教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

目的-6. 教材拡充

授業で使えるかも?:AIが美容院に予約の電話(Google Duplex)

Google I/O 2018のなかで紹介された、Google アシスタントの新機能「Google Duplex」。実際に美容院に予約の電話を入れるというデモなのですが、これ、すごいです。最初にGoogleに、「OK Google、10時から12時の間に理容室の予約を入れておいて」と言えば、あと…

東京書籍×凸版印刷:福生市の算数学習履歴データを読み解く対談レポート まとめ

2018年度が始まる前に、東京書籍株式会社 教育文化局 教育事業本部 ICT第一制作部の清遠和弘さんを訪問しました。そこで、東京都福生市の小学校3年生が、凸版印刷のアダプティブラーニングシステム「やるKey」で学んだ履歴を見て、対談を行いました。 No.1で…

みんなでつくる!情報時代の学校~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること イベントレポート No.4(2018年5月13日)

2018年5月13日に、イベント「みんなでつくる!情報時代の学校~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること」をNTTドコモ東北支社の会議室にて開催しました。 今回は、東京書籍の清遠和弘さんによる、明石台小学校でのやるKeyの学習履歴を見てのコメン…

授業で使えるかも:『デザインあ 解散!』~#観察スケッチ

先日いただいた、『デザインあ 解散!』がおもしろいのでご紹介します。TV番組「デザインあ」で見たことがある人も多いかもしれません。 帯のところにも書いてありますが、「身のまわりにあるモノを分解してならべてみると…?!」というのがわかる本です。 …

みんなでつくる!情報時代の学校~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること イベントレポート No.3(2018年5月13日)

2018年5月13日に、イベント「みんなでつくる!情報時代の学校~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること」をNTTドコモ東北支社の会議室にて開催しました。 今回は、富谷市立明石台小学校の齋藤裕直 先生の6年生の授業の実践をレポートします。 単元…

みんなでつくる!情報時代の学校~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること イベントレポート No.2(2018年5月13日)

2018年5月13日に、イベント「みんなでつくる!情報時代の学校~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること」をNTTドコモ東北支社の会議室にて開催しました。 今回は、現場から発信したTwitterのまとめを中心に、富谷市立明石台小学校の阿部太輔 先生…

教材に使えるかも?:YouTubeチャンネル「Kurzgesagt – In a Nutshell」

YouTubeチャンネル「Kurzgesagt – In a Nutshell」がおもしろい。日常的な疑問などを科学的・論理的に解説するムービーをたくさん見ることができます。 フェルミのパラドックスとか、全然知らないものを見たり。 www.youtube.com EUは必要かどうか、というこ…

授業で使えるかも?:とっきょちょうキッズページ

特許庁が「とっきょちょうキッズページ」を公開しています。特許、意匠、商標などについてわかりやすく説明されています。 コンテンツの中に「音も商標になるよ」ということで、イオン株式会社の「ワオン」という支払いのときの音などが例として出ています。…

動画教材と学校の授業

あすこま先生の家に、スタディサプリがやってきた、という話を読む。ブログ更新。雑記。中1娘がはじめての中間試験を迎えるということで...→ あすこま家にスタディサプリがやってきた、の巻。 https://t.co/tWC7bqv9tv pic.twitter.com/ETU9sZhytt— あすこ…

動くデジタル理科教材アプリ「ニュートン理科」登場!

Windows Blogsにて、動くデジタル理科教材アプリ「ニュートン理科」登場!という記事がありました。 タブレットPCで画面をタッチしながら理科をインタラクティブに学べるとのこと、楽しそうです。「ニュートン理科」は、コンテンツとして科学雑誌Newtonで長…

『どう解く?』公開ワークショップ「みんなで、どう解く?」 レポート まとめ(2018年3月29日)

2018年3月29日に、ポプラ社のフリーミーティングスペースに置いて、『どう解く?』公開ワークショップ「みんなで、どう解く?」が開催されました。このワークショップは、ポプラ社が出版した、対話から子どもの本音が引き出せる本『答えのない道徳の問題 ど…

東京書籍×凸版印刷:福生市の算数学習履歴データを読み解く対談レポート No.4

今回、東京都福生市で小学校3年生が2017年9月~3月の間に凸版印刷のアダプティブラーニングシステムやるKeyを使って学んだ学習履歴を見ながら、東京書籍の清遠和弘さんと対談を行いました。 今回の対談の相手である、清遠さんをご紹介したいと思います。清遠…

電子図書館サービスを提供するRakuten OverDrive・田島さんインタビュー まとめ

電子図書館サービスを提供するRakuten OverDriveについて興味があり、OverDrive事業の日本代表をつとめる、楽天株式会社の田島由美子さんにインタビューをさせていただきました。 電子図書館がどのような仕組みのものなのか。学校の図書室で使うとどんなこと…

東京書籍×凸版印刷:福生市の算数学習履歴データを読み解く対談レポート No.3

今回、東京都福生市で小学校3年生が2017年9月~3月の間に凸版印刷のアダプティブラーニングシステムやるKeyを使って学んだ学習履歴を見ながら、東京書籍の清遠和弘さんと対談を行いました。 今回の対談の相手である、清遠さんをご紹介したいと思います。清遠…

東京書籍×凸版印刷:福生市の算数学習履歴データを読み解く対談レポート No.2

今回、東京都福生市で小学校3年生が2017年9月~3月の間に凸版印刷のアダプティブラーニングシステムやるKeyを使って学んだ学習履歴を見ながら、東京書籍の清遠和弘さんと対談を行いました。 今回の対談の相手である、清遠さんをご紹介したいと思います。清遠…

「みんなでつくる!情報時代の学校 ~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること」実践紹介詳細レポート(2018年5月13日)

2018年5月13日に、「みんなでつくる!情報時代の学校 ~教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること」を開催しました。このイベントでは、「情報時代の学校」を議論する手がかりとして、2017年度に富谷市立明石台小学校において行われた、タブレットを…

東京書籍×凸版印刷:福生市の算数学習履歴データを読み解く対談レポート No.1

2018年度が始まる前に、東京書籍株式会社 教育文化局 教育事業本部 ICT第一制作部の清遠和弘さんを訪問しました。そこで、東京都福生市の小学校3年生が、凸版印刷のアダプティブラーニングシステム「やるKey」で学んだ履歴を見て、対談を行いました。 対談の…

授業で使えるかも?:social action lab

毎日新聞が、social action labというサイトを公開しました。トップページには、「一人一人の小さな行動で未来は変えられる。きっと」と書かれています。みんなが少しずつでも行動することが大切、というのは賛成です。 サイトの中に、コンセプトを紹介する…

授業で使えるかも?:USB耳かきを教室でお手軽顕微鏡に

AKIBA PC Hotline!で取り上げられていた、「スマホでモニタリングしながら耳掃除ができる“USB耳かき”」、気になります。 akiba-pc.watch.impress.co.jp 記事で紹介されているものは、USBとmicro USBで接続できるようですね。カメラで見ながら耳掃除! 爽快US…

やってみた:大江戸今昔めぐり

INTERNET Watch「幕末の古地図“完全描き起こし”、ウェブメルカトルで現代によみがえる「江戸切絵図」の街並みと距離感」を読んで、スマホアプリ「大江戸今昔めぐり」をインストールして試してみました。大江戸今昔めぐりBeMap, Inc.旅行無料 霞が関から日比…

教材に使えるかも?:公平な試験とは?を考えさせるイラスト

先日、息子の小学校のイベントで、学区内の公園をウォークラリーするというのがあり、入学したばかりの1年生たちとその保護者の皆さんと学区を歩きました。そのときに、グローバル企業に勤めているインド出身のお父さんと話をする機会がありました(日本語ペ…

京都教育大学附属桃山小学校 授業レポート まとめ(2018年3月8日)

2018年3月8日に、京都教育大学附属桃山小学校を訪問しました。若松俊介先生が担任する5年2組の授業を見学させていただきました。 No.1では、1時間目と2時間目の、情報ハンドブックデジタル版・NHK for School・シンキングツールを使ったメディア・コミュニケ…

授業で使えるかも?:内戦が続くシリアから避難した体験を元にしたアドベンチャーゲーム「Path Out」

Ludix Lab*1の藤本徹先生が、Facebookで紹介していた、4Gamer.netで、内戦が続くシリアから避難した体験を元にしたアドベンチャーゲーム,「Path Out」。作者はどのような思いを込めて,この作品を作ったのかを読みました。 www.4gamer.net 紹介されているゲ…

教材で使えるかも?:フェイクニュースを作るためのテクノロジーを知る

先日、動画内の人の視線をリダイレクトする「GazeDirector」を紹介しました。Facebookでエントリーの告知をしたところ、大学時代の友人Daigoが「こういうのもあるよ」と紹介してくれました。 www.youtube.com AIを使って、口の動きをシンクロさせる技術。誰…

やってみた:NHK出版 英語力測定テスト2018

NHK出版のサイトで、「英語力測定テスト2018」をすることができます。4月は、テレビ・ラジオで新しく語学コースが始まる季節。英語ももちろんです。中学校でも高校でも、英語の先生に「ラジオ基礎英語くらいは聴いてみなさい」と言われたものです。社会人に…

教材で使えるかも?:動画内の人の視線をリダイレクトする新しいアプローチ「GazeDirector」

ケンブリッジ大学、カーネギーメロン大学、マックス・プランク情報科学研究所、Microsoftの研究者らが、動画内の人の視線をリダイレクトする新しいアプローチ「GazeDirector」を発表したそうです。 shiropen.com リンク先にある動画を見ると、どんな技術なの…

『どう解く?』公開ワークショップ「みんなで、どう解く?」 レポート No.3(2018年3月29日)

2018年3月29日に、ポプラ社のフリーミーティングスペースに置いて、『どう解く?』公開ワークショップ「みんなで、どう解く?」が開催されました。このワークショップは、ポプラ社が出版した、対話から子どもの本音が引き出せる本『答えのない道徳の問題 ど…

電子図書館サービスを提供するRakuten OverDrive・田島さんインタビュー No.4

OverDrive事業の日本代表をつとめる、楽天株式会社の田島由美子さんにインタビューをさせていただくなかで、浜松市内全図書館が、Rakuten OverDriveのシステムを採用していると教えていただきました。(参考: はままつ電子図書 by Rakuten OverDrive ) ID…

電子図書館サービスを提供するRakuten OverDrive・田島さんインタビュー No.3

OverDrive事業の日本代表をつとめる、楽天株式会社の田島由美子さんにインタビューをさせていただくなかで、Rakuten OverDriveが提供する電子図書サービスは、洋書のラインナップが強いことを知りました。訳書の原書にあたる授業をする大学などの教育機関に…

京都教育大学附属桃山小学校 教育実践研究発表会 レポート まとめ(2018年2月23日)

2018年2月23日に、京都教育大学附属桃山小学校の教育実践研究発表会に参加してきました。テーマは、「主体的に情報を活用しようとする子の育成 ~各教科の学びを深めるメディア・コミュニケーション科~」でした。 メディア・コミュニケーション科は、京都教…