教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

授業ではきっと教えない:Office365で暴れまわる恐竜を挿入できるようになった

 マイクロソフトのOffice365の機能で、3Dモデルを挿入できるようになっていて、そこでティラノサウルスを挿入できることを知りました。
nlab.itmedia.co.jp

 PowerPointの[挿入]リボンの[図]→[3Dモデル]をクリックすると、オンライン3Dモデルがずらりと表示されます。ここから、恐竜のカテゴリーを選んでみました。
f:id:ict_in_education:20190130183729p:plain

 簡単に3Dモデルをファイルに挿入することができます。拡大縮小、移動などは、これまでの図形や写真などとまったく同じ操作です。向きを変えたり、ポーズを変えたりすることも簡単にできます。
f:id:ict_in_education:20190130184956p:plain

 …が、これは学校で子どもたちには見せたくないなあ…。きっとスライドのテーマとまったく関係なく、あちこちに恐竜や動物の3Dモデルが歩き回ることでしょう…。教えないでおこう…(笑)

(為田)