読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

和光高等学校 授業レポートNo.5 (2016年11月8日)

 11月8日に、和光中学校・高等学校の小池則行先生を訪ね、授業を見学させていただきました。見学の最後に、第3コンピュータ教室を案内していただきました。ここの教室は、すべて机が移動可能になっています。すべての席が移動可能ということは、ノートPCを持って好きな席につき、グループでの活動のときは机を自由に寄せたりして活動ができるということです。椅子の下にカバンなどが入るようになっています。
f:id:ict_in_education:20161214171510j:plain

 また、椅子の方向も自由に変えられますので、どの方向でもディスカッションをすることができるのもいいと思います。こうした自由に環境を変えられるコンピュータ教室は、学びの空間(ラーニングスペース)として、非常に有効だと思います。何より、生徒がこの部屋に来て勉強するのを楽しみそうなのがいいですね。
 小池先生にそうした話をすると、「まさにそう思って、色使いとかも考えたんです」とおっしゃっていました。確かに、鮮やかなグリーンは、学校では珍しいですよね。
f:id:ict_in_education:20161214171545j:plain

 ところで、自由にレイアウトを変えられるこの教室では、カーペットにもデザインの工夫が凝らされています。椅子をどかしてみるとわかりますが、グリーンのタイルカーペットがそれぞれの椅子の下に隠れています。というか、グリーンのカーペットのところに椅子を戻せば、原状復帰ができるというふうにデザインされています。こうしたちょっとしたデザインで、学びの活動は変わっていきそうで、今度はこの教室で行っている授業の様子を見学させていただきたいと思いました。
f:id:ict_in_education:20161214171653j:plain:w400

(為田)