読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

MysterySkypeで国際交流の授業

教育ICT利用の目的 目的-2. モチベーション喚起 目的-6. 教材拡充 目的-7. 表現、思考手段拡充 目的-9. 学習環境拡充 授業実践

 Skypeは自分の教室で授業で使ったこともあるし、打ち合わせなどで非常によく使うアプリケーションです。が、いつもはなかなかサイトを見に行かないので、いままで気づかなかった。
f:id:ict_in_education:20150914092608j:plain

 教室でKypeを使う、「#MysterySkype」なる試みをやっているのですね。education.skype.com

 サイトにアクセスすると、以下のメッセージが表示されます。

The global guessing game that gets kids learning with Skype. Sign up to join our new Mystery Skype community.

 YouTubeでも紹介動画を見ることができます。www.youtube.com

 タイトルのすぐ下の、「Get the Mystery Skype resource notebook >」のリンクは、現在日本では利用できないようです。どんなリソースノートブックなのか、気になるなあ…。


 サイトでは、「Find a MysterySkype now」のタブをクリックすることで、授業を共にする先生の教室を選ぶことができるようです。検索のキーとなるのは、「新しい順/古い順」「国」「対象児童生徒の年齢グループ」の3つです。
f:id:ict_in_education:20150914092619j:plain


 「Learn how it works」のタブをクリックすると、まずは「共に学ぶクラスを選ぶ」「時間を決める」「授業の様子をシェアする」という3段階を手順として推奨しています。
f:id:ict_in_education:20150914092630j:plain
 実際に授業の様子がシェアされている、Twitterハッシュタグ#MysterySkype」を検索してみると、教室の様子をたくさん見ることができます。楽しそうです。








 先生方の助けになるように、「3つの授業の仕方」が提案されています。

  1. 20の質問
    • 20の質問と10のヒントを用意しておいて、お互いの学校の場所を当てるアクティビティをする
    • アカウントからLocation情報は消しておきましょう
  2. Yes or Noで答える
    • やや応用編
    • YesとNoで答える質問だけしかできないようにクラスに伝える
    • 質問の数を制限してもよい
  3. クラス内で役割を設定する
    • 「挨拶をする人」「質問を管理する人」「地図を調べる人」「写真を撮影する人」などのように役割を設定する。

f:id:ict_in_education:20150914092640j:plain
f:id:ict_in_education:20150914092650j:plain


 相手方の先生と、この3つの授業の仕方にしたがって授業の準備をすると、共通ルールで授業ができて、最初の1回としてはいいのではないかな、と思いました。こうした最初のステップを用意しておくのは非常に大切ですね。
 最後に紹介されていてる、「クラス内で役割を設定する」というのは、以下のブログで見ることができます。こうしてどんどん教室がつながっていくのですね。pernillesripp.com


 最小限の表現を練習して、どんどんSkypeで海外の教室と繋がって、笑顔で一緒に楽しむ、ということは、国際感覚を養ってくれるものだと思います。
 日本でも取り組んでいらっしゃる学校はあるようなので、ぜひ一度、拝見したいな、と思いました。

(為田)