読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

教育用画像素材集(IPA)

教育ICT利用の目的 目的-6. 教材拡充 目的-4. 授業効率化

 独立行政法人 情報処理推進機構IPA)のサイトに、教育用画像素材集があります。約17,000点の教育用画像素材集ということです。
f:id:ict_in_education:20160502194626p:plain

 素材を探すためのにいくつかの方法がありますが、「教科・科目から探す」を選ぶと、科目→大分類→中分類→小分類とだんだん細かく設定をすることができます。
f:id:ict_in_education:20160502194628p:plain

 また、キーワードから探すこともできるので、自由に検索キーワードを入れて検索してみてもいいでしょう。
f:id:ict_in_education:20160502194631p:plain

www2.edu.ipa.go.jp


 とは思うものの、素材が17,000点といっても10教科でわったら、1教科1700点。科目でさらに分かれるし、学年でも分かれることを考えると、1学年あたりは100点くらいだろうか…。
 権利処理がしっかりされている、という安心感はあるのでしょうが、さまざまな画像にアクセスできる現在、自分でどんどん探していってしまう先生が多いのではないかな、と思います。
 そうすると、IPAのこうしたサイトに期待するのは、「きちんとした権利処理」と「先生が使いやすい検索機能」と「先生ならではの使い方に配慮して素材」だと思うのです。

 日本全国の教育委員会と力を合わせて、「授業で使いたい素材」をアンケートか何かでとって、それをIPAが権利処理していって、全部素材集に載せてくれればいいのに、と思います。
 それぞれの教育委員会でサーバを持つ必要はないと思うし、一気に素材とノウハウを集めるならば、全国規模でやってしまう方が速いと思います。

 もっともっと、いろいろな素材が、先生方にとって使いやすい形になっていけばいいな、と思います。

(為田)