教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

Synodos「子ども1人に1台のICT利用――スウェーデン先進事例に学ぶ 国際大学GLOCOM / 監修 豊福晋平」

 Synodosで「子ども1人に1台のICT利用――スウェーデン先進事例に学ぶ 国際大学GLOCOM / 監修 豊福晋平」が掲載されています。2015年4月21日にGLOCOMで開催された公開コロキウムについてのレポートです。ほぼ1年前の公開コロキウムですが、為田も参加させてもらい、非常に興味深かったのを思い出しました。スウェーデンストックホルム郊外にあるソレントゥナ市(Sollentuna kommun)の教育関係者4人を招いて、政治主導で2009年に1:1コンピューティング(生徒1人につきPCあるいはタブレット1台)を決定し、段階的に導入してきたソレントゥナ市のキーパーソンの講演を聴くことができました。ソレントゥナその結果、生徒の成績ランキングは全国18位(2009年)から4位(2014年)へと大きく改善したそうです。
synodos.jp
f:id:ict_in_education:20160410080400p:plain


 この公開コロキウムの中で紹介された、WTL(Write to Learn)という学習モデルが非常に興味深かったです。いろいろな学校でのICT導入のサポートをさせていただいたり、授業設計のお手伝いをさせていただいたりしていますが、このときに聴いたWTLの考え方や手法を学校の先生方に紹介する機会が多かった1年だったな、と改めてこうして振り返って思います。
 公開コロキウムに参加した後、自分でこのブログにもエントリーを書いていたので、参考にリンクします。Synodosのレポートのようにきれいにまとまってはいないのですが、ご参考に。
blog.ict-in-education.jp


 2016年度の授業がまた始まります。新たにお付き合いが始まる学校もあるので、こうしたWTLのエッセンスを入れて、児童生徒の学びの機会を広げていければと考えています。


 また、この記事を読んで、『智場#120特集号 子どもの未来と情報社会の教育』を購入しました。こちらもおもしろそうです。

智場#120特集号 子どもの未来と情報社会の教育

智場#120特集号 子どもの未来と情報社会の教育

  • 作者: 豊福晋平,砂田薫,苫野一徳,平川理恵,阿部和広,澤田英輔,竹中章勝,眞壁豊,中村こども,芳賀高洋,丹治睦雄,貝川充洋,濱田美智子,武田友希,安藤久美子,宮?裕子
  • 出版社/メーカー: 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター
  • 発売日: 2016/01/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る


(為田)