教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

書籍ご紹介:『教育の方法と技術 主体的・対話的で深い学びをつくるインストラクショナルデザイン』

 稲垣忠 編著『教育の方法と技術 主体的・対話的で深い学びをつくるインストラクショナルデザイン』が届きました。
f:id:ict_in_education:20190330113750j:plain

 まえがきから、稲垣先生の声が聞こえてくるようです。読むのを楽しみにしています。

本書は、学校の先生をめざす学生の皆さんと学校現場で活躍されている先生方を対象に授業のつくり方(=インストラクショナルデザイン)について解説しています。「これさえ知っておけば大丈夫」「これこそが本当の授業だ!」といった声高な主張をするつもりはありません。(略)「自分ならこんな工夫をしてみたい」「あの方法に今度チャレンジしてみよう」とワクワクした気持ちになれる本にしようと企画しました。

 なお、執筆者のなかに弊社フューチャーインスティテュートの佐藤靖泰も名を連ねております。担当している第14章は「これからの学習環境とテクノロジの役割」です。ぜひ、お読みいただければと思います。
f:id:ict_in_education:20190330113811j:plain

教育の方法と技術:主体的・対話的で深い学びをつくるインストラクショナルデザイン

教育の方法と技術:主体的・対話的で深い学びをつくるインストラクショナルデザイン


(為田)