教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

教材で使えるかも?: 総務省 統計局 統計ダッシュボード

 総務省 統計局 統計ダッシュボード がグラフィカルになって見やすくなりました。
f:id:ict_in_education:20170515043941j:plain

 いろいろなグラフが表示をされています。例えば、「国内総生産」を選んでみると、以下のようなグラフが表示されます。
f:id:ict_in_education:20170515045322j:plain
 画面下の「グラフ範囲変更」のところで、グラフの範囲を変更することもできます。これまで、統計局の統計ページは、データが貼られているだけだったり、グラフで見せようと思うと、データを貼り付けてExcelで加工して…ということが必要だったように思いますが、こうして簡単にグラフを見せられるのであれば、学校の授業の中で見せたりするときも簡単かと思います。

 画面上部の「グラフで見る」から、「都道府県へ」「市区町村へ」を選ぶと、都道府県一覧が表示され、ここから都道府県ごと、市区町村ごとの統計を見ることもできます。地域の統計などを見るときにも便利です。
f:id:ict_in_education:20170515050044j:plain

 もちろん、縦軸の数値をどんなふうにするかによって、グラフの増減の感じがものすごく大きかったり、逆にほとんど動かなかったり、というのがあるので、授業で見せる前に一度見てみて、提示することで児童生徒の関心を喚起できるか、ということなどチェックをする必要はあるかと思います。

統計ダッシュボード

(為田)