読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

授業で使えるかも?: 「Amazon Dash Buttonは何がヤバイのか」でサービスのリバースエンジニアリング

 ボタンを押すだけで商品が届く、Amazon Dash Button。どんなものがあるのかな…とチェックしてみると、いろいろなものが出ているのですね…。使ってみようかな。 

UNO Dash Button

UNO Dash Button

ネスカフェ Dash Button

ネスカフェ Dash Button

キュキュット Dash Button

キュキュット Dash Button

ウィルキンソン Dash Button

ウィルキンソン Dash Button

 「いやー、IoT時代だねー」くらいの感想しかなかったのですが、ふとしたきっかけで読んだ「Amazon Dash Buttonは何がヤバイのか – ところてん – Medium」でされていたAmazon Dash Buttonについての分析が抜群におもしろかったです。
 特に、Amazon Dash Buttonの電池が1年しか持たない、というところとか。どんな商品をラインナップとして並べて、どんなふうに消費者に買ってもらって…というのを本当にしっかり設計してあるのだな、と読んでいて納得。

 こうした、新しい商品がどんなふうに生活を変えるのか。「ただ便利だ」「あんまり便利じゃない」というコメントを超えて、そのサービスがどんなふうな思いで設計されているのか、というのを遡るリバースエンジニアリングを授業の中でするのもおもしろそうと思います。
medium.com

(為田)