読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

【EDIX報告】福山佑樹先生「Game & Learning ~ゲームとゲーミフィケーションが創る新しい学び~」

講演・研修 目的-2. モチベーション喚起 教育ICT利用の目的 書籍 イベント EDIX

 5月20日~22日に開催されていた教育ITソリューションEXPO(EDIX)ですが、展示されているさまざまなテクノロジーよりも、むしろ各ブースで行われるミニセミナーの方が楽しみだったりします。

 NHKエデュケーショナルのブースで、Ludix Labのフェロー仲間である福山先生(東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構 アクティブラーニング部門 特任助教)によるセミナーがあったので、行ってきました。
f:id:ict_in_education:20150526135424j:plain

 ペッパーくんが福山先生の授業を宣伝してくれていましたよ。
f:id:ict_in_education:20150526135355j:plain

ゲームと学び

 テーマは、「Game & Learning ~ゲームとゲーミフィケーションが創る新しい学び~」ということで、まずは教育にゲームを利用するとどんなメリットがあるのか、というお話から。
f:id:ict_in_education:20150526135551j:plain
 Ludix Labでも藤本先生がこうした話をしているので、「そうそう!」と思いながら聴いていました。
 ちょっと適当なゲームにしてみました、というようなゲーミフィケーションではダメで、しっかりと要素を見てつくらなければならないだろう、と。
f:id:ict_in_education:20150526135617j:plain
 実際、子どもたちが楽しんでいるゲームって、このあたりの設計が上手にできているなあ、と思うことが多いのです。

幸せな未来は「ゲーム」が創る

幸せな未来は「ゲーム」が創る


 動画で紹介されていたAudreyちゃんのRocksmith動画、大好きです。Rocksmithというゲームでギターを始めたときの動画がこちら。

www.youtube.com

 そしてそれから2年。楽しければ、ここまでできちゃう。うまく弾けたら、フィードバックを返す。簡単だけど、褒め続けるのはなかなか人間では難しい。一人一人対応するのも大変だし。だから、こうしてビデオゲームにするのはいいことだと思うのです。

www.youtube.com

学校はクソゲーか?

 個人的にいちばんおもしろかったのは、このスライド↓
f:id:ict_in_education:20150526140512j:plain
 たしかに、学校はクソゲーかもしれないな…。ゲームはいいプレイをしたら、すぐに褒めてくれるものな…。それに比べると学校の授業って、あんまりこういうシーンはないかもしれない、と思います。

 だから、学校の問題をゲーミフィケーションに基づいた教育手法で変えましょう、というセミナーでした。
f:id:ict_in_education:20150526135654j:plain
 福山先生は、アプリゼミを利用しての実践をされていて、その報告もありました。小学校1年生の時点で、「勉強つまんない」ってなってしまうと、その後はだいぶ大変なことになってしまうので、こうしてゲーミフィケーションを用いて、「学びがおもしろくなる」のは大歓迎です。

おまけ

 福山先生が冗談で紹介されていた、ゲーム周りのお話。10年経つと、こんなに変わる、と。

ゲーム脳の恐怖 (生活人新書)

ゲーム脳の恐怖 (生活人新書)

ゲームにすればうまくいく―<ゲーミフィケーション>9つのフレームワーク

ゲームにすればうまくいく―<ゲーミフィケーション>9つのフレームワーク

 同じNHK出版。ブースはNHKエデュケーショナル


 福山先生、どうもありがとうございました。ゲーミフィケーションを利用した実証研究も、もっとどんどん出てきてほしいと思います。そして、学校周りでの「効果測定」がもっと多くなりますように。僕も、自分のフィールドで頑張って行きたいと思います。
 またお酒でも飲みながら、お話しましょう。

(研究員・為田)