教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

使えるかも?

遠隔授業準備に使えるかも?:家庭のICT環境を調査するアンケートひな形

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための休校期間に、どのように児童生徒に学びの環境を作るか、各校で先生方が準備を進めているところだと思います。このブログでも、「休校×ICTでやれたこと」として記事をアップしています。 ですが、これからICTを活用…

教材で使えるかも?:キャリアについて考える機会にもなる、YouTubeで聴けるアスリートの言葉

ここ最近、YouTubeでいろいろな動画を見ています。そのなかでも、Jリーグを昨シーズンで引退した、那須大亮さんのYouTubeチャンネルをよく見ています。 www.youtube.com YouTuberとJリーガーのフットサル対決のような企画も実現させたりしていて、こうしたと…

休校期間に使えるかも:日本教育工学会(JSET) 教育の情報化SIG「学校と家庭をつなぐオンライン学習ガイド」

日本教育工学会(JSET)の教育の情報化SIGが、「学校と家庭をつなぐオンライン学習ガイド」を作成し、公開しました。 ガイドのねらいは、「まだオンライン学習の経験が浅い学校現場の先生に対して、学校と家庭をつなぐオンライン学習を実施する際に役立つ情…

授業で使えるかも:木村明憲 先生のサイト「AK-Learning -Teaching materials Site-」

京都市立梅小路小学校の木村明憲 先生*1が、ご自身のサイト「AK-Learning -Teaching materials Site-」を作成して、積極的に情報発信をされています。情報学習支援ツールがたくさんアップされていますので、ぜひご活用いただければと思います。 www.ak-learn…

教材に使えるかも?:Ludix Lab代表の藤本徹 先生が松丸亮吾さんと対談

為田がフェローとして参加しています(と言っても、最近はメンバー各自がソロ活動で忙しくて集まれていませんが…)Ludix Labのリーダー、ゲーミフィケーション/シリアスゲームの研究者 藤本徹 先生が、小学館サイト「はぐくむ 【松丸くんの教育ナゾトキ対談…

教材で使えるかも?:新型コロナウイルスに関わる現状に対するリーダーたちの言葉

新型コロナウイルスが世界中に蔓延していることもあり、さまざまな国や組織のリーダーが、この危機に関してどんな言葉を発しているのかを見ることができます。現代史のリーダーの言葉は、言葉の学習にも、問題解決の学習にも、レジリエンスやグリットなどの…

教材で使えるかも?:NTTドコモ 第5世代移動通信システム「5G」コンセプトムービー&サイト

NTTドコモの第5世代移動通信システム「5G」のコンセプトムービー「新しい物語のはじまり」が公開されました。コミュニケーション、農業、教育、エンターテイメントなどさまざまな分野がどう変わるのかを見ることができます。 www.youtube.com あわせてNTTド…

教材として使えるかも?:国立天文台 市民天文学プロジェクト「GALAXY CRUISE(ギャラクシークルーズ)」

国立天文台 市民天文学プロジェクト「GALAXY CRUISE(ギャラクシークルーズ)」は、乗組員として登録して研究者と協力して銀河を分類していくプロジェクトに参加することができる、市民天文学 プロジェクトです。 最初にトレーニングを受けることができ、そ…

書籍ご紹介:『デンマークのスマートシティ データを活用した人間中心の都市づくり』

トヨタのWoven City構想をはじめ、「スマートシティ」のあり方に興味があり、中島健祐『デンマークのスマートシティ データを活用した人間中心の都市づくり』を読みました。デンマークのスマートシティ: データを活用した人間中心の都市づくり作者:中島 健祐…

教材で使えるかも?:千葉ロッテマリーンズ 「佐々木朗希投手も実践している家でも出来る簡単トレーニング 」

プロ野球 千葉ロッテマリーンズの公式YouTubeチャンネル「marinesTVOfficial」で、今年入団した佐々木朗希投手が登場して、家でもできる簡単トレーニングを5日連続で紹介してくれるコンテンツがありました。休校期間中なので、外で遊べないため、家でできる…

授業で使えるかも?:YouTubeチャンネル「無駄づくり / MUDAzukuri」

プログラミングの授業のネタを考えながらタイムラインを眺めていて、Twitterのリプライがきたら知らせてくれる「IoT矢文」を作ったというリンクが流れてきました。ページを読んでいても、すごくおもしろい。文章もおもしろいのですが、「実際に作っている」…

書籍ご紹介:『10歳でもわかる伝え方の授業』

学習塾ロジム塾長の苅野進さんから、著書『10歳でもわかる伝え方の授業』をお送りいただきました。10歳でもわかる伝え方の授業作者:苅野進発売日: 2020/01/20メディア: 単行本10歳でもわかる伝え方の授業作者:苅野 進発売日: 2020/01/20メディア: Kindle版 …

卒業式に使えそう:学校にあるICTで卒業式を保護者に届けられないか?

小学校6年生の息子が通う小学校で、卒業式に保護者が参加できないことに決まりました。うちの小学校だけでなく、多くの学校で同様の措置が取られていますし、仕方がないことだと思っていますが、保護者の思いとしては、6年間一緒に学んできた子たちの晴れ姿…

授業で使えるかも?:Math Solverで1次不等式の問題を解いてみた

以前から気になっていた、Microsoft Math Solverを手元にあったiPhoneにインストールして使ってみました。数学の問題を認識して解法を表示してくれるアプリです。Microsoft Math SolverMicrosoft Corporation教育無料 手元にあった数研出版の「最新 数学Ⅰ」…

授業で使えるかも?:案内板データベースサイト「Monumento」

調べ物をしていてたまたま見つけた、案内板データベースのサイト「Monumento(モニュメント)」を見つけました。史跡や観光地などにある案内板を撮影して、それをみんなで登録していくサイトです。こういうのもおもしろいですね。 自分でもいろいろと撮影し…

授業で使えるかも?:アカデミー賞授賞式で聞いた、「actor」という言葉

第92回アカデミー賞授賞式が2020年2月10日(日本時間)に行われ、映画『スキャンダル』でシャーリーズ・セロンなどの特殊メイクを手がけたカズ・ヒロさんがメイクアップ&ヘアスタイリング賞に受賞しました。その受賞スピーチの様子がタイムラインに流れてき…

書籍ご紹介:荻上チキ ヨシタケシンスケ『みらいめがね それでは息がつまるので』

荻上チキ ヨシタケシンスケ『みらいめがね それでは息がつまるので』を読みました。著者の一人である評論家の荻上チキさんの発信を追いかけていて、この本は知っていました。先日、ある小学校で「自分の好きなもの」を発表し合う授業をしたときに、「ヨシタ…

書籍ご紹介:『SNS変遷史 「いいね!」でつながる社会のゆくえ』

天野彬『SNS変遷史 「いいね!」でつながる社会のゆくえ』を読みました。変遷史なのでSNSがどう変わってきたか、というのが読めます。いまはSNSは、Twitter、Facebook、Instagramなどを使っていますが、振り返ってみればmixiやMyspaceなども使っていたなあ、…

教材で使えるかも?:株式会社オカムラ「Tomorrow Work 202X: OKAMURA Future Vision」

未来の様子を見せてくれる動画として、株式会社オカムラが2018年11月に公開した「Tomorrow Work 202X: OKAMURA Future Vision」を授業の教材で使えるかもしれません。動画を見てみると、「朝の自宅で」「オフィスに出社して」「ランチから午後の仕事へ」「夜…

書籍ご紹介:『純粋機械化経済 頭脳資本主義と日本の没落』

井上智洋『純粋機械化経済 頭脳資本主義と日本の没落』を読みました。AIの発展が社会にどのような影響を与えるのかを知ることができます。 AIによって生活が便利になる、ということは悪いことではないと思いますが、その結果として経済や社会がどのように変…

教材として使えるかも?:西武・そごうの「さ、ひっくり返そう。」広告

2020年1月1日の日本経済新聞で西武・そごうの新聞広告を見ました。幕内最小の力士である炎鵬が、「さ、ひっくり返そう」という文字と一緒に掲載されている広告です。 上から下へ順に文章を読んでいくと、土俵際へ追い詰められていくときの心情が展開していき…

教材で使えるかも?:『プログラムすごろく アベベのぼうけん』

こないだ本屋で、『プログラムすごろく アベベのぼうけん おどろきの上巻』という絵本を見つけました。著者のなかに、ピタゴラスイッチの佐藤雅彦先生が入っていたので、手にとって見たのですが、プログラミングを丁寧に読み解いて、絵本のマス目をたどった…

書籍ご紹介:『イノベーション・スキルセット』

田川欣哉『イノベーション・スキルセット』を読みました。田川さんは、東京とロンドンを拠点に、人工衛星から和菓子まで幅広くものづくりに取り組むデザインファームTakramの代表取締役です。 この本は、2020年代に生きる企業やビジネスパーソンやエンジニア…

教材で使えるかも?:「DR.STONE」が大好きです。子どもたちと語り合いたい。

最近すごく好きで、毎週通勤電車の中でAmazon Prime Videoで見ている「DR.STONE」。8月に電車のなかで『Dr.Stone』のサバイバル科学テストを見つけて気になっていたのですが、Amazon Prime Videoのラインアップにあるのを知ってどんどん見ています。サバイバ…

見てみた:「自分の動画を使って授業をしてきました。」

湘南学園中学校・高等学校の小林勇輔 先生がFacebookで紹介されていた、動画「自分の動画を使って授業をしてきました。」という動画を見ました。これは、先日のEdvation × Summitでも登壇されていた、「とある男が授業をしてみた」の葉一先生が、湘南学園高…

書籍ご紹介:『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』とイギリスのシティズンシップ・エデュケーション

ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を読みました。イギリス在住のブレイディみかこさんが描く、公立の元底辺中学校に通う息子さんの日常です。「多様性」について多くのことを考えさせられます。また、イギリスでのシティズン…

教材で使えるかも?:海外のニュースを授業の素材にする

アメリカのThe Washington Post(ワシントン・ポスト紙)で、日本政府の使うシュレッダーについての記事が掲載されていることを知りました。Shredded.アメリカのワシントンポスト紙が、「 Shredded」(シュレッダーにかけられた)という言葉を冒頭から繰り返…

授業で使えるかも?:セサミストリートのミュージックビデオ

セサミストリート50周年を記念した、セサミストリート エデュケーションサミットからもう2週間、あっという間に過ぎました。このセサミストリート エデュケーションサミットへ向かう新幹線のなかでTwitterに投稿した、YouTubeで見られる3つのミュージックビ…

授業で使えるかも?:小学生のいちばん好きな本男子4位、女子1位の「ひみつ文庫」は学研キッズネットで読める

「今、小学生の一番好きな本はゾロリでもコナンでもなくSTEM系学習マンガ」という記事を読みました。ふむ、STEM系学習マンガ…。記事中に書かれているランキングを見てみると、「これまでに読んだ本の中でいちばん好きな本」で、「サバイバルシリーズ」(男子…

セサミストリート エデュケーションサミット イベントレポート(2019年11月10日)

2019年11月10日に、セサミストリート エデュケーションサミットをユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて開催しました。この日が、アメリカでセサミストリートの放送が始まってからちょうど50年。50周年のお祝いのイベントに、セサミストリート・ティーチャー…