教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

NHK NEWS WEB「先生はAIロボット 英語の授業で試験的実施へ 文科省」(2018年8月19日)

 2018年8月19日に、NHK NEWS WEBにて「先生はAIロボット 英語の授業で試験的実施へ 文科省」という記事が出ました。

www3.nhk.or.jp

 2020年に本格的に始まる新しい学習指導要領で、英語が教科化され、話す力と書く力の育成に注力することとしています。そうした事情を背景とし、ロボット「など」を活用した授業を試験的に全国で実施することとなったそうです。

AIを搭載したロボットを活用した授業

このため、文部科学省は、来年度からAIを搭載した英語を話すロボットなどを活用した授業を始めることを決めました。すでに、こうしたロボットは、子どもたちが楽しみながら正しい発音や会話を学べるとして、一部の学校が授業に取り入れています。

先生はAIロボット 英語の授業で試験的実施へ 文科省 | NHKニュース

 AIを搭載したロボットについては、これまでに本ブログでも何度かレポートをしています。

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

タブレットを活用した授業

 「AI」と「ロボット」と、見出しとしてはとても目立つようになっていますが、記事中には、タブレット端末を使ってアプリを学ぶことや、ネットを通じて外国人講師と会話することなども行うことが書かれています。
f:id:ict_in_education:20180820162421j:plain

このほか、タブレット端末に英語を学ぶアプリを導入したり、子どもたちがインターネットを使って外国人講師と会話したりする授業なども行うということです。

先生はAIロボット 英語の授業で試験的実施へ 文科省 | NHKニュース

 アプリ「English Central」を利用して発音などを一人ひとりが自分に合わせて学習できる授業についてもレポートをしています。
blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

 また、タブレットでの音声認識機能を使って、発話の練習をする授業についてもレポートをしています。
blog.ict-in-education.jp

まとめ

 AIを搭載したロボットだと、1人1台ロボットを並べて練習をするというのはなかなか整備費用がかかりそうなので、それよりはタブレット端末にアプリをインストールして、児童生徒の状況に合わせて練習ができるようになればいいと思っています。
 その過程でALTと話す時間があったり、クラスメイトとロールプレイをしたり、先生によるファシリテーションがある、という形で学びの個別化が進めばいいと考えています。

 AIを搭載するロボットだけでなく、アプリも加えて、より多くの英語を学ぶ方法が選べるようになればいいと思います。

(為田)

【朝日新聞公式】第100回全国高校野球選手権記念大会「ダンス」篇

 YouTubeで、【朝日新聞公式】第100回全国高校野球選手権記念大会「ダンス」篇を見ました。
www.youtube.com

 夏の甲子園は、小さい頃に祖父の家に行けば、祖父は仕事場では必ず甲子園のラジオ中継を聴いていました(祖父は一刀彫の彫師で、自宅に仕事場がありました)。
 就職して1年目の夏に、横浜高校松坂大輔 選手が漫画よりも漫画みたいな勝ち方をした大会を神戸の自宅で見ていました。準々決勝、準決勝、決勝とテレビで見ていました。

 スタンドでの応援など、自分の体内にものすごく刷り込まれていることを感じます。そうした背景に、ライバル3校が協力してダンスを作りあげている様子は、とてもとても感動します。

 oricon newsの方では、メイキングもついています。このビデオ、同志社香里高校、大阪府立今宮高校、大阪府登美丘高校のダンス部が共演しているそうです。この3校、普段はライバルとしてしのぎを削っているそうです。メイキングを見るとより、感動が深まるかな、と。
www.youtube.com

 こういう形ならば、女子がグラウンドに入るのも大丈夫なのだな…とか、いろいろと考えてしまいますが、それとは切り離して、高校生たちが努力して、持てるスキルなどを結集させてこうして作り上げたものを楽しみたいと思います。

 今年の夏の甲子園もあと少しですね。

(為田)

やってみた:「カリマネ曼荼羅」を作ってみた

カリキュラム・マネジメントについておさらいしてみました

 新学習指導要領の実施に向けて、どこの学校でも「アクティブ・ラーニング」や「カリキュラム・マネジメント」が話題になっていることと思います。
 「アクティブ・ラーニング」は「主体的・対話的で深い学び」へ言葉とニュアンスを換えて、学習指導要領の改訂の理念とともに広く周知されました。教室でどのように具現化していくのかという授業論として、先生方の熱い議論が繰り広げられています。まもなく終わるこの夏休みも、これらの言葉を冠した研修会などに参加された先生方は多かったのではないでしょうか。
 この2つの言葉ですが、先生方が「知っている」という点では大差ないでしょうけれど「何をどうすればよいのか」と具体的な話になると、「カリキュラム・マネジメント」(いわゆるカリマネ)の方が浸透していないような気がしています。
f:id:ict_in_education:20180817213717j:plain
教育課程企画特別部会 論点整理 補足資料(1)

 「管理職が考えることでしょ?」とか「年間指導計画に朱書きして次年度に引き継ぐなんて、これまでもしてきたけどねぇ」「特別活動や道徳は、ベースを元に学級経営案で独自化してきたので、これからもそれでいいんじゃない」という声も聞こえてきそうです。
 私が現職だったずいぶん前、総合的な学習の時間がスタートしました。内容はどうするのか、例示されたこと以外にもできることはないか、這い回る経験にならないようにする方策はあるか、年間指導計画の順次性や年次の系統性はこれで妥当なのか、など、先導する研究指定校の資料を見たり(時間もお金もなかったので視察にはなかなか行けませんでしたが)、本を買い漁ったりしながら、当時の研究主任をはじめとする先輩方と侃々諤々やったことを思い出しました。今になって思い返すと、あのときの自分たちがあーでもないこーでもない、これはどうだ!と真剣になっていたことは、ちょっとカリマネだった気がします。
 現場レベルでも1年以上掛けて検討した総合的な学習の時間のカリキュラムですが、それこそ不断に見直しが行われ現在に至っています。一度作ってそれでOKというわけにはいきません。今回のカリマネの導入は、これまでの年間指導計画の自校化に止まらないインパクトを持っていると感じましたので、ここでざっくりとおさらいしてみようと思いました。

カリキュラム・マネジメントってどういうこと?

 カリマネとは?という問いに直接答えている文章は、私自身、ネットで探してもなかなか見つけることができず、すっきり腑に落ちるまでにはいかない感じでしたが、ベネッセさんが発行している「VIEW21」の2016年 Vol.4 教育委員会版がとても分かりやすかったので、引用しながらご紹介します。
f:id:ict_in_education:20180817213900j:plain

 特集1の「今から考えるカリキュラム・マネジメント」の冒頭で、横浜国立大学の高木展郎名誉教授が以下のように述べられています。

各学校では、「資質・能力の体系」を示した学習指導要領を基に、自校の教育目標や子どもの実態、地域の実情を踏まえて、学校全体で教育課程、つまりカリキュラムを編成することになります。これまでのカリキュラムは、国語や算数など教科の学習内容の編成が中心でした。しかしこれからは、全教科で、教科の学習内容とともに、どのような資質・能力を育むのかも含めたカリキュラムを作成しなくてはなりません。そして、それを基に授業を行い、成果を評価し、カリキュラムの再構成や授業改善につなげることで新たな教育を築いていく。それが、カリキュラム・マネジメントなのです。

 このことは、これまでの教科ごとの年間指導計画の修正に止まらず、資質・能力の育成を明らかにした計画を元に、PDCAサイクルを回転させるような教育課程の編成の必要性を示唆しています。文部科学省も2017年「小学校におけるカリキュラム・マネジメントの在り方に関する検討会議報告書」で同じ意図の「3つの側面」を示しています。そこでは「教科横断的な視点」「調査やデータに基づいた編成」「外部資源の効果的活用」といった趣旨の言葉も挙げられています。
f:id:ict_in_education:20180817214101j:plain

 また、中央教育審議会初等中等教育分科会 第100回 配付資料の「資料1 教育課程企画特別部会 論点整理 4.学習指導要領等の理念を実現するために必要な方策」には、この3つの側面に加えて「教育課程全体を通しての取組」「学校全体としての取組」「「アクティブ・ラーニング」の視点と連動させた学校経営の展開」が挙げられています。
f:id:ict_in_education:20180817214220j:plain

 そこには以下のような文言が書かれています。

  • 管理職のみならず全ての教職員がその必要性を理解すること
  • 日々の授業等についても、教育課程全体の中での位置付けを意識しながら取り組む必要があること
  • 各学校の子供たちの姿や地域の実情等と指導内容を照らし合わせ、効果的な年間指導計画等の在り方や、授業時間や週時程の在り方等について、校内研修等を通じて研究を重ねていくこと
  • 授業改善及び組織運営の改善に一体的・全体的に迫ることのできる組織文化の形成を図ること
  • 「アクティブ・ラーニング」と「カリキュラム・マネジメント」を連動させた学校経営の展開が、それぞれの学校や地域の実態を基に展開されることが求められること

 こうして明示されていることから、先生方全員が、それこそ「主体的・対話的」にカリマネに取り組んでいくことが求められているといえるでしょう。

カリマネ曼荼羅

 ここまで、カリキュラム・マネジメントについておさらいしてきました。これまでの教育課程編成=教育計画作成というイメージとは違って、ぐっと実践的で身近な大改革だと思います。一つ一つの教室での出来事を丁寧にすくい上げて、それを学校の教育活動全体というレベルで言葉にしていく作業が必要になってくるようです。毎日忙しい先生方にとって、この作業は膨大でありたくさんの時間を要することになりますが、それこそ「今から考えるカリキュラム・マネジメント」を乗り越えて「今から取り組むカリキュラム・マネジメント」にしていかないと、あっという間にタイムリミットになりそうです。
 先生方がカリマネに取り組むに当たって、一つ一つの答申や資料を読み解いていくのはとても大変です。そこで、今回ご紹介した資料や他の知見も使って、カリマネを俯瞰できるような図を作成してみました。たとえて言うなら「カリマネ曼荼羅」といったところでしょうか。至らない部分も多いかと思いますので、共にブラッシュアップしていこうという方がいらっしゃるとうれしいです。ブログでのコメント、SNSでのコメントなどをいただければと思います。
f:id:ict_in_education:20180817214356j:plain

先生方へ:
このブログ/図は出典を
「教育ICTリサーチブログ( http://blog.ict-in-education.jp/entry/2018/08/18/040000 )」
としてプリントアウトし、各学校でお配りいただいてもけっこうです。(2018年8月18日 午前10時追記

(佐藤)

▼参考エントリー
blog.ict-in-education.jp

【メディア掲載】月刊私塾界 8月号発刊

 月刊私塾界 8月号がオフィスに届きました。今回の特集は「幼児教育のはじめかた」。さまざまな企業が幼児教育の教室を開設し、さまざまなノウハウやコンテンツをもっています。未就学児へのワークショップの仕方のコツなどにつながるコメントも有り、勉強になりました。
f:id:ict_in_education:20180817153813p:plain:w400

 また、リーダーズフォーラムの第1部のトークセッション、未来の教室実現に向けたEdTechの活用法ということで、スペシャルレポートが掲載されています。
f:id:ict_in_education:20180817153617j:plain

 以下、このブログでレポートした記事と合わせてお読みいいただければと思います。

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp


 いつものとおり、僕の連載も掲載されています。5月から6月にかけてです。6月は、地元である藤沢市にある湘南学園での校内研修に呼んでいただいたのがうれしかったです。
f:id:ict_in_education:20180817153601j:plain

(為田)

近未来の学校教育体験セミナー 模擬授業 夏祭り@仙台 レポート No.7(2018年8月2日)

 2018年8月2日に、NTTドコモ東北支社にて、「近未来の学校教育体験セミナー 模擬授業 夏祭り@仙台」を開催しました。ICT(EdTech)を使ってどんな授業ができるのかをたくさんの先生に知ってほしくて、体験してほしくて、今回は模擬授業を5本プログラムの中に組み込みました。

イベントまとめ

 小学校、中学校、高校の3つの校種。算数、理科、国語、英語、社会の5つの教科。それぞれの授業の中で、どんなふうにICTを活用することができるのかを体験していただけたのではないかと思います。

 どんなことをICTでできるのかということさえ体験してもらえれば、先生方はそれを他の校種や他の教科であっても授業の中で活用するアイデアを得ることができると信じています。
 最後に会場に残されていたメッセージ、とてもとてもうれしかったです。楽しんでいただけるのがいちばんです。先生方がより良い授業をできるように、今回の模擬授業祭りがなにかの役に立てれば光栄です。ぜひ、またやろうと思います!
f:id:ict_in_education:20180816173351j:plain

 ↓あまりに嬉しくて、撮影しているところを撮られました…はずかしい…(笑)

アンケートまとめ

 翌日から、参加してくださった方々を対象に、Googleフォームでアンケートを実施しました。だいたい参加者の半数、15件の回答をまとめたいと思います。

 問1「イベントについてご満足いただけましたでしょうか?」については、80%が「満足」、20%が「まあ満足」という結果になりました。
f:id:ict_in_education:20180816173934j:plain


 問2「今日得られた情報が、役に立ちそうだと思いますか?」については、「役立ちそう」と「まあ役に立ちそうを足すと93.4%となりました。校種や教科、利用したアプリやシステムもバラバラだったので、幅広くカバーすることができたのがよかったのではないかと思っています。
f:id:ict_in_education:20180816173937j:plain


 問3「体験したアプリ(模擬授業)の中で、興味があったものをチェックしてください」では、以下のような結果となりました。幅広く教科を準備しておくことが重要だと感じました。
また、この中で、やるKeyとEnglish 4Skillsは教科に紐付いたデジタル教材です。一方、micro:bitはプログラミング教育と紐づけて、どの教科でも学ぶことができる教材です。ednityとロイロノート・スクールは、学びのためのツールとして活用するプラットフォームだと思っていますので、教科を超えて使うことができると思います。
f:id:ict_in_education:20180816173940j:plain


 問4「イベントに参加して、良かったと思うことを教えてください」へのコメントを以下に抜粋します。

  • アプリの使い方ハンズオンはよくあるのですが、現場の先生方は授業のどの場面で使うのかを迷ってしまいます。本日の模擬授業を通して、具体的な活用場面を知ることができると思います。
  • アプリの活用場面を具体的にイメージできたこと
  • ロイロノートのシンキングツール→できる形でチャレンジしたいと強く思いました。
  • おとなりさんやご近所さんと情報交換できたこと
  • 新たな人とのつながりができたこと。次なるプランが出てきそうな感じになったこと。
  • 授業すべてにICTやアプリを利用すると公立校だとコストがかかる導入は難しいです。しかし、部分的な導入や新たな視点での問いの作りを学べたのが良かったと思います。
  • 筆文字を教えている関係で伝える手段をうまく利用して子供達と楽しくできるヒントがたくさんありました。
  • 今後の授業作りに生かすことができそうなアプリやツールを知ることができました。
  • 近未来を、少し思い描くことができた。
  • ロイロノートに触れてみたかったので、目的が達成できました!
  • 授業の形であったことで、現場での活用をイメージできた。
  • アプリ活用の一例を模擬授業形式で体験でき、興味関心も高まったし、これからの学習のために、皆で学ぶべきことだと感じた。
  • ICT のいろいろな活用方法が体験できて、とても有意義だった。
  • 興味を持たれている方がたくさんいること
  • 実際に操作することで理解が深まった。

 問5「登壇者、主催者へのコメントを自由にどうぞ」から、以下に抜粋します。ありがたいコメントもたくさんいただいております。適宜、対応していきたいと思います。

  • 模擬授業形式でのセミナー開催の回数が増えると助かります。毎回、刺激になるセミナーをありがとうございます。
  • いつも思うのですが、短い時間にぎゅぎゅっと充実したメニューを組んでくださってありがとうございます。合間のトークもとても参考になります。登壇者のみなさん、熱い思いと確かな実践、滑らかな話術、見習います。ありがとうございました。
  • 自分の実践に活かせるというよりは、新たな知見ができたことが大きかったです。お疲れ様でした。どんどん盛り上げていきましょう!
  • 先生方の導入時の主発問がとても素晴らしく、かなり参考になりました!また、私個人的には学校におけるスマホ利用には賛成で少しずつ利用の幅を広げていきたいと考えています。また、主催者にお願いがあるのですが、プログラミング学習やプログラミング思考の学びですが、理科や数学的なものは数多く見ましたが、他教科については見たことがなく、なかなかイメージが湧かなく困っています。このようなセミナーがあると助かります…
  • 先生だけではない、別な職業の方達が一緒にやると違う視点からみれるのでどんどん登壇して欲しいです。
  • ありがとうございました。夏休み明けに向けて、大きな刺激をいただきました。このような研修会をさらに充実していただけると、とても嬉しいです😊
  • 授業形式だと、どのように利用できるか、イメージしやすくよかったです。
  • 素敵な企画でとても、楽しかったです!!登壇者の皆様から多くの気づきをいただきました。ありがとうござました。
  • フライヤーをダウンロードできる形にしておいていただけると、公的な出張や研修の申請がしやすいのでご検討ください。
  • 模擬授業形式はドキドキしたが、子供の気持ちも分かってよかった。先生の皆さんも、短時間で、これだけは!というものに焦点をあてて授業を構成してくれて、この分野はド素人の私でも楽しく学べた。大変勉強になりました。ありがとうございます。
  • 貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
  • 今回のように気軽に参加できる機会を数多くお願いします
  • ありがとうございました。「教育行政に携わる者にとっても,やはり原点は「授業」である。」このことを再確認しました。そこから始まり,常にそこに戻らなければ・・・。学校教育だけでなく,社会教育・生涯学習の視点からも,大変参考になる研修会でした。これからも,最新の情報に触れる機会を見つけ,積極的に学んでいきたいと思います。

 本当にどうもありがとうございます。「模擬授業形式だと子どもの気持ちもわかってよい」というコメント、また、「原点は“授業”である」というコメント、本当にうれしいです。またぜひ企画したいと思います。次はどんな科目でやろうかな、と楽しく企画していきたいと思います。
f:id:ict_in_education:20180807112758j:plain

 当日、イベントにご参加いただきました皆様、このレポートを最後までお読みくださいました皆様、どうもありがとうございました。また、模擬授業という普段とは違う授業をお引き受けくださいました講師の皆様、本当にどうもありがとうございました!

(為田)

教材に使えるかも?:終戦の日に考える

 8月15日の終戦の日を迎え、新聞やテレビなどのマスメディアや、SNSなどでもさまざまな素材を目にする機会が多い一日だったと思います。いくつかのメディアを紹介したいと思います。

終戦詔勅玉音放送

 YouTubeでは終戦詔勅玉音放送)を聴くことができます。口語訳、現代語訳、ふりがながついているものをご紹介します。「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び…」の部分については、メディアなどでもよく見る部分ですが、全文を通して聴くことで印象も少し変わるかと思います。
www.youtube.com

1945年8月15日の全国紙読み比べ

 文筆家で近現代史研究者の辻田真佐憲さんによる現代ビジネス「朝日新聞が号泣…全国紙の「1945年8月15日」を読み比べてみた」も、当時の新聞がどのように報じていたのかがわかるものになっています。
gendai.ismedia.jp

『戦争中の暮しの記録』(暮しの手帖

 暮しの手帖が作った、『戦争中の暮しの記録』がKindle版になっているそうです。

 「この日の後に生まれてくる人に」というページがあり、そこに書かれているのが、上のTwitterで書かれている「この一冊を、たとえどんなぼろぼろになっても、のこしておいてほしい」という願いです。編集者の思いが詰まった文章だと思います。

戦争中の暮しの記録―保存版

戦争中の暮しの記録―保存版

戦争中の暮しの記録

戦争中の暮しの記録

進駐軍の軍人さんから、日本はどう見えたのか

 Twitterでリーガン美香さんが紹介してくださっていたツイートも紹介したいと思います。終戦直後に日本に進駐軍としてきていた軍人さんによる、当時の日本の様子です。


 こうして、アメリカに残されている、一人の軍人さんの所感をTwitterを通じて読むことができるということは、いいことだと思っています。物事をさまざまな面から見て、自分で判断をしていくためには、こうして幅広いさまざまな見方に触れることは本当に重要なことだと思っています。

まとめ

 さまざまな素材を紹介しましたが、こうしたものにはまったく触れずに学校を出る人もたくさんいるのだと思います。だからこそ、公教育の場で、先生がファシリテーションをしながら、こうしたさまざまな素材を使いながら授業をしてほしいと思います。特に近現代史は、資料などさまざまな素材を生きた教材として使いながら学ぶことで、より効果があるのではないかと感じています。

 以前、京都教育大学付属桃山小学校でゲストティーチャーをさせてもらったときにもレポートで少し触れましたが、個人的には「世界を平和にすること」を目標に教育という事業に携わっているので、8月15日は、その原点に立ち返らせてくれる日の一つです。
blog.ict-in-education.jp

 多くの先生方に導かれて、子どもたちが自分たちの生きている世界のことを考えるきっかけになればいいなと思っています。

(為田)

近未来の学校教育体験セミナー 模擬授業 夏祭り@仙台 レポート No.6(2018年8月2日)

 2018年8月2日に、NTTドコモ東北支社にて、「近未来の学校教育体験セミナー 模擬授業 夏祭り@仙台」を開催しました。ICT(EdTech)を使ってどんな授業ができるのかをたくさんの先生に知ってほしくて、体験してほしくて、今回は模擬授業を5本プログラムの中に組み込みました。順に模擬授業の様子をレポートしていきます。

 模擬授業5時間目、仙台市立広瀬中学校の齋藤純 先生です。ロイロノートスクールを使っての中学校社会の模擬授業です。ロイロノートスクールは、シンキングツールを使えるバージョンを利用しての模擬授業。ピラミッドチャートと、バタフライチャートを使った授業をします。
f:id:ict_in_education:20180815100918j:plain

 この例はピラミッドチャート。上から、「主張」「理由」「根拠」の3つの頭文字が書かれています。

 参加している先生方が、集中して「主張」「理由」「根拠」を書いていきます。

 こうしてさまざまなツールを実際に体験してもらえることが、本当に意味のあることだと思っています。機能説明のプレゼンテーションを聞くよりも、こうして模擬授業形式で体験する方が、やっぱりおもしろいように思いますね。

 こうして実際にロイロノート・スクールを使って、シンキングツールを活用してみることで、授業の中でどのように使えばいいのかということを実感していただけたならばよかったな、と思います。
 さまざまなテーマでやってみたいな、と思いました。また、グループで分担してスライドを作って、それを送り合ってチャートの中でまとめたりということもできそうでした。

 No.7に続きます。

(為田)