読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育ICTリサーチ ブログ

ICTを教育にどう活用できるか、現場目線でリサーチします。

ポケモンGOはハマれず引退しましたが、現実との接し方が変わったなあと実感できた気がします。

教育ICT 書籍

 夏休みで街を歩いていると、急に立ち止まる人が多かったり、知り合いでも何でもなさそうな人たちが集まっているところがあったり、という場面に出くわします。そういうのを見ると、「ああ、ポケモンGOをやっているのね…」と思います。
 7月下旬に日本でリリースされて、ランチタイムにさっそくインストールして、しばらく遊んでみました。ゲームが始まってもまったくチュートリアルがなく、何をどしたらいいのかさっぱりわからなかったのですが、やっていくうちになんとかなっていく不思議…。
f:id:ict_in_education:20160816064338p:plain:w300

 イーブイなど知っているポケモンが出てくるとうれしい!
f:id:ict_in_education:20160816064419p:plain:w300

 …と、しばらくは楽しんでいたのですが、ポケモンを直接楽しんでいた世代ではないからなのか、どうも乗りきれず…。でも、拡張現実(AR)として、どんなふうにポケモンが見えるのか、どんなふうに子どもたちが(あるいは親子が)楽しむのか、というのは非常に興味があるので、今後もウォッチしていきたいと思います。


 ところで、関西学院大学鈴木謙介先生が、ポケモンGOについての考察を書かれていたので、リンクを貼っておきます。

blog.szk.cc

 詳細はリンク先の記事を読んでもらいたいのですが、ちょっとだけ引用。

2013年に出版した本で僕は、モバイル情報通信機器が現実空間に持ち込まれるとき、人々はその場の意味の空間だけでなく、通信によって入り込んでくる別の場所のコミュニケーションを引き受けなければいけなくなり、現実空間の特権性が失われるということを論じている。すなわち、僕たちの生きる空間には、スマホを通じて入ってくる情報が通る無数の「穴」が開いているのであり、誰もがそうした「多孔化」した現実を生きなければならない事態に直面しているのである。


「ポケモンGO」を社会学的に考えるためのヒント « SOUL for SALE

 このスマホを通じて入ってくる情報が通る無数の「穴」が開いている=現実空間の「多孔化」というのは、学校にICTを導入するときに非常に重要な概念になるのではないかと思います。特に初等中等教育機関タブレットをもたせたりする場合には。先生方はこの「多孔化」という概念を知ってクラス運営をしていかないといけないのではないかなと思います。
 ちなみに、たまにゲストスピーカーで講義させてもらうと、すでに大学の講義ってバリバリ多孔化していると思います。

 「多孔化」についてさらに深く知りたい方は、鈴木先生の著書を。

ウェブ社会のゆくえ―<多孔化>した現実のなかで (NHKブックス No.1207)

ウェブ社会のゆくえ―<多孔化>した現実のなかで (NHKブックス No.1207)


 また、ポケモンGO電脳コイルの関連について書かれている下のエントリーも合わせて読むとなおおもしろいかと思います。
blog.szk.cc

 結局、ポケモンGOイーブイ捕まえたりするよりも、こうした「それがどういう意味を持つのか」という文章を読むことの方がずっと好きな自分に気づいた、2016年夏でした。


◆ ◆ ◆


 そんな中、前述の鈴木謙介先生がパーソナリティをつとめるTBSラジオ文化系トークラジオLife」の8月28日放送分のテーマが「ポケモンGOのその先へ〜これからの“遊び”を考える」です。こちらも楽しみ。本放送は日曜の深夜なので、聴くのは厳しいですが、TBSラジオCLOUDで聴きたいと思います。

f:id:ict_in_education:20160826225409p:plain
radiocloud.jp


 あ、番組公式ページでも聴けるみたいです。
f:id:ict_in_education:20160826225600p:plain
www.tbsradio.jp


(為田)

教育ICTの参考にももちろんなる!~『史上最強のアクティブ・ラーニング読本』

書籍

 7月に書店で見つけて、なんて豪華な執筆陣…と喜んで買い求めた『史上最強のアクティブ・ラーニング読本 AL時代の授業&学級づくりを本気で考える。』をようやく読み終わりました。
f:id:ict_in_education:20160826221833j:plain

 このブログでは、ICTの活用について、さまざまな実践事例を集め、紹介していきたいと思っている部分があるのですが、いろんな先生方の授業を見させていただくと痛感するのは、「結局授業力なのじゃないか」と思うわけです。授業力というのは、授業の設計というのもあるだろうし、見取りが上手とか、子どもとの距離感の取り方とか、いろいろあると思うのですが。
 ICTは、その先生が持っている授業力を増幅させるだけだなあ、と。ICTを上手に使って授業をされている先生は、きっとICTがなかった頃から授業は上手だっただろうな、と思います。

 この本の中では、ICTはメインテーマではありません。もちろん、新潟大学教育学部附属新潟小学校の片山敏郎先生とか、放送大学の中川一史先生とか、ICTを使った教育ではさまざまなところで講演を聞かせていただいていたり、文章を読ませていただいている先生もたくさん登場します。あ、いつもお世話になっています、京都教育大学附属桃山小学校の木村明憲先生の実践も紹介されています。
 でも、当たり前ですが、それ以外にも、さまざまな良い実践をされている先生は日本中にたくさんいらっしゃるのです。そうした先生方の授業の方法とか、その裏側にある考え方とか、そうしたものももっと学びたいな、と思わせられる本でした。
 教室での先生方の言葉使い、見取りの方法、立ち居振る舞い、いろいろなところをもっともっと学びたいと思いました。そして、そうした昔からある教室での先生方の知見を増幅するために、「どうICTが使えるのか」「ICTを使う方がいいところはどこなのか」、そうしたところを考えていきたいと思います。

 …ということで、先生方、「この本、参考になるのではないか?」などという本がありましたら、ぜひご推薦ください。読書の秋に、たくさん読み込んで、パワーアップしたいな、と思っています。

(為田)

【イベント情報】朝日地球会議2016 「教育IT化で授業が変わる、先生も変わる」に登壇させていただきます(2016年10月2日)

イベント 教育ICT利用の目的 講演・研修

 10月2日(日)~10月4日(火)までの日程で開催される朝日地球会議 2016に、為田が登壇させていただくことになりました。
f:id:ict_in_education:20160825034824p:plain

 登壇するパートは、10月2日(日)15:00~16:30で、テーマは「教育IT化で授業が変わる、先生も変わる」です。ご一緒するのは、凸版印刷の菊地さんと慶應義塾大学の中室先生です。
 “教育IT化”と一口で言っても、さまざまな活用方法ありますので、幅広く、事例を紹介していきつつ、そこから授業、先生がどんなふうに変わっていけるのか、考える機会になるようなプレゼンテーションにしたいなと思っています。
f:id:ict_in_education:20160825035043p:plain

 他の登壇者の皆様を見ると、自分がこんなところにいていいのだろうか?と正直ドキドキしていますが、自分の持っているものを丁寧に伝えられればいいな、と思っています。
 本番まであと一ヶ月ちょっとありますので、じっくり準備をしていきたいと思います。

 全部で3日間の日程、他のテーマも興味深いものばかりです。参加申し込みが8月24日にスタートしていますので、ご興味のある方はぜひ、ご参加ください。
www.asahi.com

(為田)

salesforce.comのブログで「ITが塗り替える教室の風景 少子化エリアにおけるIT×教育」

教育ICT利用の目的 目的-9. 学習環境拡充

 salesforce.comのブログで、「ITが塗り替える教室の風景 少子化エリアにおけるIT×教育」という記事が出ていました。人口が減りつつあるコミュニティでは、児童数が減っているため、学年に1クラスしかない単学級や、複数の学年が同じ教室で学ぶ複式学級なども増えていくと思われます。
 僕も、単学級の学校や複式学級の学校へ先生の研修に行ったりもしていますが、独特の悩みを抱えているところもあります。IT(ICT)を使って、外部と繋がることで、より幅広い学びを提供できるのであれば素晴らしいと思います。
f:id:ict_in_education:20160822165608p:plain

 記事中には、テレビ会議システムと電子黒板を設置して、バーチャルで同じ授業を受けられる仕組みを構築したという事例が紹介されています。実際、同じ授業を受けられるというだけであれば、各クラスにiPadが1台あるだけでも、かなりいろいろなことができるようになります。
 予算をどれだけかけて、何を実現するかということだと思いますが、それぞれの学校が望む“学校像・教室像・授業像”を実現するために、予算額や学校の規模に応じて、ITが整備されていけばいいと思います。

www.salesforce.com

(為田)

リオ五輪のフラッグ・ハンドオーバー・セレモニーをNHKが公開

YouTube ニュース 書籍

 8月22日(月)にオリンピックが閉幕。閉会式でのフラッグ・ハンドオーバー・セレモニーがとても良かった、というのを聞いて、YouTubeNHKが公開しているものを見ました。いや、本当にすばらしいです。キャプテン翼ドラえもん、マリオが出てくるのもおもしろかったし、土管から安倍首相がマリオのコスプレして出てくるのもおもしろかったし。
www.youtube.com

 途中でARが展開されたときに、「2020年には、AR技術を使った中継が実現するかもしれません」というようなコメントが入っていますが、本当にそのとおりだと思います。ARとスマホデジタルサイネージなどを使って、競技を見るとどうなるのか、ネットでの中継はどんなふうになるのか、もしかすると競技場にいなくても十分楽しめる、そんなオリンピックになるのではないか、ということを考えるとワクワクします。
f:id:ict_in_education:20160823011517p:plain

 そうした、新しいオリンピック(とパラリンピック)の形を描いて見せてくれている本として、『PLANETS Vol.9 東京2020 オルタナティブ・オリンピック・プロジェクト』という本がありまして、この本が本当に好きです。今後、スポーツがどうなっていくのか。スポーツがどうなっていくのかということは人間の身体を考えることにもつながっていきます。実におもしろいテーマだと思います。

 また、今回のセレモニーで登場した人文字には、日本全国27校の学校の児童生徒が関わっているそうです。その中の一校である、ふたば未来学園がどのように関わったか、25日朝7時〜のNHKおはよう日本」で、ドキュメンタリーで放送されるそうなので、ぜひチェックしてみてください。
f:id:ict_in_education:20160823012018p:plain

tokyo2020.jp

 これから4年間、2020年までの4年間は、東京はもちろんですが、さまざまなことが大きく変わっていきます。この閉会式のセレモニーの動画は、ここから始まる変化の4年間のスタートとして、記憶に残しておくべきかな、と思い、紹介しました。
 4年後、自分がどのような仕事をしていて、どのようなことを考えていて、東京オリンピックを迎えるのか、今はまだまったく想像もつきませんが、このセレモニーを見て、4年後を少しワクワクして待とうかな、という気持ちになりました。

 さて、テクノロジーがここまでもろもろ変えてきているなか、学校/教育は、どう変わっていくべきか。これもまた2020年までの4年間ワクワクして考え、変えていかなくてはならないと思っています。

(為田)

【メディア掲載】dot.「公立小中にもタブレット「1人1台」 勉強の苦手な子が変わった!」(2016年8月16日)

メディア掲載 教育ICT利用の目的

 先日お知らせしたAERAの特集「公立小中でもICT・国際化」にてコメントが掲載されました、という件ですが、特集の一部をdot.にて読むことができます
 タイトルは「公立小中にもタブレット「1人1台」 勉強の苦手な子が変わった!」です。三重県松阪市立三雲中、小金井市立前原小学校、滋賀県草津市の様子が紹介されています。為田のコメントも、4ページ目に紹介されています。
 AERAと同内容ですが、ネットにもこうして掲載されると、発売週が終わった後にも残るし、目に触れる機会もあるし、シェアなどもされるのがいいですね。この記事も、Facebookで多くの方にシェアをされていましたし、NewsPicksで取り上げられていることもあり、多くの人に読んでいただいていると思います。
f:id:ict_in_education:20160821222946p:plain

 関心のある方は、ぜひお読みいただければと思います。
dot.asahi.com

(為田)

教材として使えるかも?: TBSラジオ「荻上チキ Session-22 日本が戦争という道を選んだのはなぜだったのか。」

教育ICT利用の目的 目的-6. 教材拡充 書籍 使えるかも?

 71回めの終戦記念日を迎えた今週でしたが、TBSラジオ荻上チキ Session-22」で8月15日に「日本が戦争という道を選んだのはなぜだったのか。」がテーマとなっていました。スタジオゲストに東京大学文学部教授の加藤陽子さん。
f:id:ict_in_education:20160820100855p:plain

 この番組は、TBSラジオCLOUDでユーザー登録(無料)すれば、1ヶ月間は聴くことができるので、ぜひ。加藤さんも言っていましたが、「テレビではなかなか話すことができなくなってきていることも、ラジオでは話すことができる」ということもあり、ぜひ週末の時間があるときに聴いてもらえればと思います(時間は1時間弱くらいです)。
radiocloud.jp

 TBSラジオCLOUDのページにアクセスして、ユーザー限定エピソードの中から、8月15日のものを選んで、「この放送を再生」を押せば聴くことができます。iPhoneなどでもストリーミング放送で聴けます。
f:id:ict_in_education:20160820100857p:plain

 こうした夜中のラジオ番組での談話なども気軽に教室で紹介するのに、クラウドは便利だな、と思います。

 加藤陽子さんは、2009年(もうそんなに前になるのですね!)に出た、『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』が中高生に向けて書かれた本当に良い本です。(いまは、新潮文庫に入っています)

 また、先週、新刊の『戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗』が発売されました。こちらは、史料を分析して歴史の実相に迫る方法を、高校生や中学生と一緒に体験授業するという本だそうです。Amazonでの紹介文は「かつて日本は、世界から「どちらを選ぶか」と三度、問われた。より良き道を選べなかったのはなぜか。日本近現代史の最前線。」こちらも、読んでみたいと思います。

戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗

戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗

 こうした本を読んで、それとともにラジオで加藤先生の声を聴いて、いろいろと考える、というようなこともできればと思います。このように幅広く教材を教室に持ち込めるのも、ICTによる恩恵の一つだと思います。
 もちろん、授業の中でこの音源をすべて聴くのは時間的に難しいとしても、家で聴いてきてごらん」と先生が伝えるということもできるかもしれないし、日本の近現代史のジグソー学習のひとつのパーツとして使うこともできるのではないかな、と思います。

(為田)