教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

MicrosoftとHPとIntelが、それぞれ描く学校の未来

 先日、学校の先生方向け研修を準備しているときに見つけた、「将来の学校像」。本当にこうなるかは別として、どんなことができるようになるのかを見るにはいいかな、と思い、ご紹介します。

 まずはMicrosoftのもの。2011年に作られたものです。途中、ネットを通じて外国の教室と一つのインターフェースでつながる様子が描かれます。(学校での様子はワクワクしないんですが、その他の空港での様子とか、飛行機の中での様子とか、ワクワクします・笑)

Productivity Future Vision (2011) - YouTube

 続きまして、ヒューレット・パッカード(HP)のもの。舞台は台湾です。Microsoftのものと比べると、ずいぶんハードに寄っているなあ、というイメージですが。

HP Classroom of the Future - Official Video - YouTube

 最後に、Intelのもの。「橋」をテーマにしたプロジェクトにICTを使って取り組んでいます。オンラインでディスカッションしたり、デザインした部品を3Dプリンタで印刷して模型を作り、実際に実験してみたり、というのはもう少ししたらできそうな内容ですね。

Bridging Our Future (long) - YouTube

 これらの技術をこのまま授業の中で使いたいとはほとんど思っていないんですけど、思いきり振り切るとここまではできるかもしれない、ということですね。

(研究員・為田)