教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

使えるかも?

授業で使えるかも?:案内板データベースサイト「Monumento」

調べ物をしていてたまたま見つけた、案内板データベースのサイト「Monumento(モニュメント)」を見つけました。史跡や観光地などにある案内板を撮影して、それをみんなで登録していくサイトです。こういうのもおもしろいですね。 自分でもいろいろと撮影し…

授業で使えるかも?:アカデミー賞授賞式で聞いた、「actor」という言葉

第92回アカデミー賞授賞式が2020年2月10日(日本時間)に行われ、映画『スキャンダル』でシャーリーズ・セロンなどの特殊メイクを手がけたカズ・ヒロさんがメイクアップ&ヘアスタイリング賞に受賞しました。その受賞スピーチの様子がタイムラインに流れてき…

書籍ご紹介:荻上チキ ヨシタケシンスケ『みらいめがね それでは息がつまるので』

荻上チキ ヨシタケシンスケ『みらいめがね それでは息がつまるので』を読みました。著者の一人である評論家の荻上チキさんの発信を追いかけていて、この本は知っていました。先日、ある小学校で「自分の好きなもの」を発表し合う授業をしたときに、「ヨシタ…

書籍ご紹介:『SNS変遷史 「いいね!」でつながる社会のゆくえ』

天野彬『SNS変遷史 「いいね!」でつながる社会のゆくえ』を読みました。変遷史なのでSNSがどう変わってきたか、というのが読めます。いまはSNSは、Twitter、Facebook、Instagramなどを使っていますが、振り返ってみればmixiやMyspaceなども使っていたなあ、…

教材で使えるかも?:株式会社オカムラ「Tomorrow Work 202X: OKAMURA Future Vision」

未来の様子を見せてくれる動画として、株式会社オカムラが2018年11月に公開した「Tomorrow Work 202X: OKAMURA Future Vision」を授業の教材で使えるかもしれません。動画を見てみると、「朝の自宅で」「オフィスに出社して」「ランチから午後の仕事へ」「夜…

書籍ご紹介:『純粋機械化経済 頭脳資本主義と日本の没落』

井上智洋『純粋機械化経済 頭脳資本主義と日本の没落』を読みました。AIの発展が社会にどのような影響を与えるのかを知ることができます。 AIによって生活が便利になる、ということは悪いことではないと思いますが、その結果として経済や社会がどのように変…

教材として使えるかも?:西武・そごうの「さ、ひっくり返そう。」広告

2020年1月1日の日本経済新聞で西武・そごうの新聞広告を見ました。幕内最小の力士である炎鵬が、「さ、ひっくり返そう」という文字と一緒に掲載されている広告です。 上から下へ順に文章を読んでいくと、土俵際へ追い詰められていくときの心情が展開していき…

教材で使えるかも?:『プログラムすごろく アベベのぼうけん』

こないだ本屋で、『プログラムすごろく アベベのぼうけん おどろきの上巻』という絵本を見つけました。著者のなかに、ピタゴラスイッチの佐藤雅彦先生が入っていたので、手にとって見たのですが、プログラミングを丁寧に読み解いて、絵本のマス目をたどった…

書籍ご紹介:『イノベーション・スキルセット』

田川欣哉『イノベーション・スキルセット』を読みました。田川さんは、東京とロンドンを拠点に、人工衛星から和菓子まで幅広くものづくりに取り組むデザインファームTakramの代表取締役です。 この本は、2020年代に生きる企業やビジネスパーソンやエンジニア…

教材で使えるかも?:「DR.STONE」が大好きです。子どもたちと語り合いたい。

最近すごく好きで、毎週通勤電車の中でAmazon Prime Videoで見ている「DR.STONE」。8月に電車のなかで『Dr.Stone』のサバイバル科学テストを見つけて気になっていたのですが、Amazon Prime Videoのラインアップにあるのを知ってどんどん見ています。サバイバ…

見てみた:「自分の動画を使って授業をしてきました。」

湘南学園中学校・高等学校の小林勇輔 先生がFacebookで紹介されていた、動画「自分の動画を使って授業をしてきました。」という動画を見ました。これは、先日のEdvation × Summitでも登壇されていた、「とある男が授業をしてみた」の葉一先生が、湘南学園高…

書籍ご紹介:『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』とイギリスのシティズンシップ・エデュケーション

ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を読みました。イギリス在住のブレイディみかこさんが描く、公立の元底辺中学校に通う息子さんの日常です。「多様性」について多くのことを考えさせられます。また、イギリスでのシティズン…

教材で使えるかも?:海外のニュースを授業の素材にする

アメリカのThe Washington Post(ワシントン・ポスト紙)で、日本政府の使うシュレッダーについての記事が掲載されていることを知りました。Shredded.アメリカのワシントンポスト紙が、「 Shredded」(シュレッダーにかけられた)という言葉を冒頭から繰り返…

授業で使えるかも?:セサミストリートのミュージックビデオ

セサミストリート50周年を記念した、セサミストリート エデュケーションサミットからもう2週間、あっという間に過ぎました。このセサミストリート エデュケーションサミットへ向かう新幹線のなかでTwitterに投稿した、YouTubeで見られる3つのミュージックビ…

授業で使えるかも?:小学生のいちばん好きな本男子4位、女子1位の「ひみつ文庫」は学研キッズネットで読める

「今、小学生の一番好きな本はゾロリでもコナンでもなくSTEM系学習マンガ」という記事を読みました。ふむ、STEM系学習マンガ…。記事中に書かれているランキングを見てみると、「これまでに読んだ本の中でいちばん好きな本」で、「サバイバルシリーズ」(男子…

セサミストリート エデュケーションサミット イベントレポート(2019年11月10日)

2019年11月10日に、セサミストリート エデュケーションサミットをユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて開催しました。この日が、アメリカでセサミストリートの放送が始まってからちょうど50年。50周年のお祝いのイベントに、セサミストリート・ティーチャー…

授業で使えるかも?:「ヴェルサイユ:宮殿をあなたのものに」

Google Arts & Cultureで「ヴェルサイユ:宮殿をあなたのものに」というコンテンツがあります。美術や歴史(西洋史・美術史)の授業などで、教材として活用できるかもしれません。 アプリ「Google Arts & Culture」を起動して、「ヴェルサイユ」と検索すると…

授業で使えるかも:グラフや統計のウソを見抜くリテラシー

「あなたの知らない「詐欺グラフ」の世界(随時更新中)」というnoteを読んで、いや本当にそのとおりだな、と思いました。こういう嘘を見抜けるようになることも、学校で身につけるべきことだな、と思っています。 Excelでグラフを作る練習をするときに、「…

授業で使えるかも?:「コテンラジオ」や「中田敦彦YouTube大学」で歴史を楽しく学べるかも?

出勤中や移動中などの時間で本を読むことができないときには、Podcastを聴いていることが多いです。耳からも情報を入れることができるのは便利だし、話し言葉だからこそのわかりやすさももちろんあります。Podcastは、Spotifyでもどんどん大きく取り上げられ…

研修で使えるかも?:動画「STEAM/PBLとは」

FutureEdu TokyoのYouTubeチャンネルで、動画「STEAM / PBL とは」を見ました。この動画は、PBLの先駆者である、アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴにある High Tech High の取材から、STEAM / PBL とはどのような学びかを紹介する動画です。 PBL(Proj…

授業で使えるかも?:「簡単に積み込み作業ができるロボットを低コストで開発してほしい」

Twitterで流れてきたこの動画を見て、「問題解決を考える授業で使えそうだな」と思いました。解決すべき問題を、「人間を積み込み作業から解放する」とするのか、「積み込み作業の肉体的負担を軽減する」とするのかによって、そこから生まれる解決策は全然違…

授業で使えるかも?:「AIってなんだろう」(YouTubeチャンネル「Grow with Google Japan」)

YouTubeチャンネル「Grow with Google Japan」から、「AIってなんだろう」を見ました。 プログラミングの説明からスタートして、AIのはたらきまで説明をしてもらえます。プログラミングは人間がコードを書いて、自由に動くようにするのだが、それではできな…

授業に使えるかも?:キッズQと「こども哲学」

Twitterのタイムラインに流れてきた、BuzzFeed Japan Newsの【キッズQ】。すごく素敵だと思います。テーマもとてもいいと思ったのですが、女子サッカーの下山田選手が、こども哲学しているなあ、と思ったのです。「おとこなの?おんななの?」女性と交際して…

教材で使えるかも?:Instagramのロゴ リデザイン

朝、Twitterのタイムラインで、Instagramのロゴがどう変わったか、という動画が流れてきました。懐かしい…。InstagramのCIリデザインのプロセス。懐かしいし、可愛い。pic.twitter.com/8lr724rXiv— Yusuke Saito / Bank, Inc. (@yyysai) October 1, 2019 そ…

やってみた:プログルでリアルには描けない正多角形を描く

プログラミングについて学校で先生方に質問をされることも多いので、その都度、質問にあったサイトやアプリなどを紹介しています。実際に体験してみることで、先生方は「あ、こういう感じでいいのか」と思うのですが、そこにできればひとつかふたつ、「あ、…

授業で使えるかも?:ラグビーワールドカップの解説動画

2019年9月28日に行われたラグビーワールドカップの日本対アイルランド戦の解説動画が、公式Twitterアカウントで発信されていました。グラウンドの逆サイドにいた松島幸太朗@kouta121315 が裏へのキックをカバー。背中越しに相手選手(14番)との距離を感じな…

教材として使えるかも?:マスコットキッドが代表選手たちと歌ったウルグアイ国歌(2019年9月25日)

ラグビーワールドカップの話題が続きます。2019年9月25日、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムで行われたフィジー対ウルグアイ戦でウルグアイ代表のキャプテン フアン・ガミナラ選手が、「マスコットキッドとして一緒に入場した少年が、僕たちのウルグアイ国歌…

授業で使えるかも?:グレタ・トゥンベリさん「気候行動サミット(CLIMATE ACTION SUMMIT)」スピーチ(2019年9月23日)

2019年9月23日にアメリカ・ニューヨークの国連本部で開かれた「気候行動サミット(CLIMATE ACTION SUMMIT)」に、地球温暖化対策を訴えているスウェーデンの16歳、グレタ・トゥンベリさんが出席し、スピーチしました。 国連のYouTubeチャンネルでスピーチを…

教材で使えるかも?:The Guardian「Rugby World Cup: All Blacks cover up tattoos in Japan to tackle yakuza link」(2019年9月18日)

2019年9月18日に、The Guardianが「Rugby World Cup: All Blacks cover up tattoos in Japan to tackle yakuza link」という記事を掲載していました。文化的な多様性、他者の文化に対するリスペクトを考える教材としてぴったりではないかと思いました。 ワー…

授業で使えるかも?:どう打ってもカップに入るゴルフボールは、日産の自動運転技術で実現

テレビのワイドショーでやっていた、どんなパットを打っても必ず入るゴルフボール。4歳の少年がバンバン、パットを決めていく映像が映っていて、「どんな仕組みなのだろう?」と思っていたのですが、日産自動車が「プロパイロット2.0」の技術を、わかりやす…