教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

デジタル世代の新基準DQアンケート調査の結果が「2018 DQ Impact Report」として公表(2018年2月19日)

 2ヶ月ほど前にデジタル世代のDQ(デジタル知能指数*1を測定するためのアンケートについての告知をエントリーとして書きました。
blog.ict-in-education.jp

 たくさんの人にご協力いただくことで、2つのメリットがあるというルールだったのですが、見事、日本全体で1000サンプルを超えたそうです。

  1. 1校で100サンプル以上集められた場合、児童のDQスクリーンタイムスコアやデジタル使用の傾向、サイバーリスクの可能性などを自国や世界と比較した、DQ School Report(約50ページ)を受け取れます。
  2. 日本全体で1000サンプル集めると、2018年のダボス会議で日本のDQレベルが取り上げられます。また、日本の政府向けにもDQ National Reportが発行されます。

 2018年2月19日に、World Economic Forum(通称ダボス会議)と共同で、「2018 DQ Impact Report」が公表されたそうです。
f:id:ict_in_education:20180305121146p:plain

 また、この調査について教えてくれた、慶應義塾大学石山さんがMediumで発信をしてくれていますので、そちらを参照していただければと思います。
f:id:ict_in_education:20180305120814p:plain
medium.com


 保護者や先生方にとって興味深いのではないかと思うのは、「スクリーンタイムの増加」という面です。「ネット上で危険な目に遭わないか」「睡眠時間の減少」「読書量の減少」「不健康な食生活」「社会性の低下」などがグラフィカルに書かれています。
 スクリーンタイムとは、テレビの画面、スマホなどの情報端末などの画面などすべてを使っている時間のことです。スマホでもテレビでも、オンデマンドの動画サービスのように同じコンテンツが見られるようになってきているので、「何の画面を何分見ているか」については、あまり問題ではなくなってきて言うように思います。ビデオゲームにもSNS的な機能がついています。また、スマホ電子書籍を読むこともできるようになってきています。「テレビだから」「スマホだから」というふうに分けずに、総体としてどういう質の時間を過ごしているのか、どういう質の活動をしているのか、ということに着目をしていかなければならないということだと思います。
 だからこそ、今回のDQ Impact Reportのなかで、「ネット上での振る舞い」や「デジタルシティズンシップ」などについての調査がされているのだと思います。今後、協力した学校に対してのレポート、また国の機関へのレポートも出てきます。ぜひ、広く紹介されて学校でのICTの活用や、情報活用能力の育成と関連していくといいなと思っています。

◆ ◆ ◆

 スクリーンタイムについては、インテルのサイトでわかりやすくまとまっていましたので、ご参考にどうぞ。
www.intel.co.jp

(為田)

*1:DQ(Digital Intelligence Quotient)は、DQ Instituteが開発した指標で、「デジタル知能指数」と考えればいいでしょうか。これからの社会では、IQ(intelligence quotient、知能指数)やEQ(Emotional Intelligence Quotient、心の知能指数)以上に、DQが欠かせない時代になると言えるでしょう。DQとは、デジタル世界で自己実現をするために必要な知識、スキル、姿勢、価値観などを含んでいます。