教育ICTリサーチ ブログ

学校/教育をFuture Readyにするお手伝いをするために、授業(授業者+学習者)を価値の中心に置いた情報発信をしていきます。

目的-6. 教材拡充

教材に使えるかも:「マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画」で見たデザイン過程

21_21 DESIGN SIGHTへ、「マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画」を見に行ってきました。 日本デザインコミッティーに所属する幅広い世代のデザイナーの、デザインの過程をスケッチや図面や模型などの形で見ることができます。普段、あちこちで見…

書籍ご紹介:『AI時代の教師・授業・生きる力 これからの「教育」を探る』

渡部信一『AI時代の教師・授業・生きる力 これからの「教育」を探る』を読みました。ICTを活用することで、授業がどう変わっていくのかということについて、事例が具体的に書かれている部分が勉強になりました。AI時代の教師・授業・生きる力:これからの「教…

石巻市立河南東中学校 授業レポート(2020年9月4日)

2020年9月4日に、石巻市立河南東中学校の藤原英治 先生が、3年生の技術・家庭科の授業で先日ブログで紹介した、茂木外務大臣の会見の記事と動画を生徒たちに見てもらい、素直に感じたことを書いてもらうという授業をされたそうです。藤原先生から伺った情報…

教材で使えるかも?:茂木外務大臣の記者会見動画

茂木敏充外務大臣が2020年8月28日の記者会見において、ジャパンタイムスの記者の方からの日本語での質問にあえて英語で聞き返すという出来事がありました。また、やり取りの最後に「お分かりいただけましたか。日本語、分かっていただけましたか。」と相手の…

文部科学省「なるほど!小学校外国語」言語活動、読むこと・書くこと、学習評価

ときどきですが、英語を使った仕事をすることがあります。ミーティングをしたりするときはもちろんですが、資料を読んだり、やりとりをしたり、さまざまな形で英語を使っています。「ああ、どうしてここが伝わらないのだ…!?」と思うこともたくさんありますが…

ドルトン東京学園中等部 授業レポート まとめ(2020年7月15日)

2020年7月15日に、ドルトン東京学園中等部を訪問し、起業家育成プログラム「ガイアックス特別ラボ起業ゼミ」の2回目の授業を参観させていただきました。 起業ゼミは、中学生からビジネスに触れる機会を増やすことで、実際の社会と繋がり学びを広げ深めること…

オンライン授業の準備に使えるかも:Michael Wesch先生の「Teaching Without Walls Online Teaching Tips」

EdSurge Podcastを聴いていて出てきた「This Professor Known for Viral Videos Is Actually Camera Shy. Here’s How He Overcame It.」。教育系のYouTuberとして有名なMicheal Wesch先生のインタビューだったのですが、そのなかで出てきた「Teaching Withou…

教材で使えるかも:「タガが外れる」の実例と用例.jp

三浦太鼓店の六代目彌市さんがTwitterで「タガが外れるとこうなります」というのをツイートされていました。「タガが外れる」という言葉はよく聞きますが、こうして実際に見たことはなかったので、非常におもしろいと思いました。僕が思っていたよりもずっと…

教材に使えるかも?:民謡クルセイダーズ

夏休み中に車を運転していたときにラジオで紹介されていて、民謡クルセイダーズというバンドを知りました。民謡をさまざまなエスニックアレンジで演奏するバンドです。すごくかっこいい。民謡をこんなふうに聴いたことはありませんでした。 Wikipediaを検索…

教材で使えるかも?:「親子でまなぶ! 日経 お金の教室」

日経電子版を読んでいて見つけた、「親子でまなぶ!日経 お金の教室」というサイトを見てみました。小学校4年生~中学生向けの動画学習サイトとして、お金のことをいろいろな角度から知る機会になるかもしれません。 ps.nikkei.co.jp 各種動画は、金融庁、SM…

教材で使えるかも?:Podcastでモンゴル熱に火を点けられ、ゲームでメソポタミア熱に火を点けられた

デジタルメディアは手広くいろいろと見ていて、Podcastを聴いたり、ラジオを聴いたり、ゲームをしたり、ブログを読んだり…。そのなかで、「おお!」と思って好奇心に火を点けられて、そこから本を読み進んでいく、ということが続いています。こういう出会い…

教材として使えるかも?:『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』

これまで何度かこのブログで紹介してきた、東京大学大学院情報学環・学際情報学府の渡邊英徳 先生が取り組まれている「記憶の解凍」のプロジェクトが、庭田杏珠・渡邊英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』として出版されました。「記憶の解凍…

書籍ご紹介:『YouTubeで授業 学級経営 やってみた!』

原口直『YouTubeで授業 学級経営 やってみた!』を東洋館出版社様からお送りいただきまして、読ませていただきました。ありがとうございます。YouTubeで授業/学級経営やってみた!作者:原口 直発売日: 2020/08/13メディア: Kindle版YouTubeで授業/学級経営…

【メディア掲載】学びを止めない未来の教室「誰でもアクセスできるGoogleサイトでオンラインスクールを開設 」(新渡戸文化小学校)

経済産業省の「未来の教室」のサイトで公開されている、「#学びを止めない未来の教室」のページで、新渡戸文化小学校の遠藤崇之 先生にインタビューにご協力いただいた記事、「【新渡戸文化小学校】誰でもアクセスできるGoogleサイトでオンラインスクールを…

授業で使えるかも?:授業の最初15分で洋楽を歌う

noteで「授業の最初15分で洋楽を歌っていたら、 生徒たちの勉強のモチベーションが爆上がりしたので、1年分の授業スライドを全て公開します。」を読んで、すごくおもしろいな、と思いました。 note.com どの曲を選ぶか、というのが、「生徒たちが知っている…

京都教育大学附属桃山小学校 授業レポートまとめ(2020年6月1日・4日・9日・24日)

2020年6月に、京都教育大学附属桃山小学校のオンライン授業についての取材をさせていただきました。きっかけは、みんなの教育技術「オンライン授業を少人数のプロジェクト制で機動的に進めている学校事例」を読んだことでした。桑名良幸 教頭先生にご相談し…

ドルトン東京学園中等部 授業レポート No.3(2020年7月15日)

2020年7月15日に、ドルトン東京学園中等部を訪問し、起業家育成プログラム「ガイアックス特別ラボ起業ゼミ」の2回めの授業を参観させていただいた後に、荒木貴之 校長先生と木之下瞬 先生、株式会社ガイアックスのSTARTUP STUDIO責任者の佐々木喜徳さんにお…

ドルトン東京学園中等部 授業レポート No.1(2020年7月15日)

2020年7月15日に、ドルトン東京学園中等部を訪問し、起業家育成プログラム「ガイアックス特別ラボ起業ゼミ」の2回目の授業を参観させていただきました。 起業ゼミは、中学生からビジネスに触れる機会を増やすことで、実際の社会と繋がり学びを広げ深めること…

【メディア掲載】学びを止めない未来の教室「EdTechを活用して自律的な学習者を育てる授業設計」(新渡戸文化中学校)

経済産業省の「未来の教室」のサイトで公開されている、「#学びを止めない未来の教室」のページで、新渡戸文化中学校の山本崇雄 先生にインタビューにご協力いただいた記事、「【新渡戸文化中学校】EdTechを活用して自律的な学習者を育てる授業設計が公開さ…

教材として使えるかも?:「1945ひろしまタイムライン」

NHKを見ていてたまたま知った、「1945ひろしまタイムライン」。もしも75年前にSNSがあったら?というコンセプトで、Twitterで「#ひろしまタイムライン」のハッシュタグで1945年の日記をもとに毎日更新されています。 www.nhk.or.jp ひろしまタイムラインを作…

やってみた:Google検索結果から英単語を学ぶWORD COACH

中学校1年生の息子から、「shapeってどういう意味?」と訊かれたので、確認のためにGoogleで「shage 意味」と検索してみたら、検索結果のなかに、「WORD COACH」なるものが混ざっていることに気づきました。最初は調べた「shape」の類義語を訊かれ、それから…

書籍ご紹介:『故郷の味は海をこえて 「難民」として日本に生きる』

安田菜津紀『故郷の味は海をこえて 「難民」として日本に生きる』を読みました。TBSラジオ「Session-22」で紹介されていて興味をもった本です。故郷の味は海をこえて: 「難民」として日本に生きる (ポプラ社ノンフィクション 37)作者:菜津紀, 安田発売日: 20…

奈良女子大学附属中等教育学校 授業レポート まとめ(2020年5月21日)

2020年5月21日に、奈良女子大学附属中等教育学校の二田貴広 先生が行ったオンラインコラボ授業を見学させていただきました。 この授業は、大阪工業大学の横山恵理 先生、福岡県立ありあけ新世高等学校の前川修一 先生、京都橘高校の小坂至道 先生との全3回の…

【メディア掲載】学びを止めない未来の教室「Googleサイトで休業中の学習支援と次年度の学習の意欲づけ 」(東松島市立鳴瀬未来中学校)

経済産業省の「未来の教室」のサイトで公開されている、「#学びを止めない未来の教室」のページで、東松島市立鳴瀬未来中学校の木村浩之 先生にインタビューにご協力いただいた記事、「【東松島市立鳴瀬未来中学校】Googleサイトで休業中の学習支援と次年度…

教材に使えるかも?:Google翻訳とDeepL翻訳を比べてみた→英語の勉強に使えそう!

あちらこちらで、「DeepL翻訳がすごい」と聞いて、試してみたいと思いながらはや3ヶ月…。 gigazine.net 英語のミーティングをしているときに、「ああ、うまく言えない!」と思うことが僕は多くて、そういうときの文章を保存しておいて、DeepL翻訳とかにがし…

工学院大学附属中学校・高等学校の有山裕美子先生によるHON.jp「学校図書館の存在意義とデジタルトランスフォーメーション(DX)」の連載記事

このブログでも何度か紹介をさせていただきました、工学院大学附属中学校・高等学校の有山裕美子先生が、本(HON)のつくり手をエンパワーするメディア「HON.jp」のブログにて、学校図書館の存在意義とデジタルトランスフォーメーション(DX)をテーマに3回…

京都教育大学附属桃山小学校 授業レポート No.4(2020年6月9日)

2020年6月9日に、京都教育大学附属桃山小学校の山口翼 先生が担当する5年1組の算数の授業をオンラインで見学させていただきました。この日の授業は、山口先生は学校の教室から授業を配信し、児童は各家庭からオンラインで参加するという形で行われました。 …

教材で使えるかも?:広報紙などの多言語閲覧サービス「Catalog Pocket」

株式会社モリサワが運営しているCatalog Pocketというサービスで、広報紙、カタログ、チラシ、フリーペーパーなどを無料で閲覧することができます。地域情報などを授業のなかで紹介するときなどに使えるのではないかと思いました。 Catalog Pocketは、多言語…

教材で使えるかも?:死後データの意思表明プラットフォーム「D.E.A.D.」特別鼎談

死後データの意思表明プラットフォーム「D.E.A.D」特別鼎談を読みました。D.E.A.D.は、「Digital Employment After Death(死後デジタル労働)」の略で、テクノロジーによって、故人を擬似的に復活させることができるようになった現在、考えていかなくてはな…

授業で使えるかも?:「800年にわたる和歌の家・冷泉家に文化財を保存する土蔵を造りたい」クラウドファンディング

THE KYOTO Crowdfundingにて、「800年にわたる和歌の家・冷泉家に文化財を保存する土蔵を造りたい」というプロジェクトが行われていることを、Twitter経由で知りました。 冷泉家と言えば、藤原定家の子孫ですが、正直歴史上の家という感じですが、現在まで脈…