教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

授業で使えるかも?:マイクロソフト「Future Computed:AI とその社会における役割」

 マイクロソフトが出した電子書籍「Future Computed:AI とその社会における役割」をようやく読み終わりました。
f:id:ict_in_education:20180820165115j:plain

news.microsoft.com

 PDFで77ページなので、ざっと読み終えることができます。個人的には、ブラッド・スミスさんとハリー・シャムさんが書かれた、「まえがき The Future Computed」が、20年後にどんな社会になっているのか、ということを描いています。ここだけならば、10ページほどです。ここまでを読んでみて、これからの社会について考えるきっかけにするのもいいのではないかと思います。

 マイクロソフトは、こうした文章だけでなく、以前は動画で将来を見せてくれていました。動画で見られる未来像も、また楽しみに待ちたいと思います(出るのかな?)

www.youtube.com

blog.ict-in-education.jp

◆ ◆ ◆

 また、「第3章 AIおよび職業と雇用の未来」の扉のところに書かれていた、Hari Krishna Aryaさんの言葉がとてもいいな、と思いました。

教師がテクノロジで
置き換えられることはない。
しかし、
テクノロジを使わない教師は、
テクノロジを使う教師により
置き換えられるだろう。

(為田)