教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

デジタル地図のおもしろさ~合教科試験を作る時にも役立ちそう

 「すごい地理教育トーク」のまとめをやっているところなのですが、Togetterでこないだ見たテーマとも微妙にリンクしてきていて、おもしろいなと思っています。togetter.com

 おもしろいと思ったポイントは2つ。

  • 実際に現地に行かずとも、地図を見て、ストリートビューを見て、いろいろとわかることがある。
  • こうして情報を発信することで、「これですか?」と現地の人が写真を撮ってレスをしてくれる。こういうやりとりができることって、とても大事な「情報活用能力」だと思う。

 「他にも地層で有名なところって見られないのかな?」と思って、「グーグルストリートビュー 地層」とかで検索してみたけれど、あまり出ないな…。ある程度、この場所には地層がありそうだ…と見込みをつけてから、グーグルストリートビュー、という流れでないと見つからないのかもしれない。

 検索で正しく検索ワードを入れられれば見つかるけれど、検索ワードを知っているかどうかに価値が出る、といういつか書いた、東浩紀『弱いつながり 検索ワードを探す旅』に書かれていたことそのままだな、と。blog.ict-in-education.jp

弱いつながり 検索ワードを探す旅

弱いつながり 検索ワードを探す旅

 きれいな地層の写真を、地図にマッピングしておいたら、理科の授業とかでも使えないかな。ある情報に特化した地図をどんどん作成していく、というのはデジタル地図が得意なところですしね。おそらく、新しい指導要領になって、合教科型の試験とかを作るようになると、地図をベースにしてそこに統計作業をさせたり、知識を問いかけたり、考察をさせたり、というのが、校内の定期考査でも出題されるようになるだろうと思うので、そのときにデジタル地図のサービスを先生方が使える用になっているといいかもしれないですね。