教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

電子図書館サービスを提供するRakuten OverDrive・田島さんインタビュー No.3

 OverDrive事業の日本代表をつとめる、楽天株式会社の田島由美子さんにインタビューをさせていただくなかで、Rakuten OverDriveが提供する電子図書サービスは、洋書のラインナップが強いことを知りました。訳書の原書にあたる授業をする大学などの教育機関にとっては、洋書を幅広く取り揃えることは意味のあることだと思いました。実際に、近畿大学はRakuten OverDrive電子図書館システムを導入していて、授業のなかで学生が英語多読のアクティビティに取り組んでいるそうです。
 専門的な洋書ばかりではなく、カタログから選べる160万以上のタイトルの中には、「ハリーポッター」や「スターウォーズ」などの一般書も含まれていますので、こうした洋書を手軽に電子図書館に入れることもできるそうです。
f:id:ict_in_education:20180419055712p:plain

 Rakuten OverDriveの画面を見ると、それぞれのタイトルについて「読解力レベル」が設定されています。「ATOSレベル」「Lexile指数」「文章難易度」などでフィルタをかけて、条件にあったタイトルだけを表示することができます。文章難易度で調べてみると、「Kindergarten(幼稚園)からGrade1、Grade2、Grade3…」と学年ごとにタグがつけられています。
 小学校から高校までの英語の授業でも、この読解力レベルのタグを参考にすることで、Rakuten OverDriveに並んでいるたくさんのタイトルのなかから、教材として適切なタイトルを選ぶことができると思います。実際に借りてみて、「別の本にしてみよう」と思ったときにも、わざわざ図書室に行って返却手続きをする必要もありません。洋書を授業で使う先生方の教材研究には役立つのではないかと思います。

 また、音声データがついている電子書籍もありました。文字だけではなくて、耳からも英語を入れることができます。カラオケのように、読んでいる箇所に色が着く、Read Along(リード・アロング)というコンテンツもあります。
 これは、機械が電子書籍の文章をテキストとして認識して読んでいるのではなく、出版社の方でキャスティングしたプロのナレーターに読んでもらったコンテンツになっているので、読解力レベルに合わせて、さらに音声データを使えば、小学校の英語の授業で読み聞かせをするときなどにも使えると思います。

 No.4に続きます。

(為田)

京都教育大学附属桃山小学校 教育実践研究発表会 レポート まとめ(2018年2月23日)

 2018年2月23日に、京都教育大学附属桃山小学校の教育実践研究発表会に参加してきました。テーマは、「主体的に情報を活用しようとする子の育成 ~各教科の学びを深めるメディア・コミュニケーション科~」でした。
 メディア・コミュニケーション科は、京都教育大学桃山小学校で開発研究が行われている、情報教育を核とする新教科です。
f:id:ict_in_education:20180326165226j:plain

 No.1では、クリティカル・シンキングについて考えさせられた、全体会の様子をレポートしました。
blog.ict-in-education.jp

 No.2では、5年2組のメディア・コミュニケーション科の公開授業(若松俊介 先生)をレポートしました。
blog.ict-in-education.jp

 No.3では、1年1組の生活科の公開授業(越知照子 先生)を見学し、1年生でどういうふうに情報活用能力を育てる授業をしているのかレポートしました。
blog.ict-in-education.jp

 No.4では、5年1組の理科の公開授業(長野健吉 先生)をレポートします。テーマは、「ふりこの動き」でした。
blog.ict-in-education.jp

 No.5では、堀田龍也先生(東北大学大学院 教授)の講演「新学習指導要領における情報活用能力の育成」から、気になったところのメモを公開しました。
blog.ict-in-education.jp

 No.6では、シンポジウム「各教科で育む『情報活用能力』について考える」をレポートしました。シンポジストは、堀田龍也先生(東北大学大学院 教授)、黒上晴夫先生(関西大学 教授)、長野健吉先生(京都教育大学附属桃山小学校 研究主任)、山川拓先生(京都教育大学附属桃山小学校研究部)の4人、コーディネーターは、浅井和行先生(京都教育大学教授)でした。皆さんのプレゼンテーションと質疑応答から、気になったところのメモを公開しました。
blog.ict-in-education.jp

 お読みになっていない方は、ぜひどうぞ。

(為田)

電子図書館サービスを提供するRakuten OverDrive・田島さんインタビュー No.2

 OverDrive事業の日本代表をつとめる、楽天株式会社の田島由美子さんにインタビューをさせていただくなかで、特に興味深いと感じたのは、Rakuten OverDriveが提供する司書向けのサービスでした。タブレット端末等ICT機器の導入が進んでいる小学校、中学校、高校の図書室で司書の先生が、Rakuten OverDriveのシステムで自分好みの図書室をオンライン上に作り上げることができるのではないかと思いました。

 田島さんは、図書館司書の先生の仕事として、以下のようなことが変わる、とおっしゃっていました。

  • 司書向けの購入サイトでレコメンド機能が働くことで選書の業務が効率化される。
  • 選書システムが充実していて、新しい本を仕入れるのが簡単。
  • 電子書籍なので、蔵書の整理・管理が簡単。
  • 貸出や返却などのアナログな業務がなくなり、督促などの業務が軽減される。

 Rakuten OverDriveのシステムを採用することで、学校の図書室で電子書籍の貸出ができるようになります。そうすると、児童生徒はRakuten OverDriveにアクセスして「コレクション」から読みたい本を選ぶ機能を使うことができます。
 司書の先生は自分でコレクションを作り、その中にどんな本を入れるのか決めることができます。例えば、「Classroom Management」や「オリンピック・パラリンピック」などのようにコレクションを作り、それに関連する本を並べることで、児童生徒に読んでもらいたい本を、グループでまとめてサイト上に陳列することができます。
f:id:ict_in_education:20180419055402p:plain

 学校の図書室では、さまざまなテーマでコーナーを作る取り組みが実践されています。司書の先生を中心として、児童生徒による図書委員会の活動、保護者ボランティア活動などで、特集コーナーを作っていることも多いと思います。そうした活動を、オンライン上で行うことができるようになってきているということです。
 紙の本を並べてこうしたコレクションを実際の図書室に作っても、その本が1冊しかない場合、一人が借りたら他の人が読むことができなくなってしまいます。調べ学習などで使う参考文献についても、実は同じことは起こりえます。クラスのほとんどの児童生徒が、同じ本を読みたい、というふうになった場合、いまの学校の図書室では対応ができないことが多いように思います。電子書籍でコレクションを作り、1冊の本を同時に複数の児童生徒が読むことができるようになれば、こうした問題を解決することができます。

 ただ、現状では、書籍の複数閲覧については、ライセンス契約の種類によって制限があるそうです。洋書では、ライセンスの形態によって、「複数同時アクセス可能=複数人数で同時に読める本」と、「1冊につき1人だけが読める本」とがあり、現在、複数人数で同時に読める電子書籍は、2割ほどにとどまっているそうです。(日本の書籍には複数同時アクセス可能なタイトルはないそうです。)
 田島さんは、こうした現状は、電子図書館サービスと電子書籍がどれくらい普及するか、にかかっているといいます。普及が進むにつれて、「複数人数で同時に読める本」のライセンス契約が増えていけば、学校の図書室で、紙の本では1冊しか入れていなかったような本を、クラス全員がタブレット端末で同時に読み、それぞれがハイライトした箇所を見ながら授業を進める、ということができるようになるかもしれません。そうした図書室が多くできてくればいいな、と思いました。

 No.3に続きます。


(為田)

セサミストリート「We Can All Be Friends」&ジュリアの教材制作キャンペーン

 世界自閉症啓発デー2018 東京タワーライトイットアップブルーの点灯式で、エルモ、クッキーモンスター、ジュリアが揃って歌った曲「We Can All Be Friends」のミュージックビデオを公開しました。ライブも近々公開されるとのことです。
www.youtube.com

 この曲は米国のセサミストリートで、ビッグバードが初めてジュリアに出会ったエピソードで紹介されました。日本でも、世界自閉症啓発デー2018用に日本語化され、「ジュリアのテーマソング」としても親しまれるようになりました。今後「みんなちがって、みんないい」というメッセージを広めるために、より多くの場所と人たちに使われることをセサミストリートジャパンチーム一同、心から願っています。

 また、クラウドファンディングサイトKickStarterにて「Help Prevent Bullying with Sesame Street’s New Autism Book」というキャンペーンをスタートしました。

自閉症の特性がある子どもたちが、特性のない子どもたちの5倍、いじめを経験していることを知っていますか?

セサミストリートは、こうした問題に向き合い、自閉症の特性があるキャラクター「ジュリア」を中心とした教材や資料を制作するため、キックスタータークラウドファンディング・募金)キャンペーンをはじめました!

f:id:ict_in_education:20180419170231p:plain

 興味がある方は、ぜひご協力いただければと思います。

Help Prevent Bullying with Sesame Street’s New Autism Book by Sesame Street Yellow Feather Fund — Kickstarter


 エルモやジュリアが出てくる動画教材などを使って教室で授業をすると、子どもたちがすごく集中して見てくれます。そこがアイスブレイクになったり、新しい概念をエルモやジュリアたちと一緒に学んだり、ということを感じます。
 ぜひ、拡げていければと思っています。セサミストリート・ティーチャーとしても、引き続き、がんばっていきたいと思います。

(為田)

 

電子図書館サービスを提供するRakuten OverDrive・田島さんインタビュー No.1

 Wiredの記事で、アメリカの多くの図書館がRakuten OverDrive楽天オーバードライブ)というデバイス問わず利用可能な電子図書館を採用していて、電子書籍の貸し出しをしている、という記事を読みました。
wired.jp

 この記事に触れたエントリーを書いたら、大学時代の先輩が「うちのグループ会社なので、紹介しましょうか?」とメッセージをくれまして、OverDrive事業の日本代表をつとめる、楽天株式会社の田島由美子さんに会うことができました。

f:id:ict_in_education:20180419053822p:plain


 まず、田島さんからRakuten OverDriveの仕組みについての説明をうかがいました。Rakuten OverDriveは、スマートフォン・パソコン・タブレット電子書籍を借りて読むことができるサービスです。Rakuten OverDriveのシステムを採用することで、図書館は利用者に、電子書籍の貸出サービスを提供することができます。OverDriveのシステムの採用は、日本ではまだ少ないですが、北アメリカやアジアなど、全世界38,000館の図書館に採用されているそうです。

 電子図書館には、どのようなメリットがあるのでしょうか。田島さんからうかがったポイントを以下にまとめます。

  • 多くのタイトルを取り揃えられる。
    • 世界全体としては360万タイトルを提供している。100言語以上の電子書籍を取り揃えている。
    • 提携している出版社は全世界で5,000社以上。
    • 現在日本国内では160万タイトル以上のカタログから選書することができる。和書は約3万タイトル。
    • 書架のスペースは必要ない。タイトルがどれだけ増えても問題ない。
  • いつでもどこでも利用することができる。
    • 24時間365日、電子書籍を借りることができる
    • 借りた書籍は貸出期間が終了すると自動的に返却される。
  • 文字の拡大機能など、電子書籍ならではのアクセシビリティがある。

 実際に、Rakuten OverDriveのアカウントで本を借りてみました。ブラウザで電子図書館にアクセスして、サインインします。借りたい本を選んで、「借りる」というボタンを押すだけで電子書籍を借りることができます。
f:id:ict_in_education:20180419054023p:plain

 「サンプル」ボタンを押すと、ブラウザ上で本の中身を読むことができます。実際に本を手にとって、ページをパラパラめくって中身を見て、本を借りるかどうか考える、ということは、電子図書館でもこうした仕組みで可能になっています。
f:id:ict_in_education:20180419054049p:plain

 借りた電子書籍は、Rakuten OverDriveのアプリで読むことも、ウェブブラウザで読むこともできます。学校でタブレット端末などが図書室に入っているケースも増えてきていますので、そうした学校では電子書籍の貸出を可能にすることができます。
f:id:ict_in_education:20180419054206p:plain


 電子図書館で借りた本には、ドラッグすることで文章にマーカーをひくことができます(ハイライトすると言います)。自分がハイライトした部分は、自分のアカウントに紐づけて保存されます。図書館で借りた紙の本にマーカーで線をひくことはできませんが、電子書籍であればそれができます。
 どんな本を借りたかは、「履歴とメモ」のところに記録されます。読んだ本を開けば、返却した後でもハイライトした部分を確認することができます。田島さんは、「本は知の集積」とおっしゃっていましたが、読んだ本の記録の蓄積や、読んだ本にしたハイライトの蓄積は、まさに「知の集積」を可能にするシステムではないでしょうか。
 また、「本を開いた回数」や「めくったページ」「読書時間」なども自動的に集計されます。こうした数字が蓄積していくのも、学校図書館で活用する際には児童生徒のモチベーションになるのではないかと思います。実際、こうした「何冊読んだ」とか「何ページ読んだ」というのは、学校の図書室で、読書通帳などの形で行われているもので、これをデジタルにすることでより管理もしやすくなる、と田島さんはおっしゃっていました。
f:id:ict_in_education:20180419054242p:plain

 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

教材で使えるかも?:教育出版の新しい教育映像、佐藤雅彦先生+ユーフラテス「目で見る算数」

 Twitterで流れてきました、佐藤雅彦先生+ユーフラテスの新作映像「目で見る算数」。教育出版の算数の教科書に、教育映像としてついてくるのでしょうか。すごいです。

 教育出版のサイトでサンプル版が先行配信中です。さっそくアクセスしてみました。
f:id:ict_in_education:20180415235349p:plain

 目で見る算数 3つのポイントがサイトに書かれています。

  1. 映像の持つ力を借りることで、これまでにない算数の授業を実現!
  2. 指導者が毎日の授業で無理なく使えるように、授業のどこで見せたらよいのか、おススメ活用場面を設定!
  3. 単元の学習後、学習者がくり返し見ることで、学習内容が定着!算数に対する興味・関心が高まり、新たな発見が生まれる!

 ピタゴラスイッチのような、「ああ、こういうことか!」という発見につながりそうな映像をサンプルで見ることができます。教科書に連動して使ってもらえるようになるということなので、もっともっと映像が増えていくのだと思います。「目で見る算数」、これからがとても楽しみです。

(為田)

【メディア掲載】ICT教育ニュース:近未来の学校教育体験セミナー「みんなでつくる!情報時代の学校」5月仙台で開催(2018年4月11日)

 5月13日に仙台で開催するイベント「みんなでつくる!情報時代の学校」が、ICT教育ニュースで紹介されました
f:id:ict_in_education:20180413053610p:plain

本セミナーは、2017年度に宮城県・富谷市立明石台小学校で行われた、タブレットを使用し「学びの個別化、反転学習、学校で閉じない学び」などをテーマとした教育実践の報告会。

基調講演には、東北学院大学の稲垣 忠 教授を迎え、先日発売された訳書『情報時代の学校をデザインする 学習者中心の教育に変える6つのアイデア』(北大路書房)の中から、情報時代の学校について訊く。実践紹介は、明石台小学校の実践以外にも、プロジェクト学習の事例、また教育の情報化を支えるインフラ面からの事例など、さまざまな視点からの情報を共有できるセミナーだという。

 弊社は事務局として協力しています。富谷市立明石台小学校での実践報告を起点にして、さまざまな事例紹介も予定されています。現状、20名の参加申し込みをいただいていまして、お席も増やしました。ありがとうございます!

 詳細については、以前に書いたエントリーをご参照下さい。
blog.ict-in-education.jp

 お申込みは、以下のページからよろしくお願いいたします。
future-school.peatix.com

(為田)