教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

京都教育大学附属桃山小学校 授業レポート No.4(2020年6月9日)

 2020年6月9日に、京都教育大学附属桃山小学校の山口翼 先生が担当する5年1組の算数の授業をオンラインで見学させていただきました。この日の授業は、山口先生は学校の教室から授業を配信し、児童は各家庭からオンラインで参加するという形で行われました。

 授業が始まる少し前からZoomで待っていると、5年1組の児童がどんどんログインしてきます。これは教室に児童がどんどん入ってくるのと同じ感覚で、山口先生は先にログインしてきた児童と話をしながら、みんなが来るのを待ちます。こうした一つ一つに、教室と似た雰囲気を感じます。オンラインであっても、このような繋がりの場があることが本当に大切なのだと思わされます。

 京都教育大学附属桃山小学校の5年生は、学校では話し合いと協働を中心にした授業をしていて、そのために個人で考えを練り上げるところを家庭学習でやっているそうです。今回見学した算数の授業では、アダプティブラーニングの算数デジタルドリル「やるKey」で出題された難しかった問題について解説し合う活動をしました。

 ロイロノート・スクールのカードをZoomで画面共有して、解説していきます。一人が解説を終えたら、みんなの意見を聴いていきます。やるKeyの問題のスクリーンショットをロイロノート・スクールに貼り付けて、そこに解説を書き加えた画面が共有されていました。
f:id:ict_in_education:20200617153707j:plain

 僕が参加させてもらったグループでは、一人の児童が問題を解説してくれて、その後で、グループのみんなで「いいと思ったところ」を伝え合っていました。例えば、「わかんないところはみんなで考えたのがいい」「答えは書かないようにして、自分で考え直せていいと思った」というようなコメントが出ていました。
f:id:ict_in_education:20200617153804j:plain

 また、「読んでいるだけではなく、画面に文章で書いてあるのでわかりやすかった」というコメントが出ていました。京都教育大学附属桃山小学校では、メディア・コミュニケーション科という教科があり、情報活用能力を養っている成果ではないかと思いました。

 解説の仕方はいろいろで、みんなが自分なりにわかりやすいと思う解説を書き込み、それを説明しているのが素晴らしいと思います。
f:id:ict_in_education:20200617153858j:plain

f:id:ict_in_education:20200617153928j:plain

 授業開始から20分経って、最初のブレイクアウトルームが終了しました。山口先生は、次の課題として、「小数のかけ算(3.26×1.4)の解説書を作ろう!」を画面に表示しました。
 班ごとに取り組む課題なので、山口先生がブレイクアウトルームへ割り振っていきます。実は、山口先生は授業が始まる前に、「自分の名前の前に、教室の班の番号を入れてね」と言っていました。こうすることでZoomの名前表示が「9 為田裕行」のような感じになり、班ごとにブレイクアウトルームへ割り振る設定をするときに便利になります。
f:id:ict_in_education:20200617154023j:plain

 今度は、班で話し合いながら解説書を作るので、グループで一人代表を決めて、代表のロイロノート・スクールのカードを共有して、「計算の手順(順番)」「気をつけるポイント」「筆算」の3つについて話し合った内容を書いていきます。児童たちは、「まず何を書くか決めていこう」「手描きでどんどん書いて、あとできれいに直そう」と話し合います。
 話し合いはZoomを使い、話し合いの成果を出力するのはロイロノート・スクールを使うという形を取ります。言葉から書いていく班もあれば、内容から考える班もありました。筆算をしてみて、それをまとめている班もあります。思考の方向性の違いを知ることができるのがいいなと思いました。手書きで書いていく班も、キーボードで入力している班もありました。
f:id:ict_in_education:20200617154103j:plain

f:id:ict_in_education:20200617154128j:plain

 班ごとに活動している間、山口先生はそれぞれのブレイクアウトルームをのぞいていきます。それぞれの班で共有されている画面を見て、「小数点をとる、っていうのは、具体的にはどうするの?」や「3.14は100倍する、って書いたらわかりやすいんじゃない?」というようにコメントをしていくことで、児童たちの話し合いをサポートしていきます。これも、教室での班活動への先生の関わりをそのままオンラインで実施しているのだと気づきます。
 話し合いの時間の最後に、代表でロイロノートでカードをまとめていた児童が、班のメンバー全員にカードを送って、みんな自分なりにわかりやすくする作業に入っていました。デジタルを協働ツールとして使って、みんなで考えを練り上げていくことに使えているな、と感じました。
 最後に山口先生は、「明日、学校でねりあげて共有しましょう」と言いました。オンライン授業だけで完結するのではなく、実際に教室でみんなで顔を合わせる授業と行き来するように授業が構築されていることがわかりました。

 算数の授業の後は係活動の時間だそうで、山口先生は、「今度は名前の前に自分の係を書いておいてください」と言います。画面には、「プレイ係」「ワクワク係」「科学係」など、5年1組のいろいろな係の名前が表示されていました。ブレイクアウトルームを作るときに、こうして活動に応じて名前の書き方を工夫してもらうのは、便利だと思いました。

 No.5に続きます。

(為田)

新R25「73歳でnoteを始めた寿司職人。「自分の貯金だけで勝負していると、終わりが来る」」

 新R25で、新しいことにチャレンジする73歳の寿司職人、寿司屋「鮨ほり川」の堀川さんのインタビュー記事「73歳でnoteを始めた寿司職人。「自分の貯金だけで勝負していると、終わりが来る」」が掲載されていました。寿司屋「鮨ほり川」は1975年に東京・下北沢にて店を構え、今年で45年を迎る老舗だそうです。堀川さんは、コロナ状況下をきっかけにnote、InstagramTwitterなどのSNSをスタート。若いアルバイト店員に教えを乞いながら、家でも作れる「野菜寿司」や「フルーツ寿司」のレシピを公開しています。

r25.jp

 すごく刺さる言葉が多いです。お寿司屋さんの仕事論として読むのではなく、自分の仕事や自分の身近にある仕事に置き換えて考えられることもたくさんあると思います。

  • もちろん、今回のコロナでお客さんが店に来づらくなったのもきっかけでした。できるだけ自然なかたちで、若いお客さんともコミュニケーションがとりたくて。
    皆さんにとっては、SNSが当たり前に生活のなかにあるでしょう。お客様の当たり前に合わせていくのも商売ですから。
  • アルバイトをしてた子に教えてもらったり、手伝ってもらったりしながらですよ。
  • 自分にできることが増えて、レベルアップした感じがしますね。
  • そもそも僕たち寿司屋の仕事は、「旬のおいしいものを楽しんでもらう」ことに尽きます。
    寿司の作り方をnoteで伝えるのも、店で旬の魚を勧めて握ってあげるのも、根本的には同じ「おいしいものを知ってもらうために、寿司職人ができること」をやってるだけ。
    お客さんのいる場所が店なのか、noteなのかだけの違いです。
  • 長く続けているとね、「貯金だけで勝負すると、いつか終わりが来る」とわかるんですよ。
    私も40~50代くらいのときには、それまで積み重ねた寿司の修行や魚の知識、現場での経験値で十分に勝負できると考えていました。
    でも、自分の知っていることだけを大事に大事に抱えていると、新しいことにチャレンジできなくなる。

 note、Twitter、インスタもされているとのことです。「皆さんにとっては、SNSが当たり前に生活のなかにあるでしょう。お客様の当たり前に合わせていくのも商売ですから」、と言う堀川さんの言葉に、背中がシャンと伸びます。ぜひ、インタビュー全文をR25でお読みください。

note.com

(為田)

京都教育大学附属桃山小学校 授業レポート No.3(2020年6月4日)

 2020年6月4日に、京都教育大学附属桃山小学校で3年生を担任されている田中麻衣子 先生にオンライン授業についてのインタビューをさせていただきました。

 京都教育大学附属桃山小学校の3年生では、主に国語と算数でオンライン授業を実施していたそうです。オンライン授業と言っても、3年生はタブレットにこれから慣れていく段階なので、家庭で保護者にサポートしてもらいながら活用している状態だそうです。そのため、Zoomを活用したオンタイムでの授業は保護者の時間を都合するのが大変になるため、授業は基本的には行わず、ロイロノート・スクールを活用したオンライン学習をメインに行っていたそうです。
 しかし、5月初旬に決定した休校期間の延長後には、Zoomを使った学級活動を導入し、新しい担任の先生やクラスメイトと顔を合わせる場面を設定することで、学校再開へのモチベーションを高めていったそうです。ただし、このZoomを使った学級活動の時間は、保護者の協力が必要な子どもたちが多数を占めるという実態があったので、設定する時間帯を配慮したり、回数を決めて行ったりしていたそうです。

 そうした状況で、リアルタイムでない非同期の形で、行っていた算数のオンライン授業では、児童が描いた棒グラフをまとめて、みんなで見せ合ったりしていたそうです。
 国語の授業では、いまは音読ができないので、音読している様子を動画で撮影して、それを見せ合い、「どんないいところがあったかな」といった方法で交流しているそうです。
f:id:ict_in_education:20200616174828p:plain

 オンライン授業で設定する課題は、ロイロノート・スクールで配信しているそうです。送られてきた課題の取り組み方としてはタブレットの画面上で取り組む児童もいるし、印刷して取り組んでから撮影し提出する児童もいるそうです。比率としては、3分の2が直接書き込み、3分の1は印刷したい、という感じだそうです。
 現在では休校期間が終わり、児童が登校できるようになったので、プリントを渡すことができるようになり、課題の幅が広がるようになったと思います。課題の内容によって、タブレット上でやった方がいいものも、プリントの形でやった方がいいものもあると思いますので、渡す課題のスタイルを選べるのはいいことだと思います。

 これまでの通常の授業とオンラインの授業を比較したときに、田中先生は「対面の授業だと、子どもの反応がわかる」と言います。たとえ意見を言っていなくても、うなずいている様子が見えたり、首を傾げている様子が見えるのは、先生方にとって大きな意味があったのだと思います。それがオンラインになると分からず、Zoomなどを利用したオンタイムの授業を行うことが難しい実態があったため、そこは工夫をしなくてはならない部分だったのだと思います。
 ただ、オンライン授業の形で課題を提出してもらうようになって、提出状況や到達度をひと目でわかったり、記録を取りやすかったりする、という利点もあると田中先生は言います。
f:id:ict_in_education:20200616174914p:plain

 課題の提出期限は、2日後くらいにしているそうです。これは、保護者と一緒に家庭で学習をしているケースが多いことを考慮しているからです。急に「明日までに提出」と言われても時間が取れる家庭とそうでない家庭がありますので、こうした気配りは大変ありがたいと思います。
 オンライン授業が始まって1~2週くらいは、問い合わせの電話が保護者からかかってきていたそうです。1年生が入学式の日程で操作説明会を保護者が受けられたのと比べると、3年生の保護者にはそうした機会がなく、また児童も慣れていたわけではないため、わかりにくい部分もあったのだろうと思われます。
 ただ、そうした点があっても、「何もできないよりも、リアルタイムでなくてもオンライン授業をしてほしい」というのが保護者の声だったそうです。この声に答えるために、オンラインとオフラインを組み合わせて授業を進めていっていることがわかりました。

 No.4に続きます。

(為田)

静岡県立掛川西高等学校 プロジェクトレポート No.3(2020年5月28日)

 静岡県立掛川西高等学校が総合的な探究の時間で行った、医療従事者を応援する動画を投影するプロジェクトをレポートしています。いよいよ試写と本番をレポートします。

動画投影の試写

 医療従事者を応援する動画投影の試写を中東遠総合医療センターで行いました。学校が休校中であることと、医療センターが新型コロナウイルス対応の最前線の場所であるという事情ですので、生徒は不参加とし、教員数名と市役所・病院関係者 数名で行ったそうです。

 掛川西高校のパソコン部の顧問である吉川牧人 先生は、「実は日頃行っているプロジェクションマッピングの重要なポイントは映像だけではありません。プロジェクターを支える土台が非常に重要になります」と言います。
 大きなプロジェクターを支える土台は、いつも掛川工業高校のメンバーが手伝ってくれるそうです。こうして地域の学校が協力してさまざまなプロジェクトにあたっていけるのは、地域の中で学校が大きな役割を果たしていることの証明なのではないかと思います。
f:id:ict_in_education:20200614072036p:plain

 いつもは生徒がプロジェクターの設置や準備を行っているので、今回、初めて教員だけで準備を行ったそうで、小さなトラブルは続出したそうですが、無事に準備が完了し、投影もうまくいきました。

医療従事者を応援する動画投影 本番

 休校中にもかかわらず、総合的な探究の時間として行ってきた「医療従事者を応援する動画を投影するプロジェクト」は、ここまでレポートしてきたように、企画や製作もすべてSNSやZoomなどのテクノロジーの力を使って実現させたものです。
f:id:ict_in_education:20200614072134p:plain

f:id:ict_in_education:20200614072152p:plain

f:id:ict_in_education:20200614072216p:plain

 YouTubeで動画を見ることもできます。映像のBGMの中心となる曲も、生徒さんが作曲したそうです。
www.youtube.com

まとめ

 掛川西高校の総合的な探究の時間は、高校生が「地域課題を、地域の方々(市役所、民間企業)と連携して探究する」ことを目指しています。今回の「医療従事者を応援する動画を投影するプロジェクト」は、この目的をテクノロジーの力を借りて実現したものであるだけでなく、社会の最先端の課題が、自分たちの地域と密接に関わっているということを感じる機会になったのではないかと思います。
 こうした場を、学校の先生方がテクノロジーを使いながらサポートし、生徒たちに任せて実現させることができているのは、学校が持つ力を実感させてくれるものだと思っています。

(為田)

教材で使えるかも?:広報紙などの多言語閲覧サービス「Catalog Pocket」

 株式会社モリサワが運営しているCatalog Pocketというサービスで、広報紙、カタログ、チラシ、フリーペーパーなどを無料で閲覧することができます。地域情報などを授業のなかで紹介するときなどに使えるのではないかと思いました。
 Catalog Pocketは、多言語での閲覧に対応しています。訪日外国人や日本在住の外国人の方にもご利用いただけます。例えば、「広報ぎふ」(令和2年6月15日号)を見てみると、対応言語は、「日本語、英語、韓国語、中国語繁体、中国語簡体、タイ語ポルトガル語スペイン語インドネシア語ベトナム語」となっていました。
 言語を選んで、「閲覧する」をクリックするだけで、情報をその言語で読むことができます。また、読み上げ機能もあります。もともとの広報誌のレイアウトの上に、対応する言語での文章が表示をされます。
 こうして、メディアを多言語にして、いろいろな人と共有することができるのは、デジタルの強みです。地域に住む外国語を話す方々や観光客向けにも使えるテクノロジーだと思います。
f:id:ict_in_education:20200615172300p:plain

 また、同じテクノロジーを使って教材や配布物を学校や地域が作れば、日本語以外の言語の助けも必要な状況の児童生徒や保護者向けの情報提供が行えると思いました。まだ種類がそんなに多くないのですが、さまざまなカテゴリでの情報が用意されているので、いろいろと見てみたいと思います。
www.catapoke.com

(為田)

静岡県立掛川西高等学校 プロジェクトレポート No.2(2020年5月28日)

 静岡県立掛川西高等学校が総合的な探究の時間で行った、医療従事者を応援する動画を投影するプロジェクトをレポートしています。
 生徒たちは、医療従事者を応援するプロジェクションマッピングを実施するために、「どのような内容のメッセージを、どのような方法で集めるのか」「集めたメッセージをどこに投影をするのか」を考えていくことになります。

メッセージをどう集めるか

 2年生全体に、応援メッセージを寄せてもらうよう呼びかけるために、医療センターのコロナ患者受け入れの状況がいかに大変なのかを、副市長からの緊急メッセージ動画で配信しました。Zoomで撮影・編集した、6分間の短いメッセージでしたが、副市長からクルーズ船の患者を受け入れてから、コロナ患者受け入れの地域の拠点になっていること、病院がまるで災害時のような緊迫感と疲労感であること、などのお話をいただきました。

 応援メッセージをどうやって集めるかについては、生徒たちはSNS上でミーティングをしました。
 デジタルで集めるか、紙で集めるか。イラストにするか文字にするか。生徒たちは、「作業のしやすさは圧倒的にデジタルだよね」「でも紙で書いた方が温かみがある」「紙をデータで取り込んで見えるの?」「日本史の授業で、振り返りシートを紙で書き、写真にとってクラスルームで送っているけど、十分に見えるよ」などと、それぞれのメディアの特性を考えたディスカッションが行われたそうです。
f:id:ict_in_education:20200614071356p:plain:w400

 結果、3つの方法が推奨され、臨時休業中の5月8日の「総合的な探究の時間」(掛川西高校ではCT(CREATIVE TIME)と呼んでいます)に、Googleクラスルームを通じて、2年生全員に配信されました。

  1. 手書きのメッセージ・イラストを描く
    • 一人ひとりの思いを伝えるためにも、電子的なものより手書きや色がついたもの。絵などが好ましい。
    • 自分でデータ化できる人は、データ化してGoogleクラスルームの課題に添付して提出
    • 次の登校日に担任の先生に提出
  2. デジタルデータでメッセージ・イラストを描く
    • Googleクラスルームの課題に添付して提出
  3. テキストでメッセージだけ書く
    • 共同編集できるGoogleドキュメントを用意し、そこに各自で入力する。

f:id:ict_in_education:20200614071558p:plain

 この呼びかけに対して多くの生徒が、デジタルのイラストを返信したり、テキストの共同編集でコメントを入力していったそうです。
f:id:ict_in_education:20200614071627p:plain

f:id:ict_in_education:20200614071642p:plain

 短い募集期間だったにもかかわらず、多くの2年生や教員がメッセージを提出してくれました。

動画を投影する場所探し

 教員が市役所の職員、協力してくださる地域の方数人と、投影場所の候補地を下見し、生徒とGoogleEarthで地図などを共有していたそうです。
 医療センターの方や市役所の方にも確認をしてもらいながら、映像を投影する場所を探していきましたが、最終的には、病院東側の救急の入り口に映像を投影することになりました。

投影する映像の準備

 映像する場所が決まったところで、掛川西高校は登校日における中間テストに入りました。掛川西高校は休校中も通常の時間割通りに授業動画を用いた自宅学習がオンラインで進んでいたので、中間テストも予定通りに行えました。
 中間テストの最終日に、メンバーが最終のイメージ調整をしました。掛川西高校のパソコン部の生徒たちは、これまでにもプロジェクションマッピングを作ってきていますが、今回は医療従事者を励ます応援メッセージなので、派手さよりも、メッセージがきちんと伝わることを重視したものにしたそうです。途中、市役所の方々とのミーティングもZoomで行っていたそうです。
f:id:ict_in_education:20200614071733p:plain

 最後に、校長先生に最終プレゼンを行って、OKをもらい、いよいよあとは試写と本番を待つばかりとなりました。

まとめ

 メッセージを集めるところでも、方法を3つ用意してあるところが素晴らしいと思います。GoogleクラスルームやGoogleドキュメントなど、クラウドサービスを活用することで、学年全体でプロジェクトに取り組んでいるところが素晴らしいと思います。
 また、市役所の方々とのオンラインミーティングも普通に行っていた、というのは、この時期のリモートワークに取り組んでいた社会全体との一致を感じます。学校と社会とができるだけ同じ状況にあることは、学びの場として望ましいのではないかと、僕は個人的に思っています。

 No.3に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

教材で使えるかも?:死後データの意思表明プラットフォーム「D.E.A.D.」特別鼎談

 死後データの意思表明プラットフォーム「D.E.A.D」特別鼎談を読みました。D.E.A.D.は、「Digital Employment After Death(死後デジタル労働)」の略で、テクノロジーによって、故人を擬似的に復活させることができるようになった現在、考えていかなくてはならないテーマだと思います。

 この特別鼎談では、ソーシャルメディアや死者のプライバシーについて研究する折田明子 先生と、D.E.A.D.をローンチしたWhateverの川村真司さん、富永勇亮さんが鼎談をしています。
 前半のテーマが「死者に権利はあるのか?」、後半のテーマが「死者の「復活」をどう考える?」となっています。2019年末の紅白歌合戦でのAI美空ひばりさんの復活など、子どもたちにも身近で見たことがある事例なども話されています。

boundbaw.com

boundbaw.com

 鼎談も非常におもしろかったのですが、「D.E.A.D」のサイトで見ることができるさまざまな調査結果なども、ここを入り口に現代社会や倫理などの授業を行えるのではないかな、と思いました。議論の基礎のところに鼎談で語られていることを入れると、より議論が深まるのではないかと思います。
f:id:ict_in_education:20200614160614p:plain

 児童生徒の家庭環境や、住んでいる地域などによって、評価はまったく変わってくるとは思うので、学校の授業で地域や子どもたちのことをわかっている先生方が議論をリードすることでより学びが深まるように思います。

(為田)