教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

淑徳小学校 淑徳アルファ カズトロジー 授業レポート No.3(2022年4月26日)

 弊社フューチャーインスティテュートは、淑徳小学校放課後クラブ 淑徳アルファで、コンピュータを使ってさまざまな活動を行う授業「カズトロジー」を行っています。

 2022年4月26日、2年生のクラスでは前週から続けて2回めの授業で、「小さい字が入ることばをたくさんかこう」という活動をしました。1年生の後半から隔週で1回の授業でキーボードを使ったローマ字入力を始めましたが、この4月に2年生になって本格的にローマ字の機会を増やしていきます。
 1年生の後半でキーボード入力を始めてすぐに、子どもたちから「先生、小さい“つ”ってどうするの?」とよく質問されます。ローマ字表には、「次の子音を重ねると…」と書かれていますが、ローマ字のルールを覚えていない1年生・2年生には難しいのが現状です。
 そこで、まずは、自分の入力したい文字を、一対一対応で、一文字ずつ、ローマ字を入力してもらい、その延長で、「小さくしたい文字の前に「x」を押してね」ということを教えています。

 前週の1回目の授業では、schoolTaktでワークシートを配り、ローマ字表を見ながら自分で小さい字が入った言葉(「っ」「ゃ」「ょ」など)を、「x」を使って思いつく限りたくさん書いてもらいました。
 2回めの今回は、最初に自分で書いた小さい字が入った言葉を、ドラッグしてワークシートの上の方に移動してもらいます。その後で、ワークシートの下の方に、大きな横長の円を2つ作ってもらい、真ん中で重なるようにします。そして、それぞれの丸の横に、「っ」や「ゅ」などのように、小さい字を書いてもらいます。
 そして、「っ」の丸の中に、自分が書いた「っ」が入っている言葉を移動させます。このときに、丸を再背面にしないといけないことを説明します。「丸が重なるところに入る言葉はどんな言葉かな?」と質問してみると、「“っ”と“ょ”が両方入ってる言葉!」と答えが返ってきます。「どちらの丸にも入らない言葉はそのまま外に出しておきましょう」と言うと、ルールはわかってもらえたので、子どもたちは自分たちでどんどん言葉を動かしていきます。

 丸に入れる/入れないというルールができたことで、逆に「“っ”と“ょ”が両方入る言葉ってある…?」と子どもたちが新しい言葉を探していくこともありました。

 みんな、自分の好きな言葉をたくさん書いていきます。お寺が好きな子は、お寺の名前や仏様の名前をたくさん書いてくれています。自分の好きな言葉を書くからこそ、ローマ字表を一生懸命見ながら書いてくれます。

 しばらく見てみると、みんながいろいろなチャレンジをしていることがわかりました。丸を3つにしている子もいます(3つになると、途端に難しくなるように思いますが…)。
 また、丸の後ろに画像を背景として貼り付けている子もいました。これは、「再背面に移動する」を適切に使えているということです。背景を入れる活動を取り入れてもいいな、と思いました。

 クラスメイトがどんな言葉を書いているかが見えることで、アイデアが広がることがあります。また、丸を増やしてみようか、とか、背景に画像を入れてみようか、とか、こうしたアイデアもクラス全体で共有できるのがいいと思います。
 また、ついでにベン図での情報の分類の仕方にも少しだけ触れることができたのも良かったと思います。1年間かけて、こうして少しずつシンキングツールに触れていく機会を増やしていこうと思います。

(為田)

淑徳小学校 淑徳アルファ カズトロジー 授業レポート No.2(2022年4月26日)

 弊社フューチャーインスティテュートは、淑徳小学校放課後クラブ 淑徳アルファで、コンピュータを使ってさまざまな活動を行う授業「カズトロジー」を行っています。

 2022年4月26日、「ことばをたぐろう」の活動をした授業の最後に、5分間だけ、僕がこのところずっと考えている問題について、3年生のみんなに相談に乗ってもらいました。
 その問題とは、ある小学校で先生方と議論した、「考える力とはどういうものか」という問題です。自分だけで考えていてもわからないので、3年生はどんなふうに「考える」ということを考えているのだろうと思って、「考えるってどういうことだと思う?」と尋ねてみました。
 すると、3年生たちは、手を挙げていろいろな言葉を口々に言ってくれたのですが、良い表現も多かったので、できるだけたくさんの子の表現を聴きたいと思い、その場でschoolTaktでワークシートを作成してみんなに送り、書いてもらうことにしました。3年間、schoolTaktを使って一緒に勉強してきた3年生たちなのですが、教材を僕が作っているところは見たことがなかったので、「先生、いまつくってんの?」「はやく送って」と言われながら、ワークシートを送りました。

 子どもたちからは、「答えを探す」「何かを一生懸命探す」「頭を働かせる」「考える=自由」など、さまざまな意見が寄せられました。「全然わからない」という子もいました。他の人の意見も見られるようにして参考にしてもOKにしました。言葉ではなく、絵を使うのもOKにしました。考えたけどわからなければ、「わからない」と書くのも、白紙で出すのもOKにしました。(パンダの絵が多いのは、何の流行だろう…)

 特に印象に残った表現は、2人の子が書いていた、「考える=自由」という表現です。「考えることが自由につながる」という意味だったのか、「(どんなことでも、)考えるのは自由だ」という意味だったのか、どんなふうに考えていたのか、さらに聴いてみたいなと思いました。

 こうした抽象的な問いをいままであまりしたことがなかったのですが、3年生でも自分たちなりの表現で書こうとしている様子が見られたので、今後、こども哲学的な実践もやってみたいな、と思いました。また、もっとぎっしり字数を使って書いてもらったり、どんなときにそう思うのかを書いてもらったり、そういう活動にも繋げていきたいと思いました。

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

 No3に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

【メディア掲載】東洋経済education×ICT「教育専門家が選ぶ「子どもの教育」のいろいろな悩みを解決してくれる11冊」(2022年4月29日)

 2022年4月29日に公開された、東洋経済education×ICT「教育専門家が選ぶ「子どもの教育」のいろいろな悩みを解決してくれる11冊」のなかで、聖徳学園中学・高等学校学校の品田健 先生が著書『学校のデジタル化は何のため?』を紹介してくださいました。

 ここで挙げられている11冊に並べていただいているのは大変光栄です。著書を選んでいただき、コメントをくださった品田先生、本当にありがとうございます。

「突然、子どもにタブレットやラップトップが渡されることになって驚いたり不安に思っている保護者の方も少なくないと思います。社会に出ればICT機器が必要なのも理解しているけれども、学校生活に本当に必要なのだろうか?と疑問に思うこともあるでしょう。そもそも何に使うのだろうか?なぜ使うのだろうか?そんな疑問に答えてくれる1冊です。持ち帰った端末をご家庭でどう扱えばいいのかを考えるヒントにもなるはずです」

そもそも「端末を授業で使うこと」は目的ではなく、あくまで手段だ。だが、本書では、一度立ち止まって「何のためにICTを授業で使うのか」という目的が明確でなければ、ICTの活用が成功しているのか、失敗しているのかわからないとし、その目的について丁寧にひもといてくれている。学校のデジタル化について、不安や懸念がある保護者はもちろん、ちゃんと理解しておきたい!という人にお薦めだ。

 他に薦められている本も、「読んでみたい!」と思う本がたくさんあります。GWはインプットの日々にしようと思っています。(積読にならないようにせねば)
toyokeizai.net

(為田)

淑徳小学校 淑徳アルファ カズトロジー 授業レポート No.1(2022年4月26日)

 弊社フューチャーインスティテュートは、淑徳小学校放課後クラブ 淑徳アルファで、コンピュータを使ってさまざまな活動を行う授業「カズトロジー」を行っています。

 2022年4月26日、3年生のクラスでは前週から続けて授業で、「ことばをたぐろう」という活動をしました。
 schoolTaktで、空のテキストボックスが5つ書かれたワークシートを配布して、いちばん上のテキストボックスに、クラス全員で同じ「太陽」という言葉を書いてもらいます。この「太陽」という同じ言葉から出発して、関係する言葉を繋げていって、最初の「太陽」からどれくらい離れた言葉にたどりつくかやってみましょう、と子どもたちに伝えます。
 最初は同じ「太陽」という言葉を検索して、その言葉の意味を検索して「太陽」のテキストボックスの横にまとめて書いてもらいます。その次に、自分でまとめて書いた意味の文章のなかから、一つ言葉を選んで、その言葉を次のテキストボックスに入れて、また意味を調べていきます。

 ねらいとしていたのは、「言葉の意味を検索すること」と「検索して表示された言葉の意味を、自分なりにまとめること」です。
 言葉の意味を検索すると、長い文章が表示されて、どこを読めばいいのかがわからないこともあります。こんなときに、文章をそのまま全部書き写すのではなく、そのなかから自分で部分を抜き出すことに慣れてほしいと思っています。
 言葉の意味の文章を自分で書くときには、上手に書けることもありますが、検索したページの内容が難しくて意味がわからないこともあります。長い文章のときには、ブラウザでコピーして、schoolTaktでCtrlボタン+vでコピーした文章をペーストできることを紹介し、一度ペーストした文章を短くわかりやすく編集してもらいました。
 言葉の意味を調べるのが大変なので、自分で勝手に意味の文章を考えたり、意味というよりも発想でどんどん言葉を書いていく子もいますが、細かく注意をしないようにしています。意味もわからずに全部を書き写すことをしなければ、どんな形でもいいと思っています。

 同じ「太陽」という言葉からスタートして、全部で4ステップを経るだけでも、言葉の選び方次第で、全然違う言葉が出てきます。今回の授業では、「そんざい」「血」「おおわれている」などの言葉が出てきました。

 慣れてくると、「こっちの言葉の方がおもしろいから、こっちにしよう」と書き直す子もいます。5つの言葉だけでは足りず、2ページめを自分で追加して、テキストボックスをさらに追加していく子もいました。

 いろいろな言葉の意味が繋がっていくことと、クラスメイトが自分と全然違う言葉にたどり着いていることを見合うことで、言葉の多様さを楽しんでもらう機会になればいいなと思っています。

 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

教材で使えるかも:『プロジェクト・ヘイル・メアリー』

 アンディ・ウィアー『プロジェクト・ヘイル・メアリー』を上下巻、一気読みしました。よくわからない状況からスタートするストーリーですが、どんどん引き込まれていく作品です。

 主人公をとりまく途方もない問題に、いろいろな知識や思考方法を組み合わせながら立ち向かい、解決していく主人公に没入して読んでしまいます。主人公視点でストーリーに没頭していくことで、「問題に向き合い、知識を組み合わせて、問題を解決していこうとする」というマインドセットを疑似体験できる、SFとして非常におもしろい教材になるのではないかと思います。
 PCやスプレッドシートの使い方も、とても印象的です(ネタバレするとおもしろくないので、具体的に書けないですけど…笑)。

 アンディ・ウィアーの作品は、途方もない問題を抱えながらも、主人公の言動にはユーモアが入っていて、このユーモアを持ちながら問題にめげずに立ち向かっていくというマインドも、学べることのひとつではないかな、と思いました。

 このブログでは、2016年に、同じアンディ・ウィアーの『火星の人』が教材として使えるのでは?というエントリーを書いています。
blog.ict-in-education.jp

 この『プロジェクト・ヘイル・メアリー』も、読んだ先生方とやいのやいのと話し合いたいです(ちなみに、プロジェクト名の「ヘイル・メアリー」は、僕にとっては、アメフトマンガ『アイシールド21』でおなじみ、でした)。

 いろんな問題が僕らの身の周りにもありますが、がんばっていこう、と思えます。

(為田)

【メディア掲載】みんなの教育技術「さらなる充実へ! GIGAスクール2年目の学校経営と授業改善 年間計画」(2022年4月15日)

 2022年4月15日に「みんなの教育技術」のサイトで、インタビュー記事「さらなる充実へ! GIGAスクール2年目の学校経営と授業改善 年間計画」が公開されました。
 実際の学校現場での活用は、どれほど進んでいるのか、今年予測される状況やそのための対策、ICTをよりよく活用するための具体的な実践アイデアなどについて、お話をさせていただきました。
kyoiku.sho.jp

 もしよろしければ、お読みいただければと思います。よろしくお願いいたします。

(為田)

教材として使えるかも:バイバインの完全再現動画

 Twitterで流れてきた、バイバインの完全再現動画。まずは動画をしばらく見ていてください。バイバインは、ドラえもんひみつ道具です。子どもの頃、マンガで読んだのを覚えています。一滴たらすと5分で倍になるバイバインを使って栗まんじゅうを増やしたのび太が、おそろしく増えてしまった栗まんじゅうに困る、という話でした。

 解決方法は、ロケットで宇宙へ捨ててしまう、だったように記憶しています。ここでマンガは終わりましたが、「そのまま増えていくんだよね…え?どれくらいまでなるの?」とめちゃくちゃ怖くなったのを思い出しました。

 こうして映像で見えるのってすごいなあ。どうやって作っているのかなあ。これって複利計算と同じだよなあ。Excelで絶対参照を使って数式を入力して、複利の恐ろしさを試算する活動を一時期よくやっていたのですが、こうして映像で見えるのは、また数字とは違う恐ろしさがあるな、と感じました。

 いまの子どもたちは、バイバイン知ってるのかな…。来週、小学生たちに聞いてみよう(今週は、ドラゴンボールの話で盛り上がった)。

(為田)