教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

国語の授業で、スクールタクトを使って川柳を学ぶ模擬授業

 2018年12月15日に開催する「先生のための教育 ICT 冬期講習会@仙台」のなかで行う模擬授業のなかから、「小学校5年生 国語 スクールタクトを使って川柳を学ぶ」模擬授業を紹介します。この模擬授業は、新地町立福田小学校の國分伸志 先生に担当していただきます。國分先生からのコメントを、以下に紹介します。

 小学校5年生の国語科を想定した模擬授業です。本来は俳句の授業ですが、短時間での模擬授業であるため作成に時間がかからない川柳の授業とします。川柳とは五・七・五のリズムで、季語も必要ない短詩ということを学習しているものとします。
 スクールタクトを使うことで、リアルタイムで川柳を共有し、数多くの「コメント」をもとに川柳の推敲ができるのではないかと考えました。
f:id:ict_in_education:20181203111317p:plain

 今回の模擬授業では、スクールタクトを使って川柳を作っていただきます。そしてお互いの川柳を読み合い、よりよくするための「コメント」を送受信し、そのコメントを元に、もう一度川柳を見直すという体験をしていただく予定です。

 「先生のための教育 ICT 冬期講習会@仙台」へのお申込みは、以下のPeatixページでお願いいたします。
ptix.at

(為田)