読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

【メディア掲載】AERAの特集「公立小中でもICT・国際化」にてコメントが掲載されました。

メディア掲載 教育ICT利用の目的

 2016年8月16日発売のAERA No.36は、大特集「先生が忙しすぎる」。さまざまな観点から学校や先生について取り上げられています。

AERA(アエラ) 2016年 8/22 号 [雑誌]

AERA(アエラ) 2016年 8/22 号 [雑誌]

 その中の「公立小中でもICT・国際化」というページで、取材協力をさせていただき、インタビューもしていただきました。コンサルテーションを行なっているクライアントの学校としては、私立学校が圧倒的に多くはありますが、公立小中学校にも足を運ぶ機会が多いので、実際に学校に行き、先生方と話しての感覚などを入れてインタビューに答えました。
f:id:ict_in_education:20160817082121j:plain:w300

 結果、「ICTの活用は100点満点を目指すものではなく、減点部分にばかり目を向けずに、現状からより良い授業ができるように、目的を限定して使っていけばいいのではないでしょうか?」という部分をまとめとして使ってもらいました。
f:id:ict_in_education:20160817082115j:plain

 こうしてインタビューの話が来ましたのも、たくさんのお話を聞かせていただいている学校の先生方のおかげです。教室の現場でしかわからない知見、ノウハウを聞かせていただき、それを横方向にシェアしていくことが自分のできることだと思っております。

 ぜひ、AERA、手にとって読んでみていただければと思います。

AERA(アエラ) 2016年 8/22 号 [雑誌]

AERA(アエラ) 2016年 8/22 号 [雑誌]