教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

やってみた:ファンタジー計算クイズRPG 算数ファンタジア

 ゲーム感覚で計算力を身につけるアプリ「算数ファンタジア」リリース | ICT教育ニュースの記事を読んで、さっそく「ファンタジー計算クイズRPG - 算数ファンタジア」をインストールしてプレイしてみました。
 四則演算をときながらストーリーを進めるRPGです。1位数+1位数のたし算から始まって、だんだんレベルが上がっていきます。ちょっと進行がゆっくりなので、学校で使うというよりは家庭で使うことを想定しているものだと思います。だから、「九九から勉強したい」とかにも対応できていません。
f:id:ict_in_education:20170828001051p:plain

 いろいろわかりにくかったのは、計算の答えを選ぶときに、ボタンが赤と青に塗られていること。赤のボタンで正解するとキャラクター1が攻撃、青のボタンで正解するとキャラクター2が攻撃するようになっています。
f:id:ict_in_education:20170828001031p:plain

 しかし、ゲームの設計は、もちろん「どんなふうに学んでほしいか」が出るなあ、と思いました。このゲームは、「算数の計算問題が苦手な子に、計算問題に取り組むきっかけになってほしい」という興味喚起の部分に主目的があると思います。
 だから、あえてキャラクターが敵キャラに会うまでに時間がかかるようにもなっていて、問題と問題の間のインターバルが長くなっています。
 また、教科書の単元などの概念もまったくないので、学校の授業の復習としてやる、ということにも向いていないかもしれません。


 でも、「計算、あんまり好きじゃないなあ」という子に計算に取り組ませるにはいいかと思いました。

(為田)