教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするために、現場目線での情報発信をしていきたいと思います。

関西大学初等部 授業レポート No.2(2019年11月11日)

 2019年11月11日に、関西大学初等部を訪問し、授業を見学させていただきました。関西大学初等部は、一人1台のiPadを活用している学校で、Appleのビジョンを実践している教育機関として認定されている、Apple Distinguished Schoolです。

 今回は、堀力斗 先生が担当されている、1年生のプログラミングの授業をレポートします。見学したのは、Sphero EduでSphero BOLT(以下、BOLT)を動かすプログラミングの授業でした。今回の授業が2時間目で、前時はBOLTがどう動くかのデモンストレーションをしたそうです。
 今回が、自分たちではじめてBOLTを動かしてみる授業でした。BOLTがたくさん動いても大丈夫なように、みんな床に座れる、机がない広い教室で授業を行いました。

 最初に堀先生が、Sphero Eduを使ってBOLTをどうやって動かすかなど、この後の活動のためのお手本を見せくれました。球体のBOLTは方向が難しいので、「光っているところがおしりです」と説明して、おしりを目印に方向を決めて、前に進むBOLTを見せます。BOLTが動いた瞬間の「おおー!」という子どもたちの盛り上がりに、楽しさが授業を動かしていく様子が見られました。
f:id:ict_in_education:20191209092520j:plain

 グループ活動に移る前に、堀先生がみんなに伝えたのは、「何かわからないことがあったら、グループで解決しよう」ということと、「いろいろやってみても大丈夫だよ」ということでした。この言葉かけは、プログラミングの活動を始める際の心理的な障壁をとりのぞいてくれていると思います。「いろいろやってみる」という試行錯誤の部分がなければ、プログラミングの授業の楽しさも学びも減ってしまうので、この「やってみよう!」というところを掻き立てるのは非常に重要だと思います。

 4人グループに1台のBOLTを手渡し、一人ずつ順番に自分のiPadとBOLTとを接続して、自由に動かすということをします。グループみんなで助け合いながら、BOLTを動かしていきます。BOLTが自分の思い通りコロコロと動いていったり、思い通り動かなかったり、人にぶつかったり、そうしたすべてが、「思い通りに動かせてる!」「自分たちで作れている!」という体験として残っていくと思います。
f:id:ict_in_education:20191209092554j:plain

 みんなとても楽しそうです。頭をみんなでひっつけて考えて、「こうじゃない?」「やってみようよ」「やった!できた!」のサイクルがすごい速度で何回も回転するのは、プログラミングの良いところだと思います。

 この次の時間には、先生から出される課題にチャレンジするそうです。みんなで頭をひっつけて考える様子が、またたくさん見られそうだな、と感じました。
f:id:ict_in_education:20191209092703j:plain

 No.3に続きます。

(為田)

見てみた:「自分の動画を使って授業をしてきました。」

 湘南学園中学校・高等学校の小林勇輔 先生がFacebookで紹介されていた、動画「自分の動画を使って授業をしてきました。」という動画を見ました。これは、先日のEdvation × Summitでも登壇されていた、「とある男が授業をしてみた」の葉一先生が、湘南学園高校を訪れて授業をした様子を見ることができます。
www.youtube.com

 動画を紹介されていた小林先生が、「学校や教員にとって「映像授業」「授業動画」は説明や文脈を間違えると「敵」になってしまいます」とFacebookに書かれていましたが、敵とは見ていなくても心配していたり、試さずに懐疑的にいる先生がいるなかで、こうした実際に授業のなかで使ってみるというのは、大変意味のあるチャレンジだな、と感じました。
 授業の様子も動画のなかで見ることができます。今回は、復習分野での問題演習教材として、動画を使っていたようでした。実際の授業の流れは以下のようなものだったそうです。

  1. 自己紹介
  2. 葉一先生による練習問題の解説
  3. 問題演習を動画で実施(葉一先生サポート)
  4. 植田先生による授業
  5. 問題演習を動画で実施(葉一先生は生徒に)
  6. 質疑応答

f:id:ict_in_education:20191209140731j:plain

 タブレットを使う人もいれば、ノートを使う人もいたそうです。このように、デジタルでもアナログでも、どちらを使うこともできる、という学びの環境を作ることが重要だと思います。さらに湘南学園高校は端末を指定していないBYOD方式なので、iPadを使っている人もいれば、ノートPCを使っている人もいます。学びの道具を自分たちで選ぶことができるのは、自律的な学習者を育ててくれると思います。湘南学園が、デジタルをただの自動出題・自動採点の道具として見ているのではなく、学びの道具のひとつとして評価しているように感じました。
f:id:ict_in_education:20191209140810j:plain

 また、今回は、葉一先生が自分の授業動画を使って授業をしてみただけでなく、湘南学園高校の植田先生も葉一先生の授業動画を使って授業をしたそうです。こうして現場の先生がチャレンジをしてみることも重要だと思います。動画を組み込んでみたときに、これまでと生徒たちの学び方はどう変わるのか。そして、変わった生徒たちの学び方に合わせて、教え方はどう変わっていかなくてはならないのか。授業動画では代替できないことは何が残るのか。授業の本質が問われるのだと思います。

 そのために、まずチャレンジすることが大事です。葉一先生は、動画が学校教育に入っていける可能性を感じた、と言っています。また、今回チャレンジした問題演習のところがいちばんハードルが低い、入りやすいところではないかという評価もしています。まずはそうしたハードルが低いところで、先生がコントロールできる教室という場でチャレンジを積み重ねていくことだと思います。
 生徒の学び方もいろいろだったようで、「1問ずつ区切ってやる子もいたり、一気にやる子もいたり、自分でどんどん進んでいく子もいる」と葉一先生は言っていました。
 湘南学園高校の植田先生が動画の中で言っていましたが、生徒にとって「いちばんいいことって何なのかな?」と考え続けていく学校の姿勢を見ることができたように思います。
f:id:ict_in_education:20191209140839j:plain

 今回の仕掛け人だった小林勇輔 先生、山田美奈都 先生に、今回の葉一先生とのチャレンジをしてみてのコメントをいただきました。

学校教育における映像コンテンツ(YouTube)利用の新たな可能性を見出せた時間であったと感じています。植田先生の言葉にもありますが、このような挑戦をすることで授業とは何かを「突き詰める」ことが重要なのではないかと感じています。(小林先生)


いつ、何のためにICTという文房具を使うと学びが面白くなるのか、生徒たちと共に模索し続けたいです。より良い形を追究していった先にある「変化」なのであれば、恐れずチャレンジしていくべきだと思うんです。(山田先生)

 湘南学園の今回のチャレンジはとても素敵だったと思います。こうして学校/授業を良くしていく試みがどんどん全国で積み重ねられていくことが重要だと思います。
f:id:ict_in_education:20191209140933j:plain

(為田)

関西大学初等部 授業レポート No.1(2019年11月11日)

 2019年11月11日に、関西大学初等部を訪問し、授業を見学させていただきました。関西大学初等部は、一人1台のiPadを活用している学校で、Appleのビジョンを実践している教育機関として認定されている、Apple Distinguished Schoolです。

 堀力斗 先生が担当されている、1年生の国語の授業をレポートします。今回の授業では、自動車図鑑のページをiPadを使って作ります。図鑑のページには、車の“しごと”と“つくり”の文章を自分たちで書いて載せます。
 最初に、堀先生と一緒に文章を考えます。例として、ゴミ収集車の説明をみんなで考えました。ゴミ収集車は、「にもつをはこぶしごとをしています」(しごと)→「そのために」→「にもつをのせるところがひろくなっています」(つくり)のように文章を書いていきます。“しごと”と“つくり”をつなぐ「そのために」のところがしっかりつながるように、時間をかけてみんなで文章を作っていきました。
f:id:ict_in_education:20191209051241j:plain

 堀先生は、授業中に「おとなりと話して」と言って、隣同士でどんな文章を作ればいいかを一緒に考える時間をとるので、教室ではたくさんのコミュニケーションが行われていました。1年生なので、まずは話し言葉で考えていくということを重視しているのかなと思いました。

 子どもたちに“つくり”のところの文章を発表してもらいました。ある児童が「うんてんせきがひろい」と言うと、別の児童が、「そしたら、にもつがはこべない」と反論しました。そこで堀先生は、「なんで、にもつがはこべないとだめなの?」と問いを重ねます。何度も子どもたちと堀先生の間で問いが重ねられて、みんなで考え話し合って、“しごと”と“つくり”をつなげる文章を完成させました。
f:id:ict_in_education:20191209051323j:plain

 みんなでゴミ収集車の文章を作ることができたら、いよいよそれぞれの車について調べて、文章を書いていきます。堀先生は、「書き方は何でもいいんです。大事なのは、“しごと”が“つくり”につながっていることです」と言って、それぞれのiPadで図鑑のページを書く時間が始まりました。
f:id:ict_in_education:20191209051400j:plain

 Keynoteで開いた空のページには、「車」「しごと」「つくり」というふうに見出しだけが書かれています。児童は好きな車を選んでページを作っていきます。自分の選んだ車の写真を入れ、文章を書いていきます。救急車だったら、“つくり”には、ベッド、ストレッチャー、サイレン、車載モニターなどがあるということを書いていきます。
f:id:ict_in_education:20191209051436j:plain

 検索もみんな自分でしていました。iPadだとキーボードの入力をひらがなにするのも簡単なので、どんどん入力していきます。
f:id:ict_in_education:20191209051519j:plain

 文章を書けた児童は、どんどん堀先生のところに持ってきます。パトカーについて書いている児童が、“しごと”は「どろぼうをつかまえること」で、そのために“つくり”として「サイレンがついている」と書いてきた児童に、堀先生は「これ、“しごと”と“つくり”とどうつながっているの?」と質問していました。授業を通して、このような論理の繋がりをしっかりと意識させるやりとりがとても多いと感じました。
 関西大学初等部は、思考スキルの習得に特化した「ミューズ学習」をはじめ、「自ら考える力」の育成に取り組んでいるのですが、1年生でも、こうして言葉を丁寧に使うことを通じて、みんなで考えるのが楽しい雰囲気ができているのが、とても素晴らしいと感じました。

 堀先生は、紙よりICTを活用することによる利点として、「おかわりしやすい」と言っていました。何度も試行錯誤をすることも、新しいページをどんどん作っていくことも、両方「おかわり」です。紙でやると、新しいものを配らなければならないし、消しゴムで消して文章を書き直すのも大変です。こうしたところは、ICTを活用することで、子どもたちの表現活動をどんどんサポートすることができます。
 授業の終わりには、堀先生は「続きをやりたい人は、休み時間にやってもいいよ」とも言っていました。自分たちでどんどん「おかわり」ができるので、休み時間にどんどん進めていくこともできます。
 一人ひとりの思考や表現のツールとして、iPadが積極的に活用できている授業を見ることができたと思いました。

 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

書籍ご紹介:『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』とイギリスのシティズンシップ・エデュケーション

 ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を読みました。イギリス在住のブレイディみかこさんが描く、公立の元底辺中学校に通う息子さんの日常です。「多様性」について多くのことを考えさせられます。また、イギリスでのシティズンシップ・エデュケーションについても少し紹介があったので、関連して少し調べてみました。授業でやってみたい。

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

日常生活の中から、さまざまな考える機会を得られる日々の記録

 いろいろな日常の場面での、親子での会話がとてもいいな、と思います。こうした対話を親子でできているところが素晴らしいと思います。
 例えば、差別的な言動をしてしまう友人ダニエルがいじめにあっているところで、息子さんが言う言葉も、大人も同じだな、と感じたりもします。

「ダニエルからひどいことを言われた黒人の子とか、坂の上の公営団地に住んでいる子たちとかは、いじめに参加してない。やっているのはみんな、何も言われたことも、されたこともない、関係ない子たちだよ。それが一番気持ち悪い」
と息子は言った。
「……人間って、よってたかって人をいじめるのが好きだからね」
わたしが言うと、息子はスパゲティを食べる手を休めて、まっすぐにわたしの顔を見た。そしてあまり見たことのない神妙な顔つきになって言った。
「僕は、人間は人をいじめるのが好きなんじゃないと思う。……罰するのが好きなんだ」(p.196)

 友人たちとのやりとりや、ときどき自分自身に向けられるさまざまな視点をきっかけに考え、学ぶ機会が多く描かれています。

シティズンシップ・エデュケーションについて

 息子さんが通う中学校で行われている、シティズンシップ・エデュケーションの試験で出た問題も紹介されています。問題は、「エンパシー(empathy)とは何か」というもので、息子さんは「自分で誰かの靴を履いてみること、って書いた」そうです。

自分で誰かの靴を履いてみること、というのは英語の定型表現であり、他人の立場に立ってみるという意味だ。日本語にすれば、empathyは「共感」、「感情移入」または「自己移入」と訳されている言葉だが、確かに、誰かの靴を履いてみるというのはすこぶる的確な表現だ。(p.73)

 こうして「エンパシー(empathy)」という大きな言葉を、自分の言葉で考えていくような授業って、おもしろいなと感じました。
 シティズンシップ・エデュケーションについても、説明がされていたので抜粋します。

英国の公立学校教育では、キーステージ3(7年生~9年生)からシティズンシップ・エデュケーション(日本語での定訳はないのか、「政治教育」「公民教育」「市民教育」と訳され方がバラバラのよう)の導入が義務づけられている。英国政府のサイトに行くと、イングランドで行われている、中学校におけるシティズンシップ・エデュケーションのカリキュラムの要約があがっていた。
シティズンシップ・エデュケーションの目的として、「質の高いシティズンシップ・エデュケーションは、社会において充実した積極的な役割を果たす準備をするための知識とスキル、理解を政府、法の制定と遵守に対する生徒たちの強い認識と理解を育むものでなくてはならない」と書かれてあり、「政治や社会の問題を批評的に探究し、エビデンスを見きわめ、ディベートし、根拠ある主張を行うためのスキルと知識を生徒たちに授ける授業でなくてはならない」とされている。(p.72)

 サイトを見てみると、シティズンシップ・エデュケーションの概要を見ることができます。
www.gov.uk

 また、キーステージごとにどういったことを学ぶのかも読むことができます。
www.gov.uk

 参考にして、授業として一度組み立ててみたいな、と思いました。ただ知識として知っているだけでなく、自分の身の周りのことと組み合わせて、自分の言葉で考え、発信できるようにするトレーニングとして使えたらいいな、と思います。

 ベネッセのCRNでも取り上げられている記事を見つけられました。タイムスタンプがないので、もしかすると古い情報も入っているかもしれませんが、十分に読み応えありました。
www.crn.or.jp

まとめ

 読み進めていって、まずブレイディみかこさんの保育士としての視点、親としての視点が素晴らしいと感じました。学校での息子さんの様子から、それをもう少し大きな視点で見て議論を広げていくというか、考える視点を与えてくれるので、中学生・高校生くらいと一緒に読んでみて、感想を言い合ったりしてみたいと思いました。

(為田)

スマートに学べる問題集「リブリー(Libry)」を提供する株式会社Libry CEO後藤匠さん インタビュー まとめ

 スマートに学べる問題集リブリーを提供する株式会社Libryの代表取締役CEO 後藤匠さんのインタビューをお届けします。リブリーは、いままで学校で使っていた問題集をタブレットスマートフォンで見ることができるようになるシステムです。
f:id:ict_in_education:20191031230304j:plain

 「なめらか」という言葉を大切に設計されており、生徒がこれまでと同じような感覚で勉強できるリブリーが生徒にどのように使われているのか、先生にどのように使われているのか、また相次いで発表された教科書会社との連携についてなどを含めたこれからの展望を伺いました。

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

(為田)

【メディア掲載】【EdTechオピニオン】有識者7名に聞く、EdTechは教育の未来をどう変える?

 ICT CONNECT 21のEdTech推進SWGのサブリーダーとして活動する為田のコメントが、株式会社ミーミルが提供する記事「【EdTechオピニオン】有識者7名に聞く、EdTechは教育の未来をどう変える?」に掲載されました。

 「有識者7名」ということで、ご一緒させていただいているのは、以下の皆様です。


【EdTechオピニオン】業界有識者8名に聞く、EdTechは教育の未来をどう変える? | 株式会社ミーミル

 主なテーマとしては、「EdTechは日本の教育を変えるのか?」「EdTech普及の鍵は?」「注目のEdTech先進事例は?」「EdTechの未来をどう見る?」などについてのコメントを読むことができます。
f:id:ict_in_education:20191204130850p:plain

 EdTechを使って、学習者中心の学びを実現できるよう、情報発信だけでなくさまざまな活動をしていきたいと思っています。何かご一緒できそうなことがありましたら、ぜひご連絡などいただければと思います。

mimir-inc.biz

ictconnect21.jp

(為田)

渋谷タブレットの日 レポート(2019年11月8日)

 2019年11月8日は、渋谷タブレットの日ということで、渋谷区内の全小中学校で、タブレットを活用した授業が公開されていました。渋谷区では、2017年9月から全小中学校で一人1台のタブレット端末が配備されており、そこでどんな授業が行われているのかに興味があったので、見学に行ってきました。

渋谷区立千駄谷小学校での授業見学

 午前中、渋谷区千駄谷小学校で授業を見学させてもらいました。できるだけたくさんの授業を見るために、授業全体の流れを追うというよりは、いろいろなところで気になったポイントをメモとして公開したいと思います。
f:id:ict_in_education:20191202220956j:plain

  • タブレットを使って工業製品を分類する社会「工業生産と工業地域」(5年生)
    • 先生からの「分類は迷ってもいいよ」という声かけ。何度も簡単にやり直しができるのが、ICTの良さ。せっかく一人1台でやっているのだから、こうしてどんどん自分の思考を整理し直したり、何度も試行錯誤をする場面が増えるといい。
    • 一人1台持っているからこそ、一人ずつの分類が全然違うというようなことが起きてもいいと思う。そうした活動にあった単元などが学校での実践として蓄積していけばいい。
    • 最後に感想を入力していた。キーボードでローマ字入力している児童も、ペンで手書き入力パッドを使っている児童も、どちらもいました。
    • 千駄谷小学校学習リンク集が用意されていて、授業アンケートや検索エンジンなどをどんどん使えるようになっている。
  • スリーヒントクイズ大会をする外国語活動(3年生)
    • PowerPointで写真をトリミングして、一部だけが見えるようにする。その状態でスライドを表示して、それが何かを当てるクイズ。ヒントを少しずつ与えていく。
    • 「おもしろいのやりたい!」とプレゼンに立候補する児童がたくさん。
  • 地図をみんなで見て方向を表す表現に慣れ親しむ英語活動(2年生)
    • コラボノートに地図を表示して「Go Straight」「Turn Right」などの表現を使って、目的地へ行けるように、というアクティビティ。
      f:id:ict_in_education:20191202221106j:plain
  • 小学校の思い出をふりかえる(6年生)
    • 先生の卒業文集の作文のページを写真で投影して、先生が自分で読み上げる。それを聞きながら、児童はWordの方眼紙に入力をしていく。こうして12月の終わりまでかけて、卒業文集の作文を書くよ、ということを先生は紹介する。
    • 先生が書いた作文を提示してくれるのは、子どもたちのモチベーションを上げるのに効果的なように感じた。

 率直な感想としては、先生方が教材などを提示したりする部分としては、どの学年も使っている感じがして、教科教育や単元の特性と重なり合っていけば、いろいろなことがさらにできるようになっていくのではないかと感じました。
 一方で、一人1台持っているからこその、思考や表現の手段としてタブレットを活用する、ということに関しては、まだあまり進んでいないように思いました。卒業文集の作文(6年生・国語)や自分なりの分類作業(5年生・社会)のような使い方が、児童の思考や表現の試行錯誤をするマインドセットを育ててくれたり、PDCAを素早く回していく姿勢を育ててくれるように授業の中に取り入れていければ、ICTを思考と表現のためのツールとして使っていける児童が育っていくように思いました。

研究発表会

 午後、渋谷区立上原中学校にて、研究発表会に参加してきました。ここで配布された資料のなかに、「渋谷のICT機器を活用した教育」という資料があって、そこに、授業におけるICT機器活用の目的がまとめられていました。

  1. 課題の提示
    プロジェクターで本時の学習問題を提示したり、ねらいを示したりするなどして、クラス全体で「何を学習するのか」を共有する際に有効である。
  2. 動機付け
    学習課題に関連のある映像やデータ、資料等をプロジェクターやタブレット端末に映し出すことで、児童・生徒への興味・関心や、学習への動機付けを高めることができる。
  3. 説明資料
    教師はタブレットやプロジェクターに資料等を提示して、児童・生徒の見る場所の焦点化を図ったり、考える視点の明確化を図ったりしながら解説することで、分かりやすく説明できる。児童・生徒は、タブレット端末を活用して、自分の考えなどを分かりやすく説明・表現することができる。
  4. 反復を通した知識やスキル等の定着
    スタディサプリ等の教材を活用して反復学習を行うことで、学習内容の定着を図ることができる。また、個々の学習状況や習熟の程度に応じた問題の配信や動画(講義)を通した家庭学習を行うことで、授業の予習・復習や各自の課題の克服につなげることができる。
  5. モデルの提示
    モデルとなる映像を提示することを通して、児童・生徒にイメージをもたせることができる。また、何度も繰り返して動きを確認することで自分の動きとの違いに気付いたり、細かな動きを発見したりすることができる。個々のタブレット端末の活用で、自分のペースに合わせて学習を進めることもできる。
  6. 実験や体験等の記録による想起
    静止画や動画として残すことで、色や音、変容の要素を必要に応じて見直すことができるとともに、新たな発見に繋げたり、考察に深まりをもたせたりすることができる。その瞬間を見逃してしまった、見えなかったということを防ぐことができる。また、実験中の児童・生徒の「つぶやき」を録音する(拾う)こともできる。
  7. 比較
    複数のグラフや図、写真等を比較することで違いを発見させたり、移り変わりを考えさせたりすることができる。紙媒体に比べ、視覚的に見せることができることから、違いなどを理解させやすい。
  8. 振り返り
    作品の提示、録画・録音をすることで、学習の内容を振り返ることができる。児童・生徒は客観的に自分たちの制作物や演奏、演示等を見る・聞くことができるため、個人・全体で振り返り、工夫や変容等を共有することができる。

 この8つの目的には、「学習者(児童生徒)が活用する」という視点での目的はあまり書かれていないように感じました。先生がどのように使うのか/使えるのか、という視点がメインになっているので、ここが今後、渋谷区モデルでのICT活用でだんだん学習者(児童生徒)中心になっていくといいな、と感じました。

 このレポートを、千駄谷小学校の鍋谷正尉 先生に読んでいただいて、コメントもいただきました。以下、鍋谷先生のコメントです。

 渋谷区の教員は積極的に使っています。教科の中でICT活用の具体的な効果を見出していくことは、日々の教材研究に新しい視野を開きつつあるように感じます。今回の授業公開は、児童の実態や教員のこれまでの経験に基づく授業づくりに、社会や時代の必然的な要請を活かす視点が加わりつつある、過渡期の姿です。
 現段階では、教員によるICTの特性を生かした活用を起点として児童の活用がなされ始めている段階。今後は児童が思考や表現の手段として活用することを基盤として、学習者中心の活動を目指して教員が授業観を変えていく段階。その先に、新しい時代の授業の展開がなされる段階を目指していきます。

 渋谷区の未来像として、「ちがいを ちからに 変える街。渋谷区」というのがあるそうですが、この未来像を実現するために、ぜひICTを学習者の思考ツール、表現ツール、そして繋がっていくためのツールとしてどんどん活用してほしいと思いました。DeNAサイバーエージェントGMOmixiなどがプログラミング教育を支援してくれていますが、まさにこれらの企業の働き方などは、渋谷に学ぶ子どもたちの学び方と相通ずる部分も多いのではないかと思います。
 渋谷区の実践は、注目を集めていますし、今後も注目していきたいと思っています。

(為田)