“道徳”で“考え” “議論する”」(2018年8月20日)

2018年7月17日に戸田市立戸田第一小学校にて見学させていただいた、ポプラ社の出版した『答えのない道徳 どう解く?』という書籍を使った「うそ どう解く?」という4年5組の道徳の授業(担当:榮 亜耶 先生)は、たくさんのメディアの方が取材してくださいま…

授業で使えるかも?:NHK for School「昔話法廷」の新作は、「ブレーメンの音楽隊」と「赤ずきん」

なじみ深い昔話をモチーフにした法廷ドラマを教材にできる「昔話法廷」、新作として「ブレーメンの音楽隊」と「赤ずきん」が放送されました。NHK for Schoolにて見ることができます。 www.nhk.or.jp 昔話のストーリーに基づいて、検察官、弁護人、被告人、証…

授業で使えるかも?:マイクロソフト「Future Computed:AI とその社会における役割」

マイクロソフトが出した電子書籍「Future Computed:AI とその社会における役割」をようやく読み終わりました。 news.microsoft.com PDFで77ページなので、ざっと読み終えることができます。個人的には、ブラッド・スミスさんとハリー・シャムさんが書かれた…

教材に使えるかも?:終戦の日に考える

8月15日の終戦の日を迎え、新聞やテレビなどのマスメディアや、SNSなどでもさまざまな素材を目にする機会が多い一日だったと思います。いくつかのメディアを紹介したいと思います。 終戦の詔勅(玉音放送) YouTubeでは終戦の詔勅(玉音放送)を聴くことがで…

近未来の学校教育体験セミナー 模擬授業 夏祭り@仙台 レポート No.3(2018年8月2日)

2018年8月2日に、NTTドコモ東北支社にて、「近未来の学校教育体験セミナー 模擬授業 夏祭り@仙台」を開催しました。ICT(EdTech)を使ってどんな授業ができるのかをたくさんの先生に知ってほしくて、体験してほしくて、今回は模擬授業を5本プログラムの中に…

授業で使えるかも?:ヒロシマ・アーカイブ

本日は8月6日。広島への原爆投下の日です。以前にご紹介した、『データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方』を書かれた渡邉英徳 先生のTwitterでは、ニューラルネットワークによる自動色付けをされた写真が発信されているのですが、本日は広…

【メディア掲載】朝日新聞埼玉版、東洋経済オンライン ポプラ社「どう解く?」を使った戸田第一小学校の道徳の授業

2018年7月17日に戸田市立戸田第一小学校にて見学させていただいた、ポプラ社の出版した『答えのない道徳 どう解く?』という書籍を使った「うそ どう解く?」という4年5組の道徳の授業(担当:榮 亜耶 先生)は、たくさんのメディアの方が取材してくださいま…

書籍ご紹介:自信をもてる子が育つ こども哲学 “考える力”を自然に引き出す

NPO法人こども哲学・おとな哲学アーダコーダ代表理事の川辺洋平さんからお送りいただいた、ご著書『自信をもてる子が育つ こども哲学 “考える力”を自然に引き出す』を読みました。自信をもてる子が育つ こども哲学 - “考える力"を自然に引き出す -作者: 川辺…

書籍ご紹介:『第四の革命 情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる』

ルチアーノ・フロリディ『第四の革命 情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる』を読みました。第四の革命―情報圏(インフォスフィア)が現実をつくりかえる作者: ルチアーノ・フロリディ,春木良且,犬束敦史,先端社会科学技術研究所出版社/メーカー: …

ブログが開設4年記念日

このブログ、今日で開設して4年だそうです。メールが来て初めて気づきました。この4年間で、このブログが運んできてくれた縁はけっこう多いのです。 先生方と新しく知り合うきっかけになったりもします。はじめましての人に「読んでます」と言われたこともあ…

授業で使えるかも:『デザインあ 解散!』~#観察スケッチ

先日いただいた、『デザインあ 解散!』がおもしろいのでご紹介します。TV番組「デザインあ」で見たことがある人も多いかもしれません。 帯のところにも書いてありますが、「身のまわりにあるモノを分解してならべてみると…?!」というのがわかる本です。 …

みんなでつくる!情報時代の学校~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること イベントレポート No.1(2018年5月13日)

2018年5月13日に、イベント「みんなでつくる!情報時代の学校~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること」をNTTドコモ東北支社の会議室にて開催しました。 今回は、東北学院大学の稲垣忠 先生の基調講演「情報時代の学校をデザインする」の様子を、…

書籍ご紹介:佐渡島庸平『WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ』

佐渡島庸平『WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ』を読みました。全体として、コミュニティ論が中心だと思うのですが、「なぜ、コミュニティを作ることが大切なのか、という背景についてが非常に勉強になった…

教材に使えるかも?:三田紀房『インベスターZ』が1巻~10巻まで無料!(6月11日まで)

6月11日まで、三田紀房『インベスターZ』の電子版が1巻から10巻まで無料です。【1~10巻無料!】祝・『インベスターZ』ドラマ化決定!感謝のきもちを込めて、本日5/31(木)から6/11(月)の間、原作コミックスの電子版を1巻から10巻まで無料にします!各電子書店…

『どう解く?』公開ワークショップ「みんなで、どう解く?」 レポート まとめ(2018年3月29日)

2018年3月29日に、ポプラ社のフリーミーティングスペースに置いて、『どう解く?』公開ワークショップ「みんなで、どう解く?」が開催されました。このワークショップは、ポプラ社が出版した、対話から子どもの本音が引き出せる本『答えのない道徳の問題 ど…

「未来の教室」と EdTech 研究会(第3回) 苫野一徳先生の資料“公教育の「本質」から未来の教育を構想する”

2018年5月7日に経済産業省で開催された、「未来の教室」と EdTech 研究会(第3回) の配布資料が経済産業省のサイトにアップされました。 民間の立場から教育に取り組んでいるスピーカーの資料は読み応えがあります。なかでも、僕が興味をもったのは、熊本…

『どう解く?』公開ワークショップ「みんなで、どう解く?」 レポート No.3(2018年3月29日)

2018年3月29日に、ポプラ社のフリーミーティングスペースに置いて、『どう解く?』公開ワークショップ「みんなで、どう解く?」が開催されました。このワークショップは、ポプラ社が出版した、対話から子どもの本音が引き出せる本『答えのない道徳の問題 ど…

『どう解く?』公開ワークショップ「みんなで、どう解く?」 レポート No.2(2018年3月29日)

2018年3月29日に、ポプラ社のフリーミーティングスペースに置いて、『どう解く?』公開ワークショップ「みんなで、どう解く?」が開催されました。このワークショップは、ポプラ社が出版した、対話から子どもの本音が引き出せる本『答えのない道徳の問題 ど…

『どう解く?』公開ワークショップ「みんなで、どう解く?」 レポート No.1(2018年3月29日)

2018年3月29日に、ポプラ社のフリーミーティングスペースに置いて、『どう解く?』公開ワークショップ「みんなで、どう解く?」が開催されました。このワークショップは、ポプラ社が出版した、対話から子どもの本音が引き出せる本『答えのない道徳の問題 ど…

書籍ご紹介:『iPad教育活用7つの秘訣〈2〉新しい学びの実践者に聞くICT活用実践と2020年突破の鍵』

ライターとして少しだけ関わりました、『iPad教育活用7つの秘訣〈2〉新しい学びの実践者に聞くICT活用実践と2020年突破の鍵』が発売されました。iPad教育活用7つの秘訣〈2〉新しい学びの実践者に聞くICT活用実践と2020年突破の鍵作者: 小池幸司,神谷加代,ウ…

【イベント情報】「みんなでつくる!情報時代の学校 ~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること」 ~富谷市立明石台小学校での実践授業から考える~(2018年5月13日)

2018年5月13日(日)に、「みんなでつくる!情報時代の学校 ~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること」 ~富谷市立明石台小学校での実践授業から考える~を仙台で開催します。 2017年度に富谷市立明石台小学校において、タブレットを用いて「学び…

書籍ご紹介:C.M.ライゲルース・J.R.カノップ『情報時代の学校をデザインする 学習者中心の教育に変える6つのアイデア』

C.M.ライゲルース・J.R.カノップ『情報時代の学校をデザインする 学習者中心の教育に変える6つのアイデア』を読みました。読んでみて興味深かった点、仕事と関連が強そうな点など、メモをしましたので公開したいと思います。情報時代の学校をデザインする: …

書籍ご紹介:「英語で楽しもうディズニーストーリー」(全5巻)

ポプラ社が発売する、「英語で楽しもうディズニーストーリー」の編集に協力しました。監修は、筑波大学附属小学校の荒井和枝先生です。 ディズニーの映画「モアナと伝説の海」「ズートピア」「シュガー・ラッシュ」「アナと雪の女王」「ベイマックス」の5つ…

授業で使えるかも?:『答えのない道徳の問題 どう解く?』

週末、書店で『答えのない道徳の問題 どう解く?』という本を見つけました。2018年度から教科化される道徳の時間に使えるかもしれないと思いました。 目次を見てみると、「せんそう、どう解く?」「いじめ、どう解く?」「ともだち、どう解く?」というような…

書籍ご紹介:渡邉英徳『データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方』

渡邉英徳『データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方』を読みました。データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方 (講談社現代新書)作者: 渡邉英徳出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/11/15メディア: 新書この商品を含むブ…