教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

山形市立出羽小学校「やるKey」校内説明会 レポート(2017年9月5日)

為田が開発に参画している、凸版印刷アダプティブラーニングシステム「やるKey」についてのエントリーです。

 2017年9月5日に、山形市立出羽小学校で、凸版印刷が開発している、タブレットを利用した算数のアダプティブラーニングシステム「やるKey」の校内説明会を行い、講師をさせていただきました。

 山形市立出羽小学校では、9月から小学校3年生から6年生の算数でアダプティブラーニングシステム「やるKey」を活用します。やるKeyを実践している学校では、普通教室でiPadを使ってやるKeyに取り組むことが多いのですが、出羽小学校には児童一人一台分のiPadがないため、既存のコンピュータ教室も活用し算数の授業をしてもらうことになります。コンピュータ室でやるKeyでは問題に取り組むときには、タブレットを使って画面上で問題を解くわけではなく、ノートと併用して勉強します。やるKeyの画面で出題されている問題をノートに書き写し、計算をして、その結果をやるKeyに入力して答え合わせをします。答え合わせが終わると、児童それぞれに適した次の問題が学習履歴とつまずきポイントに応じて自動出題されます。
f:id:ict_in_education:20170920191132j:plain


 説明会では、この自動出題・自動採点の仕組みについて先生方に説明しました。次の問題を自動出題するレコメンド機能では、単元や学年をまたいで児童一人ひとりにあった問題を出題することもできます。こうした出題の仕方は、紙のドリルやプリントでは実現するのが難しい部分なので、実際に授業をされている先生方が授業で使ってみて、紙のドリル・プリントとやるKeyとで、授業の中で使ったときにどう違うのかをこの共同プロジェクトのなかで先生方から伺えればと思っています。

 3年生の学年主任である高橋功 先生は、やるKeyを取り入れる展望を以下のように語ってくださいました。

 やるKeyを導入するにあたって考えたことは、まず第1段階としてパソコン室のパソコンを使って、子どもたちが意欲的に取り組む姿をめざすことです。
本校のパソコン室にあるのは、デスクトップ型のパソコンが20台です。授業の中で使うときは、2人で1台という場面が多くなるため、やるKeyを取り入れる場合は、クラスを2つに分けたり複数の活動をローテーションで回ったり等の工夫が必要になります。授業以外の休み時間や放課後もパソコン室を開放することで、意欲的に取り組む子どもがどんどん増えることが予想されます。
そこで第2段階として、保護者の皆さんに趣旨説明をしてご理解を得た上で、各家庭でも取り組めるよう協力を要請するつもりです。学校でも家庭でも意欲的にやるKeyに取り組み、しかも学力も上がれば、「1人1台タブレット」という環境作りに行政も動き出してくれるかもしれません。そこを第3段階として期待しています。
まずは、今ある環境の中で最大限努力を積み重ねていきたいと考えています。子どもたちのために。

f:id:ict_in_education:20170920191208j:plain

 今回は出羽小学校でのICTを算数の教科学習に入れるプロジェクトです。このプロジェクトにはNTTドコモ 東北支社も参加しており、LTE搭載のiPadを導入しています。先生方はiPadを使って、児童の解いた問題数や正答率などを手元で見ることができます。3年生から6年生の児童は、コンピュータ室とiPadを使ってやるKeyに取り組みます。iPadを使っての活用は今後進めていく方針で、“普通教室で、iPadでやるKeyを活用”と“コンピュータ教室で、デスクトップPCでやるKeyを活用”と、両方を実践していく予定です。


 iPadは9月から先生方が使い始めていますが、やるKey以外の教科でも活用が始まっているようです。「出羽小学校でiPadをどのように活用してもらいたいですか?出羽小学校にどんな動きが生まれるといいと思いますか?」と訊くと、NTTドコモ東北支社の阿部さんは、以下のようにおっしゃっていました。

 まずはやるKeyで先生たちの授業が変わるきっかけになればと思います。具体的には、やるKeyには児童の習熟度合が見える化される機能がありますので、これまでの添削に比べて効率的な個々の見とりができることから、個の得意不得意に応じたサポートや、教材研究、コンテンツの充実など、先生の授業での役割が変わってくるのではと思います。
 先生用のタブレットを普段の授業で使うことについては、今まで実物投影機で提示していた教材よりも、持ち運べる実物投影機としてのタブレット、カメラで写真や動画を記録できること、ウェブやアプリコンテンツの利用など、大画面に提示する「教材の変化」が、児童の興味関心と結びつき学習意欲の向上につながったらいいなと思います。 

 児童用のタブレットは通常はグループやペアで1台、使い方によっては一人一台の環境であるため、協働学習としてのツール、あるいは、やるKeyのような個々の学びのツールとして、あるときは学習情報のインプット、あるときは学習情報の取捨選択や整理まとめ、あるときは学習情報の発信ツールとして活用が進んでいったらいいなと思います。

f:id:ict_in_education:20170920191258j:plain


 出羽小学校でのやるKeyの取り組みが、どのように算数の授業を変えていくことができるのか、興味深く見守りたいと思います。今度は、教室で子どもたちがやるKeyを使う様子をまた取材に伺おうと思います。

(為田)

デジタルハリウッド大学「みんなを生きるな。自分を生きよう。」

 昨年、デジタルハリウッド大学の「世界を変えようとするバカたちの集い」というイベントを告知しました。このときのコピーは、「バカにされよう 世界を変えよう」というものでした。

 昨日、デジタルハリウッド大学の今年の受験生応援メッセージが発表されました。今年は、「みんなを生きるな。自分を生きよう。」
www.dhw.ac.jp
 とてもデジハリらしいメッセージだな、と思いました。僕にとっては、「自分を生きる」ための武器のひとつが、ICTであると思っています。ICTによって、自分一人でできることはぐっと増えて、それによってむしろ「みんな」と繋がることができるようになる。まずあるべきは「自分」だと思っています。

 大学受験生応援ムービーも公開されました。女優の清原果耶さんが、「サヨナラCOLOR」をアカペラで歌っているものです。
f:id:ict_in_education:20170919213845p:plain

 大学受験する人たちだけにでない、仕事をしている人にも言えるメッセージだと思います。
www.youtube.com

 「みんなを生きるな。自分を生きよう。」

(為田)

授業で使えるかも?: 簡単にスピードテストができるようになった

 教えてもらってやってみたのですが、スピードテストが検索結果からすぐにできるようになったみたいです。iPhoneGoogle検索。キーワードは「スピードテスト」とすると、以下のような画面が表示されます。ここで、「速度テストを実行」をタップします。
f:id:ict_in_education:20170919154332p:plain:w400


 これだけでインターネット速度テストが実施されます。どんどん便利になっていきますね。
f:id:ict_in_education:20170919154336p:plain:w400

 どんどん便利になることと、その裏側にどんな仕組みがあるのかを知らなくても大丈夫になるような気がします。身の周りを見回しても、そうした場面は多いと思います。車に乗るけど、エンジンの仕組みは知らない。WindowsなどのOSでフォルダシステムを使っているけど、ツリー構造は知らない。そうした事例はたくさんあります。
 そうしたことは、悪いことばかりではありません。技術が普及するためには、「使いやすい」「便利」ということは本当に重要です。ですが、その裏側でどんな仕組みが働いているのかを、おぼろげなりでも知っている方が、いざという時に役立つ、ということはあるように思っています。
 プログラミングは、こういう「これってどういう仕組みで動いているんだろう?」ということに興味をもたせる、一つの機会にもなるように、思っています。

(為田)

【木曜新美術館SP】Takram緒方壽人&東大稲見昌彦インタビュー No.2

 YouTubeで、「【木曜新美術館SP】Takram緒方壽人&東大稲見昌彦インタビュー」を見ました。タイトル通り、Takram緒方壽人さんと、東大の稲見昌彦さんのインタビュー2本が収録されています。ほぼ40分の動画ですが、とてもとてもおもしろかったので、メモをしながら聴いていました。
www.youtube.com

 No.2では、東大の稲見昌彦先生(稲見・檜山研究室 / Inami Hiyama Laboratory)のインタビュー部分のメモなどを公開したいと思います。

超人スポーツ

 稲見先生が紹介する、「超人スポーツ」という概念が本当におもしろいです。これからのテクノロジーと人間の関係性を考えるきっかけになるように思います。中学校や高校の総合学習などでディスカッションをじっくりやってみたい題材だと思っています。

  • 超人スポーツ
    • 2020年に向けて、人とテクノロジーとポップカルチャーが一体化
    • 人が機器の力を借りて、一緒にプレイできるスポーツへ
    • オリンピックを超えていく可能性もある

 生身の人間にテクノロジーを組み合わせる方法をとしては、例えばARを使ってスポーツをしたり、電動車いすを組み合わせてスポーツをしたり、さまざまな例が紹介されます。
 実際に、岩手で作ったスポーツ「ロックハンドバトル」が紹介されます。
f:id:ict_in_education:20170918165440p:plain

  • スポーツを作ることによって、スポーツを知ることができた。
  • スポーツは長い歴史を持って、拮抗するようにルールを作ってきた。新しいスポーツを作ると、最初はゲームバランスがめちゃくちゃなので、ゲームデザイナーにチューニングしてもらうと、よりおもしろくなる。それはTVゲームなど、20世紀に元気だった日本の得意な部分。
  • 身体性のあるeスポーツ。
  • 岩手発・超人スポーツ
    • 去年の国体開催県だった岩手県とのプロジェクト
    • まったく新しいスポーツを、つくろう。
  • 岩手大学の学生たちと一緒にハッカソンで作っていった。
  • ロックハンドバトル(Rock=岩、Hand=手)

www.youtube.com


 オリンピックを見てもわかるように、スポーツは業界を一気通貫して協力できるイベントです。稲見先生は、超人スポーツを5種くらいからスタートできればと考えているそうです。スポーツの近代五種は、軍事教練がベースとなっています。つまり、必要とされるスキルをスポーツ化したものです。だから、それを情報化した社会で再度組み上げなおしてはどうかと考えているのです。

  • 情報化した社会、高齢化した社会で必要なスキルは何かを考え直して、それをスポーツ化する。
    • 現代の問題に応えるようなエンターテイメントとしてのスポーツ
  • 身体観のアップデート
    • ブラインドサッカーを健常者がプレーしてみるとわかる
    • 人間そのものの機能や存在意義を確認できる
  • 人の行動をアシストする機能は一般社会でも使えるようになる
    • 自動車業界におけるかつてのF1レースの位置付けになるかも?→アクティブサスペンションが民生機に活用されるようになる、など。
    • 普通の人がスポーツシューズを履いている、というようなことにもつながる。
  • 工業化社会から情報化社会に変わった上での、スポーツの新しい形。

 こうしてスポーツの新しい形が生まれると、身体観をアップデートすることにも繋がります。「情報化社会、情報革命においては、まだ身体観は前の産業革命からアップデートされていない」というのが稲見先生の見方です。

  • VRは環境をコンピュータで作るための技術と捉えられていたが、VRは自分の身体をバーチャル化するものではないか。自分自身が変身する。年齢も性別も変える、ということができる。
    • 変身した経験の後、日常に戻っても行動が変わるかもしれない。
    • カラダが変わると、ココロも変わる?
  • リアリティと身体のチャンネルを変えながら、生活していくようになる。
  • テレビのチャンネルを変えるように、現実を変えていけるようになる?
  • お年寄りが離れて孫と遊べるだけでなく、お年寄りが孫と同じ世代に変身して一緒に遊べるということができる社会が来る。

 カラダ(身体)が変わるとココロが変わる、というのは本当にそうだと思います。ICTが普及して、我々の生活は本当に大きく変わってきました。検索機能やメールなどによって認知やコミュニケーションの仕方が変わりました。AIが普及することでまた認知も変わっていくでしょう。
 ですがその前に、ロボットが普及することによって、身体が先に変わっていくのだなあと思います。こうした観点も、中学校や高校の総合学習などでディスカッションをじっくりやってみたい題材だと思った理由です。


◆ ◆ ◆

 稲見先生のインタビューをちょっと聴き始めて、「あ、これは!」と思ったら、『PLANETS-9』で「2020年は「超人オリンピック」への通過点にすぎない」というインタビューが出ていたのを思い出しました。こちらも合わせて読むといいかもしれません。

(為田)

【木曜新美術館SP】Takram緒方壽人&東大稲見昌彦インタビュー No.1

 YouTubeで、「【木曜新美術館SP】Takram緒方壽人&東大稲見昌彦インタビュー」を見ました。タイトル通り、Takram緒方壽人さんと、東大の稲見昌彦さんのインタビュー2本が収録されています。ほぼ40分の動画ですが、とてもとてもおもしろかったので、メモをしながら聴いていました。
www.youtube.com

 No.1では、Takram緒方壽人さんのインタビュー部分のメモなどを。
 Takramには、最近は非常に興味をもって見てきています。DesignとEngineeringを越境している仕事が、本当におもしろいと思いますし、Podcastを通じての情報公開もとても勉強になっています。
www.takram.com

 Takramの仕事として、以下のようなものが最初に紹介されています。

  • Takramのしごと
    • DesignとEngineeringを融合。一人の人間が両方できる。
    • DesignとEngineeringの両方をやれるからこそできる領域がある。さらに、Businessを加えた3つでのハイブリッドに。
    • いろいろな仕事

 「DesignとEngineeringの両方をやれるからこそできる領域がある」というのは本当にそのとおりだろうなあ、と思うのです。教育でいうと、「Teaching/Facilitatingと○○の両方をやれるからこそできる領域」というのは何にあたるだろうか、とか考えながら聴いていました。

 Takramの仕事として、おもしろそうなデータビジュアライズが紹介されていきます。

アスリート展

 まずは、21_21 DESIGN SITEで展示されていた、アスリート展です。これは、アスリートの身体の動きをモーションキャプチャで見えるようにするものだそうです。世界記録の実際の速さや高さを間近で見て、実際に体感できるのは、本当におもしろい。まさに、「アスリートのデータビジュアライズ」です。

Planck

次に、人口動態を日本地図上で見えるようにしているPlanckです。
f:id:ict_in_education:20170918155848p:plain

 人口が減るところが赤、増えるところが青で表示されるそうです。見えるようになって感じられるものはあるし、こうして「可視化できるというのは、専門家にとっても重要なこと」というのはまったくそのとおりだなと思います。
 Planckは、ブラウザで全部が動くので、多くの人に見てもらえるのも非常に重要です。多くの人に見てもらうことで、興味喚起ができる面もあると思います。わかりやすいというだけでなく、きれい。だからこそ、より多くの人に「見たい」と思ってもらえる。
 「ビジュアライズは大きなテーマ。プラットフォームとなって、ここにデータが集まるようになる。ビッグデータにつながる。」というコメントがされていますが、どんどんデータが大きくなっていって、また美しくデータビジュアライズされていくのだと思います。
www.youtube.com

RESAS

 最後に、RESASです。
f:id:ict_in_education:20170918160552p:plain

 これは内閣府の仕事だそうで、帝国データバンクの企業間の取引データを可視化しているそうです。すごくきれいに、お金の流れなどが見えます。ハブとなっている都市や自治体がどこかもわかるようになっています。

 これも、データを見るだけでも、おもしろいと思える部分があると思いました。
www.youtube.com

まとめ

 最後に、Takramのこれから、ということが語られています。

  • デザインとエンジニアリングが結びついているからこそのビジュアライズ、見やすくする工夫
  • デザインエンジニアリングが活かされる分野
  • そういう領域が増えていけばいい。
  • 新しい領域にデザインの可能性を拡げていければいい
  • デザインに新たな価値が付け加えられ、デザイン業界にとっても価値のあること
  • ツールとしてすごくおもしろい。デザインで何ができるのか。

 こうした越境したというか、クロスオーバーした仕事って、本当に見ていておもしろいです。大いに刺激を受けました。

 No.2に続きます。
blog.ict-in-education.jp


(為田)

授業で使えるかも?: 世界のともだち

 前のエントリーで紹介した、『外国の本っておもしろい! 子どもの作文から生まれた翻訳書ガイドブック』で、翻訳者の方々が、オススメの本を紹介しているページがあるのですが、そこで翻訳者の宮坂宏美さんが薦めていました、「世界のともだち」シリーズですが、読んでみたいと思いました。
 Amazonで調べると、シリーズはかなりの冊数があります。いろいろな国が取り上げられていて、それぞれの国の子どもたちの様子を知ることができます。

世界のともだち(全12巻) 第1期

世界のともだち(全12巻) 第1期

世界のともだち第2期(全12巻セット)

世界のともだち第2期(全12巻セット)

 さすがにすべて本で買うわけには…と思ったのですが、なんとこの「世界のともだち」は、ホームページで情報を公開しており、「ともだち紹介」のところでさまざまな国の子どもたちの日常を見ることができます。こうしたサイトも、社会科などの時間に使うことができるのではないかと思いました。
f:id:ict_in_education:20170914070256p:plain

www.kaiseisha.co.jp

 東京都のオリンピック・パラリンピック教育の教材としても使えるかもしれませんね。図書室で全員分の本を用意するのは難しくても、教室でプロジェクタで投影しながら紹介することができそうです。グループごとに国を分担してタブレットでこのページを見て、概要を発表させる、というのもおもしろいかもしれません。
 もとが書籍で、そこからデジタルに移植されたコンテンツには、使い勝手のいいものが多くあるように思いました。

(為田)

授業で使えるかも?: 読書と作文とネット

 献本をいただきました、読書探偵作文コンクール事務局 編『外国の本っておもしろい! 子どもの作文から生まれた翻訳書ガイドブック』を読みました。タイトルの“読書探偵”は、「おもしろい本を探す」ということからだそうです。

外国の本っておもしろい! ~子どもの作文から生まれた翻訳書ガイドブック~

外国の本っておもしろい! ~子どもの作文から生まれた翻訳書ガイドブック~

  • 作者: 読書探偵作文コンクール事務局,越前敏弥,宮坂宏美,ないとうふみこ,武富博子,田中亜希子,井上・ヒサト,越前敏弥宮坂宏美ないとうふみこ武富博子田中亜希子
  • 出版社/メーカー: サウザンブックス社
  • 発売日: 2017/08/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

 読書探偵作文コンクールは、翻訳書を読むきっかけを作るためにスタートしたそうです。この本の中には、コンクールに応募された小学生たちの文章が収録されています。ただの感想文だけでなく、詩であったり、創作がついていたりとさまざまな形での作品が認められているようです。調べてみると、このコンクールの特徴として、以下のようなものがあるそうです。

  • 翻訳書を読んで書く
  • 形式が自由
  • 課題図書はない
  • 作文の書き方にも制約はない
  • 応募者全員へ一次選考委員のコメントを返送する

 特に最後のコメント返送については、非常におもしろい取り組みだと思います。うれしいですよね、選考委員からのコメントが送られてくるなんて。メールで送られてきたり、SNSなどを使ってやりとりを公開してくれると、保護者も巻き込んでいろいろなことができそうで楽しいかもしれない、と思いました。
f:id:ict_in_education:20170914065917p:plain


 読書感想文と言えば、課題図書が指定される、青少年読書感想文全国コンクールは学校でよく見るポスターです。サイトにアクセスしてみると、入賞者・作品紹介のところで、実際に入賞作品を読むことができるようになっていました。僕が子どものころには、インターネットはなく、入賞者の作品を読むというのはハードルは高かったですが、こうしてサイトで作品が公開されることで、授業のなかで活用することもできるようになるのではないかと思いました。
f:id:ict_in_education:20170914070045p:plain

読書感想文全国コンクール公式サイト

(為田)