教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

授業で使えるかも?:Google検索アプリでGoogle Lensを使って、画像検索

 3月1日にiPhoneGoogle検索をしようと思ったら、見慣れないアイコンが出ていました。これはなんだろう?と思ってタップしてみたら、Google Lens(レンズ)の機能が起動しました。
f:id:ict_in_education:20190305173600p:plain:w400

 手近なところにあった写真を探してみたら、神戸のガイドブックだったのですが、表紙をタップすると検索が始まります。すぐにレスポンスが「ええと...本ですね」と返ってきました。
f:id:ict_in_education:20190305161129p:plain:w400

 もっと対象を明確にしてみようと、表紙の下半分に印刷されている屋根をタップすると、すぐに返ってきました。今度は、「神戸北野ホテル」が表示されました。うーん、この屋根はきっと、風見鶏の館ではないかと思うのだが…。
f:id:ict_in_education:20190305161119p:plain:w400

 でも、こうして名前がわからないものを検索が簡単にできるようになるのは素晴らしいと思います。
 外に持っていって、見たこともない草花を画像検索してみたらどうなるのだろうか、外国などでなんと書いてあるのかわからないモニュメントを見たときに画像検索をしてみたらどうなるのだろうか、などなど、いろいろと使い方が楽しそうです。

◆ ◆ ◆

 …ところが、iPhoneGoogle検索アプリからは、またGoogle Lensのアイコンが消えてしまいました。うーむ、なぜだろう…。まだいろいろと調整中なのでしょうか。
 でも、手元のiPadGoogle検索アプリには、Google Lensのアイコンが表示されていますので、近いうちにみんな使えるようになるのかな、と思っています。

(為田)