教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

授業で使えるかも?:ヒロシマ・アーカイブ

 本日は8月6日。広島への原爆投下の日です。以前にご紹介した、『データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方』を書かれた渡邉英徳 先生のTwitterでは、ニューラルネットワークによる自動色付けをされた写真が発信されているのですが、本日は広島に投下された原爆のきのこ雲の映像でした。

 その後のTwitterでは、渡邉先生が開始したヒロシマアーカイブについても触れられていました。

 広島 原爆の日である今日、振り返って見てみようと思います。
f:id:ict_in_education:20180806160331j:plain

hiroshima.mapping.jp

 こうしてデジタルでアーカイブが残ることで、後世に伝えていくことはもちろん、学校などの現場で活用することもできると思っています。


(為田)