教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

アダプティブ・ラーニング・サミット セミナーレポート No.2(2017年3月29日)

 3月29日にKnewton Day Tokyo 2017 – Adaptive Learning Summit-(以下、「アダプティブ・ラーニング・サミット」と表記)に参加してきました。

 基調講演は、デジタルハリウッドの佐藤昌宏先生です。講演のタイトルは「EdTechイノベーションがもたらす21世紀の学び」でした。
f:id:ict_in_education:20170626165709j:plain

EdTechとは何か?

 EdTechとは何か?と問いかけた佐藤先生は、“X-Tech(えくすてっく/くろすてっく)”という概念を説明します。X-Techとは、テクノロジーを使って、さまざまな業界にイノベーションを起こす動き。ただ、ここでいう「テクノロジーを使う」というのは、「先端テクノロジーを使った効率化」ではなく、「産業構造や競争原理、仕組みそのものが再定義される」ことであり、現在はそうした時代になってきている、と佐藤先生は言います。
X-Techのキーワードとして、(1)デジタルテクノロジーの劇的な進化、(2)海外の先進性、(3)スタートアップの創造性と革新性、の3つがあり、そのなかのEducation(教育)の分野が、EdTechとなるそうです。

 EdTechの背景としてあるデジタルテクノロジーの劇的な進化は、制度や仕組みを形骸化する側面がある、と佐藤先生は言います。ここで佐藤先生は、2つの変化を紹介しました。
 ひとつめの変化は、MITの伊藤穰一(Joi Ito)さんが言った、「Learning over Education」という考え方です(参考: http://www.academyhills.com/note/opinion/13071902mitjoi.html)。これにより、従来の教育の仕組みを越えた「学び」が手に入るようになりました。それにより、学習者中心主義(Learner-Centric)が加速していきます。そうすることにより、一部の学習者はどんどん先行して学んでいくことができるようになります。こうした背景こそが、学習者一人ひとりのペースで個別に学ぶことが求められている、アダプティブ・ラーニングが生まれてくるベースになっています。
 もうひとつの変化は、EdTechによって、コンテンツを提供する側の参入障壁が下がったことです。いい意味で、教育の「シロウト」が参入してきていて、これはeラーニングとの違いだ、と佐藤先生は言います。
f:id:ict_in_education:20170626165745j:plain

EdTechイノベーションの動向

 続いて、EdTechイノベーションの動向について、佐藤先生が説明してくれます。公教育の教育格差について、以下の方向性があるそうです。

 このなかで、アダプティブ・ラーニングは、ビッグデータによるイノベーションに分類されるとのことです。EdTechという言葉の中にも、さまざまな分類があるということは、理解しておいた方がいいと思います。
f:id:ict_in_education:20170626170247j:plain


 世界のEdTech市場規模は、2015年(実績) 437億ドル→2020年(予測) 934億ドルと成長しているそうです。中でも、中国のEdTechの台頭はすごく、すでにEdTechスタートアップ投資額はアメリカを2015年に抜いているそうです。アリババ、バイドゥ、テンセントなども教育に参入していて、中国のEdTechにも要注目だと言います。

 新たな技術としては、ブロックチェーンを教育に活用する動きがでているし、仮想現実(VR)もSXSWではホットトピックとして出ていたそうです。

 また、他業種から学ぶということで、佐藤先生はhabitという会社を紹介してくれました。habitは、食をパーソナライズドしてくれるサービスで、最初に登録、遺伝子解析、3回の血液検査をするそうです。その後、ユーザーにあった食事がデリバリーで送られてくる。このときに送られてくるのはサプリメントではなく、嗜好も踏まえて、食べたいと思う料理が送られてくるのだそうです。ビッグデータを活用することで、こうしたサービスも実現可能になり、ユーザーが増えれば増えるほど、より賢くユーザーにあったサービスを提供できるような仕組みだと思いました。
f:id:ict_in_education:20170626171010j:plain

まとめ

 佐藤先生は基調講演のまとめで、「EdTechイノベーションとは何でしょうか」と会場に取りかけました。EdTechイノベーションとは、「AIやVR、IoTを使った教育ではない」のです。佐藤先生は、これから確実に訪れる「情報化社会」を視野に、いまの教育課題に対して、これまでの成功体験に縛られず、そして、失敗を恐れずに新しい価値や視点を提案することだと言います。
 そうしたイノベーションを起こす人を教育イノベーターと呼び、心から尊敬しているそうです。実際にEdTechスタートアップをする起業家だけが教育イノベーターなのではなく、社会起業家ソーシャルアントレプレナー)、社内起業家(イントラプレナー)、先生起業家(ティーチャープレナー)、研究起業家(アカデミックプレナー)も、教育イノベーターと呼べると思うし、それぞれの立場から挑戦している人たちにとって、テクノロジーは武器になりうるのだ、と佐藤先生は言います。
f:id:ict_in_education:20170626171119j:plain

 まだまだ日本には教育イノベーターは少ないと佐藤先生は言います。Knewtonは、教育イノベーターとして先進的で、早くからこの問題に取り組んでいます。佐藤先生もKnewtonのことをリスペクトしているとおっしゃっていました。Knewtonも含めて、さまざまな立場から教育イノベーターが出てきて、日本の教育を良くしていければいいと思いました。

 No.3に続きます。

(為田)

授業で使えるかも?: 全国方言辞典・方言チャート

 先日、熊本へセサミストリートのワークショップをしに行ったときに、エルモと一緒にラジオに出演しました。
blog.ict-in-education.jp
 そのときにパーソナリティの奥田圭さんが、エルモに「この言葉をワークショップで出会う小学生に言ったらいいよ」と言って、「あとぜき」という方言を教えてくれました。
f:id:ict_in_education:20170628175407j:plain:w400

 そのときに「ドアをちゃんと締めることだよ」と教えてくれたのですが、よくよく思い返すと不思議な言葉だな、と思って、ネットで検索してみたら、きちんと載っていました。熊本限定の方言なのだそうです。
f:id:ict_in_education:20170627155817p:plain
dictionary.goo.ne.jp

 gooの辞書で調べたのですが、上の方を見ると、「専門用語」→「全国方言辞典」となっていることがわかります。いろいろな方言が掲載されているか、調べてみたらおもしろそうかな、と思いました。
f:id:ict_in_education:20170628175801p:plain

 以前にも、方言について何か書いたな…と思ってさかのぼってみると、「方言チャート」でした。
blog.ict-in-education.jp

 そのときも書きましたが、国語の教材「方言と共通語」のときのちょっとした教材に、全国方言辞典や方言チャートなど使ってみると、おもしろそうだと思いました。

(為田)

アダプティブ・ラーニング・サミット セミナーレポート No.1(2017年3月29日)

 3月29日にKnewton Day Tokyo 2017 – Adaptive Learning Summit-(以下、「アダプティブ・ラーニング・サミット」と表記)に参加してきました。アダプティブ・ラーニングとは、“適応学習”とも訳され、一人ひとりに適した学習を提示する方法のことで、アメリカではこのイベントを主催しているKnewton Inc.が幅広く活動をしていることを知っていました。為田が日本事務局として活動しているセサミストリートも、Knewtonと組んでプロジェクトをスタートしています(参考 「Knewton and Sesame Workshop to Offer Personalized Education Materials for Young Learners」)。
 今回のセミナーにも、アメリカからKnewton Inc.のPresidentとCFOが来日していて、日本市場を重視していることがわかります。Knewtonのここ数年の日本のプレゼンスは際立っていて、今回のセミナーに登壇するClassi、学研、Z会など、日本の教育業界で大きな役割を果たしている企業とのコラボレーションを次々に発表しています。
f:id:ict_in_education:20170626165325j:plain

 アダプティブ・ラーニング・サミットは、ニュートンジャパン 代表取締役社長の田中晃さんのプレゼンテーションからスタートしました。
f:id:ict_in_education:20170626165355j:plain

 田中さんは、イベントの最初に、次の5つの感謝を述べられました。(1)会場に来ている来場者の皆さまへの感謝。(2)日本初であるアダプティブ・ラーニング・サミットに対する関心の高さへの感謝。(3)このイベントをサポートしてくれている人たちへの感謝。(4)USから来日してくれたPresidentとCFOへの感謝。(5)少人数(4~5名と言っていました!)かつ限られた予算の中でこのイベントを実現した社内スタッフに最大の感謝。

 日本初のアダプティブ・ラーニング・サミットがこうして始まりました。受付のところに掲示されていたバナーに書かれていた「One on One for Everyone」という言葉、教育においては本当に実現してほしいことであり、実現への道筋、実践事例などが知れるイベントになる予感がしました。
f:id:ict_in_education:20170626165454j:plain:w400

 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

小学校4年生の息子が家庭でiPadを使っている

 先日、沼津市にある沼津港深海水族館へ行ってきました。冷凍シーラカンスは世界中にここだけしか展示されていないそうです。
www.numazu-deepsea.com

 ここで、ダイオウグソクムシが飼育されているのですが、水槽の前で、小学校4年生の息子が自分のiPadを取り出して、撮影をしていました。画面も大きいし、あとで自分で見返すときも一人でできるし、操作がかんたんなのだと思います。
f:id:ict_in_education:20170627151204j:plain

 うちでは利用時間に制限を設けてはいますが、iPadをどんどん自由に使っています。電車に乗る時間が長い旅ならば、Kindleでサッカー漫画を読みふけっています。Kindleにどんな本を入れるかは、父である僕が決めています。リクエストは受け付けますが…。以前は、「持ってきた本が読み終わっちゃった」と言って、本屋へ連れて行かれることも多かったですが、とりあえず漫画ではありますが、そうした状況はクリアです。Kindle、もう少し児童書が増えるとうれしいですねえ。あと、サッカー漫画ばかりでなく、日本の歴史とかも読んでほしいぞ…。

NEW日本の歴史1 国の成り立ち

NEW日本の歴史1 国の成り立ち

 沼津へ遊びに行ったときも、出先でMinecraftをやっていました。作ったマップを見せては、「これがね…、これはね…。こうやろうと思ったんだけど、それだとうまくいかなかったから、こうやったんだよ」とどんどん説明してくれます。まだまだ、プログラミングをやっているという感じではまったくないですが、自分の思うとおりにさまざまなものを心ゆくまで作れる体験をしてもらうことは大切だと思い、自由にやってもらっています。
f:id:ict_in_education:20170627151620j:plain

blog.ict-in-education.jp

 わからないことがあれば、「おっけー、ぐーぐる」と言って検索もかけています。ローマ字も習ったから、そろそろ自分でキーボードも使えるかもしれないけれど。

 そんな彼が通っている小学校では、まだiPadを使うような授業はありません。iPadにどんな可能性があるのか、怖がらずに子どもに使ってみてもらうのは、非常におもしろいと思います。先生方も、最初は学活のときだけとか、体育の時間だけとか、限られた時間だけの活用でもいいので、実際に学校で子どもたちに触ってもらえばいいのに、と思います。何か新しい活動のアイデアが、先生だからこそ思いつくのではないかな、と思っています。

(為田)

近未来の学校教育体験セミナー@秋田 レポート No.2 (2017年6月23日・24日)

 2017年6月23日・24日に、NTTドコモ東北支社 秋田ビルを会場にお借りして、近未来の学校教育体験セミナー@秋田を開催しました。参加してくださった先生方からいただいたアンケートからいくつか抜粋してご紹介したいと思います。

アンケートのコメント紹介

 まずは、セミナー全体に関しての感想からご紹介します。

  • 全体について
    • “近未来”タブレットを使う授業が増えてくると思うので、今日は今後役に立つ情報がたくさんあり、とても勉強になりました。
    • 実際に体験することができ、とても分かりやすかったです。どうもありがとうございました。
    • ICTの導入が進んでいますが、実際にどのようなことができるのかが分からない状態でしたので本日、その点について深く知ることができ満足しています。
    • タブレット、電子黒板はあるけれど、活用できていないのが現状。やるKeyやロイロノートを子どもたちに使わせてみたい!という「現場の声」を実現するには…。考えてみます。とてもいい刺激を受けました。

 まさに、“近未来の”と“体験”と2つの言葉を、セミナータイトルに入れてよかったと思えたコメントもいただけました。実際に体験してみて、先生方が持っている知見と合わせて、そこでようやく「これは授業で使えそう」「ここは授業でやると大変そう」「ここは今までの授業の方が良さそう」などのような評価ができてくるのだと思います。我々、民間企業側の人間は、先生方のそうした評価から、またより良いサービスを作っていく、というふうな関係になればいいと思います。

 続いて、セミナーの中で体験してもらった3つのコンテンツについてのコメントです。

  • ロイロノート・スクールについて
    • 使用しやすそうなアプリだと思いました。
    • ロイロノート、使ってみたいと思いました!
    • ロイロノートはとても使いやすいので、これから普及していくのでは…と思いました。
  • 東京書籍デジタル教科書について
    • 使用できる環境にはないのですが、興味をもちました。
    • とても有効だと思いました。デジタルとアナログとを併用し、効果的に使い分けていく能力が、これから求められると思いました。
  • やるKeyについて
    • 子どもたちの一人ひとりの力に合わせて問題を設定できるところがよいと思いました。
    • アナログでもアダプティブラーニングを意識して指導にあたります。ありがとうございました。

 実際に時間をとって体験してみたからこそ、先生の知見から「使ってみたい」「使いやすそう」という評価が生まれてきます。また、ロイロノート・スクール、デジタル教科書、やるKeyのそれぞれについて、どういう場面で使えるだろうか?と具体的なアイデアレベルまで落とし込むことも短時間でできていたのを見て、先生方の経験の価値を感じました。どこまでいっても、ICTはツールであり、先生方の授業をパワーアップさせるものだということを感じました。

ぜひ、呼んでください!

 近未来の学校教育体験セミナー@秋田を無事に終了したばかりではありますが、事務局からのお知らせです。

 NTTドコモ東北支社さんにご協力をいただいて、同内容のセミナーを“東北各地で”無料で開催したいと思います。教育委員会の研修、あるいは校内研修などに使いたいという場合に、ご連絡をいただければと思います(※講師の派遣、コンテンツの準備の関係で、各県先着2ケース(教育委員会あるいは学校)とさせていただきます)。
 ご連絡は、事務局代表 為田( tame@practica.jp )までお願いいたします。

 また、Facebookにて近未来の学校教育体験セミナー事務局のページを立ち上げました。よろしければ、こちらのFacebookページをフォローしていただければ、今後のイベント情報等をお受け取りいただけます。
f:id:ict_in_education:20170626152030j:plain

 2016年12月の@仙台、2017年6月の@秋田と続けてきました。NTTドコモ東北支社さんと組んでの東北ツアー、まだまだやっていきたいと思いますので、ぜひ今後の動きをチェックしていただければと思います。

(為田)

近未来の学校教育体験セミナー@秋田 レポート No.1 (2017年6月23日・24日)

 2017年6月23日・24日に、NTTドコモ東北支社 秋田ビルを会場にお借りして、近未来の学校教育体験セミナー@秋田を開催しました。
f:id:ict_in_education:20170626052325j:plain
 このイベントは、2016年12月に仙台にて行ったイベントを、さらに他の県でもということで、秋田県での開催を企画したものでした。
blog.ict-in-education.jp

 このゼミナーでは、「近未来」とタイトルに入れています。その理由は、「近未来」はずっと遠くの話ではなく、ここ2~3年くらいでの未来、もうすぐ学校に導入ができる(かもしれない)未来の教育を知ってほしかったからです。また、「学校教育」とわざわざ入れたのも、「学校の授業の中でどんなふうに使えるのか、ということを体験して、参加してくださった先生方に考えるきっかけを持ってほしかったからです。ICTを使うことで学校現場でできるようになるさまざまなことを、実際に体験していただくこと、知っていただくことを主目的としています。
 残念ながら参加者を多く集めることはできませんでしたが、参加申し込みをしてくださった方が全員学校の先生だったことは、次への手ごたえを感じられたセミナーとなりました。

 2日間で、全部で4種類のコンテンツを用意しました。以下、それぞれ簡単に内容をレポートします。

基調講演「ICTで授業が変わる」

 為田が、ICTを使うことで学校の授業はどう変わるのか、ということを説明しました。ICTが導入されている授業をなるべくさまざまな使われ方で紹介していきます。また、導入がうまくいっている学校/自治体は、ICTを導入する目的をしっかり規定しているということをお伝えしました。
f:id:ict_in_education:20170626052658j:plain

やるKeyで変わる、算数の授業

 凸版印刷の算数のアダプティブ教材「やるKey」を紹介し、実際に算数の問題を解いてもらいました。やるKeyのレコメンド機能の仕組みを紹介していくと、「そんなに細かいところまで見るのはやはり大変」というふうに参加している先生方からのコメントをいただくことができました。
f:id:ict_in_education:20170626054745j:plain

デジタル教科書の現在と未来

 東京書籍のデジタル教科書を実際に体験してもらいました。一言で「デジタル教科書」と言われているが、指導者用と学習者用だと内容も違いますし、活用の仕方も違います。そうした部分についても体験していただけたのではないかと思います。
 どういったコンテンツであれば、授業の中でどんなふうに使えるだろうか、と考えていただく機会になったのではないかと思います。
f:id:ict_in_education:20170626054258j:plain

はじめてのロイロノート・スクール

 ロイロノート・スクールを実際に使っていただきました。児童との双方向授業を支援するロイロノート・スクールは、多くの研究授業や公開授業で使われている様子を見ますが、実際に学習者の立場で参加者に使ってもらい、「ああ、こういうふうなやりとりができるのか」ということを考えてもらいました。
 操作についてもほとんど苦労せずに使えますし、キーボード入力・手書き入力・写真撮影など、さまざまな形でノートを作ることができるのは、子どもたちでも簡単に使えそう、というふうに思っていただけたのではないかと思います。
また、「どんなふうにロイロノート・スクールを授業で使ってみたいですか?」という問いかけをしたときの先生方のアイデアも非常に勉強になりました。
f:id:ict_in_education:20170626054649j:plain

f:id:ict_in_education:20170626060322j:plain


 No.2へ続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

大分県教育委員会の動画サイト「県教育庁チャンネル」で授業をまるごと見る

 大分合同新聞「県教育庁チャンネル」再生200万回突破 授業配信など保護者関心という記事を読みました。
f:id:ict_in_education:20170607044116j:plain

学校現場の取り組みを紹介する県教委の動画サイト「県教育庁チャンネル」が再生200万回を突破した。2010年5月に始めて以来、内容をほぼ毎週更新してきた。授業のノーカット配信などが好評で、再生回数は右肩上がり。子どもの様子を知りたい保護者や実践事例を求める教員らに人気を呼んでいる。

www.oita-press.co.jp

 実際に、大分県教育庁チャンネルにアクセスしてみました。
f:id:ict_in_education:20170607044657j:plain
 「シリーズ 授業まるごと!」「シリーズICT活用」「シリーズ 世界へのトビラを開こう!」など、いくつかのシリーズがあります。
www.youtube.com

 中でも興味をもったのは、「シリーズ 授業まるごと!」です。1時間の授業をそのまま収録しています。また、指導案もダウンロードすることができるので、公開授業/研究授業に足を運ぶことができなくとも、多くの授業を見ることが可能です。
f:id:ict_in_education:20170621034703j:plain

 県教育庁のこうした試みによって、先生方のスキルアップにも貢献するのではと思いました。

(為田)