教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

私塾界リーダーズフォーラム「英語×ICT」 イベントレポート No.2(2018年6月4日)

 2018年6月4日に御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで開催された、私塾界リーダーズフォーラム2018に参加してきました。参加者は450人を超え、会場は満席となりました。小学校で教科化した英語とICTというテーマへの関心の高さがうかがえます。
 第2部のトークセッションは、「新時代の英語教育へいま求められる対応力とは」でした。登壇されたのは、株式会社ECC ジュニア事業部 谷口礼子 氏、T&K エンタテインメント株式会社 代表・ECC 個別指導塾ベストワンオーナー 菰口賢一 氏、月刊私塾界編集長 山田未知之 氏の3人でした。
 現地にてTwitterで発信していた内容を中心に、補足をしたレポートを公開いたします。聞き間違いや勘違いなどにつきましては、為田の責任です。イベントレポートは、月刊私塾界にて、プロの手で報告レポートが出ると思いますので、後日、そちらもご参照いただければと思います。
f:id:ict_in_education:20180605144938j:plain

 最初に、ECCジュニアについて、谷口さんから紹介がありました。

 そして、ECC個別指導塾ベストワンの教室を運営されている、菰口さんのキャリアについてのお話へと続きます。


 ECCジュニアのカリキュラムの特長として、CLIL(クリル)学習が紹介されました。CLILは、「Content and Language Integrated Learning」の略で、ECCジュニアのサイトでは「内容言語統合型学習」と紹介されています

 「ひとつのテーマを学ぶ過程で、英語の「聞く・話す・読む・書く」をバランスよく学びながら、4つのCを統合した学習を行います。また、理科や社会などさまざまな分野を英語で学ぶこの学習法は、生徒の話す意欲をかきたて、学習への動機づけとなります」とサイトに書かれています。4つのCは、Content(内容)、Communication(言語)、Cognition(思考)、Culture(博学、国際意識)です。

 CLIL学習の様子を動画で見ることもできますので、ぜひ、ECCジュニアのサイトでチェックしてください。
f:id:ict_in_education:20180605145915p:plain

 教室の様子や授業の様子をもう少し見たかったな、と思いました。

 No.3に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)