読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

授業で使えるかも?:HOW MUCH FOR A PINTとビックマック指数

 「HOW MUCH FOR A PINT?」=「1パイントいくら?」というサイトがあります。ビール1パイントでいくらか、世界での高い都市と安い都市がわかります。
f:id:ict_in_education:20161102151715p:plain

 画面中央の「LOWEST PRICE」と「HIGHEST PRICE」のところをクリックすると、ビール1パイントの高い都市と安い都市を選ぶ事ができます。
 東京は、高い方でランクインしていますよ…。
howmuchforapint.com


 これを見て、「お、ビックマック指数と同じ!」と思ったので、調べてみたら、2016年のビックマック指数がエコノミスト誌によって発表されていました
 世界中で買うことができるビックマック、いくらで買えるのかというのを指数として表しているものです。おもしろい。日本よりもタイのほうが高いのかあ…と見ていましたが、さらにベネズエラ、アルゼンチン、ハンガリー、ペルー、エジプト、メキシコ、インドネシア…高いなあ…。
f:id:ict_in_education:20161102152240p:plain

www.economist.com


 ビールにせよ、ビックマックにせよ、授業のアイスブレイクの頃で少し使ってみると興味喚起につながるかもしれません。


(為田)