教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

花まるラボと三重県教育委員会が全国初の包括協定

 以前、無料化したときに、花まるラボの思考センス育成教材Think!Think!を取り上げました。
blog.ict-in-education.jp
 こうした思考力を育てる教材が体系化されている教材はなかなかないので、自分でも楽しんでいます。
 また、「続けさせる」という観点から見ても非常におもしろく、モチベーションのコントロールや、ミッションの与え方、バッジの与え方など、非常におもしろいと思い、自分でも楽しんでいます。小学校の先生方の学級経営にも参考になる部分があるのではないかと思っています。


 さて、そのThink!Think!ですが、ついに公教育での導入が決まりました。三重県教育委員会が全国初の包括協定を結んだそうです。
f:id:ict_in_education:20170923170102p:plain:w400
www.chiji-blog.pref.mie.lg.jp


 ICT教育ニュースの方に、より詳細な情報がありました。学力向上推進プロジェクトの施策として、Think!Think!の提供だけでなく、知見を活用していくとのことです。

今回の協定は、三重県の「学力向上推進プロジェクト」の有力施策として位置づけられるもので、花まるラボが保有する思考力育成授業の知見、および思考力育成教材「Think!Think!」の開発運用の知見を活用し、三重県の教育振興に資する教材開発・提供や、教材へのアドバイスなどを行う。これにともない、同社代表取締役の川島慶氏が「三重県数学的思考力育成アドバイザー」に就任した。


具体的には、三重県の小学校を対象とした「Think!Think!」の三重県向け独自開発版 (PC版) の開発・導入を中心に据え、同県の教育振興に資する知見を提供していく。11月からは県内の小学校数校で試験導入し、来年度からは対象校の拡大を計画している。また、特別支援教育や幼稚園への導入も視野に入れている。


花まるラボ、三重県教委と「教育振興のための包括協定」を締結 | ICT教育ニュース

ict-enews.net


 私教育と公教育とのコラボレーションの形として、ぜひ成功してもらいたいと思います。

(為田)