教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするために、現場目線での情報発信をしていきたいと思います。

書籍ご紹介:『AI時代を生きる子どもたちの資質・能力 新学習指導要領に対応』

 ICT CONNECT 21のEdTech推進SWGの方でもお世話になっている、赤堀侃司先生の『AI時代を生きる子どもたちの資質・能力 新学習指導要領に対応』を読んでいます。気になるところをTwitterにまとめながら読む、ひとり読書会でまとめてみました。
 「はじめに」では、「未来を生きる子どもたちに期待されるのは、資質・能力です。暗記した知識と異なり、資質・能力は、忘れることも、無くなることも、ありません」と書かれていました。この資質・能力をどう育成すべきかについてを中心にメモをしていきました。

AI時代を生きる子どもたちの資質・能力 新学習指導要領に対応

AI時代を生きる子どもたちの資質・能力 新学習指導要領に対応

学校で学んだことと社会で役に立つこと

 テーマとしてまずでたのは、「学校で学んだ知識が社会につながらない」ということ。学校で学んだ知識は、どう使われるべきなのかについて書かれていました。

 では、これまで学校で学ばれてきた教科の学習は、意味がないのでしょうか。そんなことはありません。教科学習とは、そもそもどんな性格をもつものなのか、ということを考える必要があると思います。

 教科を学ぶことと、総合的な学習(探求・探究)とでは、実は学ぶ内容が違うということが書かれていました。

ICTは学校をどのように変えていくのか?

 続いてのテーマは、「ICTは学校をどのように変えていくのか」についてです。

プログラミングを学ぶことの意味

 小学校でのプログラミング教育のスタートを2020年に控えて、プログラミングについて、第5章「プログラミング的思考を身に付ける」に書かれていました。

 実際に、プログラミング教育でよく行われている正多角形の作図についての事例が紹介されていました。

学校と社会をつなげるために

 最後のテーマは「学校と社会をつなげる」となっていて、そこから赤堀先生からの提言につながっていきました。

 賛成です。コンピュータ(ICT)を道具として使いこなす場を作ってあげることが必要だと思っています。

 コンピュータやプログラミングを道具として使うことで、試行錯誤が簡単にできるようになったことは、学びにおいて大きな意味を持っていると思います。文章作成、色塗り、プログラミングのデバッグ、プレゼンテーション、撮影、様々な麺で、推敲や試行錯誤が簡単になり、そうしたスキルを持っていることが、子どもたちのマインドセット、メンタリティにも大きな影響を持っていくだろうと思っています。

AI時代を生きる子どもたちの資質・能力 新学習指導要領に対応

AI時代を生きる子どもたちの資質・能力 新学習指導要領に対応


(為田)

静岡県立掛川西高校×TechAcademy プロジェクトレポート まとめ(2019年3月28日)

 2019年3月28日に、静岡県掛川西高校を訪問して、掛川西高校パソコン部とオンラインプログラミングスクールTechAcademyがタッグを組んで活動しているプロジェクト「テクノロジーの力で掛川市を活性化させよう!」のワークショップを見学しました。このワークショップは、3月26日~28日の3日間で行われたもので、その3日目を見学しました。
f:id:ict_in_education:20190510234252j:plain

 TechAcademyを運営しているキラメックス株式会社 代表取締役社長 樋口隆広 さんと掛川西高校の吉川牧人 先生に聴いたワークショップについてのインタビュー、教室で行われていたワークショップの様子、生徒たちの感想をレポートしました。

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

(為田)

授業で使えるかも?:「まなべ!センキョッキョ」と「ポリポリ村のみんしゅしゅぎ」

 最近興味をもった、主権者教育や民主主義を学ぶ教材を2つ紹介したいと思います。

総務省による主権者教育「まなべ!センキョッキョ」

 総務省が制作した、主権者教育動画「まなべ!センキョッキョ」です。もちろん、元ネタは「ひらけ!ポンキッキ」ですね。ガチャピンとムックも登場し、お笑いジャーナリスト、たかまつなな さんが、お選挙お姉さんとして登場しています。
f:id:ict_in_education:20190614055056p:plain

 「大きな財布の使い道」「民主主義とは」「投票の不思議」の3本の動画が公開されていて、日常生活や学校で体験する身近な出来事を題材に、政治や選挙について学べます。

www.soumu.go.jp

民主主義と教育を考える会「ポリポリ村のみんしゅしゅぎ」

 民主主義と教育を考える会が制作した、選挙をテーマとするアニメ動画「ポリポリ村のみんしゅしゅぎ」については、東奥日報のWebニュースで知りました。
www.toonippo.co.jp

 民主主義と教育を考える会のサイトを見ると、導入部分の動画を見ることができます。対立する2つの方針のそれぞれのメリットとデメリットが紹介され、それを選挙を通じて解決していく、というストーリーになっています。
researchfordemocracy.amebaownd.com

まとめ

 選挙や民主主義については、「選択する」ことの体験を小さなテーマでたくさんしておくのが重要だと思っています。ジレンマの場面もたくさん疑似体験しておくのがいいと思います。こうした動画が、主権者教育を先生方が学校で行う助けとなればいいと思います。

(為田)

【メディア掲載】朝日新聞デジタル「広がるセサミの授業 多様性、社会情勢にあったキャラで」(2019年6月9日)

 2019年6月9日に朝日新聞デジタルにて、為田がセサミストリートティーチャーとして参画している、セサミストリート・カリキュラムについて紹介されました(紙面では、6月8日夕刊に大きく掲載されていたそうです)。
www.asahi.com

見た目や考え方が違う多彩なキャラクターが登場する教育番組「セサミストリート」。米国での放映開始から今年で50年となり、世界中の150カ国・地域以上で親しまれている。先入観にとらわれない発想や相互理解の大切さなどを学んでもらおうと、日本では学校の授業などでも使われ始めた。

 セサミの授業は、戸田市立新曽小学校では今年は3年目になります。「セサミの授業は、思っていること何でも言えて楽しい!」と子どもたちが言ってくれることは、本当に教室で彼らと共に時間を過ごす僕にとっても本当にうれしいことです。
 4月に戸田市立新曽小学校での授業を取材に来てくださいました。この日の授業での子どもとのやりとりは、ブログで書いていました。
blog.ict-in-education.jp

◆ ◆ ◆

 そんなセサミストリート・カリキュラムですが、夏休みにセサミストリートティーチャーの認定プログラムを開催します。ご興味がある方は、ぜひご参加いただければと思います。

blog.ict-in-education.jp

(為田)

書籍ご紹介:『クラシック音楽全史 ビジネスに効く世界の教養』~バーンスタインと6つのオーケストラの団員による第9

 2018年9月にセサミワークショップ・戸田市 連携協定調印式を戸田市立新曽小学校で行ったのですが、そのときのワークショップに参加してくださった、松田亜有子さんの著書『クラシック音楽全史 ビジネスに効く世界の教養』を読みました。

クラシック音楽全史 ビジネスに効く世界の教養

クラシック音楽全史 ビジネスに効く世界の教養

 クラシックと言えば、音楽室に貼られていたたくさんの音楽家肖像画だなあ…」と思って読み始めたら、まさに松田さんが「そんな人が多いのでは?」と書かれていて、笑ってしまいました。

 クラシック音楽の歴史を追いながら、さまざまな興味深いエピソードを知ることができて、非常に楽しめました。

 そのなかで、ベートーヴェンの第9について、まったく知らなかったことを知ることができました。「自由への讃歌~1989年、ベルリンの壁崩壊直後の特別演奏会 バーンスタインと6つのオーケストラの団員による第9」という演奏会があったそうです。

東西ドイツ、敵だったイギリス、フランス、さらにベルリンの壁のきっかけとなったアメリカ、ソ連(当時)の6つのオーケストラが、名指揮者レナード・バーンスタインのもと集結するという奇跡的な演奏会でした。バーンスタイン東西ドイツ統一を祝って、「Freude!(歓喜よ!)」という歌詞を「Freiheit!(自由だ!)」に置き換えて歌わせました。(p.104)

 すごい、こんなことがあったのですね…。ぜひ演奏を聴いてみたいと思い、調べてみたら見つけられました。字幕もついていて、たしかに「Freiheit!」と歌っています。
www.youtube.com

 東西ドイツ統一のころをリアルタイムで知っていますが、その裏側でこうしたことが行われていたことはまったく知らなかったです。知ることができてよかったと思いました。こうした面からも音楽を楽しむことができる人もいるかもしれません。

 また、巻末に松田さんが選んでくださった「クラシック音楽 入門者向け おすすめ曲 10選」が掲載されています。クラシックを学校の音楽の授業での鑑賞と、『のだめカンタービレ』のなかでしか聴いていない僕は完全に入門者ですので、この10選からどんどん聴いていこうと思います。だいたいの曲はSpotifyで検索したら聴くことできました。
 ベートーヴェン交響曲は、あらためて交響曲第5番『運命』、交響曲第3番『英雄』など、聴いてみると、「あ、この曲か…」と思うことが多く、やはりずっと聴き継がれているのはすごいな、と改めて思いました。クラシック音楽とかも、音楽ストリーミングサービスを使うことで、アクセスしやすくなっているように思います。学校の授業で鑑賞曲を聴いておしまい、ではなくて、そこから派生して他の音楽家の曲へどんどん興味を拡大していけたりする場になれば、おもしろいですね。図書室にそうした専用端末があってもいいかもしれない、と思いました。

(為田)

書籍のご紹介:『7つの神話との決別 21世紀の教育に向けたイングランドからの提言』

「変化の速いこれからの時代を生きる子供たちには、正解のある知識を覚えることではなく、答えのない問題を他者と協働しながら解決していく力(スキル)が求められる 」

 上記のような主張に対して異論のある方はあまりいらっしゃらないのではないかと思います。でも、もしもそのために取り組んだ授業改善の方法が間違っているとしたら…?
 デイジー・クリストドゥールー『7つの神話との決別 21世紀の教育に向けたイングランドからの提言』では、イングランドで(そして日本を含む全世界で)近年トレンドとなっている、知識の伝達よりもアクティビティーやプロジェクト学習を重視する教育改革に対して警鐘をならしています。

7つの神話との決別: 21世紀の教育に向けたイングランドからの提言

7つの神話との決別: 21世紀の教育に向けたイングランドからの提言

 本書で「神話」として批判されているのは、以下のような7つの定説です。

  1. 実感の伴わない知識の詰め込みは本質的な概念理解を妨げる
  2. 教師主導の授業は学習者を受け身にしてしまうため、最低限の指導と自己発見を通じて生徒自身が学ぶようにしむけるべきである
  3. 21世紀に生きる子どもたちは前世紀とはまったく異なる教育を受ける必要がある
  4. インターネットで簡単に調べられる知識よりも、その調べ方や使い方を教えるべきである
  5. 知識を学ぶ代わりに、あらゆる問題に適用できる「学び方(スキル)」を学ぶ必要がある
  6. 科目ベースの教え方では世界を総合的に理解できないので、現実世界の問題の解決を通じて教科横断的に学ばせるべきである
  7. 「学ぶべき知識」の選定は、選定する人の価値観で生徒を洗脳する恐れがあり、政治的に偏向した行為である

 本書の大きな特徴の1つは、膨大な参考文献の数。著者は、一つ一つの神話に対して、古今様々な文献を例に出しながら、「その『神話』が信じられてきた背景」、「現場での実践例」を紹介した後、「その神話が誤りと言える理由」を述べていきます。個人的な経験に基づいた感情論的・情緒的な主張ではなく、多くの先行研究に基づいた主張には説得力があります。

 その根底に一貫して流れるのは「知識なしでスキルを身につけることはできないので、スキルよりも知識を重視するカリキュラムを立てるべき」という主張。

もし生徒に分析力や評価力をつけさせたいのなら、生徒はものを知っていなければならない。ダン・ウィリンガム(Dan Willingham)は次のように言う。

 最近30年のデータを見ると、科学的にはもう反論できない結論が導きだされている。つまり、よく考えるためには事実を知らなくてはならず、それは単に考えるためには対象が必要だからというだけではない。理由付けや問題解決のようなクリティカル・シンキングのプロセスは、教師が最も育成しようとするプロセスであるが、これも長期記憶に保存された事実に関する知識と密接に絡み合っている(周囲の環境の中から発見できるものではない) (p.34)

 本書では、イングランドで「好事例」として賞賛されている実践の例がいくつも紹介されていますが、それらはいずれも教師からの知識の伝達を最小限にとどめ、プロジェクトやアクティビティーを通して学習者自身が知識や概念を獲得していくことを推奨しています。
 しかしながら、背景となる知識を十分持たないまま複雑な現実の問題に取り組ませることは学習者に無用な認知的負荷をかけるだけでなく、学習効率を下げると著者は主張します。

3年生の授業において、「ディスカッションがなされたから」と言って、子供たちが理解すべき健康と安全にかかわる重要なルールを作る出せるとするのはあまりにも楽天的であり、また極めて危険なことでもある。ニュートンが言ったように、私たちは巨人の肩に乗ることにより学ぶのである。もし人類が試行錯誤を経ることで、危険で避けるべき行為が分かってきたのであれば、その学習を初学者だけのディスカッションに任せるよりは、教師に明確に言ってもらう方がより安全であり、効率的である。(p.57)

専門家が使う効果的な戦略には、問題を解決する時に自らに語りかけるというものがあるが、それは彼らがすでに十分な背景知識や思考プロセスを持っているからこそ有効なのである。問題解決をする時、自らに語りかけなさいと生徒たちに勧めても、彼らを専門家にすることはできない。(p.133)

 つまり、背景となる知識量が絶対的に不足している学習者がいくら自らの持つ限られた知識の範囲内で試行錯誤をしたとしても、既に持っている知識以上のものを発見することはとても難しく、また仮にできたとしても極めて不完全な理解に終わってしまうというのです。リンゴが落ちるのを見て万有引力の法則を発見したといわれるニュートンのように、天才と呼ばれる人は、時に無から有を作り出すかのような革新的な発想をすることがあります。しかし、そういった発想も長期記憶の中に蓄えられた知識と知識がつながることで生まれるもので、背景となる知識を持たない学習者に何度リンゴが落ちるところを見せたところで、万有引力の法則を発見することはできません。このように、「専門家のやり方を表面的にまねただけでは専門家になれないばかりか、その思考プロセスをまねることもできないので、まずは専門家になるための知識をしっかりと蓄えましょう 」というのが著者の主張なのです。

 念のために断っておくと、著者は必ずしも「21世紀型スキル」に代表される教育改革の目的自体に反対しているわけではありません。本書の中でも

私の目的は、真の概念理解や、重要な意味の純粋な評価や、高次のスキルの育成を批判することではない。これらはまさに教育の真の目的である。(p.29)

私は、教育とは、自信に満ち、想像力豊かで問題解決能力がありクリティカルに考えることができる生徒を輩出することを目指すべきであるということには賛同するし、生徒たちに21世紀に十分対処できるような準備をさせるべきであると言うことにも賛同する。
(中略)
生徒たちは能動的な学習者であるべきであり、授業は魅力のあるものでなくてはならないということにも同意する。(p.173)

 などとくり返しその点を強調しています。
 しかしながら、そのために事実(知識)学習を減らし、アクティビティーやプロジェクト学習の時間を増やすというアプローチが誤っているのではないかと主張しているのです。

問題はこれが「ロミオとジュリエット」について学ぶはずの英語の授業であるということだ。もし授業の目的が操り人形を作ることなら、よい授業であったと言えるだろう。(p.139)

 こういった意見は、新学習指導要領の実施を2020年に控えた日本にとっても他人事ではありません。新学習指導要領のキーワードである「主体的・対話的で深い学び」や「カリキュラムマネジメント」「プログラミング的思考」などはいずれも重要な視点ですが、万が一その本質と目的を見失い、活動にばかり気を取られてしまうと、著者が主張するような落とし穴にはまってしまうかもしれません。

 本書の中で印象に残った記述として、「21世紀型スキルと呼ばれるものの中で、21世紀特有のものは1つもない」というものがありました。実際、科学や工学の歴史がそうであるのと同様に、教育改革の歴史も必ずしも常に右肩上がりに進化してきたものではありません。時に回り道をしたり、後退をしたりして何度も同じところを行き来しながら、その時々で最良と思われる方向を模索してきた結果として今があるのです。

 「教育に答えはない」とよく言われます。しかし、だからこそ答えを探すことをやめるわけにはいきません。そのためには、何よりも教育に関わる我々自身が、柔軟に新しい知識を吸収し、考え続けていくしかないのです。
 教育に関わるすべての人に、是非読んでもらいたいと思わせられる一冊でした。

(清遠)

やってみた:MaaS初体験 バイクシェアサービスはすごい

 5月末日に、麻布税務署と港都税事務所と両方にいかなければならず、歩くと20分くらいかかるので、この機会にとバイクシェアサービスを使ってみました。六本木ヒルズのところに借りられるスポットがあるのも知っていたので、まずはサイトでユーザー登録をしました。
docomo-cycle.jp

 メールアドレスを登録します。交通系ICカードでピッと料金を落とすこともできるようですが、僕はクレジットカード登録を選んで、無事に登録完了です。
f:id:ict_in_education:20190607190808p:plain

 どこで借りるかを選ぶとIDとロック解除のパスコードがメールで送られてきて、あとはそのパスコードを使って自転車を乗るだけです。めちゃくちゃ簡単で本当にびっくりしました(もうひとつびっくりしたのは、生まれてはじめてちゃんと乗った電動自転車の楽さ!)。
f:id:ict_in_education:20190607190638j:plain:w400

 税務署で自転車を止めて施錠をすると、「施錠されました。まだ返却はされていません」とメールが毎回来ます。返却したときもきちんとその旨、メールが来ます。元のスポットに返して返却完了までが33分ほど。費用は全部で270円。これは、すごいサービスだ…。赤坂のあのオフィスとか、泉ガーデンのあのオフィスとか、全部自転車で行けるようになるじゃないか…。

 少し前には全然なかったサービスが、こうして普及していくのはすごいな、と思います。MaaS(Mobility as a Service)初体験となりました。調べてみたら、裏側にあるテクノロジーなども説明されていて勉強になったサイトをリンクしておきます。
special.nikkeibp.co.jp

 もしかすると、Society5.0よりももっと子どもたちには身近で、自転車をみんなでシェアしてスマホで管理して…というふうになったら、登下校風景はどう変わるか、などを考える授業をしてみてもおもしろいのではないかと思いました。

MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ

MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ

(為田)