教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするために、現場目線での情報発信をしていきたいと思います。

近未来の学校教育体験セミナー「アダプティブ・ラーニングは算数/数学の教え方をどう変えるのか?」 イベントレポート まとめ(2019年8月24日)

 2019年8月24日に、仙台のNTTドコモ東北支社にて、近未来の学校教育体験セミナー「アダプティブ・ラーニングは算数/数学の教え方をどう変えるのか?」を開催しました。
f:id:ict_in_education:20190825070741p:plain

 近未来の学校教育体験セミナーは、仙台でこれまでにも何度か実施していますが、今回は「アダプティブ・ラーニング」と「算数・数学」にテーマを絞って企画しました。

 No.1では、オープニングの様子をレポートしています。
blog.ict-in-education.jp

 No.2からNo.4までで、今回イベントに参加してくれた、「やるKey」(凸版印刷)、「Qubena(キュビナ)」(COMPASS)、「Libry(リブリー)」(Libry)の3つのサービスの模擬授業とプレゼンテーションをまとめました。
blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp


 No.5とNo.6では、実際にアダプティブ・ラーニングの教材を使ってみてのリフレクションの様子をレポートしました。
blog.ict-in-education.jp

blog.ict-in-education.jp

 No.7ではアンケートの結果をまとめています。
blog.ict-in-education.jp

 ぜひ、お読みいただければと思います。

(為田)

書籍ご紹介:こども哲学 おとな哲学 アーダコーダ『こども哲学ハンドブック』

 特定非営利活動法人 こども哲学 おとな哲学 アーダコーダさんから、『こども哲学ハンドブック』をお送りいただきました。ありがとうございます。

こども哲学ハンドブック 自由に考え、自由に話す場のつくり方

こども哲学ハンドブック 自由に考え、自由に話す場のつくり方

 アーダコーダが開催している「こども哲学ファシリテーター養成講座」のテキストをもとに再編、加筆修正されたものとのことで、「こども哲学」のファシリテーターをするときの実践知がたくさん詰まっている本だと思います。問いを立て、探究していくためのノウハウを知ることができます。
 副題にある、「自由に考え、自由に話す場のつくり方」というのは、本当に大切なことだと思っています。そうした場をどう作っていくのかは、授業設計においての大切なスキルだと思います(授業だけでなく、仕事の会議などでも同じですし、いろいろな場所で使えるスキルですね)。

◆ ◆ ◆

 こうして、こども哲学の裏側のノウハウを知ると、学校の授業との違いを考えます。一人1台の情報機器を持って、授業支援システムを利用して探究活動をする授業を行う学校も増えてきています。一人ひとりがじっくりと文章などを通じて自己表現をすることができ、クラスメイトの書いたことをたくさん読むことができるのは、とてもよいことだと思っています。
 一方で、この『こども哲学ハンドブック』で書かれているような、じっくりとみんなで探究をしていくのには、あまり授業支援システムなどは向いていないようにも思いました。流れる時間の感覚が違うのだと思います。

 一方で、Zoomなどのシステムを使うことで、遠い場所にいる人と一緒に、こども哲学をする、ということはどんどん実現していくように思います。

 実現したい、探究の活動の形をイメージし、どのようなツールと組み合わせて使うのか、授業設計を上手にすることが必要になる、と至極当たり前の結論にいたりました。一度、授業でじっくりと、この本に書かれているこども哲学の方法をやってみたいな、と思いました。

◆ ◆ ◆

 特定非営利活動法人 こども哲学 おとな哲学 アーダコーダさん、どうもありがとうございました。

(為田)

【先生用アンケート】先生方が新しい取り組みを知る情報源

 この夏休みに、教育の情報化、ICT活用に関する教員研修講師を何度かさせていただきました。講師をしているなかで、教育の情報化について、まだまだ情報が広く伝わっていないと感じることが多くありました。
 そこで、先生方に何かをお伝えするのに、最も効果があるメディアは何だろうかと思い、アンケートを取ってみたいと思いました。

 例えば先生方は、新しい授業のやり方を導入したり、新しい発問の仕方を導入してみたり、SDGsのような新しい教材を取り入れるときなどに、何をきっかけにそうした新しい取り組みのことを知るのでしょうか。
 ぜひ、職員室の同僚の先生方のことを思い浮かべていただき、何を見て新しい取り組みを始めることが多いのかをお答えいただければと思います。設問は4問しかありません。「教室で使い始めたプリントの場合は…」というような具体的な事例や、メディアやサイトの名前、書籍の名前など、ご自身の経験からお答えいただければと思います。ぜひご協力をお願いいたします。

forms.gle

 お答えいただいた回答はまとめて、このブログにて公開させていただきます。
f:id:ict_in_education:20190916055630p:plain

 〆切は、2019年9月30日までとさせていただきます。たくさんの先生方にご協力をいただければと思います。シェアなども大歓迎です。ご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

(為田)

ドコモ教育ICTセミナー イベントレポート まとめ(2019年7月10日・11日)

 2019年7月10日と11日に、福島県いわき市郡山市で開催された、ドコモ教育ICTセミナー(主催はNTTドコモ東北支社)に参加させていただきました。このセミナーは、これからICT環境整備や活用研修を進めたいと考えている学校・教育委員会向けに開催されたものです。
f:id:ict_in_education:20190712170917j:plain

 No.1では、弊社フューチャーインスティテュートからは佐藤と為田が行ったプレゼンテーション「最新の教育ICT動向について」、「LTEタブレットを活用した授業提案」をレポートしました。
blog.ict-in-education.jp

 No.2では、福島県田村市教育委員会での、LTEタブレット導入の事例報告についてのレポートをしました。
blog.ict-in-education.jp

 No.3では、今回のドコモ教育ICTセミナーの意義などについて、NTTドコモ東北支社からの説明をレポートしました。
blog.ict-in-education.jp

 未読の方は、ぜひお読みいただければと思います。

(為田)

福生市立福生第七小学校 校内研究授業 レポート まとめ(2019年7月3日)

 2019年7月3日に福生市福生第七小学校にて行われた、校内研究授業を見学させていただきました。この日の授業は、1年生と2年生の生活科「まちがだいすき たんけんたい」の単元でした。
f:id:ict_in_education:20190809085117j:plain

 2年生は、自分たちで撮影した「気になるところ」についてまとめて、この日の授業で1年生にプレゼンテーションを行いました。No.1ではその様子をレポートしています。
blog.ict-in-education.jp

 No.2では、授業後の研究協議会の様子をレポートしています。佐藤正明 校長先生からご依頼をいただいて、為田がファシリテーターをさせていただきました。スクールタクトを使うことで、意見の交流がどのような感じになるのかを体験していただくねらいで行いました。
blog.ict-in-education.jp

(為田)

【メディア掲載】月刊私塾界 9月号発刊

 オフィスに月刊私塾界 9月号が届きました。特集2の「思考力を高める教材」では、いろいろな教材が紹介されていました。SDGsの存在感が増してきた感じがします。
f:id:ict_in_education:20190912180909p:plain:w400

◆ ◆ ◆

 いつもどおり、為田の連載記事も掲載中です。インプットとアウトプットが入り乱れていた、6月から7月のところでした。この時期があって、夏休みの研修講師にすごく役立ったことが多かったと思い返しています。
f:id:ict_in_education:20190912182431j:plain

(為田)

書籍ご紹介:『16歳からの交渉力』

 田村次朗『16歳からの交渉力』を読みました。部活、お小遣い、進路など、高校生に親しみのあるストーリーをベースに、交渉力について考える本です。

16歳からの交渉力

16歳からの交渉力

 「おこづかいの値上げ交渉」のケースのところで、子ども側にだけわかっている秘密情報と、親側にだけわかっている秘密情報で、それぞれに分かれて交渉をするというのが例として紹介されています。

1つのクラスを、「子供」役の生徒と、「親」役の生徒の半々に分け、それぞれにロールを渡し、紙に書いてあるお互いの情報は見せないようにする。次に、5~10分ほどかけてそれぞれ読んでもらう。それが終わったら、「子供役チーム」と「親役チーム」に分かれて、さらに10分ほど戦略会議をしてもらう。つまり、どのように相手と交渉したらいいのかみんなで話し合ってもらうわけです。そして、2人1組になって交渉を始めてもらいます。
(略)
大切なことは、交渉が終わってから相手と紙を交換して、相手の情報を知ることです。あー、そういうことだったのか、それが早くわかっていれば、もっといい交渉ができたのに、ってみんな言います。ならば、なぜそれを聞き出そうと努力しなかったのか。そこがキーポイントなのです!(p.100)

 実は、僕の結婚披露宴のときに、上司が交渉に関する話をしてくれました。夫婦で、お互いに「1個だけあるオレンジをほしい」とケンカになったりすることがあるかもしれない。でも、相手の話をよく聴いてみたら、夫は「果肉の部分を食べたい」、奥さんは「皮を使って、オレンジピールを作りたい」のであって、1個のオレンジを2人で使うことができる、という話だったと思います。

 お互い、相手がどういう目的で、どういう条件で交渉をしているのかということがわからない状況での交渉をするときには、「相手のことを知る」ということが重要になります。こうしたことを実地で学べるケースをたくさん用意して授業をやってみたいな、と思いました。

 著者の田村先生の授業を、大学時代にいくつか履修したことがあります。田村先生の担当ではなかったですが、学部では「交渉研究論」という授業があって、こういうケースについて、「面と向かって交渉する」「電話だけで交渉する」「メールで交渉する」というふうに条件をつけて、それぞれについて結果がどう違うか、というようなこともやった記憶があります。
 いまだったら、これらに「LINEだけで交渉する」「ビデオ通話(Zoomなど)で交渉する」というようなのを入れてもいいかもしれません。
 教室でやってみるときにも、授業支援ツールなどを使って、さまざまな交渉をやってみるというのもおもしろいかもしれないと思いました。

(為田)