読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

【先生方向け】知育ゲームアプリ『Osmo』のデモ&ワークショップを開催します

教材 公開授業

 10月16日(木)に研究員の為田が、Ludix Labのワークショップのゲスト講師をつとめます。題材は、先日手元に届いた、Osmoです。

Osmo

 Osmoがどんなものか、ぜひ触りに来てください。

f:id:ict_in_education:20141001170539j:plain

 ただOsmoで遊ぶだけでなく、どんなふうに子どもたちに触らせるのか、教育現場にどんなふうに使えるだろうか、ということをみんなで考える場にしたいと思っています。
 現場の先生方にも多くご参加いただければと思います。

 モデレーターをつとめられる藤本徹先生は「シリアスゲーム」研究の第一人者ですし、Ludix Labのフェローも皆、ゲームの教育利用を専門にしているので、教育現場とアカデミズムを行き来したディスカッションができるようにしたいと思っています。

 以下、イベント概要と、申し込みページヘのリンクです。

趣旨:
Tangible Play社が開発したiPad用知育ゲームアプリ「Osmo(オズモ)」が今年発売されました。手元で図形・文字ピースを動かしたり、ペンと紙で書いた図がiPadアプリと連動してゲームで遊べるという先進的なアプリとして注目を集めています。

今回は、このOsmoをいち早く入手して研究されている、Ludix Labフェローの為田裕行さんにデモとファシリテーションを担当していただいて、実際に触って体験して、教育現場での実践にどのように活用できるかを検討するワークショップを開催します。


★ゲスト講師: 為田裕行氏(フューチャーインスティテュート株式会社 取締役、Ludix Labフェロー)


★モデレータ: 藤本 徹 (東京大学 大学総合教育研究センター 助教


★日時:2014年10月16日(木)18時30分~20時30分(18時15分開場)
(軽食をご用意します。)


★会場: 東京大学本郷キャンパス福武ラーニングスタジオ1(B2F)


★参加費:前売2000円、当日3000円
領収書ご希望の方は、チケット情報に記載の「領収データ」からダウンロードしてください。
http://help.peatix.com/customer/portal/articles/825927


★定員: 15名(定員に達し次第〆切)
※前売で満席の場合は当日席予約された方のみの当日受付となります。


★ゲスト講師プロフィール:
為田 裕行(ためだ ひろゆき): 慶應義塾大学総合政策学部卒。大学卒業後、西日本の大手学習塾企業を経て、 フューチャーインスティテュートの設立に参画。 以後、幼稚園・小学校・中学校・高校・大学の教壇に立つと共に、 学校教員向けの研修プログラム設計、授業計画コンサルテーション、 教育テレビ番組や幼児向け教材、サービスなどの教育監修も行っている。ボードゲームで考える力を学ぶ「マインドラボ」を国内展開し、全国各地でワーク ショップで教壇に立つとともに、教員向けの研修を行っている。


★主催: Ludix Lab(NPO法人Educe Technologies)
★問い合わせ: contact01@ludixlab.jp


Ludix Lab EdTechデモ&ワークショップ:知育ゲームアプリ『Osmo』 | Peatix

参考:当ブログでのレビュー


日本最速 Osmoレビュー - 教育ICTリサーチ ブログ