教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

授業で使えるかも:ロゴを作ってくれるサイト「hatchful」

 hatchfulというサイトで、ロゴを作ることができます。自分の名前を使って、ロゴを実際に作ってみました。
hatchful.shopify.com

 トップページが表示されて、「GET STARTED」を押してみます。
f:id:ict_in_education:20180828003712j:plain

 どこで使うのかを選べます。「Fashion」や「Home and garden」などを選ぶことができます。ここでは、「Tech」を選んでみました。
f:id:ict_in_education:20180828003714j:plain

 次に、ビジュアルのスタイルを選びます。これでロゴの雰囲気が変わる、ということではないかと思います。「Reliable」を選んでみました。
f:id:ict_in_education:20180828003716j:plain

 そして、ロゴに入れる名前とスローガンを入力します。ここでは、名前を使ってみました。会社の名前を入れたり、学校の授業ではグループの名前とかを使ってみるとおもしろいように思います。
f:id:ict_in_education:20180828003718j:plain

 ロゴをどこで使うかを選びます。「ソーシャルメディア」を選んでみます。
f:id:ict_in_education:20180828003720j:plain

 これでできあがりです。数十種類のロゴがずらりと表示をされます。図工や美術のロゴデザインなどを作るときに、「どういうことを考えるのか」ということのガイドラインとして紹介したり、まったくアイデアが浮かばない児童生徒に対してのサンプルとしての提示をしてもいいと思いました。
f:id:ict_in_education:20180828003723j:plain

(為田)