教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

新渡戸文化中学校 授業レポート No.4(2020年9月4日)

 2020年9月4日に、新渡戸文化中学校を訪問し、英語の山本崇雄 先生と数学の芥隆司 先生が担当する数学×英語のクロスカリキュラムの授業を参観させていただきました。

 後日、芥先生から、生徒たちが作った“英語と数学が学校で出会うストーリー“を見せてもらいましたので、紹介します。

f:id:ict_in_education:20201009191807j:plain

f:id:ict_in_education:20201009191810j:plain

f:id:ict_in_education:20201009191814j:plain

f:id:ict_in_education:20201009191816j:plain

f:id:ict_in_education:20201009191822j:plain

f:id:ict_in_education:20201009191804j:plain:w400

 芥先生から、以下のようなコメントをいただきました。

みんなが熱心に取り組んでくれました。英語と数学が出会うストーリーには学んだことのある図形のものが多く収穫だったのですが、中には「英語のNo(いいえ)は数学だとNo(ナンバー)」のような違いをストーリーにしたものや、「銅像からGolden Ratio(黄金比)の発見」のようにまだ学んでいない英語と数学をつなげていたものも見られました。英語と数学を AR という関数に入れると何が生まれるかということに、逆にこちらを気づかせてくれました。生徒たちの創造性にはいつも驚かされっぱなしです。

 僕も実際に学校のあちこちで英語と数学が出会う場面を探している生徒たちを見ていて、また最後の作品をこうして見てみて、「ああ、こういう考え方をしたのか」「こうやってつなげたのか」と驚かされます。こうした創造性が現れる様子を教室でみることができたのがとても良かったと思います。

 デジタルを表現の道具として、創造性をどう伸ばしていくのかが楽しみになる授業でした。

(為田)

新渡戸文化中学校 授業レポート No.3(2020年9月4日)

 2020年9月4日に、新渡戸文化中学校を訪問し、英語の山本崇雄 先生と数学の芥隆司 先生が担当する数学×英語のクロスカリキュラムの授業を参観させていただきました。授業は大きなオーディオビジュアルルームで行われ、3時間目から5時間目までのクロスカリキュラムの授業を、中学1年生から中学3年生まで3学年一緒に受けていました。

 昼休みをはさんで、“英語と数学が学校で出会うストーリー“作りを本格的にスタートさせていきます。そのために、iPadを使ってARを作る方法を芥先生は説明していきます。Keynoteに写真を挿入したり、描画モードやテキストボックスを使ってARで表示したいものを作ります。生徒たちは、スプリットビューでKeynoteとカメラロールを左右に表示させるなど、慣れた手つきでiPadを操作していきます。
f:id:ict_in_education:20201008114510j:plain

 そうして作った画像をARmakrで読み込んで、実際の風景のなかに置いていきます。ARmakrでは、置いたものを動かすこともできます。

AR Makr

AR Makr

  • Line Break, LLC
  • 教育
  • 無料

 ARの作り方だけではなくて、山本先生からは「triangleやpentagonなど、形を英語で言う機会は、日常ではあまりないかもしれないけれど、"英語が数学みたいなところ”はいろいろあります。例えば、イコールの役割をするbe動詞とかが近いかも知れない。このイコールの関係であるものを写真の中に入れてもいいと思います」というふうに、英語と数学のクロスカリキュラムならではアドバイスもされていました。
f:id:ict_in_education:20201008114610j:plain

 生徒たちは、いろいろな場所にARを入れて撮影をしていました。現実の風景のなかに、自分たちの作ったオブジェクトが仮想的に配置できて映るのは、現実空間と仮想空間が混じり合う感じで、非常におもしろく、見学に来られていた先生方も、生徒たちと一緒にARの素材になったりしていました。
f:id:ict_in_education:20201008114848p:plain

 英語と数学がクロスカリキュラムになっているだけでなく、生徒と先生が一緒に「Creation(創造)」に関われる授業となっていたのが非常に印象的でした。
f:id:ict_in_education:20201008115048j:plain

 グループでARを作るときに、それぞれの役割を分担していましたが、自分の得意なところや好きなところがそれぞれに違うので、アイデアを出すのが好きな人、絵を描くのが好きな人、というふうにそれぞれの強みでCreation(創造)に関われる活動になっていたのがいいなと思いました。
f:id:ict_in_education:20201008115116j:plain

 数学と英語を、社会の中に新しい形で組み込んで、それを表現する授業になっているのがおもしろいと思います。

 No.4に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

教材で使えるかも:The Guardian「Interactive European language map: how does everyone say cat?」

 Twitterのタイムラインで流れてきた、The Guardianのサイト「Interactive European language map: how does everyone say cat?」がとてもおもしろかったです。タイトルにもあるように、「ヨーロッパの各国では、“猫”ってなんていうの?」というのがわかるサイトです。
www.theguardian.com

 サイトにアクセスして、ページタイトルに書かれているとおり、「cat」とキーワードを入力すると、ヨーロッパの地図上の言語に翻訳されて表示されました。けっこう違っているのですね…。
f:id:ict_in_education:20201008155833p:plain

 どういう分かれ方をしているのかな、と思ってちょっと検索してみました。Wikipediaで「インド・ヨーロッパ語族」を検索してみて、ヨーロッパで話されている言語に関するところを抜き出してみました。


インド・ヨーロッパ語族 - Wikipedia から抜粋

 なるほど、この違いが明確にわかる単語があったら、見てみたいなと思いつつ、いろいろな言葉で探してみました。とはいえ、英語以外の言語で知っている語彙が少なすぎる…。とりあえず、サッカーが英語では「football」で、イタリア語では「カルチョ」で、けっこう違いそうだな、と思って調べてみました。イタリア語はイタリック語派。同じところには、ルーマニア語ポルトガル語スペイン語などが入っています。どれどれ…と見てみると、いずれも「football」に近い感じ…「calcio」、特殊すぎないか…
f:id:ict_in_education:20201008160543p:plain

 同じくヨーロッパサッカーの大会を見ているとよく聞く、「カンピオーネ」。たしか英語はchampionだったはず…と、こちらで検索してみました。お、これはけっこうおもしろい。ポーランドスカンジナビア3国は全然違う感じですね。でも、スカンジナビア3国はゲルマン語派、ポーランドはバルト・スラブ語派ですね。うーん、そう簡単に見つかるものではないのですね。
f:id:ict_in_education:20201008160449p:plain

 Twitterでは、「library」でやってみているのも見ました。自分でもやってみました。こちらは、「library」のようにlからは始まる言語と、ビブリオバトルでおなじみ「biblio」で始まる言語が混ざっています。[biblio-]は「本、聖書」を意味する接頭辞なんですね。
f:id:ict_in_education:20201008160604p:plain

 うまく世界史や文化史などと絡めていろいろな言葉を見てみるとおもしろいのではないだろうか、と思いました。これも、ICTがあってこそ、いろんな言葉でどんどん試してみることができて、とても便利だと思いました。いろいろな単語を検索して調べていこうと思います。

(為田)

新渡戸文化中学校 授業レポート No.2(2020年9月4日)

 2020年9月4日に、新渡戸文化中学校を訪問し、英語の山本崇雄 先生と数学の芥隆司 先生が担当する数学×英語のクロスカリキュラムの授業を参観させていただきました。授業は大きなオーディオビジュアルルームで行われ、3時間目から5時間目までのクロスカリキュラムの授業を、中学1年生から中学3年生まで3学年一緒に受けていました。

 Mentimeterを使ったあとは、新渡戸文化学園全体で大事にしている「Creation(創造)」に取り組みます。生徒たちが一人ひとり持っているiPadで、どんなCreation(創造)ができるのかを伝えるために、Appleの「iPad - Homework - Apple」の動画をみんなで見ました。

iPad - Homework - Apple


 芥先生は、「英語と数学はどちらも学校で習っていることなのに、お互い繋がっていないようにも思える。“英語と数学が学校で出会うストーリー”をみんなで作ってみましょう」と言います。
f:id:ict_in_education:20201007123307j:plain

 今回の授業では、ARを活用したストーリーやプレゼンテーションを1分間の動画として作ります。風景などを撮影する「カメラ」、ARに取り込む素材を作る「Keynote」、ARを作る「ARmakr」を使って動画作りに取り組みます。芥先生は、3ステップの制作ステップを示しながら、作品作りについて説明していきます。
 生徒たちは、自分が必要だと思う情報は、どんどんiPadで撮影して、自分がいつでも見られるようにしていて、普段からiPadが身近なツールとして使われていることを感じさせます。
f:id:ict_in_education:20201007123342j:plain

 2人~3人でグループを作り、演者、カメラマン、脚本の役割を分担して、教室を出て“英語と数学が出会うストーリー”を学校のあちこちに探しに行きます。
f:id:ict_in_education:20201007123409j:plain

f:id:ict_in_education:20201007123440j:plain


 No.3に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

教材で使えるかも?:手をかざすだけで料金を支払えるデバイス「Amazon One」

 2020年9月29日に、Amazonは「Amazon One」を発表しました。Amazon Oneは、手のひらを端末にかざすだけで支払いや個人認証が可能になる非接触型のデバイスです。いまのICカードで行っていることなどを、手のひらでできるようになる、ということだと思います。
blog.aboutamazon.com

 シアトルにあるAmazon Goストアなどで、Amazon Oneはすでに実装されていて、実際に使用することができるそうです。手のひらで、非接触で認証ができるのは、すごいと思います。生体認証システムとしては、瞳を使った虹彩認証もありますが、これは店舗の入り口などでやったら時間がかかりますものね。

 動画がYouTubeにアップされています。これによって、今まで不便だったことがどう解決されるのか、ということを知ることができます。


Amazon One: an easier way through your day

 また、こうして記録されたデータはどのように管理するのか、手のひらのデータや顔のデータなど、についてコメントをしている動画もあります。

Amazon One Lets Consumers Pay With Their Hand

 この動画を起点にして、問題解決やプログラミングなどの授業への導入にすることもできると思います。

(為田)

新渡戸文化中学校 授業レポート No.1(2020年9月4日)

 2020年9月4日に、新渡戸文化中学校を訪問し、英語の山本崇雄 先生と数学の芥隆司 先生が担当する数学×英語のクロスカリキュラムの授業を参観させていただきました。授業は大きなオーディオビジュアルルームで行われ、3時間目から5時間目までのクロスカリキュラムの授業を、中学1年生から中学3年生まで3学年一緒に受けていました。
f:id:ict_in_education:20201007055150j:plain

 新渡戸文化中学校では、生徒たちは一人1台のiPadを持ち、自律的に学んでいくカリキュラムになっています。今年度からAI型タブレット教材Qubena(キュビナ)の数学(1学期から)と英語(2学期から)を利用して、一人ひとりに合わせた内容で自学に使っています。
 山本先生は、授業の最初に「iPadにQubenaが入ったことで、自分でやりたいことをやってみる時間ができた。そこを活用してほしいと思います」と生徒に説明していました。
 山本先生は、Qubenaの英語の画面を見せながら、「スキマ時間に好きなものをどんどんやってください。英語を話すのが好きならスピーキングをやってください。そして、まとまった時間が取れるときには、ぜひ“総合的に学ぶ”に取り組むのがいいと思います」と、具体的にどんなふうに学習を進めればいいのかを伝えていました。
f:id:ict_in_education:20201007055220j:plain

 生徒たちは思い思いの場所で、自分で選んだコンテンツで学んでいきます。AIによって一人ひとりにあった問題が自動出題・自動採点されるQubenaを使って、どんどん自分の学びを作っていきます。
f:id:ict_in_education:20201007055304j:plain

 時間をとってQubenaに取り組んだところで、芥先生が「夏、Mathってましたか?」とプレゼンテーションを始めます。「日常生活のさまざまなところにも数学はあります」と言う芥先生は、例えばサッカーをみんなでしていたら、「サッカーは11人でやる」「11は素数」…と、どんどん日常の中にある数や数学へと話を進めていきます。
f:id:ict_in_education:20201007055358j:plain

 芥先生は、Mentimeterを使って、英語×数学クイズを行いました。スクリーンにQRコードを映し出すと、生徒たちはiPadのカメラで読み込んで、Mentimeterにアクセスし、コードを入力します。
 芥先生は「クイズには、1人で参加しても、隣の人と一緒に参加してもOKですよ」と言います。どう学ぶかについても、生徒たちに選んでもらえるようにしているのだとわかります。
f:id:ict_in_education:20201007055449j:plain

 英語×数学クイズで出題された問題は、「アルファベットの個数を因数分解してください」「4と9に共通していることは何か」「正三角形を英語で言うと?」のような問題で、教科を越えた気づきや思考が生まれるように作られていました。
 Mentimeterを使ってアンケートに答えていくと、回答の分布がグラフで簡単に見られますし、問題を終えるごとに正解数や回答時間に応じて得点が集計され、順位表が表示されます。これが非常に盛り上がるようになっていました。
f:id:ict_in_education:20201007055624j:plain

f:id:ict_in_education:20201007055736j:plain

 選択問題が終わったあとは、自由記述でのアンケートを同じMentimeterを使って行っていました。芥先生が生徒たちに出した問いは、「英語や数学で学ぶことの性質を、「英語は~~、数学は~~」のように挙げてください」というものでした。生徒たちは、自分の考えをiPadを通じてどんどん入力していきます。
f:id:ict_in_education:20201007055822j:plain

 みんなの入力した回答が、どんどん前のスクリーンに表示されていきます。一人ひとりが考えたことを瞬時に共有し、それを見ながら先生が次の授業展開に活かすことができるのは、ICTを活用しているからこそです。ぐいぐい生徒たちが引き込まれていきます。
f:id:ict_in_education:20201007060019j:plain

 No.2へ続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

書籍ご紹介:『ゼロから学べるオンライン学習』

 石井英真 先生監修、秋山貴俊 先生・長瀬拓也 先生 編著の『ゼロから学べるオンライン学習』をお送りいただきまして、読ませていただきました。ありがとうございます。

ゼロから学べるオンライン学習

ゼロから学べるオンライン学習

 監修の石井先生による巻頭言に書かれていた文章が非常にいいと思いました。

かつても今も、どんな道具を使って書いたのかで、書いたもののよしあしを競うことはありません。
オンラインという技術も同じです。オンラインを使いこなせるかどうかが個々の学校や教師の教育活動の質を決めるわけではありません。しかし、このコロナ禍で、オンライン環境が標準装備されることは、パソコンで書くことが普及することで、研究活動の生産性が格段に上昇したように、学校教育の当たり前を変えて、学校という制度がもつ様々な昨日を増強する可能性があります。
特に、オンラインが増強するのは、学びの深さや授業の質というより、学習支援の手厚さという点ではないかと思います。本書のタイトルが「オンライン学習」であることは、そのような意味において理解される必要があります。(p.2)

 この巻頭言を皮切りに、その後は、たくさんの先生方が実践してきたオンライン学習の方法や、その背景にある考え方を紹介してくださっています。コロナ禍で学校がどう変わっていけるのか、何を大切にすべきなのか、ということを知ることができるのではないかと思います。

(為田)