読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

歴史災害のオンライン翻刻プラットフォーム「#みんなで翻刻」&くずし字学習支援アプリ「KuLA」

 Twitterのタイムラインで、くずし字を学習して、古地震研究に参加できる、歴史災害のオンライン翻刻プラットフォーム「#みんなで翻刻」を知りました。


f:id:ict_in_education:20170111141925p:plain

みんなで翻刻 - 歴史災害史料のオンライン翻刻プロジェクト


 実はこのくずし字学習のアプリ「KuLA」については、2016年3月に取り上げていました。
blog.ict-in-education.jp


 こんな感じで練習ができるのですが、ひらがなにしてすでにこの難しさ…。
f:id:ict_in_education:20170111144223p:plain:w400


 さすがに「う」とかならわかります。
f:id:ict_in_education:20170111144227p:plain:w400


 10問のテストに挑みましたが、ほとんどわかりませんでした。あまりにできないと悔しくなり、一生懸命何度でもやってみる児童生徒が現れるかもしれません。
f:id:ict_in_education:20170111144238p:plain:w400


 テストの結果をTwitterなどSNSでシェアすることもできます。また、ユーザー同士で繋がりを作ることもできます。

 文字を練習した後に、実践ということで、「方丈記」にチャレンジしてみました。横に翻刻文を出しても難しい…。僕が「#みんなで翻刻」に役立てるようになるのは、だいぶ先かな…と。
f:id:ict_in_education:20170111144242p:plain:w400

◆ ◆ ◆

 おもしろいのは、KuLAを使って学習プログラムを楽しく学習し、そこで学んだスキルを使って、「古文書・古記録を解読して、歴史災害研究に参加しよう!」と呼びかけているところ。GoogleFacebookTwitterのアカウントで参加することができます。翻刻文字数ランキングも表示されていて、どんどんみんなで翻刻を進めている様子が見られます。
 こうした集合知の使い方、インターネットの使われ方のなかでもとてもポジティブな使い方だと思っています。どんどん進んでいくといいなと思います。
f:id:ict_in_education:20170111145230p:plain

 翻刻できる方、ぜひご参加ください。

(為田)