教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするために、現場目線での情報発信をしていきたいと思います。

授業で使えるかも?:トビタテ「高校生の留学ドキュメンタリー ~なんとなくで決めた留学編~(5分版)」

 2018年12月6日に、私塾界プレミアムセミナーに参加させていただいたのですが、第1部と第2部の間でステージで流れていた、「トビタテ」の映像がとても素敵で、あとでYouTubeで検索してしまいました。「高校生の留学ドキュメンタリー ~なんとなくで決めた留学編~(5分版)」というタイトル。
www.youtube.com

 英語が通じなくてまずい!と言っていた子が、自分の好きな写真(セルフィー)を通じて、だんだん会話ができるようになっていくところとか、好きです。
f:id:ict_in_education:20181209230129j:plain

 その後で、「インスタやってる?」と訊くところとかも、とてもいいな、と。コミュニケーションってこんな感じだよなー、と。グローバルなサービスを使っているとこういうこともできる。ちなみに、英語は「Instagram?」だけ。十分です。このコミュニケーションの先に、いろいろなものが広がっていると思います。
f:id:ict_in_education:20181209230309j:plain

 それから、クラスメイトに漢字を紹介したりするのも、自分でも初めてアメリカに行ったときにやったなあ、と懐かしく思い出しました。
f:id:ict_in_education:20181209230455j:plain

 トビタテでの日々がすごく参加者目線で見ることができて、子どもたちに興味を持ってもらえそうだし、誰かの背中を押すかも知れない動画だなあ、と思ってみていました。たったの5分ですけど、国際交流ってこういうところから始まるかも知れない、というのを考えられる動画でした。

(為田)