教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

福岡県飯塚市小学校オンライン英会話事業

 福岡県飯塚市教育委員会の新しい試みを知りました(詳細はサイトで→飯塚市/飯塚市小学校オンライン英会話事業業務委託
f:id:ict_in_education:20180204104216p:plain

 飯塚市小学校オンライン英会話事業業務プロポーザル実施要領(本文)を読んでみると、以下のように書かれています。

飯塚市小学校オンライン英会話事業は、学習指導要領改定を踏まえ飯塚市立小学校高学年の児童に対し、聞く、話すに重点をおいた「ICT機器を活用した外国人講師(以下「講師」という。)による個別対面式(マンツーマン)英会話」(以下「英会話」という。)を実施するものである。
本要領は、「飯塚市小学校オンライン英会話事業に係る英会話の実施、実施に必要な連絡調整、事業計画の策定及び事業の効果検証等業務」の委託にあたり、公募型プロポーザル方式の実施によって、価格のみによる競争によらず、企画力、技術力、専門性、創造性、実績等を勘案し総合的な見地から判断して、業務の趣旨や事業内容を十分に理解したうえで正確かつ迅速な対応ができる最適な事業者を選定するため、その手続に必要な事項を定めるものである。

 予算としては、見積限度額が98,493,400円(平成30年度分が50,488,400円、平成31年度分が48,005,000円)となっています。年間5000万円弱ということですね。飯塚市内には小学校と小中一貫校をあわせて20校あります。
 3年生~6年生に向けてやるのか、導入の入り口である3年生と4年生に対してやるのかによって、対象となる児童数が変わってくるかと思いますが、どんなふうに導入されるのか、楽しみです。

 調べてみると、福岡県飯塚市、すごくたくさんのチャレンジをしています。一度、授業見学に伺いたいなあ、と思いました。

(為田)