読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

教材に使えるかも?: エスカレーターシミュレーション@ロンドンの地下鉄

教育ICT利用の目的 目的-1. 興味喚起 使えるかも?

 少し前ですが、The Telegraph「The simulation that proves standing only escalators work on the Tube」という記事が非常におもしろかったので紹介します。
f:id:ict_in_education:20160530105047p:plain

 ロンドンの地下鉄にも、エスカレーターで片側は立ち止まって、片側は歩く、というルールがあるそうです。これを、歩かずに2列で止まって乗ると、どちらがどれくらいエスカレーターの稼働が効果的なのかを実験したそうです。
 アニメーションでシミュレーターまでついていて、わかりやすいです(どれくらい厳密なのか、ちょっとこれだけだとわからないのですが…)。
f:id:ict_in_education:20160530105036p:plain

 こうした身近なテーマで興味喚起して、「結果がどうだったのかを読んで探そう!」という導入から始まる探究型の授業もおもしろいな、と思いました。もちろん、直球で英文読解の素材とするのもおもしろいですね。

The simulation that proves standing only escalators work on the Tube

(為田)

教材で使えるかも?: オバマ大統領 広島でのスピーチ(2016年5月27日)

教育ICT利用の目的 目的-6. 教材拡充 YouTube 使えるかも?

 オバマ大統領の広島でのスピーチ、仕事で見ることができなかったのですが、動画で見ることができました。こうして簡単に動画で見ることができるのは本当に助かります。生放送で見ることはできなくても、後からでもきちんと、オバマ大統領が、自分の言葉で、どんな声音で、どんな表情で、どんな雰囲気でスピーチしたのかを見ることに意味があると思うので、スピーチ原稿を文字で読むだけでなく、ぜひこの動画を見てほしいと思います。
www.youtube.com


 英語のスピーチ全文もWebで見ることができます。( The New York Times: Text of President Obama’s Speech in Hiroshima, Japan
f:id:ict_in_education:20160529081159p:plain

 もちろん、日本語訳もみることができます。( オバマ大統領の広島訪問 所感の全文 | NHKニュース
f:id:ict_in_education:20160529081300p:plain


 これらを組み合わせて、社会の授業でも、総合学習の時間でも、歴史とこれからについて考えるきっかけになる授業をできる先生方も多いのではないかと思います。
 それ以外にも、例えば英語のディクテーションに使うこともできるでしょうか。どうせ英文を読むならば、こうしたアップトゥデートな話題を読んでみるというのはどうでしょうか。
 広島のことだけでなく、これまでの人類の長い歴史の振り返り、困難な状況にある人たちのこと、現代のテロの問題などにも触れているのが印象的なスピーチだったと思います。さらに、「hibakusha」という言葉をスピーチの中で使って触れていたり、戦後のエピソードなども入れていたり、国際政治の大きな話から人びとの日々の生活のような小さい話まで、フォーカスを当てるところもスピーチとして上手だなと感じます。
f:id:ict_in_education:20160529081004p:plain


◆ ◆ ◆

 アメリカのニューヨーク州にある公立のクラークスタウン北高校で、日本語の授業でオバマ大統領の広島訪問が取り上げられた様子がNHKのWebで見られます。
www3.nhk.or.jp

 個人的に、大学進学を決めた時から「Peace Study」を自分のテーマにしていて、そのための手段のひとつとして教育というフィールドを選んだので、こうした機会にもし授業で取り上げるケースなどがあるならば、知りたいなと思います。日本国内ならばできる限り取材に行きたいです。
 扱いが難しいテーマだとは思いますが、誰かのスイッチを押す可能性があるテーマだし、今後の世界で活躍をする児童生徒には、何らかの形で触れてほしいテーマだと感じ、取り上げました。

(為田)

教材に使えるかも?: Phonics Songs

YouTube 使えるかも? 教育ICT利用の目的 目的-6. 教材拡充

 小学校の英語教育についていろいろと調べていて、「フォニックスとかってやっぱりやりたいよなあ」と思いました。フォニックスをきちんと外国語活動の中で教えているのかなあ…、と思いましたが、以前に大阪の小学校でフォニックスを導入、というニュースを見ましたが、他の自治体は追いかけてこないですよねえ。今小学校でやっているHi, Friendsとかでも入っていないのかしら。

 まあ、教材に入っていなくても、YouTubeで「Phonics song」とかで検索をかければ、いくらでも出てくるので、こうしたたくさんの素材と戦わなければならないサービス提供者は、何を強みにするかを考えなければならないですよね。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com


 このKidsTV123、聞き取りやすくて画面もシンプルで教室で使いやすいかもしれないなあ、と思いました。
f:id:ict_in_education:20160527020705p:plain

 きっと他にもたくさんの素材がありそうです。フォニックスだけでなくて、ちょっとしたスキットとか、外国語学習に役立つ素材はYouTubeにたくさんあがってそうです。学校現場ではYouTubeをアクセス制限している所も多いのですが、絶対にもったいないと思うんですよね…。
 YouTubeを上手に授業に使う事例が、もっともっと出てきてくれればいいと思います。

 僕は中学校でフォニックスを勉強したことはないけれども、好きで見ていた「セサミストリート」(当時は教育テレビで放送していました)では、毎回テーマになる文字と数字が決まっていて、文字のところではフォニックス的な発音練習があったなあ、と懐かしく思い出します。

(為田)

【ニュース】 ASCII.jp「スマホが計測デバイスに! - グーグルが「科学実験ノート」アプリを公開」

教育ICT利用の目的 目的-4. 授業効率化 目的-6. 教材拡充 YouTube ニュース

 ASCII.jpで「スマホが計測デバイスに! - グーグルが「科学実験ノート」アプリを公開」というエントリーがあがっていました。

グーグルは5月20日、Androidスマホタブレットを科学教育向けに使えるアプリ「サイエンス ジャーナル」を公開した。

子供の科学教育水準を高めるイマジネーション財団と提携して開発されたアプリで、スマホタブレットをさまざまな科学実験における測定・記録・ノートとして利用できる。


ASCII.jp:スマホが計測デバイスに! - グーグルが「科学実験ノート」アプリを公開

 ASCII.jpでも紹介されているYouTubeチャンネルを見てみると、雰囲気がわかっていいかもしれません。チャータースクールの先生と、Googleのこのイニシアチブに参加しているスタッフのインタビューを聴くことができます。
www.youtube.com


 Androidで実験のデータ測定ができるようです。YouTubeの動画を見ると、回転を測定している様子が見られます。数値を上げるために、グループごとにみんなで試行錯誤をしています。楽しそう。
f:id:ict_in_education:20160526015034p:plain


 実験結果がすぐにビジュアライズされるのも素晴らしい。実験結果を手書きで綺麗にまとめることが目的ではなく、実験をして試行錯誤し、知識を獲得することが目的なので、ビジュアライズのところが効率化されるのは非常にいいことだと思います。
f:id:ict_in_education:20160526015039p:plain


 そして実験結果はそのままスマホで入力していきます。こうした風景、もっともっと学校で見られるようになればいいな、と思います。
f:id:ict_in_education:20160526015036p:plain


 実験などのアクティビティを始める前の様子が動画に収められています。先生の「じゃ、やるよ」という言葉に、スマホを手にしながら応える子どもたち。
f:id:ict_in_education:20160526015042p:plain


 Science Jounalのキットが学校に届いている様子です。この箱のなかに、実験器具やスマホが入っているのですね。動画を見ていると、スマホと実験器具はワイヤレスで通信しているみたいだし、ただのアプリで購入するだけでなく、こうしてキットで購入するものなのかな?いくらくらいなのだろう…。
f:id:ict_in_education:20160526015045p:plain


 非常におもしろそうだと感じました。使ってみたいです。どこかの学校で導入しないですかね。ぜひ授業を取材に行きたいです。
ascii.jp

(為田)

「やるKeyでできること、やるKeyが変えること」@EDIXミニセミナー(2016年5月18日~20日)

EDIX やるKey 講演・研修 教育ICT利用の目的 目的-5. 進捗、理解度確認 目的-6. 教材拡充 目的-8. 家庭との情報共有

 5月18日(水)~5月20日(金)に開催された教育ITソリューションEXPO(EDIX)の、凸版印刷・東京書籍ブースにおいて、「やるKeyでできること、やるKeyが変えること」というタイトルで、ミニセミナーを行ないました。やるKeyは、為田が開発に携わっている、凸版印刷が開発しているアダプティブ学習サービスです。
f:id:ict_in_education:20160522233513j:plain

 当日会場では、ゲストスピーカーを招いた回もあったので、毎回同じセミナーをしていたわけではなかったのですが、ベーシックなセミナー内容を、スライドに合わせてご説明したいと思います。
f:id:ict_in_education:20160522225138p:plain

やるKeyとは何か?

 まず、やるKeyとは何か?ということについて説明します。やるKeyは、“子どもたちの学力向上につながる「努力する力」を手助けするアダプティブ学習サービス”です。キーワードとなるのは、「アダプティブ学習」というところです。これは、学習者一人ずつにあう問題を出し分け、また答えによってさらにそこから問題を出し分けていく、一人ひとりに適応した学習を提供する仕組みです。
f:id:ict_in_education:20160522225141p:plain

 一人ひとりにあった問題を出していくこと、間違えるポイントによって戻すポイントを適切に判定すること。そのために、東京書籍の教科書づくりのプロフェッショナルな知見を、デジタル化するにあたって取り入れているのが最大な特長と言えると思います。

レコメンド機能で学力を上げたい

 やるKeyには、大きく3つの機能があります。順に説明していきますが、まずいちばん左のレコメンド機能。これは問題を出し分けるために、次の推奨問題を出題するための機能です。
f:id:ict_in_education:20160522225143p:plain

 やるKeyは、ただ「楽しく勉強する」ことを目指しているのではなく、わからない子に、「わかった!」と感じてもらい、成長実感を持ってもらい、学力向上を実現することを目指しています。

 例えば、次の問題を見てみましょう。719×14の筆算問題が出題されます。
f:id:ict_in_education:20160522225145p:plain
 この3桁×2桁の筆算問題を間違えると、多くのデジタルドリルでは、この問題が含まれている大問に含まれる練習問題を何度も何度も出題するようになっています。
 ですが、学習者の立場からみると、さっき間違えた問題をもう一度そのまま出題されても、多くの場合は「やはりわからない」ことになってしまいます。

 学校の先生は、児童が書いた誤答を見て、もっと細かく指導をしています。児童の誤答を見て、「どうやって間違えているのか、どこでつまずいているのか」と可能性をひとつずつ検討していけるように、次の問題を出題していると思います。そうすることで、「ああ、ここが理解できていないんだな」「ここでつまずいているんだな」と認識し、それに従ってまた次の問題を出題していると思います。こうした細かい問題の出し分けができなければ、先生が現在している出題よりも質が下がるということになり、デジタル化する意味はあまりありません。

 やるKeyでは、この筆算1問についても、「ここで間違えているかもしれない」というつまずきポイントを設定しています。例えばこの問題であれば、以下のようなつまずきポイントのいずれかによって間違っているという可能性があることになります。

  • 3位数×2位数の筆算ができない
  • 2位数×2位数の筆算ができない
  • 4の段のかけ算
  • 部分積を作るときにくり上がりあり
  • 部分積が4桁
  • 1の段のかけ算
  • 部分積が3桁
  • 波及的繰り上がり
  • 積に空位がある
  • 部分積を加える時にくり上がりあり

 こうした「つまずいているかもしれない」ポイントを複数挙げ、次の問題、その次の問題、と出題していきながら、どこでつまずいているかを特定する仕組みが、やるKeyにはあります。こうした出題をするために、膨大な量の類題を収録しています。
 また、問題量だけでなく。学年をまたぐこともできるように設計がされています。例えば、現在の教室では、5年生の教室で3年生の部分でつまずいている児童がいたときに、「では、3年生の問題をやってみよう」とすぐに3年生のプリントを渡す、というのは難しいと思います。このように学年をまたいで問題を遡ったりして出題することは、クラス単位では先生方の大きな負担となりますので、その部分をやるKeyで代替したいと思っています。
 やるKeyであればすべての学年の問題が収録されているので、5年生の教室で3年生の部分でつまずいている児童には、3年生の範囲まで自動的に戻った問題を出題することもできます。このようにしっかりとつまずきポイントを特定し、復習させることで、学力が上がり、「勉強したらしっかりできるようになった」という成功体験をすることができると考えています。
f:id:ict_in_education:20160522232859j:plain

目標設定機能で、努力するための最初の一歩を手助けしたい

 こうして学力向上のために、レコメンド機能を使うわけですが、「点数が上がる」「プリントで◯の数が増える」というところにいたる前に、先に「努力して学習量が増える」という段階がなければなりません。
f:id:ict_in_education:20160522225143p:plain
 そのために、2つ目の「目標設定・確認機能」を用意しています。やるKeyでは、最初に必ず「どれくらい勉強する」ということを自分で設定するようになっています。目標設定の方法は、「何分勉強する」と時間で設定する方法と、「何問解く」と問題数で設定する方法があります。児童にはどちらでも、自分の取り組みやすい方でチャレンジしてもらいたいと思います。
f:id:ict_in_education:20160523101313p:plain

 目標をきちんと達成できたかどうかは、下のような画面で見ることができますので、「あとちょっとだ!」とがんばってもらえるようになっています。
f:id:ict_in_education:20160522225148p:plain
 勉強する時間や取り組む問題数が増えても、全員の点数がすぐに上がっていくわけではありません。でも、「点数はまだ上がっていなくても、決めたことはできるようになってきた」「点数はまだ上がっていなくても、昨日よりも少しだけど勉強した時間が多くなった」というふうに、自分に自信をもってもらいたいと考えています。
f:id:ict_in_education:20160523004235j:plain

履歴確認機能で、先生に教室でほめてほしい

 児童がどれくらいの問題に取り組んだか、どれくらいの時間勉強したか、という記録は、デジタルで記録をとるのは簡単です。先生も児童に教室で聞き取りをしたり、紙で記録をしたり、不可能ではありませんが、労力が非常にかかりますし、それを1年間続けるのは並大抵のことではないと思います。ですが、先生が「家庭でどのくらい児童が勉強をしているのか、それも知って声かけをしたい」という思いに答えるために、学習の記録をとることがデジタルでできるのであれば、先生から児童への声かけをより深めることができるのではないかと思います。
 そうした記録をとる部分をデジタルに任せた先生には、より重要な役割があります。それが、3つめの機能である、履歴確認機能です。がんばった子どもたちに、承認を与えてほしいのです。誰から褒められるのがうれしいかと言えば、僕は教室で先生に、みんなの前で褒めてもらうのがうれしいと思います。
f:id:ict_in_education:20160522225143p:plain

 これまでならテストの点数が上がらなければわからなかった変化ですが、やるKeyの学習履歴を見れば、点数が上る前の些細な変化についても気づくことができると思います。そこに気づいて、子どもたちに声かけをしてあげてほしいのです。

 また、やるKeyでは、下のような画面で、子どもたちの習熟度を見ることができます。目当てごとでの習熟度を朝、職員室で見ることができれば、“その日の算数の時間の授業設計”を変えることができます。そうして、子どもたちが「わかった!」という声を上げることが増えること。そうなることで、「勉強って、意外と楽しいじゃん!」と思ってくれる児童が増えることが大切だと思っています。
f:id:ict_in_education:20160522225153p:plain

実証研究でわかってきたこと

 昨年のEDIXでは、実証研究に協力してくれる自治体はまだ2つだけでしたが、今年度はその他にも多くの学校に参加していただくことができました。そうして、ログを見たり授業を見たりしていると、わかってくることがありました。それが、次のスライドに書いたことです。
f:id:ict_in_education:20160522225155p:plain
 最初の「学習時間が長い方が、習熟度が上がる」「持ち帰らせることで、取り組む問題数が増えて、習熟度が上がる」というのは、まあそうだろうなという実感が改めて裏付けられた、という形かと思います。
 注目したいのは3つめ。「先生の声かけにより、成果は全然違う」ということです。同じ学校、同じ学年団に、同じように僕が説明をしても、ある一定期間を終えた後の成果には大きな差が出ます。これは、「どれだけ声かけをしているか」「どのような声かけをしているか」によって変わってくるのだろうと思います。つまり、結局は先生が教室でどのように子どもたちにやるKeyを伝えるのか、ということだと思いっています。

 こうしたことを考えると、ときどき質問でいただく、「やるKeyがあれば先生は要らないのか?」という問いがまったく意味がないことに気づきます。やるKeyをどう算数の授業に組み込もうか、やるKeyで見られるさまざまなデータをどのように読んで、どのように子どもたち一人ひとりに合わせて声かけに活用するか、それこそが重要なのです。

やるKeyの今後

 今回のEDIXでも、本当に多くの方にブースを訪れていただき、やるKeyを実際に触ってもらいました。

 やるKeyを開発、提供している凸版印刷株式会社 教育ICT事業開発本部の菊地尚樹本部長に、今回のEDIXについての感想を訊いてみました。

今回のEDIXでは「聴いて」「触って」頂くことにポイントを絞りました。開発に深く関わってくれている為田さん、東京書籍の皆さん、そして実証研究に関わってくださった教育委員会、学校の皆さんの「生の声」を聴いていただく、そして完成した「やるKey」に実際に触れていただく、それが「やるKey」の魅力をお伝えする最適な方法だと考えたからです。
おかげさまで1日7回のブース前ミニセミナーは毎回大盛況。多くの皆さんに「やるKey」を体験していただけました。例えば、全ブースをじっくり回っていらっしゃった教員養成専攻のゼミの皆さんから「いちばん優れたサービス」と言っていただけたんですが、日頃お目にかかれない皆さんに、そんなお話を直接聴けるのもこのイベントの良さだなと思っています(笑)

 今後、やるKeyが日本の教育において、どのような貢献をしていきたいと考えていますか?

為田さんもご紹介してくださったように、「やるKey」は先生方がお子さん達に学習の基礎基本をご指導されることを徹底的にお手伝いするサービスです。今後は算数以外に国語、英語にも教科を拡大してゆきますが、私たちの「やるKey」が特に中下位層のお子さんたちの「やる気」「学力」の向上の一助となり、「教育による貧困のスパイラルからの脱却」に取り組んでいらっしゃる教育現場の皆様のお役にたてれば本望です!

 やるKeyは、いま流行りの「アクティブ・ラーニング」とは程遠いものです。目指しているのは、基礎学力をいかに上げるかというところ。そこに向けて凸版印刷と東京書籍が協働でがっちり取り組んでいるサービスです。ですが、基礎学力をしっかり持ち、「勉強すればできる」という自信を持ち、「学ぶって楽しい」という思いを持っている子でなければ、アクティブ・ラーニングの場において、主体的に学ぶアクティブ・ラーナー(Active Learner)にはなれないと思います。まず、ここの部分をしっかりと積み上げて、そこからアクティブ・ラーニングなどのステップへ進めていければと考えています。
f:id:ict_in_education:20160523004147j:plain

 2016年度も、さまざまな実証研究が実施されることが決まっています。また来年度のEDIXで、実証研究に基づいた発表ができればと考えています。
 個人的に多くの時間を割いて作ったつまずきポイントの仕組みが、多くの学習者のデータによって実証される部分とブラッシュアップされる部分があるのだろうとワクワクしています。また、それが東京書籍の「教えるノウハウ」にフィードバックがかかっていくことにもワクワクしています。

 まだまだ、やるKeyはこれからですが、非常に骨太な学力向上を助けるツールになれるのではないかと思っています。興味がある方は、ぜひ為田までコンタクトをいただければと思います。

※スライド上の画面は、デモ画面です。

(為田)

教材で使えるかも?: Google Home デモ

使えるかも? YouTube

 Google I/O 2016で発表された、Google Homeのデモ映像。おもしろいです。
www.youtube.com


 家全体がスマート化していて、「OK, Google」という言葉からさまざまなことができるようになっています。「朝のプレイリストを再生して」「今日のスケジュールは?」などのようにさまざまなことを音声で指示をしていく、こうした未来はすぐそこなのだろうか。
f:id:ict_in_education:20160523005648p:plain

 音声はそのままGoogle カレンダーなどのクラウドデータにもつながっていて、テレビなどの家電ともつながっていて、いろいろなことを連動できる。舞台は外国のようだから、子どもたちの学校がGoogle for Educationを使っていたら、もしかしたら学校の宿題ともしっかり連動しているかもしれません。
f:id:ict_in_education:20160523005644p:plain

 もうほとんど、コンピュータ見えないです。キーボードを使っている姿がこのデモには映らないし。未来のことを想像するのに、こうした映像を見るのは非常に参考になります。おもしろい。
 この映像を見た後で、「こうした時代がやってきた時に、人間のすべきこととして残るのは?」とか、「こうした時代に危惧されることとは?」とか、そうしたディスカッションをしてもおもしろいかな、と思います。


 参考に、Google I/O 2016のキーノートはこちらで。
www.youtube.com


▼参考エントリー
blog.ict-in-education.jp


(為田)

D-project春の公開研究会2016 in 京都 取材報告 まとめ(2016年3月26日)

イベント 公開授業 取材 教育ICT

 3月26日に同志社中学校・高等学校を会場に行われた、D-project春の公開研究会2016 in 京都に参加してきました。テーマは“「主体的」と「協働的」をダイナミックに授業デザインする”でした。全部で5回に分けてレポートをしました。

 放送大学教授の中川一史先生のキーノートスピーチから始まり、現場の先生方によるディスカッション、ワークショップ、研究者の先生方によるディスカッションと盛りだくさんの内容でした。理論と実践のバランスがとても良く、非常に楽しく参加させていただきました。

f:id:ict_in_education:20160509202053j:plain

f:id:ict_in_education:20160513050755j:plain


 すぐに役立つという情報だけではなかったかもしれませんが、ご自身の教室に持ち込んでみたらどんなふうになるだろうか?と考えるきっかけがそこかしこにあったように思いました。
f:id:ict_in_education:20160513055112j:plain

f:id:ict_in_education:20160513183452j:plain


 各回へのリンクを貼っておきますので、もしまだお読みでない方は、クリックしてお読みいただければと思います。
blog.ict-in-education.jp
blog.ict-in-education.jp
blog.ict-in-education.jp
blog.ict-in-education.jp
blog.ict-in-education.jp


 中川先生をはじめ、登壇者の先生方、ワークショップを主宰されていた先生方、多くの方々に原稿の確認などお世話になりました。本当にどうもありがとうございます。
 今後も、D-proの歩みを見ていきたいなと思いましたので、ぜひまた取材に伺わせていただければと思います。

(為田)